岡本玲 おかもとれい

「岡本玲」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「岡本玲」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「岡本玲」に関連するモデルプレス記事

岡本玲のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

岡本玲のプロフィール

岡本玲(おかもと れい)
愛称:レイちゃん、おかも
生年月日:1991年6月18日
現年齢:19歳
出身地:和歌山県
血液型:A型

公称サイズ(2006年時点)
身長:157cm
体重:43kg
BMI:17.4(低体重)
股下:74 cm
身長比:47.1 %
靴のサイズ:23 cm
デビュー:2003年

岡本 玲(おかもと れい、本名同じ、1991年6月18日 - )は、和歌山市出身のファッションモデル、タレント、女優、歌手。血液型はA型。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。

■来歴

2003年 - ファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルオーディションでグランプリを受賞し芸能界入り。また、同誌からの派生ユニットニコモノ!として2005年にCDデビューを果たした。
2006年 - 先駆舎から現在の事務所に移籍。
2007年 - 中学卒業と同時に上京、高校へ入学。『生徒諸君!』で初のドラマ出演。
2008年 - 表紙登場回数歴代1位(2010年11月現在まだ塗り替えられていない)の記録を残しニコラ卒業。モデル業以外での芸能活動を本格的に開始、ソロ歌手としてCDデビューする(現在歌手活動休止中)。『憐〜Ren〜』(HP閉鎖)で映画初主演。ドラマ、映画の『赤い糸』の主人公の親友役「山岸美亜」を演じた。この役作りのため、髪を茶髪にする(現在は黒髪に戻している)。
2009年4月 - 自身のブログにて全日制の高校から通信制の高校に転学した事を発表。理由については、「今まで学校に行っていた時間を受験勉強に役立てたい」と述べている[1]。
2010年 - 高校卒業、同年4月から大学進学[2]。 約1年ぶりに髪をショートにした。

■人物

自分の性格を「負けず嫌い、頑固」と語っている。また、長所・短所は「完璧主義なところ」。
趣味は、ギターとピアノ。
特技は、そろばんや暗算など。現在は、ルービックキューブを練習している。
小学生の頃は、木登りをするなど、お転婆な一面もあったようだ。
2008年1月発売の「JUNON」3月号の『08年ブレークする人ベスト10』ランキングで、9位にランクインした。
2008年2月19日に放映された「踊る!さんま御殿!!」に初出演し、「踊る!ヒット賞!!」を受賞。
2009年9月27日放送の第7回『おとなの学力検定スペシャル小中学校教科書クイズ!』(日本テレビ)では、予選を3位で突破し、クライマックスを制し、優勝を果たした。

■モデル活動

2歳年上の姉が愛読していた『ニコラ』に出ていた蒼井優と新垣結衣に憧れて、モデルオーディションに母が撮影した写真を同封し応募。東京で行われたそろばん大会と面接の日がたまたま同じ日だったため、親が東京で面接を受けることを許してくれた。面接では、その面接前にそろばんの大会に出場していたことや同世代の人の特技としては珍しかったため、そろばんのことばかり聞かれたという[3]。
新垣結衣や虎南有香、丹羽未来帆から、妹のように可愛がられていた。
『ニコラ』の表紙登場回数25回で、現在最多回数である。雑誌の人気投票では5年近くトップだった[4]。ライバル雑誌の勢いに押され、長らく部数が伸び悩んでいた「ニコラ」が、彼女を表紙に多く起用し出した2005年あたりから息を吹き返し、彼女の表紙起用回数が2/3(8回)を占め、2006年後半には、同ジャンルの雑誌のトップに躍り出た[4]。
岡本在籍時代の『ニコラ』の編集長を務めていた松本美帆子は、「岡本は万人受けする美人ではないし、モデルとしては決して恵まれてはいない」と語っている。しかし、それを努力でカバーしたり、新たな形にかえて読者に提案する力がある、と評している[4]。同氏によると岡本が使用したものは問い合わせが殺到するため、ファッションブランドをはじめ、各種企業から誌面で使用して欲しいという指名がダントツで、調整に悩むことも度々あったという[4]。松本をはじめとする関係者は、その凄さを「触ると売れる」と表現した[4]。
カリスマモデルと評されるようになったが、157cmとモデルとしては低身長であるため、モデル活動を始めた当初は、ファッションページを担当させてもらえず、唯一の仕事は、雑誌の後ろの方に掲載されるメイクページであった[3]。

