シバター(しばたー)

誕生日:1985年10月18日

「シバター」に関連するモデルプレス記事

  1. シバターも朝倉未来 “失神負け“ に衝撃?「RIZINの感想動画は帰ってから撮ります」

    東スポWeb

  2. シバター てんちむとポーカーで1億円対決「僕が勝ったら、AV出演で…」

    東スポWeb

  3. シバターがユーチューバー・二宮和也に早くも白旗「絶対に勝てない」

    東スポWeb

  4. 中川翔子がシバターの求愛を拒否「無理です。不倫は絶対に許せない」

    東スポWeb

  5. シバター独占インタビュー 本音で語った「家族」「月収」「ワタナベマホト」

    東スポWeb

  6. YouTuberヒカル〝公約〟守った! RIZIN勝利のシバターに1000万円贈呈

    東スポWeb

  7. シバターがワタナベマホトを素手で制裁へ「RIZINで戦います」

    東スポWeb

  8. YouTuberシバター、UFC参戦を表明 世界最大の格闘技団体へ宣戦布告「メイウェザーより数字持ってる」

    モデルプレス

  9. 【RIZIN.26】シバター、ヒカル&てんちむ“炎上軍”の舞台裏告白「人生で最高の日になった」

    モデルプレス

  10. 【RIZIN.26】シバター勝利に感動の声「涙が出た」対戦相手・HIROYAにも感謝コメント相次ぐ

    モデルプレス

  11. 「RIZIN.26」Youtuberシバター、判定覆り勝利 一度はドロー決着

    モデルプレス

  12. 【RIZIN.26】Youtuberシバターの対戦相手はHIROYA ヒカル、てんちむ引き連れ炎上軍で花道パフォーマンス 入場曲は「俺たち金持ちYouTuber」

    モデルプレス

シバターのプロフィール

シバターは、日本の男性総合格闘家、プロレスラー、YouTuber、作詞家、作家。生年月日は1985年10月18日。

神奈川県横浜市中区根岸町出身。本名は齋藤光(さいとう ひかる)。立正大学経営学部卒業。株式会社『プロレスリングシバター』に所属[7]。また総合格闘家およびプロレスラーとしてはパンクラスP's LAB横浜にも所属している。既婚者で一児の父でもある。

過激な動画の投稿を主に行う「炎上系YouTuber」の先駆けとして知られる。ヒカルやラファエルと「炎上軍」名義でも活動している。またウタエルのプロデュースもしている。

【来歴】
高校時代は空手部に所属している。2004年、立正大学経営学部に在学中の19歳の時にパンクラスP's LAB横浜に入門し格闘技を始めた[13]。その後、パンクラスゲート×2、U-FILE CAMPが主催するU-FILEのMMA部門、デモリッションといったアマチュア大会に出場して経験を積む。

【会社員時代】 
立正大学を卒業後、2年間漫画家を目指しながらアルバイト生活をしていたが、挫折。その後、出版社に3年ほど勤務。月収は総支給額が23万円で手取り19万円だった。しかし、勤めていた会社が給料が上がらずパワハラなども行うブラック企業で将来性を感じられなかったため、勤務を続けながら格闘技、プロレス、動画配信などの知識や技術を身につけてゆく。しばらくして動画配信である程度収入を得られるようになったため、出版社を退職した。

