加藤あい かとうあい

「加藤あい」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「加藤あい」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「加藤あい」に関連するモデルプレス記事


公式サイトやブログへのリンク

加藤あいのプロフィール

本名 加藤 愛
生年月日 1982年12月12日(30歳)
出生地 日本 愛知県清須市
身長 161 cm
血液型 O型
スリーサイズ B86cm W58cm H88cm
職業 女優、タレント
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1997年 -

加藤あい(かとう あい、1982年12月12日 - )は、日本の女優、タレント。デビュー当初は本名の加藤 愛(読み同じ)で活動していた。愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身。サムデイ所属。堀越高等学校出身、亜細亜大学国際関係学部卒業。学位は学士(国際関係学)(亜細亜大学)。好きなスポーツはゴルフとボクシングと水泳。一人っ子。

■経歴

・雑誌『ピチレモン』(学研)のジュニアモデルを経て、1997年に木村拓哉主演のドラマ『ギフト』で女優デビューした。

・1998年11月には、広末涼子の後任として、NTTドコモポケットベルのCMに起用された。同年日テレジェニックに選ばれる。シティフォンのCMを経て、2006年10月までiモードや携帯電話サービスのイメージキャラクターを務めた。1999年には、『ベストフレンド』(テレビ朝日系列)で、連続ドラマへの初主演を果たす。

・2001年10月には、翌年1月から放送開始のドラマ『人にやさしく』(フジテレビ系)の製作発表会に出席したが、体調不良を理由に翌月降板を発表した(代役は星野真里)。その後、2002年1月のNTTドコモ新CM制作発表会で、およそ3か月ぶりに公の場へ姿を見せた。

・2002年4月に、堀越高等学校から亜細亜大学国際関係学部へ進学した。女優業と学業の両立を果たした末に、2005年3月大学を卒業した。 卒業後は、『海猿』シリーズや『ハケンの品格』など、映画・テレビドラマやテレビCMを中心に活動している。2009年4月からは、雑誌『with』で連載企画を始めている。

・テレビCMには、デビュー直後から安定したペースで出演。現在まで、NTTDoCoMo、カネボウ、イーオンなどの大企業を中心に、多数のCMへ登場している。8年間担当したNTTドコモのイメージキャラクターについては、「彼女の安定性を企業が高く評価している証拠」として、広告・映像業界でも高く評価された。10社以上のCMに登場していた2000年前後には、メディアで「CM女王」と呼ばれることもあった。2001年4月からは、「24人の映像クリエーターが、限られた時間と予算で、加藤を被写体に24パターンの30秒イメージCMを作る」というコンセプトの下に、『24人の加藤あい』というおちまさとプロデュースの冠番組がTBSテレビで半年間放送されている。

・また、インタビューなどで勉強家であることを公言していた高校時代には、朝日新聞や東進ハイスクールによる大学入試関連のキャンペーンにも登場。同新聞が発行していたタブロイド判の隔週刊紙『SEVEN』では、同世代を代表する形でコメンテーター陣に加わっていた。

・2010年、デビュー以来在籍していた所属事務所のムーン・ザ・チャイルドからサムデイへ移籍した。

・2013年、女性誌「FRaU」3月号で大胆なセミヌードを披露した。

■人物

交友関係
・高校の同級生に、深田恭子や仲根かすみがいる。深田とは、ゲームソフト『ユーラシアエクスプレス殺人事件』や映画『新宿少年探偵団』で共演したこともあって、特に仲が良かった。現在では、中島美嘉・Crystal Kay・AIなどの女性アーティストとも親しく、彼女たちが出演する音楽番組にトークゲストとして登場することもある。

・10代の頃から、7歳年上の畑野ひろ子とも仲が良い。『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」(2002年6月28日)で畑野が加藤を「お友達」として紹介した際には、畑野のことを堂々と「ひろちゃん」と呼んでいた。後年畑野が『ウチくる!?』にゲストで出演した際にも、ビデオレターで登場している。

趣味
・趣味は海外旅行で、語学留学を経験したこともある。Gyaoで配信された連続ドラマ「マンハッタンダイアリーズ」の撮影では、およそ10ヶ月にわたってニューヨークへ滞在していた(2007年1月10日発売の『an・an』に掲載のインタビューより)。