■嗜好

好きな食べ物は、煮込みハンバーグ。嫌いな食べ物は、梅干と納豆。
好きなキャラクターは、ミニーマウスとキティ。
好きな男性のタイプは木村拓哉で、初めて買ったCDは、SMAPの「がんばりましょう」[5]。
好きなお笑い芸人は、髭男爵[6]。2008年6月18日放送の「ダウンタウンDX」で、共演が実現するが、次々と暴かれる山田ルイ53世の性癖に呆れ返っていた。

■技能

モデル。ピアノや漢字、英語、珠算・暗算など、様々な特技・技能を持っている。暗算などの検定はめずらしく、よく質問される。2009年時点で、所属事務所が公表しているプロフィール等によれば、

実用英語技能検定(英検) 2級[7][8]
日本漢字能力検定(漢検) 3級[9]
書道 2段[9]
日本珠算連盟段位認定試験 珠算 準3段[9]
日本珠算連盟段位認定試験 暗算 4段[9]

の級・段位を持つ。特に、珠算・暗算は、小学校1年生の頃から、週4日[10]そろばん教室(大河内珠算会[11])に通い、中学校でも珠算部に入る[12]など、子供の頃からの専門分野で、ほぼ毎年競技大会において、成績を残している[13]。また、ピアノも3歳のときから習い続け、和歌山県大会で銀賞を取ったこともあるという[14]。具体的な成績については、競技実績を参照。

■音楽活動

岡本 玲
別名:Rei(作詞者としての名義)
活動期間:2005年
2008年 - 現在
レーベル:ユニバーサルミュージックシグマ
事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント
著名使用楽器:ギブソン・SG

作詞は「Rei」の名前で行っている。

使用しているギターはアメリカ合衆国の有名ギターメーカーギブソンがオリジナルデザインで制作したギブソン・SGである。岡本がデザインし、スコットランドのタータンチェック協会から唯一正式に認定されたタータンチェック柄を使用し、SGモデルでは世界初のオリジナルギターとなる[15]。
歌手としての来歴

2005年、ファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルで結成されたアイドルユニットニコモノ!のメンバーとしてCDデビュー。同ユニットは公式に活動終了は発表されていないが、シングルを1枚出しただけで実質的に活動を終了している。
ある日、自身のブログに悩みを打ち明けたところ、ファンの人たちが温かく励ましてくれた。その言葉に感動し、自身の悩んでいる人にメッセージを送りたいと事務所の人に相談したところ歌手として活動することが決まった[3]。2008年3月26日、「teenage days」でソロ歌手としてデビュー。 現在は、活動休止中。
2008年6月18日、2ndシングル「Railroad Star」を発売。
2008年10月22日、3rdシングル「恋愛方程式/地図にない場所」を発売。
2008年12月24日、1stアルバム「That's Girls Life」を発売。

■ディスコグラフィー
・シングル
teenage days(2008年3月26日)
Railroad Star(2008年6月18日)
恋愛方程式/地図にない場所(2008年10月22日)

・アルバム
That's Girls Life(2008年12月24日)

・タイアップ
曲名/タイアップ
teenage days/日本テレビ系『業界クイズ ミニキテ!』2008年3月度エンディングテーマ
Railroad Star/日本テレビ系『アナ☆パラ』2008年6月度エンディングテーマ
恋愛方程式 /テレビ東京『しょこ♥リータ』2008年10月 - 12月度エンディングテーマ
地図にない場所/NHK『Jリーグ中継』2008年エンディングテーマ

■出演
◆テレビドラマ

生徒諸君!(2007年4月 - 6月、朝日放送) 柴田安里 役(レギュラー)
松本清張スペシャル 殺人行おくのほそ道(2007年12月、フジテレビ) 倉田麻佐子役(少女時代)
赤い糸(2008年12月 - 2009年3月、フジテレビ) 山岸美亜 役(レギュラー)
BOSS CASE07 (2009年5月28日、フジテレビ) 岡本玲(本人) 役
恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ (2009年7月 - 9月、フジテレビ) 植村ともみ 役(レギュラー)
いのちの島(2009年11月23日、TBS) 倉持由香里 役
臨月の娘(2010年3月6日、テレビ朝日) 渥美レイコ 役
タンブリング(2010年4月 -6月、TBS) 浅倉 葵 役(レギュラー)
ほんとにあった怖い話「叫ぶ廃病院」(2010年8月24日、フジテレビ) 田島啓子 役
フリーター、家を買う。(2010年10月-12月、フジテレビ) 星野あかり 役(レギュラー)

