川上洋平 かわかみようへい

「川上洋平」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「川上洋平」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「川上洋平」に関連するモデルプレス記事

川上洋平のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

川上洋平のプロフィール

4人組ロックバンド[Alexandros]のメンバーで、ボーカルとギターを担当。
愛称は "ようぺ" "ようぺいん" "洋平先生" "よぺ" "洋平さん"など
バンドを立ち上げた張本人であり、実質的リーダー。
ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手掛ける(「Grand Daddy」「Dance With the Alien」「Onion Killing Party」は、それぞれ白井・磯部・庄村との共同作曲、「ハナウタ」は最果タヒによる作詞)。
9歳から14歳までシリアで過ごしていた。シリアではインターナショナルスクールに通っていたため、中東訛りの英語を話す。
また両親が関西出身の為、話し言葉・書き言葉に関西弁が混じることがある。
大学受験ではバンドデビューする為にミュージシャンを多く輩出している青山学院大学に進学した。[ALEXANDROS川上洋平「行きたい大学が決まらない」受験生にアドバイス。
[Champagne]結成当時は川上の大学時代の親友がボーカルを務めていた。よって、厳密には2代目ボーカルに当たる。
大学在学中のデビューを目指していたが、叶わなかったため「50歳になってもデモテープを送り続けられるように」とインディーズデビューするまで広告代理店の営業として働いていた。
趣味は映画鑑賞。時間があれば映画館に通い、毎年200本鑑賞を目標にしており、2013年は200本、2014年は140本超を鑑賞している。映画好きが高じて『TSUTAYA CLUB MAGAZINE』にて『[Alexandros]川上洋平の「TSUTAYAで迷ったらコレを観よ!」』、『MUSICA』(株式会社FACT)にて『川上洋平のポップコーンバター多めで@』がそれぞれ掲載された。
ちなみに2015年は133本超、2016年は125本、2017年は170本鑑賞しており、メモとして鑑賞作品の一覧を自身のブログにて公開している。2017年までは各映画に点数をつけていたが「どこから矢が飛んでくるかわからない」という理由から2018年からは書かない様にしている。
イオンシネマのポップコーンがお気に入りで、Lサイズを頼む。家で映画を見る時でもお持ち帰りで購入する事がある。
好きな街は大阪。メディアやブログ内で大阪の話をよくする。理由は「活気があるから」。
好きなバンドはOasis、Primal Scream、Mr.Children等。
学生時代より運転免許を所持していたが、更新忘れにより失効していた。しかし、2020年8月28日(金)放送のJFN系列『SCHOOL OF LOCK!』内「アレキサンドLOCKS!」にて「免許を取得しました」と報告した。
メンバーの中で唯一Instagramの個人アカウントを開設していなかったが、2019年11月に開設した。しかし、コメント欄は閉鎖している。理由は「ウザいコメントが面倒くさい」から。また、weiboはメンバーの中で唯一個人アカウントを開設している。
実家で「ミルク」という名の猫を飼っていた。ファンも多く、ミルクをモデルとしたiPhoneケースも発売されたが、2016年11月19日、老衰により23歳で死去と公表。2018年のVIP PARTY終了後、保護猫の里親として子猫を飼い始める。名前は「ソイ」。メンバーに動画を送り付けるなど、溺愛している模様。さらに、2019年6月4日に二匹目の猫として「ラテ」を迎える。
主題歌を担当した映画『きょうのキラ君』において、英語教師役として銀幕デビュー。同映画で主演を務めた飯豊まりえとは「涙がこぼれそう」PV以来の共演となった。
栗が大の苦手。胡瓜も苦手。
独自のオリジナルボイパができる。それをデモテープなどに使っている。
mugnyのとりもちが好き。
ようぺいんのあだ名の名付け親はBIGMAMAの金井政人。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
川上洋平を「ウィキペディア」で参照する