阿藤快繋がり
・名前が阿藤快に似ているため、間違いやすい。番組で、「24人の加藤あい」のパロディーで、「24人の阿藤快」 という企画が作られたこともある。

デビュー時のエピソード
・女優デビューを機に、愛知県から母親と上京した。現在でも、インタビューなどで母親との仲の良さを語ることがある。

・『ピチレモン』のモデルになる前に、14歳でリハウスガールのオーディションを受験。本名の加藤愛でインタビューを受けた際の映像が、『ASAYAN』(テレビ東京系列)で放送された。その後、『月刊デ・ビュー』に掲載された情報を見たことをきっかけに、両親に内緒で(前所属)事務所のオーディションへ応募。加藤自身がフォトエッセイ『なないろの愛』で明かしたところによれば、書類選考を通過した際には、事務所のスタッフが「(加藤を映した)ビデオだけでも送って欲しい」と母親を説得する一幕があったという。ちなみに、デビューしてから中学3年生の途中までは、仕事のたびに実家から上京していた。

仕事関連
・ネプチューンの深夜番組『ネプいっ!』(テレビ朝日系列)へゲストで出演した際に、原田泰造扮する"原田大明神"の「巴投げ」を経験した。加藤自身も後年、『なないろの愛』やインタビューなどで、その経験を述懐している。ちなみに、2009年5月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系列)内「新・食わず嫌い王決定戦」で玉山鉄二と対決した際に、加藤の紹介シーンで巴投げの瞬間の映像が流された。

・サッカー選手・楢崎正剛のファンを公言していたことが縁で、2001年には『さんまの天国と地獄』、2003年にはFIFAコンフェデレーションズカップのダイジェスト番組にそれぞれゲストで出演した(いずれもフジテレビ系列で放送)。

・2009年5月3日には、当時出演していた『魔女裁判』(フジテレビ系列の連続ドラマ)に福山雅治の楽曲『化身』が使われた関係で、『福山雅治のSUZUKI TALKING F.M.』(TOKYO FM制作、JFN37局ネット番組)へゲストとして登場。「芸能界に入った頃に聴きまくった曲」として、リクエスト曲に『HELLO (福山雅治の曲)』を挙げていた。
前所属事務所の公式サイトで無料動画を配信していた2006年には、動画によるトーク番組「カフェユカイ」にレギュラーで出演。テレビでは見せない素顔を披露していた。

■テレビドラマ

・ギフト(1997年、フジテレビ) - 若菜 役
・不思議の国の17歳(1997年、名古屋テレビ・ドラマランド11) - 柿沼恵子 役
・だいじょーぶママ(1997年、中部日本放送・ドラマ30) - 三浦ナナ 役
・はみだし刑事情熱系II 第9話「復讐殺人! ポケベルで呼び出された女」(1997年、テレビ朝日)
・いとしの未来ちゃん 第4話「眺めのいい部屋 A Room with a View」(1997年、テレビ朝日)
・聖者の行進(1998年、TBS)
・少年サスペンス 第5話「保健室に見た恐怖!」(1998年6月4日-18日テレビ朝日)- ココロ 役
・スウィートデビル(1998年、テレビ朝日) - 壇原ひな 役
・P.A.〜プライベートアクトレス(1998年、日本テレビ) - 高円寺るい 役
・あぶない放課後(1999年、テレビ朝日) - 永沢京子 役
・ベストフレンド(1999年、テレビ朝日) - 主演・瀬戸キヨカ 役
・同窓会へようこそ 〜遅すぎた夏の帰郷〜(1999年8月16日、TBS) - 中原夏生 役
・池袋ウエストゲートパーク(2000年、TBS) - 渋沢ヒカル 役
・ナニワ金融道5(2000年、フジテレビ) - 志摩奈々子 役
・真夏のメリークリスマス(2000年、TBS) - 赤座夏見 役
・天国に一番近い男・教師編(2001年、TBS) - 黒澤雛子 役
・傷だらけのラブソング(2001年、関西テレビ) - 川原由佳 役
・やんパパ(2002年、TBS) - 小林里早 役
・マイリトルシェフ ※第6話ゲスト(2002年、TBS) - 永原鈴子 役
・初恋.com(2003年、日本テレビ) - 桜井遥 役
・君が想い出になる前に(2004年、関西テレビ) - 富田ちひろ 役
・犬神家の一族『誰も知らない金田一耕助』(2004年、フジテレビ) - 野々宮珠世 役
・夫婦。(2004年、TBS) - 山口奈穂 役
・弟(2004年、テレビ朝日) - 石原典子(18-34歳)役
・海猿 -UMIZARU EVOLUTION-(2005年、フジテレビ) - 伊沢環菜 役
・広島 昭和20年8月6日(2005年、TBS) - 矢島信子 役
・日曜洋画劇場特別企画「風林火山」(2006年、テレビ朝日) - 由布姫 役
・ハケンの品格(2007年1月 - 3月、日本テレビ) - 森美雪 役
・世にも奇妙な物語 '07春の特別編「ヴァーチャルメモリー」(2007年、フジテレビ) - 立花雪絵 役
・ドリーム☆アゲイン(2007年10月 - 12月、日本テレビ) - 二ノ宮颯乙 役
・あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった〜カウラ捕虜収容所からの大脱走(2008年、日本テレビ) - 朝倉舞 役
・スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜(2008年10月 - 12月 日本テレビ) - 滝ゆう子 役
・神の雫 ※第2話ゲスト(2009年、日本テレビ) - 水澤カオリ 役
・魔女裁判(2009年4月 - 7月、フジテレビ) - 渡部いずみ 役
・リミット -刑事の現場2-(2009年7月 - 8月、NHK総合) - 青井茉莉亜 役
・働くゴン! ※ゲスト(2009年、日本テレビ)
・チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋(2010年4月 - 7月、関西テレビ) - 和泉遥 役
・シバトラ・さらば、童顔刑事スペシャル(2010年、フジテレビ) - 桐野弥生 役
・うぬぼれ刑事 ※第1話ゲスト(2010年、TBS)- 貴崎恵里子 役
・FACE MAKER ※第1話ゲスト(2010年、読売テレビ)- 樋口麗美 役
・チーム・バチスタSP2011〜さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか〜(2011年1月2日、関西テレビ) - 和泉遥 役
・東野圭吾3部作スペシャル「ブルータスの心臓」(2011年6月17日、フジテレビ) - 中森弓絵 役
・松本清張ドラマスペシャル 砂の器(2011年9月10日・11日、テレビ朝日) - 田所佐和子 役
・チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 ※第8話(2011年、関西テレビ) - 和泉遥 役(友情出演)
・オリンパスドラマスペシャル光る壁画(2011年10月1日、テレビ朝日) - 曾根京子役
・僕とスターの99日※第6・8・9話ゲスト(2011年、フジテレビ)- 熊田梢 役
・平清盛※第7回-第11回(2012年、NHK総合) - 高階明子 役
・聖なる怪物たち(2012年、1月 - 3月、テレビ朝日) - 日向圭子役
・ストロベリーナイト※第6話「感染遊戯」ゲスト(2012年2月14日、フジテレビ)- 高野真弓 役
・三毛猫ホームズの推理※第3・4話ゲスト(2012年4月28日・5月5日、日本テレビ)- 永江圭子 役
・東野圭吾ミステリーズ※第5話「甘いはずなのに」ゲスト(2012年、8月2日、フジテレビ) - 中川尚美 役
・チープ・フライト(2013年3月1日、日本テレビ) - 榎本優希 役
・極北ラプソディ(2013年3月19日・20日、NHK総合) - 並木梢 役