◆その他テレビ

めざましテレビ「MOTTOいまドキ!」(2008年4月?日 - 2011年3月25日、フジテレビ) いまドキ☆ムスメとしてレギュラー出演
めざましテレビ「今日の占いカウントダウンHYPER」(2009年3月30日 - 2010年3月26日、フジテレビ)
全国一斉!日本人テスト(2008年10月2日 - 2009年7月30日、フジテレビ)レギュラー
ニコモノ!(2004年4月 - 9月、テレビ大阪)レギュラー
アニメっこMAX(2006年4月 - 2007年3月、アニマックス)

◆他、クイズ番組を主に、単発出演は多数。

■映画

超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!(2007年3月公開) レイ(声)役
秒速5センチメートル(2007年公開)
憐 Ren(2008年夏公開) 朝槻憐 役(主演)
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌(2008年公開) 友子 役
劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王(2008年8月9日公開)机なつき 役
赤い糸(2008年12月公開) 山岸美亜 役
おにいちゃんのハナビ(2010年9月公開) 手島カスミ 役
君へのメロディー(2010年10月公開) 紺野ユウ 役
高校デビュー(2011年春公開) 栗原まこと 役

■舞台

「SASUKE」 (2006年) 風魔小次郎役
「Legend〜風のなかの塵〜」 脚本・演出/藤森一朗(2007年8月9日 - 13日 Air studio) ハルカ 役
「闇の門」 脚本・演出/藤森一朗(2007年10月18日 - 22日 Air studio)
「DARKNESS GATE」 脚本・演出/藤森一朗(2008年10月9日 - 13日 Air studio) 吉野里緒役/浦沢ユウナ 役
「路地裏の優しい猫」 作・演出/森岡利行(2009年4月29日 - 5月5日 新国立劇場・小劇場) ハルコ 役
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」脚本・演出/岡本貴也(2010年9月13、14、17日、天王洲銀河劇場) 薫 役
「十二人の怒れる人々」原作 /レジナルド・ローズ ・演出/藤森一朗(2011年1月26日 - 30日、AQUA studio)
「PRIDE」脚本・演出/藤森一朗(2011年2月9日 - 12日、AQUA studio)
「熱海殺人事件」原作/つかこうへい・演出/藤森一朗(2011年3月2日 - 6日、AQUA studio)

■ラジオドラマ

「アキタ系、なう」 (2010年8月28日、NHK) エリー 役(主演)

■CM・広告

タカラ、BRATZ(2004年)
タカラ、たたいてボンゴミーヤ(2004年)
伊藤忠商事、Girl is Girl by nicola(2004年)
KDDI、au はぴモバ(2004年2月 - 終了時期不明)イメージキャラクター
KDDI、Teen's au(ティーンズau)
ワコール、ワコールジュニア(2005年1月 - 12月)イメージキャラクター。2004年には虎南有香とCMに出演。
ロート製薬「メンソレータムアクネス」(2007年3月1日 - )
ロート製薬「サンプレイ」、「リセ」 スチル広告(2007年4月 - )
Question Mark 広告(2007年夏 - )
SONY「プレイステーション3」(2007年11月19日 - 12月)
ユニバーサルミュージック、「アイのうた」(2008年2月7日 - )
サーティワンアイスクリーム(2008年4月26日 - )
角川文庫「夏のキャンペーン」キャラクター“ハッケンくん”のナレーション(2010年6月 - )
ACジャパン「見える気持ちに」篇 ナレーション(2010年7月 - )
CHINTAIトラベルサービス(2010年7月10日 - )

■イベント

みんなのことめっちゃ好きやねん 岡本玲デビューだよ!Thank you for my friends!Tour(2008年3月21日 - 30日)
祝☆2nd!!線路は続くよ、Railroad Starツアーズ☆(2008年6月21日・22日)
めざましLive'08 HY with 赤い糸(2008年8月26日)

