PUNPEE ぱんぴー

「PUNPEE」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「PUNPEE」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「PUNPEE」に関連するモデルプレス記事

PUNPEEのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

PUNPEEのプロフィール

PUNPEE(ぱんぴー)

日本のヒップホップMC、トラックメーカー、DJ、シンガー、サウンドエンジニア。学生時代の同級生GAPPERと実弟のS.L.A.C.K.(5lack)の3人からなるヒップホップユニットPSGや地元の友達である原島“ど真ん中”宙芳とのDJコンビ板橋兄弟としても活動。妻は元AKB48で女優の秋元才加。

◆略歴

1993年、小学4年生のときに東京都文京区から家族の都合で板橋区へ転居。

2002年、ヒップホップユニット「板橋録音クラブ」を結成。同ユニットはその後、自然消滅。

2006年、「ULTIMATE MC BATTLE 2006 東京大会」で優勝。

2007年、GAPPERと結成したヒップホップユニット「P&G」に実弟のS.L.A.C.K.が加入、PSGを結成。カトマイラの手売りアルバム『三十路の嘆げKISS』にて初めて他アーティストのアルバムを全曲プロデュースする。

2009年8月9日、「AKAI PROFESSIONAL PRESENTS SAMPLER BATTLE GOLDFINGER's KITCHEN 2009」で優勝。10月9日、PSGとしてデビューアルバム『David』を発表。本作はKREVAや、ZEEBRA、Bach Logicなどに高く評価されたほか[2]、『bounce』誌や、『riddim』誌、『FLOOR net』誌、Amebreakなどの様々な音楽メディアにおいても高い評価を受けた。

2010年8月20日、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)の『サマー・シンフォニー』のリミックス『サマー・シンフォニー ver.2 (feat. PSG) [1]』にPSGとして参加。12inchとして発売される。9月10日、当時20歳だったRAU DEFの1st『ESCALATE』にプロデュースで4曲、そしてトータルプロデューサーとして参加。11月20日、初のMIX CD『Mixed Bizness』を1000枚限定で発表、即完売する。12月31日、ヒップホップ専門メディアAmebreakの「AWARD 2010 BEST PRODUCERS」にて第1位に選出される。

2011年6月30日、2nd MIX CD『BIRTHDAY BASH MIX』を発表。12月27日、インターネットラジオ局Block.fmにて自身の番組『Mixxed Bizness』がスタートする。

2012年5月14日、全6回の放送をもってBlock.fmにて放送していた自身の番組『Mixxed Bizness』が終了する。9月15日、3rd MIX CD『MOVIE ON THE SUNDAY』を2000枚限定で発表、即完売する。また、本作はKREVAなどの著名アーティストが年間ベストの一つとして取り上げた。

2013年4月20日、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)がレコードストアデイに合わせて発売した7inchシングル『The Long Goodbye』にリミックスとラップで参加。12月8日、自身の音源入り、Tシャツ+CD-R「It's tha Mother Fuckin' P T-Shirts」を発表。即完売する。

2014年1月13日、世界各国のMCがラップを担当するレッドブルテレビCM「ナポレオン編 日本版」に出演、Block.fmにて自身の番組『Mixxed Bizness』が『Mixxed Bizness (スープの回)』として復活する。4月23日、TBS系列で放送されている『水曜日のダウンタウン』にオープニング曲やジングル制作などで参加。

2015年4月18日、レコードストアデイに合わせ7inchシングル『Last Dance (We are TANAKA.)』を500枚限定で発売。7月29日、RHYMESTERの9thアルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』にプロデュースで5曲、フィーチャリングで2曲参加。同年に開催された『KING OF STAGE VOL.12 Bitter, Sweet&Beautiful Release Tour 2015』にも参加する。9月25日、アメコミ好きが高じてDCコミックスのアメコミ『LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ』に翻訳監修で参加。10月14日、tha BOSS(THA BLUE HERB)の1stアルバム『IN THE NAME OF HIPHOP』にプロデュースで1曲参加。11月11日、RAU DEFの3rdアルバム『ESCALATE II』にプロデュースで6曲、フィーチャリングで2曲、そして前作同様トータルプロデューサーとして参加。12月20日、「加山雄三リミックスプロジェクト」の一環で「お嫁においで2015 (feat. PUNPEE)」を12inchで発売。即完売する。

