Ayase あやせ

「Ayase」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「Ayase」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「Ayase」に関連するモデルプレス記事

AyaseのSNSリンク

Ayaseのプロフィール

Ayase(あやせ)は、日本の男性作詞家、作曲家、編曲家、ボカロP、歌手である。

来歴
2018年12月24日にニコニコ動画とYouTubeにVOCALOIDを使用した初の楽曲「先天性アサルトガール」を投稿し、音楽家デビューを果たす。

2019年4月30日に投稿された5曲目「ラストリゾート」で初の殿堂入り(10万回再生)。

2019年11月17日に開催されたTHE VOCALOiD M@STER43より発売された1st EP『幽霊東京』は当日即完売。2021年現在もデジタル盤ダウンロードやBOOTHでCDの購入が可能である。

2019年11月22日に投稿されたにじさんじ所属バーチャルYouTuber・緑仙の楽曲「エヴァーグリーン」の作詞作曲、編曲を担当。これが初の楽曲提供となる。

2019年11月に幾田りら(ikura)と共に「小説を音楽にする」ユニット「YOASOBI」を結成し、翌月同ユニットで1stシングル「夜に駆ける」をリリースした。

2020年3月21日に投稿されたTHE BINARY midoの楽曲「命が泣いていたんだ」の作詞作曲を担当。

2020年3月24日、VOCALOIDを使用した楽曲「シニカルナイトプラン」のミュージックビデオをYouTubeとニコニコ動画に投稿。それから2日後、ニコニコ動画では<VOCALOID>、<初音ミク>タグでランキング1位を獲得し、YouTubeではすでに10万再生を突破した。

2020年8月29日に投稿された、ユニット・すとぷりのメンバーであるさとみの楽曲「ワンダラー」の作詞作曲、編曲を担当。自身のニコニコ動画とYouTubeには、初音ミクVer.が投稿されている。

2020年9月9日に投稿された、バーチャルサーカス団VALISの楽曲「開幕ゼノパレード」の作詞作曲、編曲を担当。

2020年12月31日、YOASOBIのメンバーとしてNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。

2021年1月6日、YOASOBIとして初のCD作品『THE BOOK』及び タワーレコード限定で『THE BOOK』の収録曲を初音ミクがカバーした作品『MIKUNOYOASOBI』をリリース。

【人物】
Question book-4.svg
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索?: "Ayase" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年1月)
仲良し3人兄妹の長男で、妹が2人いる。
5歳からピアノを習っており、小学生の頃に国際コンクールに出場していた。
EXILEなどJ-POPの歌手に憧れて音楽の道に進む。
高校時代にバンド活動が本格的にスタートし、ボーカル担当で9年間活動していた。
後に体調を崩しバンド活動ができなくなってしまった時に、この時間に1人で音楽が出来る方法はないかと探しボーカロイドに出会う。
自身の楽曲「幽霊東京」「夜撫でるメノウ」のセルフカバーも投稿されている。

マイブームはK-POP。
趣味と聞かれると、お酒、と答えることが多い。また、カラオケでは促されない限りは歌わないタイプ。
幼少期は仮面ライダーや戦隊モノが好きだったが、本人曰くあくまで一般的なレベル。
野球部に所属していたことがあるが、すぐ辞めた。
散髪は友人(幼馴染み)の美容師に切ってもらっている。
ドッジボールは内野で無双状態になることが多く、わざと当たるのは我慢できなかった。本人曰くとても恥ずかしい話らしい。
洋服が好きで、以前住んでいた高円寺には何軒か馴染みの古着屋さんがあり、店員とも仲良くしていた。
自身の家にはホームシアターがあり、アニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』では藤原千花こと藤原書記が好きである。
小学6年生の時、アイドルグループ「嵐」の楽曲『Happiness』を聴き、ファンになる。当時はCDをほぼ揃えて持っていた。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Ayaseを「ウィキペディア」で参照する