■雑誌•書籍

ニコラ(2003年9月 - 2008年5月、新潮社)元専属(トップモデル)
Myojo(集英社)準レギュラー
JUNON(2007年8月号・2008年1月号 - 主婦と生活社)「岡本玲の月刊プリ☆パラ」連載中(2008年3月号 - )

その他、単発の雑誌掲載多数。

■写真集

岡本玲写真集「OKAMO」(2011年3月24日発売、集英社)

■新聞

ニュース和歌山(2008年1月1日)インタビュー掲載
スポーツ報知(2008年1月14日)
ニュース和歌山(2009年1月3日)インタビュー掲載

■DVD

アップトゥーボーイ(2007年7月号)付録
日経エンタテインメント別冊Girls Special(2007年11月)付録

■ゲーム

ザ・サード バースデイ(イヴ・ブレア)

■その他

着うたサイト「アーティスト公式サウンド」にて着ボイス・着ムービー配信中
アーティスト公式デコメール配信(現在NTTドコモ、auで配信中)
岡本玲プロデュース・ニコラ10周年記念キティちゃんコラボ発売(2007年9月上旬 - )
ベロベロバー(2008年4月30日、KBCラジオ)、ゲスト出演
オールナイトニッポン(2008年6月18日、ニッポン放送)ワンデーパーソナリティ
オールナイトニッポン(2008年12月20日、ニッポン放送)〜赤い糸スペシャル〜

■競技実績

主な競技大会成績/会期/主催者/大会(年次・回)/部門/順位(成績)/備考
2001年6月-7月/日本珠算連盟/全国あんざんコンクール(2001年)/小学4年生の部/5位[16]/
2002年12月23日/和歌山県計算実務協会/県下珠算選手権大会兼近畿珠算競技大会代表選考会(第30回)/小学4年生の部/準優勝(640点)[17][18]/
読上算競技・小学生の部/3位[17][18]
2002年6月-7月/日本珠算連盟/全国あんざんコンクール(2002年)/小学5年生の部/15位[19]/
2002年8月8日/和歌山県計算実務協会/県下夏季珠算競技大会(第54回)/小学5年生の部/準優勝(735点)[20]/
2002年9月10日/近畿通信珠算ベスト100大会(第18回)/Sランク/6位(570点)[21][22]/
2002年11月23日/日本珠算連盟/全国そろばんコンクール(2002年)/小学5年生の部(和歌山県下)/準優勝(840点)[23]/
2002年12月22日/和歌山県計算実務協会/県下珠算選手権大会兼近畿珠算競技大会代表選考会(第31回)/小学生団体の部/優勝[24][25]/県代表内定[25]
読上暗算競技・小学生の部/3位[24][25]
読上算競技・小学生の部/2位[24][25]
個人の部・小学5年生の部/2位[24](660点)[26]
2003年8月11日/和歌山県計算実務協会/県下夏季珠算競技大会(第55回)/小学6年生の部/準優勝(740点)[27][28][11]/
2003年6月-7月/日本珠算連盟/全国あんざんコンクール(2003年)/小学6年生の部(和歌山県下)/1位[29][30]/
2003年11月-12月/日本珠算連盟/全国そろばんコンクール(2003年)/小学6年生の部(和歌山県下)/1位(920点)[30]/
2004年6月-7月/日本珠算連盟/全国あんざんコンクール(2004年)/中学校1年生の部/75位[31]/
中学校1年生の部(和歌山県下)/3位(1270点)[32]
2004年11月-12月/日本珠算連盟/全国そろばんコンクール(2004年)/中学校1年生の部/61位[33]/
中学校1年生の部(和歌山県下)/2位(865点)[34]
2005年6月-7月/日本珠算連盟/全国あんざんコンクール(2005年)/中学校2年生の部/50位[35]/
中学校2年生の部(和歌山県下)/3位(1340点)[27]
2006年6月-7月/日本珠算連盟/全国あんざんコンクール(2006年)/中学校3年生の部/33位[9][36]/
中学校3年生の部(和歌山県下)/2位(1390点)[37]
2006年11月/読売新聞社・日本学生協会基金/高円宮杯全日本中学校英語弁論大会(2006年)/和歌山県/2位[9]/
2006年11月-12月/日本珠算連盟/全国そろばんコンクール(2006年)/中学校3年生の部/34位[9][38]/

