紗栄子 さえこ

「紗栄子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「紗栄子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「紗栄子」に関連するモデルプレス記事


紗栄子のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

紗栄子のプロフィール

紗栄子
旧芸名はサエコ。本名非公開。
生年月日:1986年11月16日
出生地:宮崎県宮崎市
血液型:O

紗栄子(さえこ、(旧姓:非公開)、1986年11月16日 - )は、宮崎県宮崎市出身の女優・女性タレント。旧芸名はサエコ。

2008年9月末まで芸能事務所トップコートに所属。その後フリーを経て2010年よりエイベックス所属。血液型・O型、身長・157cm、体重・43kg。

堀越高等学校卒業。2006年4月に早稲田大学通信教育課程人間科学部人間情報科学科に入学(2009年7月ブログで現在は学生ではないと公表、中退していることを示唆)。衆議院議員の道休誠一郎は叔父。

■来歴
・2003年、日本テレビ主催の女性アイドル応援企画「日テレジェニック2003」に最年少で選ばれる。同時期に雑誌「週刊ヤングジャンプ」のアイドルの登竜門制コレでグランプリを獲得。
・同年より、TBS学校へ行こう!のレギュラーやCMピザーラに出演し、知名度を上げていく。
・2005年TBSで好視聴率を挙げた連続ドラマドラゴン桜で一気に知名度を上げ人気ブレイク。デビュー前からの目標であった女優活動を本格化していく。
・2007年8月、プロ野球北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手との交際が報じられた。自ら同年8月9日のブログでダルビッシュとの結婚を宣言するとともに、妊娠6週目であることを報告した。
・2007年11月11日、ダルビッシュと入籍。
・2008年3月24日、3000グラムの第1子(長男)誕生。同月29日には退院し、ブログにて長男の出産・退院報告を行った。
・2008年10月24日、自身のブログで2008年9月末に所属事務所との契約を終了していたことを明かした。今後は夫のサポートと子育てに専念するとのこと。また、2008年12月に発売するエッセイ『Saeko』を最後に、今後は本名でブログ、アパレル関係の仕事を行うこともあわせて表明した。
・2010年2月26日、3432グラムの第2子(次男)誕生。
・2011年4月1日、自身のブログヘッダーから「ダルビッシュ」の表記を削除「紗栄子(Saeko)オフィシャルブログ」とした。
・2012年1月 - ダルビッシュが養育費を支払うことで、正式に離婚成立。タレント活動を再開している。
・2012年1月 - 元夫のダルビッシュ有が自らのブログの2012年1月19日と1月23日の記事において、「彼女に関してメディアで根も葉もない情報が流布されているが全て虚偽であること。」「彼女は私を支えようと献身的に頑張ってくれた、家庭内の仕事も一生懸命やってくれた。」「法外な慰謝料や養育費を求められたこともない。」「彼女が私を応援してくれるように、私も彼女を応援したい。」「彼女の母のようにさらに愛にあふれた母になるでしょう。」と述べている。

■人物
・家族とも仲が良く、母の作ってくれる料理が大好物。ただし自身のブログによると料理は苦手とのこと。
・愛犬dollを溺愛している。
・ソニンや松浦亜弥・大沢あかねなどと親しい間柄。
・本人はブログ内で「人前で歌うことは嫌い」等と述べており、メディアで歌声を披露した数少ない機会がフジテレビ「新堂本兄弟」に平山あや・ソニン・hiroと出演した回である。4人で安室奈美恵の「TRY ME」を歌ったものの、それはお世辞にも「上手い」とは言いがたい極度の音痴であった。しかし、それを堂々と歌いきった事から、ネット上では“サエコ師匠(由来はサッカー元日本代表の鈴木隆行から)”などと呼ばれるなど話題になる。その後、動画が『サエコの衝撃的歌唱力』と題してYouTubeにアップされると、「信じられないレベルの歌唱力」と話題が再燃し、アクセスが集中した。
・単身赴任していた堂本光一の父の家が近いため、ピンポンダッシュしたことがある(新堂本兄弟より)。
・2005年に「クイズ!ヘキサゴンII」に1度出演した際、事前のペーパーテストで最下位を記録した。本人は「誰かの陰謀ですよ!」と反論したが、この後は全く活躍を見せられなかった(最後のクイズリレーも出番が回る前に終了した)。
・ヘリウム声と言われるほどのアニメ声である。
・長男のことをブログでは「チビダルくん」と呼んでいる。
・ファッションに興味があり、購入した服を『ファッションショー』と題し公開することがある。料理とは反対にファッションには自信があるとブログで発言している。一部で、将来のアクセサリーデザイナーへの転身が伝えられたが、自身のブログでデザイナー転身を否定した。しかし、実父が経営するアパレル会社で物作りの手伝いをする可能性を示唆した。

