寺門ジモン(てらかどじもん)

誕生日:
1962年11月25日
星座:
いて座
身長:
166cm
画像 記事 プロフィール

寺門ジモンの関連リンク

寺門ジモンに関する画像

寺門ジモンに関する記事

  1. ダチョウ倶楽部「やんごとなき一族」で共演・土屋太鳳の思いに感謝「頑張って進む事が出来ました」

    モデルプレス

  2. ダチョウ倶楽部・肥後克広&寺門ジモン、“棺の中におでん”上島竜兵さんの葬儀振り返る「竜ちゃんの遺言」

    モデルプレス

  3. 土屋太鳳「やんごとなき一族」で共演・ダチョウ倶楽部への想い紡ぐ「現場をたくさんあたためて下さいました」

    モデルプレス

  4. ダチョウ倶楽部・上島竜兵さん出演「やんごとなき一族」肥後克広・寺門ジモン2人で出演継続へ<発表全文>

    モデルプレス

寺門ジモンのプロフィール

寺門ジモン

ダチョウ倶楽部の1人。
生年月日:1962年11月25日
出身地:兵庫県
血液型:A型
身長:166cm

■来歴

兵庫県川西市出身。本人曰く家が山の頂上付近にあったため、2歳頃から毎日自然と戯れていた自然児で、朝起きるとクワガタなどの昆虫を捕まえていた。4歳頃から市街地の幼稚園に電車を乗り継ぎして通園し、他の子供より精神的に自立していたため周りから変人扱いされており、幼稚園での集団生活は合わなかったとしている。また、この頃から舌が異常に敏感だったため、母の料理が不味かったときはダメ出しし、この時から料理の腕は母よりも上だったという。

父親が都市銀行員であり、東京と大阪を頻繁に転勤していたという。このため、出生地と戸籍は兵庫県だが、家庭環境の都合で日本各地を転々としてきたことで、関西弁を殆ど話さない。室町幼稚園(池田市)、箕面市立箕面小学校、中野区立桃丘小学校、中野区立第九中学校を経て東京都立鷺宮高等学校を卒業。

その後、役者を目指しテアトル・エコー附属養成所に所属したが、将来に不安を感じお笑い芸人に転身することを決意。同期であり、コンビを組んでいた上島竜兵と共にテアトル・エコーの先輩・渡辺正行に会いに行き、渡辺から肥後克広、南部虎弾を紹介される。これがダチョウ倶楽部の出発点となった。

詳細は「ダチョウ倶楽部#来歴」を参照
2014年10月、“旨い”を追求する会員制グルメサイト『食べマスター』を開設。

■人物

手座。身長166cm、体重67kg。B107/W87/H99。生まれたとき、胸の周り・顔・足の裏・手の甲以外の全身に約10cmの原因不明の体毛が生えていたが、生後1週間で抜けた。実家が裕福であり、50歳を超えた今でも、母親から仕送りをもらっている。本人曰く今でも母親の事を「ママ」と呼んでいる。

足が短い、顔が大きい、体を異常なまでに鍛えているなどの特徴が相まって今田耕司に「体のバランスがおかしい」と言われている。東野幸治など番組共演者の中には、何ものにも属さず他の追随を許さない孤高の精神に敬意を払う者も多い。

ダチョウ倶楽部で唯一の独身。アウトドア愛好家やグルメなど多趣味なうえに、どれもかなりのマニアであることから、肥後と上島はこれらの話題について行けず、プライベートで3人集まることは滅多になく、寺門のみ竜兵会の会員ではない。また、メンバーからは絡みづらいと言われ酒も飲めない為、テレビ出演や志村けん達との飲み会では肥後と上島だけでいることが多い。

メンバー内では一番持ち芸が少ないが、実は1番面白いというのが浅草キッドの評。有吉弘行に付けられたあだ名は、「短足天狗」と言われているが、実際はダチョ・リブレの番組内でノッチ(デンジャラス)が「短足天狗」と命名した。そこで有吉が命名したのは「ポリバケツ」であり、安田和博(デンジャラス)が「偽グルメ」、土田晃之が「うそつき」というあだ名を考案した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.