■映画

・新宿少年探偵団(1998年、松竹) - 七月響子 役
・劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI(2000年、東宝) - リン 役
・笑の大学(2004年、東宝) - ビヤホールの女給 役
・海猿 ウミザル(2004年、東宝) - 伊沢環菜 役
・LIMIT OF LOVE 海猿(2006年、東宝) - 伊沢環菜 役
・THE LAST MESSAGE 海猿(2010年、東宝) - 仙崎環菜 役
・BRAVE HEARTS 海猿(2012年、東宝) - 仙崎環菜 役
・アナザーAnother(2012年、東宝・角川) - 三神怜子 役

■バラエティ番組(レギュラーで出演した番組のみ)

・グラビアの美少女(MONDO21)
・AXEL(テレビ朝日)
・学校へ行こう!(TBS、1999年4月 - 2001年3月)
・恋ボーイ恋ガール(フジテレビ)
・24人の加藤あい(TBS、2001年4月 - 2001年9月)

■情報番組

・ねっとパラダイス(テレビ朝日、2001年4月 - 2002年9月)

■音楽番組(いずれもAIの親友としてゲスト出演)

・僕らの音楽 -OUR MUSIC-(フジテレビ、2006年9月1日放送)
・Music Lovers(日本テレビ、2009年2月15日、2010年10月18日放送)

■その他

・ハイビジョンスペシャル 煙はるかに 世界SL紀行第5回「イタリア サルデニア島〜ゴイトといた三日間〜」(NHK、2001年4月27日)
・スタジオパークからこんにちは(NHK、2009年7月10日)ゲスト出演

■WEB

・マンハッタンダイアリーズ(2007年、GyaO) - 主演・立花里亜 役

■ラジオ

・加藤あい 20分1本勝負!(1999年4月 - 2001年3月、ニッポン放送)-一時ラジオ福島にもネット

■ゲーム

・ユーラシアエクスプレス殺人事件(1998年) - 森沢千夏 役
・ユーラシアエクスプレス殺人事件(プレイステーション用)

