川島海荷(かわしまうみか)

「川島海荷」に関連するモデルプレス記事

  1. 「ZIP!」歴代総合司会の関根麻里・北乃きい・川島海荷、1日限りのカムバック決定

    モデルプレス

  2. 有村架純・広瀬すず・福原遥…女優の“夢を叶える秘訣”<Part5>

    モデルプレス

  3. 川島海荷、ラブシーン初挑戦「恥ずかしいはあまりなかった」コンプレックスも明かす<「僕らは恋がヘタすぎる」インタビュー>

    モデルプレス

  4. 新原泰佑“後輩男子”役で田中みな実&弘中綾香アナが「可愛い」連発 ミスターコン出身の注目株

    モデルプレス

  5. 川島海荷、ラブシーン初挑戦 白洲迅とW主演で「僕らは恋がヘタすぎる」ドラマ化

    モデルプレス

  6. 川島海荷、すっぴん部屋着で毎朝ライブ配信 美肌に絶賛の声相次ぐ

    モデルプレス

  7. 川島海荷・鈴木ゆうか・浅川梨奈ら、関西ジャニーズJr.主演ドラマ「年下彼氏」ヒロイン発表

    モデルプレス

  8. TBS、月曜GP帯に4つの新番組 「アイ・アム・冒険少年」がレギュラー化

    モデルプレス

  9. 川島海荷、接触事故を謝罪「ご心配おかけしてすみません」

    モデルプレス

  10. 川島海荷、鍛えた美背中披露 「大人になった」成長を実感

    モデルプレス

  11. 大原優乃、黒髪貫く理由明かす

    モデルプレス

  12. 川島海荷、肩出しドレスで新境地 色っぽい素肌を披露

    モデルプレス

  13. 川島海荷、女優として新たな一歩を表現

    モデルプレス

  14. 川島海荷「ZIP!」卒業の心境吐露

    モデルプレス

  15. 速水もこみち&川島海荷&鈴木杏樹が「ZIP!」卒業「MOCO'Sキッチン」終了を惜しむ声も

    モデルプレス

  16. 川島海荷が“悪女”に 「イノセンス~冤罪弁護士~」ゲスト出演者発表

    モデルプレス

  17. 川島海荷“先輩”新垣結衣ゲスト回を振り返る「恥ずかしかった」 「ZIP!」2000回到達

    モデルプレス

  18. 「ZIP!」2000回で特別企画 リトグリ生出演、豪華声優陣も参戦

    モデルプレス

  19. 川島海荷、原宿系“モデル”に 千葉雄大主演ドラマにゲスト出演<プリティが多すぎる>

    モデルプレス

  20. 川島海荷、女子高校生から母親時代まで熱演 Sexy Zone中島健人の印象語る<ドロ刑-警視庁捜査三課->

    モデルプレス

川島海荷のプロフィール

川島 海荷(かわしま うみか、1994年3月3日 -)は、日本の女優、歌手であり、9nineのメンバー。
埼玉県出身。レプロエンタテインメント所属。

【プロフィール】
本名:川島 海荷
生年月日:1994年3月3日
出生地:埼玉県
身長:154 cm
血液型:O型
職業:女優、歌手
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
活動期間:2006年 -
事務所:レプロエンタテインメント
■主な作品
映画
「ガフールの伝説」
「星守る犬」
テレビドラマ
「ブラッディ・マンデイ」
「怪物くん」
「ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA」
「好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~」
ラジオ
「川島海荷のUMICAFE」

【来歴】
2005年9月、小学校6年生の時に渋谷でスカウトされ、レヴィプロダクションズ(現・レプロエンタテインメント)へ入所[1]。立川伊勢丹の広告が初仕事。
2006年7月、テレビドラマ「誰よりもママを愛す」で子役としてデビュー[1]。
2007年1月、アイドルグループ「9nine」に新メンバーとして加入。同年3月、「9nine」としてCDデビュー。
2007年8月、「Life 天国で君に逢えたら」で映画初出演。
2008年10月、連続テレビドラマ「ブラッディ・マンディ」で主人公の妹役として出演。
2009年10月、「携帯彼氏」で映画初主演[1][2]。また、「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2009」の「東京ドラマアウォード」にて新人賞を受賞(ドラマ「アイシテル~海容~」)[2]。
2009年11月、「第88回全国高校サッカー選手権大会」の5代目応援マネージャーに就任。
2010年3月、所属事務所レプロエンタテインメント内「ネクストスター☆」から「アーティスト」へ移動。
2010年7月、主演映画「私の優しくない先輩」の主題歌「MajiでKoiする5秒前」を「Umika as Yamako」の名義で歌い、ソロ歌手デビュー。同映画では初のキスシーンを演じた[3]。
2011年1月、Friday Break枠「ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA」で連続ドラマ初主演。
2012年、堀越高校を卒業し[4]、明治大学に進学[5]。

