“透明感”あふれる…桜田通に抜てき「彼しかいない!」

0
0
俳優の桜田通(さくらだ・どおり/24)が、4人組ロックバンド・MAGIC OF LiFE(マジック オブ ライフ)のニューアルバム『X-1A』(9月7日発売)に収録される「アオイシグナル」のミュージックビデオに出演していることが明らかとなった。同バンドメンバーとは親友関係で日頃からライブにも足を運ぶ仲。同楽曲に合うイメージの俳優は「彼しかいない!」とメンバーから直々の抜てきを受けた桜田は、一見クールだが深く広い愛で傷ついた女の子を包み込む役どころを透明感たっぷりに演じている。
MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」のミュージックビデオに出演した桜田通
MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」のミュージックビデオに出演した桜田通

復興への想いを歌うラブソング「アオイシグナル」

MAGIC OF LiFEにとって1年半ぶりとなるフルアルバムは、人気TVアニメ「弱虫ペダル GRANDE ROAD」、「ジョーカー・ゲーム」のタイアップ曲2曲を含む全11曲に、5曲のMVを収録したDVDが付属。「アオイシグナル」は高津戸信幸(Vo.Gt)が震災を経験したファンを想う気持ちをラブソングに置き換えたバラード曲で、「つらく大変なことがあっても僕らはいつも同じ音楽の中で生きていて、あなたは僕らの青春そのもの。だから僕らの心は離れることができないんだ」というメッセージが込められている。

桜田通、出演オファーに即答「やりたい!」

桜田通/MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
桜田通/MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
山下拓実(Gt)からMV出演の話を聞いたという桜田は「僕は即答でやりたいと答えたのですぐにマネージャーさんに根回ししつつ(笑)、その後、正式にオファーを頂きました」と嬉しい瞬間を振り返る。MAGIC OF LiFEファンのひとりとして、その音楽の魅力を「繊細な硝子のような声と詩が、聴く者に炎のように力強く届く時と、物語のプロローグのように少しずつ心に浸透していく、他のアーティストでは味わえないような感覚を、音源でもLIVEでも感じられる所が魅力的です」と表現。MVに出演する「アオイシグナル」の解釈も深め「どこか空想の世界のような捉えどころのない雰囲気の中で、誰しもが一度は願ったことのあるような言葉の数々が星のように散りばめられた本当に素敵な楽曲だと思います」と紹介した。

桜田通/MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
桜田通/MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより

没頭した撮影 Vo.高津戸と長文メールも

MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
痛みを抱えた女の子を温かく見守り、勇気づける男の子を演じた時間は「特に印象に残ることが無かったくらい、没頭してました(笑)」といい、撮影前後には高津戸と長文メールの交換も。互いの気持ちをぶつけ合ったことで「本当に素敵な方で、そりゃ良い音楽が産まれてくるんだなぁ、と思いました」と刺激を受けた様子の桜田は「精一杯『MAGIC OF LiFE』の音楽を理解しようと努力して撮影に臨みました。どうか皆様の元に届きますように!」と呼びかけている。

MAGIC OF LiFEは10月9日、HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2より全国14ヶ所のワンマンツアー「MAGIC OF LiFE TOUR 2016“X-1A”」をスタートする。(modelpress編集部)

桜田通コメント

桜田通/MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
桜田通/MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
― MV出演の経緯

ギターのタクミくんからチラッと電話で聞きつつ、僕は即答でやりたいと答えたのですぐにマネージャーさんに根回ししつつ(笑)、その後、正式にオファーを頂きました。

― MAGIC OF LiFEの音楽の魅力

繊細な硝子のような声と詩が、聴く者に炎のように力強く届く時と、物語のプロローグのように少しずつ心に浸透していく、他のアーティストでは味わえないような感覚を、音源でもLIVEでも感じられる所が魅力的です。そのメッセージは歌だけではなく、楽器を通してバンド全体で感じることができるので、その名の通り「魔法」が存在しているならば、こんな感覚なのかなって思います。

― 「アオイシグナル」MVについて

歌詞に寄り添った世界観なのはもちろんなのですが、大事な人を想う気持ちの素敵さ、大切さ、儚さを歌っていると解釈しています。今回はドラマや映画ではないので、「役」ではあるのですが、僕が「アオイシグナル」や「MAGIC OF LiFE」そのものが具現化されたような気持ちで物語の世界を生きていました。恐れ多いです。

― MV撮影中、印象に残ったこと

特に印象に残ることが無かったくらい、没頭してました(笑)。半日で撮ったのですが、全ての時間が印象に残っています。撮影前と撮影後には、ボーカルのノブさんと長文メールでお互いの気持ちをひたすら送り合いました。本当に素敵な方で、そりゃ良い音楽が産まれてくるんだなぁ、と思いました。

― ファンへのメッセージ

まずは素敵な音楽とその世界を創造した「MAGIC OF LiFE」の皆様からのオファーを本当に嬉しく思っています。「アオイシグナル」はどこか空想の世界のような捉えどころのない雰囲気の中で、誰しもが一度は願ったことのあるような言葉の数々が星のように散りばめられた本当に素敵な楽曲だと思います。曲を聴いた後の余韻がとても心地良いです。MVも精一杯「MAGIC OF LiFE」の音楽を理解しようと努力して撮影に臨みました。どうか皆様の元に届きますように!

MAGIC OF LiFE 高津戸信幸(Vo.Gt)コメント

MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
MAGIC OF LiFE「アオイシグナル」MVより
― 『X-1A』を制作するにあたり

アルバムタイトルの『X-1A』は、音速のさらにその先の音速を初めて超えた飛行機の名前からつけました。僕らはいつだって革新的なモノを追い求めています。時代に流されるとか奇をてらうとかでは無く、純粋に世の中に無いモノを生み出したいと願い、自分たちの変化を楽しんでいます。

今回はピアノやエフェクト、変則的なメロディーに言葉遊び、「触手話」をテーマにした物語や、少女が流した涙から涙の住人が現れるファンタジーな世界、復興をテーマにした「アオイシグナル」、アニメのタイアップなど、色々な角度から挑戦しました。今までに無いMAGIC OF LiFEが確信的な音と言葉を手にして縦横無尽に想像の上をひょいっと飛び越えていくような遊び心に富んだ作品になったと思います。

想像のその先を超えていく『X-1A』是非聴いて楽しんでください。

高津戸 信幸
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - “透明感”あふれる…桜田通に抜てき「彼しかいない!」
今読んだ記事

“透明感”あふれる…桜田通に抜てき「彼しかいない!」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事