エズラ・ミラー えずらみらー

「エズラ・ミラー」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「エズラ・ミラー」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「エズラ・ミラー」に関連するモデルプレス記事

エズラ・ミラーのプロフィール

エズラ・ミラー(えずら・みらー)

アメリカ合衆国の俳優。

生年月日:1992年9月30日
出生地:アメリカ合衆国ニュージャージー州

■生い立ち

ニュージャージー州バーゲン郡ワイコフ生まれ。出版社の役員を務める父とダンサーの母、2人の姉を持つ。ユダヤ系の名前とユダヤ人の父を持ち、自身をユダヤ人と認識する。

6歳から始めたオペラ歌手としての訓練によって吃音症を克服した。オペラ歌手として、メトロポリタン歌劇場やフィリップ・グラスのオペラ『White Raven』の米国初公演などの舞台に立った。ハドソン高校に通い、16歳のときに中退した。

■キャリア

2008年の映画『Afterschool』への主演により俳優としてのキャリアを開始。タイトル・ロールの少年を演じたライオネル・シュライヴァーの小説のリン・ラムジー監督・脚本による映画化『少年は残酷な弓を射る』は2011年のカンヌ国際映画祭で上映され、絶大な賛辞を集めた。

2012年、スティーヴン・シュボースキーの小説『ウォールフラワー』の著者自身の監督による映画化『ウォールフラワー』でローガン・ラーマン、エマ・ワトソンと共演。主人公を救うゲイの少年パトリックを演じた。ミラーは少年時代、原作小説を読んで魅せられていたという。

2016年には、ハリー・ポッターシリーズの新作として映画化された「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のクリーデンス・ベアボーンを演じ強烈な印象を残した。

■私生活

2012年8月、ミラーは雑誌『Out』のインタビューで自身を「クィア」と表現し、「多様な性やジェンダーの素晴らしい友人をたくさん持っている。特定の誰かと恋愛関係にあるわけではない」と語った。2012年9月のインタビューでは「自分を表現する方法としてゲイは選ばない。惹かれたことがある人のほとんどは女性だが、多くの人と一緒になったし、愛が見つかればどこでもそれを受け入れる」と語っている。また2012年1月には「青年期の初期には多くの『ハッピー・エンドのお泊り』を体験した」「ゲイ的な時間を過ごしたことのない人はおそらく人生の現実に対峙することを避けようとしている」と語っている。

2011年6月28日、『ウォールフラワー』の撮影中だったペンシルベニア州ピッツバーグで停止中の車の前部座席で喫煙行為を警官に発見され、20グラムのマリファナを所持していたために逮捕された。運転はしていなかった。この容疑はのちに裁判所によって免訴されたが、治安紊乱行為をはたらいたとして600ドルの罰金を科せられた。ミラーはのちに「自分がポットを吸う事実を隠す必要を感じない。(大麻は) 感性を高める無害な薬物だ」とコメントしている。

2012年8月11日、ニューヨークのウィリアムズバーグ橋でミラーを乗せたタクシーが消防車に追突された。ミラーは負傷したが、治療は受けなかった。

ニューヨークのバンド Sons of an Illustrious Father でドラムスとボーカルを担当する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
エズラ・ミラーを「ウィキペディア」で参照する