【人物】
名前の「海荷」は本名で、海が好きな父方の祖母の影響で父方の家族の女性全員の名前に付いているという「海」と、
蓮の花を意味する「荷」を合わせ、「泥の中でも咲く蓮の花のような強い女の人になってほしい」との願いを込めて両親が名付けた[2]
(「美しくきれいな心を持った子になるように」との願いを込めて父親が名付けたとするものもある[1])。
あこがれの女優は宮崎あおいや新垣結衣、柴咲コウで、共演したい俳優は福山雅治である[1]。
映画「星守る犬」撮影時のエピソードを語った際、理想の相手はさわやかな人と語った[6]。
また、西田敏行と共に同映画の舞台あいさつに立った際、父親とは仲が良いと語った[7]。
好きなアーティストはいきものがかりで[8]、好きな曲に「てのひらの音」を挙げているほか、
出演したドラマ「華和家の四姉妹」では「じょいふる」をカラオケで歌うシーンが登場する。
ファンからは「うみにー」の愛称で呼ばれる。
大切にしている宝物は、愛犬のバニラ。(2010/11/11時点)[9]。

【主な出演作品】
■ドラマ
誰よりもママを愛す(2006年7月2日 -9月10日、TBS) -真田知 役
役者魂!(2006年10月17日 -12月26日、フジテレビ) -福田桜子 役
医龍-Team Medical Dragon-2 第6 -7話(2007年11月15日 -22日、フジテレビ) -高見香奈 役
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-第1話(2008年7月3日、フジテレビ) -栗山美樹 役
ブラッディ・マンデイ(TBS) -高木遥 役
Season1(2008年10月11日 -12月20日)
Season2(2010年1月23日 -3月20日)
キイナ~不可能犯罪捜査官~ 第2話(2009年1月28日、日本テレビ) -深田雪乃 役
アイシテル~海容~(2009年4月15日 -6月17日、日本テレビ)[1] -小沢美帆子 役
大河ドラマ 天地人 第46話(2009年11月15日、NHK) -千姫 役
遠まわりの雨(2010年3月27日、日本テレビ) -福本雪菜 役
怪物くん(2010年4月17日 -6月12日、日本テレビ) -市川ウタコ 役
もう帰って来たよ!! 怪物くん 全て新作SP(2010年6月26日)
完全新作!! 怪物くんSP(2011年10月15日)
世界の終わりに咲く花(2010年9月20日 -11月23日、BeeTV) -藤野咲希 役
99年の愛~JAPANESE AMERICANS~[10](2010年11月3日 -7日、TBS) -平松さち(当時編) 役
ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA(2011年1月14日 -3月4日 / 8月29日 -9月13日、TBS) -アイ 役
高校生レストラン(2011年5月7日 -7月2日、日本テレビ) -米本真衣 役
華和家の四姉妹(2011年7月10日 -9月18日、TBS) -華和うめ 役
花嫁(2012年1月2日、TBS) -片倉洋子 役[11]
あっこと僕らが生きた夏(2012年4月14日 -21日、NHK) -大崎耀子 役
パパドル!(2012年4月19日 -6月28日、TBS) -花村芽衣 役
好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~(2012年10月12日 -12月21日、テレビ東京) -川島海荷 役
タンクトップファイター(2013年4月25日 -6月20日、MBS) -西木理久 役[12]
ぴんとこな(2013年7月18日 -、TBS) -千葉あやめ 役
SPEC~零~(2013秋放送予定、TBS)[13]
■映画
Life 天国で君に逢えたら(2007年8月25日、東宝) -飯島小夏 役
携帯彼氏(2009年10月24日、GONZO / シナジー) -上野里美 役
私の優しくない先輩(2010年7月17日、ファントム・フィルム) -西表耶麻子 役
星守る犬(2011年6月11日、東宝) -川村有希 役
映画 怪物くん(2011年11月26日、東宝) -市川ウタコ / カレー王国のピラリ姫 役
■劇場アニメ
ガフールの伝説(2010年10月1日、ワーナ・ブラザース映画) -ジルフィー(吹替) 役
モンスター・ホテル(2012年9月29日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) -メイヴィス (吹替) 役[14]
劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(2013年1月12日、東宝) -パイロ(声) 役[15]
