宇賀なつみ うがなつみ

「宇賀なつみ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「宇賀なつみ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「宇賀なつみ」に関連するモデルプレス記事

宇賀なつみのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

宇賀なつみのプロフィール

宇賀なつみ(うが・なつみ)

タレント、元テレビ朝日アナウンサー。

生年月日:1986年6月20日
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:164cm

■略歴

生い立ち
東京都練馬区出身。東京都立大泉高等学校、立教大学社会学部産業関係学科卒業。

小学校時代はバレーボールとバトン、中学時代は吹奏楽部、高校では応援団の活動をしていた。高校時代には、チアリーダーに憧れて応援団に入ったものの、入団後は学生服姿で応援していた。

テレビ朝日アナウンサー
大学卒業後の2009年4月1日に、アナウンサーとしてテレビ朝日に入社。入社当日に『報道ステーション』の2代目気象キャスターとして、番組デビューを果たした。

同期入社のアナウンサーは、板倉朋希・加藤真輝子・三上大樹。ただし、宇賀と加藤は、入社直後から平日の帯番組へレギュラーで出演していた(加藤の出演番組は『やじうまプラス』)。そのため、通常はテレビ朝日および主要系列局の新人・若手アナウンサーが務める全国高校野球選手権大会中継(朝日放送制作)の「燃えろ!ねったまアルプス」リポーターを経験していない。2009年の中継には、テレビ朝日から男性アナウンサーの板倉と三上が派遣されている。

入社当日から2014年3月28日までの5年間は、レギュラー番組を『報道ステーション』に限定。2011年8月15日から、先輩アナウンサー・武内絵美が出産・育児休暇に入ったことを受けて、武内の後任でスポーツキャスターに就任した(武内は2013年からニュースリポーターとして復帰)。また、武内が担当していた「朝日新聞」夕刊の連載企画『戦士のほっとタイム』のインタビュアーも、同年9月20日付の紙面から継承。2013年3月29日には、同企画の内容をまとめた自身初の著書『宇賀なつみ 戦士のほっとタイム』が、朝日新聞出版から刊行された。

2014年3月31日からは、平日早朝の情報番組『グッド!モーニング』のサブキャスターに異動。4月14日からは、『ここがポイント!!池上彰解説塾』(『報道ステーション』月曜日の前枠番組)で、出身高校の先輩・池上彰と共演している。その一方で、同月2日から2015年5月3日まで放送されていた深夜番組『初めて○○やってみた』では、MCとして、入社後初めてバラエティ番組にレギュラーで出演。6月9日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)には、同番組への出演開始にちなんで、「初めてグラビアやってみた」というテーマで撮影されたグラビアが掲載されている。

『ここがポイント!!池上彰解説塾』と後継番組・『池上彰のニュースそうだったのか!!(2015年4月放送開始)において池上のアシスタントを務めている。同年10月改編では、『グッド!モーニング』のサブキャスターから、『羽鳥慎一モーニングショー』のアシスタントに転じている。

2019年3月末で『羽鳥慎一モーニングショー』を降板し、入社から10年の節目をもってテレビ朝日を退社。退社後の活動ついては「個人でコツコツと活動していく」とし、自身のInstagramを通じて情報発信していくとしている。

フリーアナウンサー
2019年4月よりフリーアナウンサーに転身し、同月1日付で公式ウェブサイトを開設。『池上彰のニュースそうだったのか!!』の進行を引き続き担当する一方で、同月より放送予定の初の冠レギュラー番組『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日)でMCを務める。またTBSラジオにて『宇賀なつみ BATON』を、TOKYO FMにて『日本郵便 SUNDAY’S POST』のパーソナリティを務めるなど、これまで未経験の分野であったラジオディスクジョッキーにも挑戦する。

私生活
立教大学時代の同級生だった会社員男性と、2017年5月5日に婚姻届を提出し結婚。同月9日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』の番組冒頭にて発表した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
宇賀なつみを「ウィキペディア」で参照する