■CM

・ジャスコ(1996年)
・プリマハム(1996年)
・日本ポラロイド(1997年)
・江崎グリコ(1997年 - 1998年、2002年)
・キリンビバレッジ「きりり」(1998年)
・ジョンソン・エンド・ジョンソン「クリーン&クリア」「ディープクリアトナー」 (1998年 - 1999年)
・NTTドコモ「ポケットベル」「シティフォン」「携帯電話」「iモード」(1998年 - 2006年)
・三菱電機(1998年 - 現在)
・朝日新聞社「大学入試キャンペーン」(1999年)
・東進ハイスクール・東進衛星予備校(1999年 - 2000年)
・任天堂 「ポケットモンスター 金・銀」(1999年 - 2000年)
・ロッテ 「雪見だいふく」(2000年)
・ロッテリア (1999年 - 2001年)
・東京ニュース通信社「週刊TVガイド」(1999年 - 2001年)
・郵政事業庁 「郵便貯金」(1999年 - 2002年)
・丸美屋食品工業「のりたま」「釜めし」(2000年 - 2002年)
・武田食品工業 「C1000タケダ」(2000年 - 2003年)
・カネボウ化粧品「テスティモ」「レヴュー」(2000年 - 現在)
・ボシュロム・ジャパン 「メダリスト66トーリック」(2003年)
・日本コカ・コーラ「ジョージア」(2004年 - 2005年)
・イーオン・イースト・ジャパン「英会話イーオン」(2005年 - 2009年)
・CHINTAI(2005年 - 2007年)
・ブルボン 「アルフォート」(2005年)
・ローソン「おにぎり屋」(2005年)
・サントリー「AWA'S アワーズ」(2007年)
・エースコック「スープはるさめ」(2007年)
・カネボウ化粧品「ALLIE」(2008年 - 2011年)
・NEXCO東日本「Pasar羽生」「Pasar三芳」(2009年)
・アサヒビール「クリアアサヒ」(2010年)
・ユニクロ「CANDISH」(2010年)
・ジャストシステム(2010年 -)
・バスクリン「きき湯」(2011年 -)
・明治「ブルガリアのむヨーグルト」(2012年)
・宝くじ 社会貢献CM 「初夢宝くじ」篇(2013年)

■新聞

・SEVEN(2000年、朝日新聞)- コメンテーターとして定期的に登場
・朝日新聞 特集『be Extra BOOKS』 「深いテーマ 忘れえぬ1冊」(2009年12月10日) - 松田哲夫と対談
・朝日新聞 広告特集『地球のあしたを考えよう』 「私のエコライフ」(2010年8月23日)

■雑誌(連載企画のみ掲載)

・週刊TVガイド(1999年 - 2001年)「Going "Ai" Way! あいで行こう!」
・with(2009年4月~、講談社)「加藤あいの I meet Nippon ~会いに行く日本~」

■写真集

・Friend(1997年11月、ぶんか社)
・あい(1998年12月、近代映画社)
・なないろの愛(1999年4月、祥伝社)
・asian beauty(1999年10月、ワニブックス)
・PRIVATE“i” (1) あいの休日(2000年4月、祥伝社)
・PRIVATE“i” (2) 温泉旅行(2000年4月、祥伝社)
・Buono!Buono!ROSSO(2000年12月、集英社)
・加藤あい限定BOX「卒業」夏服バージョン(2001年3月、祥伝社)
・加藤あい限定BOX「卒業」冬服バージョン(2001年3月、祥伝社)
・加藤あいオール制服写真集ーもうひとつの卒業(2001年3月、祥伝社)
・24人の加藤あい(2001年9月、アスキー)
・二十歳 はたちのあい(2002年12月、ワニブックス)

■DVD

・チャイドルキッチュ!(1998年1月、h.m.p)
・日テレジェニック’98 加藤あい a Maze(2000年2月、バップ)
・Buono!Buono!ROSSO(2000年12月、集英社)
・24人の加藤あいA→L(2001年9月、TSUTAYA)
・24人の加藤あいM→Z(2001年11月、TSUTAYA)
・加藤あいのI・N・G VOL.1(2003年7月、祥伝社)
・加藤あいのI・N・G VOL.2(2003年12月、祥伝社)
・加藤あいのI・N・G VOL.3(2004年2月、祥伝社)

■その他

・警察庁2000年ポスターカレンダー
・薬物乱用防止運動(ダメ。ゼッタイ。)4代目キャンペーンガール(2000年 - 2001年、厚生労働省)
・第44回衆議院議員総選挙啓発キャラクター(2005年、総務省)
・進研ゼミ小六チャレンジ1997年10月号付録ビデオ「英語でドラマ ESPERS エスパーズ」如月あおい役

■受賞

・エランドール賞新人賞(2001年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
加藤あいを「ウィキペディア」で参照する