■舞台
「高校中パニック!小激突!!」(2013年11月24日 -12月29日公演予定、PARCO劇場 / 地方)[16][17]
■バラエティ
オールスター感謝祭(2008年9月27日 / 2010年10月2日 / 2012年3月31日、TBS)
自然が奏でる交響曲 地球オーケストラ この惑星の美しい音を探す大紀行(2010年2月14日、日本テレビ) -司会[18]
第18回家族で選ぶにっぽんの歌(2012年3月20日、NHK) -司会[19]
■ドキュメンタリー
池上彰の報道特番 「池上彰の世界を見に行く!」(2010年12月5日、テレビ東京)
生命のチカラ 日本の天然杉~佐渡・忘れられた森の物語~[20](2013年1月19日、新潟放送)
独りで死ぬということ~孤立街の見守り僧侶~(2013年2月9日、テレビ東京) -ナレーション
■テレビアニメ
STAR DRIVER 輝きのタクト 第16話(2011年1月23日、MBS) -オカダ・ハナ 役
■雑誌連載
TV station 「うみかstation」(2009年15号 -2011年26号、ダイヤモンド社)
B.L.T.「Moments...」(2010年5月号 -2013年4月号、東京ニュース通信社)
■広告
立川伊勢丹 5周年記念プロモーション「立川のくらし」(2006年)
消防試験研究センター広報ポスター(2010年)
SEA BREEZEイメージキャラクター(2010年 -2012年)
奈良県警察警察官募集ポスター(2011年)
鈴乃屋 ふりそでイメージキャラクター(2012年)[21]
K-SWISS ブランドアイコン 「it girl」(2012年)[22]
平成25年警視庁110番イメージキャラクター(2013年)[23][24]
■CM
花王 エコナドレッシングソース(2006年)
バンダイ ふしぎ星の☆ふたご姫(2006年)
NTTコムウェア 企業(2007年)
中央酪農会議 牛乳に相談だ。(2007年)
カルピス カルピスウォーター(2009年 -2011年)[1]
NTT東日本 フレッツ光[25](2009年 -2010年)
味の素 クノールカップスープ(2009年 -2010年)
はるやま商事 紳士服はるやま(2010年)
資生堂 SEA BREEZE(2010年 -2012年)[26]
江崎グリコ
プリッツ (2010年 -2012年)
企業 日本縦断グリコワゴン(2011年7月20日 -)
サーモス 5-15C°PROJECT(2012年3月 -)
武田薬品工業 アリナミンゼロ7(2012年6月 -)[27]
AC JAPAN 支援キャンペーン 骨髄移植推進財団 「18歳からできること」(2012年7月 -)
ミュージック・ビデオ
the GazettE 「体温」(2006年2月8日)
LOONIE 「春ウララ ルララ」(2006年3月8日)
新垣結衣 「うつし絵」(2009年5月27日)
ROCK'A'TRENCH 「言葉をきいて」(2010年6月23日)[28]
■ラジオ
川島海荷のUMICAFE(JFNC制作、2013年4月 -)
■その他
J:COM presents エヴァンゲリオン×美少女写真展-Girls Collection of EVANGELION-(2012年)
J-CREWプロジェクト~やっぱり海が好き~ 応援動画(2012年)
Hello!フォト☆ラバーズ~ミル・トル・アルク~(2012年11月1日 -8日、BS朝日)[29]

【作品】
■写真集
NU(2007年10月、近代映画社、撮影:小池伸一郎)ISBN 978-4764821569
青のコリドー(2008年12月12日、集英社、撮影:熊谷貫)ISBN 978-4087805093
from Umi(2010年2月5日、集英社、撮影:渡辺達生)ISBN 978-4087805543 (撮影は2009年11月、グアム島で行われた[25]。)
海風-umikaze-(小学館ビジュアルムック)(2012年3月28日、小学館)ISBN 978-4091032263
■DVD
1st DVD「Holo Holo」(2008年12月26日、角川エンタテインメント)
2nd DVD「Chu!ら海荷」(2010年11月24日、Liverpool)
「umikaze」(2012年3月28日、リバプール)
■CD
シングル
MajiでKoiする5秒前 (2010年7月14日)Umika as Yamako名義
作詞・作曲:竹内まりや。映画「私の優しくない先輩」主題歌。1997年発売の広末涼子のファーストシングルのカバー。
■その他
時任三郎「君の帰る場所」(2007年)コーラス参加

