アドリアナ・リマ あどりあなりま

「アドリアナ・リマ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「アドリアナ・リマ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「アドリアナ・リマ」に関連するモデルプレス記事


公式サイトやブログへのリンク

アドリアナ・リマのプロフィール

アドリアナ・リマ
アドリアナ・フランセスカ・リマ
Adriana Francesca Lima[2]
ブラジル出身のファッションモデル
生年月日1981年6月12日
出身地 ブラジル・バイア州サルヴァドール
瞳の色 茶色
毛髪の 青色
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 178 cm / ― kg
スリーサイズ 86 - 61 - 89 cm
靴のサイズ 26.0 cm

2000年以降のヴィクトリアズ・シークレットエンジェル、2003年から2009年までメイベリンのスポークスモデルを務めたことで知られている。

■経歴
◇モデル

リマはモデル志望は一切なかったが、小学生の時に多くの美人コンテストに出場し優勝した[4]。

15歳の時に、フォード・モデルの「スーパーモデル・オブ・ブラジル」コンテストに出場、これがモデルコンテスト初出場だった。結果は1次審査で落ちた。

その後、1996 年のフォードの「スーパーモデル・オブ・ザ・ワールド」に出場し、2次審査まで進んだ[5]。

その3年後にニューヨーク市に移り、エリート・モデル・マネジメントと契約した。業界入りしてすぐにリマのポートフォリオは広まり始め、『ヴォーグ』『マリ・クレール』の多数の国際的な雑誌に出るようになった。

ランウェイモデルとしてはヴェラウォン、クリスチャン・ラクロワ、エマニュエル・ウンガロ、アルマーニ、フェンディ、ラルフ・ローレン、バレンチノのショーに出演した。2000年秋にゲスの広告キャンペーンに起用された[3]。

2003年から2009年までメイベリンのスポークスモデルを務めた[5][6]。べべ、モッシモ、アルマーニ、ブルガリ、デビアス、フレンチ・コネクション、ケッズなどにも起用された[7]。『ハーパース・バザー』『エル』『GQ』『アリーナ』『コスモポリタン』『エスクァイア』などの雑誌の社説ページにも現れた。

2006 年の「スーパーモデルの年収ランキング」で5位、雑誌『フォーブス』が発表する同ランキングで2007年、2008年に4位にランク付けされた[8][9][10][11]。
女優

2001年にBMWの短編映画に出演(共演はミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、フォレスト・ウィテカー)。

◇私生活

母語のポルトガル語の他に英語、フランス語、わずかだがスペイン語も話せる。彼女は子供の頃、男性に対して内気で、17歳の時に初めてのキスを経験した。その相手の男子はリマと結婚できるかどうか、リマの母親に直接尋ねに行ったという[12] 。彼女は毎週日曜日に必ず教会に出席する信心深いカトリック教徒である。 2006年4月、雑誌『GQ』において、処女であることを告白した。

インタビューの中で「セックスは結婚後にするもの」と説明し、「私と付き合う男性は、私の選択を尊重しなければならない。もし、それをわかってくれないなら、その男性は私とは付き合えないでしょう」と語った。

過去にミュージシャンのレニー・クラヴィッツ、リヒテンシュタインのヴェンツェスラウス公子と交際していた。

2007年11月、NBAのメンフィス・グリズリーズのセルビア人選手マルコ・ヤリッチとの交際が報じられた[14][15] 。当初、2人は2009年6月にサルバドルでの大規模な結婚式を計画していたが、同年2 月14日にワイオミング州のジャクソンホールで個人的な市民結婚式を挙げ、駆け落ちした。

同年5月、リマがセルビアの市民権を申し込むと報告された。

まもなくして、妊娠が発表され感謝祭頃が出産予定日であると発表された 。

同年11月15日に第1児となる女子を出産、バレンティナ・リマ・ヤリッチと名づけた。バレンティナは34週目で生まれ、体重は約1995gだった。リマの子癇前症の影響と見られている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
アドリアナ・リマを「ウィキペディア」で参照する