■主な出演作品

◆ドラマ
・なつのひかり。(2004年2月14日、日本テレビ) - 阿部薫子 役
・天花(2004年3月29日 - 9月25日、NHK) - 佐藤由加 役
・愛情イッポン!(2004年7月10日 - 9月18日、日本テレビ) - 柴田みりん 役
・ビー・バップ・ハイスクール2(2005年8月17日、TBS) - マキ 役
・ドラゴン桜(2005年7月8日 - 9月16日、TBS) - 小林麻紀 役
・今夜ひとりのベッドで(2005年10月20日 - 12月22日、TBS) - 寺尾舞子 役
・おいしいプロポーズ(2006年4月23日 - 6月25日、TBS) - 浅倉ミチル 役
・DRAMA COMPLEX 「たくさんの愛をありがとう」(2006年4月4日、日本テレビ) - 滝川萌 役
・ほんとにあった怖い話 夏の特別編2006(2006年8月22日、フジテレビ) - 永森さやか 役
・DRAMA COMPLEX 「沖縄従軍少女看護隊〜最後のナイチンゲール〜」(2006年8月22日、日本テレビ) - 仲根悦子 役
・のだめカンタービレ(2006年10月16日 - 12月25日 、フジテレビ) - 佐久桜 役
・グッジョブ(2007年3月26日 - 3月30日、NHK) - 二岡智美 役
・ホテリアー(2007年4月 - 6月、テレビ朝日) - 森本あかね 役
・まるまるちびまる子ちゃん20年後の同窓会SP(2007年、フジテレビ) - 大人になったたまちゃん 役

◆バラエティ
・学校へ行こう!(2003年4月 - 2005年3月、TBS)

◆映画
・船を降りたら彼女の島(2003年2月、磯村一路監督) - 鶴姫(劇中劇の主人公) 役 ※International Family Film Festival 2003 長編・ドラマ部門賞受賞作品
・着信アリ (2004年1月、三池崇史監督) - 女子高生 役
・ZOO SEVEN ROOMS(2005年3月、安達正軌監督) - マリ 役
・NANA(2005年9月、大谷健太郎監督) - 川村幸子 役
・LOVEHOTELS(2006年6月、村松亮太郎監督) - 主演・浦坂愛 役
・バックダンサーズ!(2006年9月、永山耕三監督) - 主演・永倉愛子 役
・シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年9月、中江功監督) - 沙絵 役
・龍が如く 劇場版(2007年3月、三池崇史監督) - 唯 役
・クローズド・ノート(2007年9月、行定勲監督) - 池内ハナ 役
・ガチ☆ボーイ(2008年3月、小泉徳宏監督) - ヒロイン・朝岡麻子 役

◆舞台
・エビ大王(2005年12月8日~12月30日) - ヒロイン・パリテギ 役 ※2002年ソウル公演芸術祭作品賞・戯曲賞受賞作品

■その他
・ポンキッキーズ21 アニメ「シトラスタウン」(2004年、フジテレビ) - ベリー 役
・ジャングル・ブック2 日本語版(2003年、ウォルトディズニー) - シャンティ 役
・Ameba Saeko's Chat!(2007年4月 - 9月、TOKYO FM) - パーソナリティ(MC)

■CM
・ピザーラ

■著書
・『サエコ大百科』 (2006年9月、主婦と生活社、ISBN 439113327X)
・『Saeko』(2008年12月、アメーバブックス新社 ISBN 4344991303)
・『Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方』(2011年11月18日、集英社「MORE編集部」 ISBN 4087806227 )

■雑誌
・集英社「MORE」2010年9月号より連載

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
紗栄子を「ウィキペディア」で参照する