【脚注】
1. a b c d e f g ““胸キュン美少女”川島海荷が新カルピスキャラ”. スポーツニッポン. (2009年3月18日). オリジナルの2009年3月21日時点によるアーカイブ。 2013年4月12日閲覧。
2. a b c “【川島海荷】あどけない“つぼみ””. ぴいぷる. ZAKZAK (2009年10月27日). 2013年4月12日閲覧。
3. “川島海荷、これが初キッス!? お相手のはんにゃ金田はキスを猛練習.”. livedoorニュース (2010年7月5日). 2011年6月18日閲覧。[リンク切れ]
4. 神田沙織 (2012年2月17日). “★堀越高等学校卒業式に出席してきました★”. 神田沙織のブログ「代表取締役タレント神田沙織が“サオリッチエンターテイメント”を作った理由」. 2013年4月12日閲覧。
5. “川島海荷が明大合格! お祝いビキニ”. 日刊スポーツ. (2012年2月29日) 2013年4月12日閲覧。
6. “17歳の川島海荷、理想のデートは「さわやかな人とロマンチックな大人デート!」とかわいらしい夢を明かす”. Infoseekニュース (2011年6月1日). 2011年6月18日閲覧。[リンク切れ]
7. “[川島海荷]父の日前に全国の”お父さん”にエール「お仕事頑張って」 映画「星守る犬」舞台あいさつ”. マイコミジャーナル (2011年6月12日). 2011年6月18日閲覧。[リンク切れ]
8. “オールナイトニッポン”. オフィシャルブログ「今日、この頃の海さん。」 (2010年8月26日). 2013年4月12日閲覧。
9. Go!Go!9nine. TOKYO MX. 2010年11月11日放送.
10. TBS60周年開局記念 橋田壽賀子ドラマ。
11. 向田邦子新春ドラマスペシャル。
12. 友情出演 / 川島海荷、小野恵令奈のお姉さん役 オープニング曲も9nineが歌う oricon(2013年3月5日)
13. ORICON STYLE (2013年3月19日). “「SPEC」完結編は2部作で今秋公開!向井理と大島優子も出演”. 2013年3月20日閲覧。
14. “[オリラジ藤森]米アニメでチャラ男吹き替えに挑戦 劇中で海荷口説く”. マイコミジャーナル. 2012年8月9日閲覧。
15. “ゆずが10年ぶりアニメ映画主題歌!川島海荷が男の子役で初映画化「HUNTER×HUNTER」で豪華タッグ!”. シネマトゥデイ. (2012年11月1日) 2012年11月7日閲覧。
16. パルコ劇場40周年記念公演 大パルコ人2 バカロックオペラバカ。企画:大人計画。
17. ナタリー (2013年3月14日). “氣志團・綾小路翔、9nine川島海荷がクドカン舞台に出演”. 2013年3月20日閲覧。
18. 共演:山口智充。
19. 共演:伊東四朗、柴田理恵。
20. BSN新潟放送創立60周年特別番組。
21. 鈴乃屋プレスリリース(2012年1月)
22. livedoor HOMMEニュース(2012年6月12日)
23. “110番の日の集い”. 警視庁. 2013年1月11日閲覧。
24. “川島海荷さん110番のコツ体験…一日通信指令本部長”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年1月11日) 2013年1月11日閲覧。
25. a b “注目女優・川島海荷のグアム写真集発売!無邪気な素顔”. サーチナ (2010年2月20日). 2011年6月18日閲覧。
26. “ファンモンが川島海荷CMソング!”. サンケイスポーツ (2011年4月15日). 2011年6月18日閲覧。
27. 武田薬品 アリナミンゼロ7ニュースリリース(2012年6月13日)
28. 資生堂シーブリーズCM曲。
29. 共演:平間至。

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 Text is available under GNU Free Documentation License.

川島海荷を「ウィキペディア」で参照する