総合格闘技
2010年2月28日、師匠である佐藤光留のデビュー10周年興行、BEST SNIPE 変態狙撃祭りの第0試合にて小野明洋と対戦するが1Rの4分51秒に首決めアームロックを決められ敗戦。
2011年5月8日、リングス主催のアマチュア大会、THE OUTSIDER 16に"リアルアマプロレスラー"の肩書とビッグバン・シバターのリングネームで出場。菱沼郷と対戦して1Rの2分47秒に腕ひしぎ十字固めで敗戦。
2011年7月17日、THE OUTSIDER 17にてシバター・ウォーリアーのリングネームで出場。LARGOとの試合において入場ではロード・ウォリアーズのコスチューム、試合ではラリアットやモンゴリアンチョップを繰り出して観客を沸かせた上で1R目の1分10秒でTKO勝利。苫米地秀人特別賞を受賞した。
2011年11月13日、THE OUTSIDERで吉井優と対戦し1R目の1分7秒に腕ひきじ十字固めが決まり勝利。
2012年年2月12日、THE OUTSIDERで島田勇と対戦し1R目の8秒に腕ひしぎ十字固めで勝利した。
2012年7月16日、THE OUTSIDERで軽部秀和と対戦するも1R目の2分43秒に腕ひしぎ十字固めを決められ敗戦した。
2012年11月10日、パンクラスにシバター・シュルトのリングネームで出場。ジョシュア・ロビンソンと対戦し、右フックが決まりTKO勝利した。
2013年1月12日、パンクラス244にドリー・ファンク・シバターのリングネームで出場。マルコム・ヘンドリックスと対戦するが1R目の3分59秒にチョークスリーパーを決められ敗戦した。
2013年2月10日、THE OUTSIDERで久保昌弘と対戦するも1R目の1分37秒に右フックを受けTKO負けした。
2013年6月9日、THE OUTSIDERに橋本シバターのリングネームで出場し、伊達一輝と対戦するも引き分けに終わった。
2014年2月17日、THE OUTSIDERにシバター勝頼のリングネームで出場し、勝利と対戦するも2R目の1分16秒にパウンドを受けTKO負けした。
2014年3月30日、パンクラス257にアントニオシバターのリングネームで出場。マスクドCoCo壱とキャッチレスリングルールで対戦するが1R目の2分29秒にヒールホールドを決められ敗戦した。
2015年2月22日、ZST 44にて伊達李和と対戦。試合では2R目の4分52秒にフロントチョークを極められて敗戦したものの、総合格闘技ではあまり見られないゴッチ式パイルドライバーを決める場面を見せ、試合翌日の上原譲(ZST代表)の会見では、「印象に残る試合。ふざけているように見えるがルールに基づいた中で客を盛り上げ、一般でもおもしろく見られる」と評価された。
2015年4月5日、DEEPで築田大樹と対戦し1R目の1分48秒にチョークスリーパーで勝利。
2015年8月1日、ZST in YOKOSUKA vol.2にて西坂竜彦と対戦。2R目の38秒にバックブローから変型ネックロックを決めて勝利。
2015年11月22日、ZST 49にて平信一との対戦で「有明大決戦!!タイラ vs シバター」と銘打たれた[30]。試合ではプロレス技、ロープに飛んで攻撃を狙うなど奇抜な行為を仕掛けるが逆に平から2R目の1分30秒にジャーマンスープレックスを決められ敗戦した。
2016年年11月12日、Fighting NEXUSで横山秀房と対戦し1R目の1分19秒に右膝蹴り→パウンドが決まりTKO勝利した。
2020年12月31日の大晦日に行われるRIZIN.26に出場する事になり、対戦相手は「X」と表記され直前まで伏せられた。当日に対戦相手はHIROYAと発表され、2R制の判定なし、1R目はキックボクシングルール、2R目は総合格闘技ルールで対戦した。1R目にHIROYAからダウンを奪い、2R目もHIROYAの右腕に腕ひしぎ十字固めが決まるも審判に判定をとってもらえず試合を続行し、そのままドローとなったが、後にビデオ判定でシバターによる腕ひしぎ十字固めが決まっていると判定され、2R目の2分38秒に腕ひしぎ十字固めでシバターが勝利した。また、この勝利がRIZIN初参戦・初勝利となった。
Youtube活動における格闘技
2019年年3月18日、愛媛プロレスでDJ社長(木元駿之介)と対戦し1R目の3分11秒に腕ひしぎ十字固めが決まり勝利した。
2019年11月24日、愛媛プロレスで朝倉未来と対戦。1R目の25秒に左フックを受けTKO負けした。
2020年2月2日、愛媛プロレスで朝倉未来の弟である朝倉海と対戦するも1R目の23秒にチョークスリーパーを決められTKO負けをした。
2020年10月28日、愛媛プロレスで安保瑠輝也と対戦するも1R目の4秒に左ハイキックを受けKO負けをした。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

シバターを「ウィキペディア」で参照する