■脚注

・岡本玲オフィシャルブログ 2009年4月17日付け記事より抜粋
・岡本玲オフィシャルブログ 2010年3月6日付け記事
・a b c 2008年6月27日放送「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」
・a b c d e 「「触れると売れる」10代のカリスマ雑誌モデルの岡本玲って誰?」、『日経エンタテインメント!』第12巻第5号、日経BP社、2008年4月、pp.99。
・2008年5月28日「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)
・2008年3月18日「99プラス」(日本テレビ)
・岡本玲 (2009年7月7日). “BLOG”. エヴァーグリーン・エンタテイメント. 2009年10月18日閲覧。
・岡本玲 (2009年7月26日). “BLOG”. エヴァーグリーン・エンタテイメント. 2009年10月18日閲覧。
・a b c d e f g “岡本玲 オフィシャルウェブサイト”. エヴァーグリーン・エンタテイメント (2007年). 2007年9月24日閲覧。
・岡本玲 (2007年3月14日). “BLOG”. エヴァーグリーン・エンタテイメント. 2007年9月24日閲覧。
・a b 岡本玲 (2003年). “白浜珠算大会に行って”. 大河内珠算会. 2007年9月24日閲覧。
・岡本玲 (2007年7月13日). “BLOG”. エヴァーグリーン・エンタテイメント. 2007年9月24日閲覧。
・“全日本通信珠算競技大会開催”. 大河内珠算会 (2004年). 2007年9月24日閲覧。
・Pure Pure June 2004 インタビュー
・スポーチ報知 (2008年1月14日). “岡本玲をギブソンが認めた!オリジナルギター製作!!”. 2008年3月9日閲覧。
・“2001年全国あんざんコンクール部門別上位入賞者一覧(小学生の部)”. 日本珠算連盟 (2001年). 2007年9月24日閲覧。
・a b “ニュース”. 大河内珠算会 (2001年). 2007年9月24日閲覧。
・a b “第30回 県下珠算選手権大会成績”. 大河内珠算会 (2001年). 2007年9月24日閲覧。
・“2002年全国あんざんコンクール部門別上位入賞者一覧(小学生の部)”. 日本珠算連盟 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・“第54回 県下夏季珠算競技大会成績”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・“ニュース”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・“成績(きんきベスト100)”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・“全国そろばんコンクール”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・a b c d “ニュース”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・a b c d “第31回県下珠算選手権大会”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・“成績2”. 大河内珠算会 (2002年). 2007年9月24日閲覧。
・a b “県下夏季珠算競技大会2003”. 大河内珠算会 (2003年). 2007年9月24日閲覧。
・“夏季珠算競技大会2003”. 大河内珠算会 (2003年). 2007年9月24日閲覧。
・“あんざんコンクール”. 大河内珠算会 (2003年). 2007年9月24日閲覧。
・a b “あんざんコンクール2003”. 大河内珠算会 (2003年). 2007年9月24日閲覧。
・“2004年全国あんざんコンクール部門別上位入賞者一覧(中学生・高校生・一般の部)”. 日本珠算連盟 (2004年). 2007年9月24日閲覧。
・“あんざんコンクール2004成績”. 大河内珠算会 (2004年). 2007年9月24日閲覧。
・“2004年全国そろばんコンクール部門別上位入賞者一覧(中学生・高校生・一般の部)”. 日本珠算連盟 (2004年). 2007年9月24日閲覧。
・“成績”. 大河内珠算会 (2004年). 2007年9月24日閲覧。
・“2005年全国あんざんコンクール部門別上位入賞者一覧(中学生・高校生・一般の部)”. 日本珠算連盟 (2005年). 2007年9月24日閲覧。
・“2006年全国あんざんコンクール部門別上位入賞者一覧(中学生・高校生・一般の部)”. 日本珠算連盟 (2006年). 2007年9月24日閲覧。
・“あんざんコンクール成績”. 大河内珠算会 (2006年). 2007年9月24日閲覧。
・“2006年全国そろばんコンクール部門別上位入賞者一覧(中学生・高校生・一般の部)”. 日本珠算連盟 (2006年). 2007年9月24日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
岡本玲を「ウィキペディア」で参照する