木嶋真優 きしままゆ

「木嶋真優」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「木嶋真優」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「木嶋真優」に関連するモデルプレス記事

木嶋真優のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

木嶋真優のプロフィール

ヴァイオリニスト
生年月日:1986年12月13日
出身地:兵庫県

■略歴

幼少時代
3歳半からヴァイオリンを林泉の元で始めた。ヤマハ音楽教室に通いながら、就学前から京都での子供向けのコンクールで3年間連続の金賞を受賞。7歳の時に五嶋みどりのレクチャーコンサート、9歳の時に宮崎国際室内楽音楽祭でのアイザック・スターンのレクチャーコンサートに参加した。9歳で小島秀夫指揮コジマ・ムジカ・コレギアとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第1楽章でオーケストラ・デビュー。1998年、第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部で第1位を獲得した。江藤俊哉、小栗まち絵、戸上和代、川崎雅夫に師事。

中学生時代
小林聖心女子学院小学校より、そのまま同中学校へ進んだ。

1999年、日本クラシック音楽コンクール全国大会で最高位(第1位なしの第2位)を獲得、トルコのイズミルでイズミル交響楽団第25回定期演奏会に出演、翌年にはカーネギーホールなどでブルッフのコンチェルトを演奏した。

2000年、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア部門で最高位(第1位なしの第2位)を獲得した。奨学生に選出され、アメリカ・アスペンのサマーフェスティバルに参加し、ドロシー・ディレイに師事する。

ケルン音楽大学への留学
中学校2年生の時に、横浜で開催されたザハール・ブロンのセミナーに参加し、ブロンから「今すぐ留学した方がいい」とアドヴァイス受け、2001年10月、ケルン音楽大学ヤングコースへ留学し、同大学教授であるブロンに師事した。平成14年度文化庁海外派遣研究員。

2003年6月、アシュケナージ指揮・NHK交響楽団のラヴェル管弦楽作品集において、ツィガーヌのソリストとして、アシュケナージにより抜擢され、レコーディングに参加した。

ブロンは木嶋を「教え子の中で1、2を争う才能」と評価し、ロストロポーヴィチに紹介した。その結果、2005年中、ロストロポーヴィチと、アメリカ、ヨーロッパツアーを重ねた。その演奏会は、ヨーロッパ、アメリカの新聞各紙で好評を記された。ドイツの有力紙『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』は、「カラヤンがアンネ=ゾフィー・ムターを、マゼールがヒラリー・ハーンを世界的に注目させたように、ロストロポーヴィチは木嶋真優を世に出した」と評した。

2006年、小林研一郎指揮・日本フィルハーモニー交響楽団との共演で、ヨーロッパで演奏会を行った。また、プラハ交響楽団の日本ツアーにも同行した。

演奏活動以外の面では、ファッション誌(美的、MISS PLUS、Frau)に度々掲載、テレビのバラエティー番組や、2012年には情熱大陸にも取り上げられ一躍話題となった。その他、中居のミになる図書館、しゃべくり007、今夜くらべてみました、フジテレビTEPPENの審査員、世界仰天ニュース、林修の初耳学、ヒルナンデス、恋するクラシック、題名のない音楽会などのテレビ番組に出演。

2008年、CDとしては2枚目となる、初のソロアルバム「シャコンヌ」発売。

ケルン大学に留学後は、ヨーロッパ各地での演奏活動も多くなり、室内楽奏者としても演奏会を行っている。

2011年10月、ケルン国際ヴァイオリンコンクールにて優勝。

2012年、3枚目のアルバム、RISE発売。

著名ヴィオリストであるユーリ・バシュメットとの度々の共演、ヴァイオリンの巨匠 イヴリー・ギトリスにも認められ、スイス・ルガーノでのマルタ・アルゲリッチ音楽祭などでの共演、NHK交響楽団などとのコンサートを重ねている。

指揮者 小澤征爾が、小澤率いるサイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団に、木嶋を招聘した事でも注目される。

2016年、第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールで優勝。

2019年に会社経営者男性と結婚。2020年2月26日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ)の番組内で発表した。

現在は、室内楽での演奏活動や、後進の指導にも力を入れている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
木嶋真優を「ウィキペディア」で参照する