2016年1月11日、Block.fmの自身の番組『Mixxed Bizness』が『SUMMITimesの中で『Mixxed Bizness(しかしまぁ大事なのは今後である 2015)』として復活する。今回は今までのようなDJ MIXではなくトークやお便りコーナー、ボツ(未公開)音源を流す放送となった。12月9日、長年敬愛していたシンガー、宇多田ヒカルのネットイベント『サントリー天然水 PRESENTS「宇多田ヒカル 30代はほどほど。」』にラッパーのKOHHと共に出演し本人を目の前にDJプレイを披露した。12月19日、以前担当したアメコミLOBOの第2弾『BATMAN LOBO / LOBO AUTHORITY:HOLIDAY HELL』の翻訳監修を再び担当した。

2017年1月11日、宇多田ヒカルが2002年にリリースしたシングル『光』をPUNPEEがリミックスした楽曲『光 (Ray Of Hope MIX)』が配信開始し全米Itunesチャートで日本人アーティスト最高位となる第2位を記録した。同曲はPlayStation 4用ゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』の主題歌として使用されている。8月2日、フジテレビ系列にて生放送された『2017 FNSうたの夏まつり』に出演し加山雄三と「お嫁においで 2015」を披露。8月23日、1stアルバムの発売に先駆けてTSUTAYAにてレンタル限定盤『RENTAL'S』をリリース。既存の楽曲をメインにしながらも1stアルバムから『Hero (Trailer)』なども収録された。10月4日、自身初となる1stソロアルバム『MODERN TIMES』をリリース。それに伴いリリースワンマンツアー『The "Journey into Mystery" Tour』を追加公演含む全国6箇所で開催。

2020年4月10日、5月開催予定だった全国Zeppワンマンツアー『Seasons Greetings'20 ~Sofa Kingdom Tour~』が新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、翌年の1月に延期。

◆人物・エピソード

映画、アメリカン・コミックス好き。制作においてもそれにまつわる作品が多い。

自己紹介、フリースタイルなどにおいて弟のS.L.A.C.K.を引き合いに自分を卑下することが多い。

父親が山下達郎のファンだったことから小さい頃から常にレコードなどに囲まれた生活をしていた。

RHYMESTERの宇多丸に自身のラジオ番組内で「上手いラッパー」として挙げられる。また、その特徴的な笑い声について漏れ笑いという風に表現される。

宇多田ヒカル好きを公言している。その縁でDOMMUNEで放送されたトリビュート・アルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』の特番に出演し彼女の楽曲のみのDJを披露し、後日その模様がアルバム公式サイトに掲載された。

自身が通っていた中学が相当の不良学校で、いじめられっ子グループに属していたが、「ゲームをたくさん持ってるからあいつはイケてる」という理由で、不良でもなくいじめられっ子でもなく、一般人の地位を築く。これが名前の由来となった。

プロデュースの曲によく客演しているSugbabeは『MOVIE ON THE SUNDAY』の際、秘密裏に行われたオーディションで「声が似ていてアレンジができる」という理由で選ばれた別人のミュージシャン。

実弟のS.L.A.C.K.がライブをする際は基本的に自身がバックDJを務めている。その一方、自身のライブの際はバックDJは原島“ど真ん中”宙芳とDJ ZAIが務めている。

楽曲だけでなく映像に関しても強くこだわる。『Bad habit』のミュージックビデオ制作の際は、監督の性格よし子ちゃんに100箇所以上の修正を頼み事務所で一緒に作業した。[16]『金 (REMIX) [feat.SEEDA & PUNPEE]』のミュージックビデオは自ら書いた絵コンテを元に撮影された。

2018年8月、元AKB48の秋元才加との熱愛報道が写真週刊誌『FLASH』(2018年8月7日号)に掲載された。これに対して記者には『はい、つき合っています。同棲はしていません。私には住むところがあるので(笑)』とコメントしていた。2020年6月20日に秋元と結婚した[18]。この報道にて年齢が36歳であることも明かされている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

PUNPEEを「ウィキペディア」で参照する