佐田真由美(さだまゆみ)

「佐田真由美」に関連するモデルプレス記事

  1. 佐田真由美、アンチ書き込みへの対応にスタジオ驚愕「本人ですけど」

    モデルプレス

  2. みちょぱ、撮影途中でバックレた過去 鈴木奈々らとモデル業界の裏側暴露

    モデルプレス

  3. 佐田真由美、キッズモデル時代の写真公開「衝撃の可愛さ」と話題

    モデルプレス

  4. 梨花、胸元SEXYドレス姿で登場 「MAISON DE REEFUR」全店舗閉店の理由明かす<オトナミューズ5TH感謝祭>

    モデルプレス

  5. 【オトナミューズ5TH感謝祭写真特集】梨花・佐田真由美・竹下玲奈ら豪華モデル陣がレッドカーペット集結

    モデルプレス

  6. 佐田真由美、背中ざっくり“ブラ見せ”ドレスで登場

    モデルプレス

  7. 【エンタメランキング】6月に一番読まれたニュースは?<TOP10>

    モデルプレス

  8. 岩堀せり・佐田真由美・竹下玲奈ら、レジェンドモデルが集合「神メンバー」「懐かしすぎて感激」

    モデルプレス

  9. 佐田真由美・岩堀せり、ボディコン&超ミニで安室奈美恵ライブ参戦

    モデルプレス

  10. 佐田真由美“35年前”ショット公開「小さい頃から美人」「お人形さんみたい」

    モデルプレス

  11. 佐田真由美、モデル歴37年で変わらぬ美しさの秘訣は 愛娘との私生活も明かす

    モデルプレス

  12. 佐田真由美&岩堀せり、レジェンドW表紙 40歳記念で本音対談

    モデルプレス

  13. 「ユニクロ」の高級カシミヤを自分ご褒美にする女子急増!近藤千尋・佐田真由美も夢中

    株式会社ユニクロ PR

  14. 梨花・佐田真由美・岩堀せり・竹下玲奈・浅見れいな、豪華競演が実現 貫禄のオーラで表紙飾る

    モデルプレス

  15. LDH JAPAN、新会社設立を発表

    モデルプレス

  16. EXILE ATSUSHI、デビュー秘話を明かす 松本利夫、MAKIDAIら集結で「UPSIDE DOWN」歌唱

    モデルプレス

  17. 佐田真由美、娘の将来に言及 モデルを「オススメしない」理由とは

    モデルプレス

  18. 木村佳乃・後藤真希ら“ママの憧れ”に輝く「ベストマザー賞2017」発表

    モデルプレス

  19. 「何より大変な仕事」長谷川潤×佐田真由美×MINMI、今の生活の充実語る

    モデルプレス

  20. 佐田真由美「ただのオタクだった」過去を明かす

    モデルプレス

佐田真由美のプロフィール

佐田真由美
さだ まゆみ
愛称 まゆみん
生年月日 1977年8月23日
現年齢 32歳
出身地 日本・東京都
血液型 O
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 166 cm / 56 kg
BMI 20.3(普通体重)
スリーサイズ 82 - 57 - 82 cm
靴のサイズ 25.5 cm

出演
■雑誌
ViVi
GLAMOROUS
sweet
bea's up
他多数

■書籍
せり&まゆみのワークアウトBOOK(2003年、講談社) ISBN 4062119641
MAYUMI SADA ONE(2005年、 講談社) ISBN 4063537021 自身初のフォトエッセイ集
月刊 佐田真由美(2005年、新潮社) ISBN 410790153X

■TV
◇ドラマ
おとなの夏休み(2005年、日本テレビ) - 少女A 役
花より男子(2005年10月~12月、TBS) - 藤堂静 役
夜王第6話(2006年1月~3月、TBS) - 揚羽 役
翼の折れた天使たち 第一夜「セレブ」(2006年2月、フジテレビ) - 平岩ミサ 役
下北サンデーズ(2006年7月~ 、テレビ朝日) - 伊達智恵美 役
再会~横田めぐみさんの願い~(2006年、日本テレビ) - 田口八重子 役
三日遅れのハッピーニューイヤー!(2007年1月3日、TBS) - 新庄あおい 役
花より男子2(2007年1月~3月、TBS) - 藤堂静 役
パパとムスメの7日間(2007年、TBS) - 西野和香子 役
働きマン(2007年、日本テレビ) - 荒木雅美 役
おせん第伍話ゲスト(2008年、日本テレビ) - カンナ 役
パズル Final Piece(2008年、朝日放送・テレビ朝日)- 西野エリカ 役
プリズナー(2008年、WOWOW)- 松宮あおい 役
バラエティー
ダウンタウンDX(読売テレビ)
グータンヌーボ(関西テレビ)
〜ジョーデキ!POP COMPANY〜POP屋(フジテレビ)※レギュラー出演
ひみつのアラシちゃん!(TBS)
CM
ヤマザキナビスコ チップスター(1999年)
ホンダ キャパ 東北地方・長野県限定(2000年)
エルセーヌ(2000年)
ソーテック AFINA note(2001年)
NTTドコモ M-stage music Picawalk(2001年)
トリンプ アモズスタイル(2002年~2003年)
ブルボン CHUEL-CHOCOLE-SOFTICK(2002年~2003年)
ピーチ・ジョン(2004年)
ライオン Free&Free(2004年~2006年)
ケンタッキーフライドチキン アジアンスパイシーチキン(2006年)
ハワイ州観光局(2007年~)
ユニクロ(2007年)ユースケ・サンタマリア、長谷川潤、岩堀せり、道端ジェシカと共演
スズキ セルボ(2007年)
アサヒフードアンドヘルスケア スリムアップスリム(2008年)
映画
天使の牙B.T.A.(2003年) - 神崎はつみ(アスカ)役
CASSHERN(2004年) - サグレー役
仮面ライダー THE FIRST(2005年) - ショッカー幹部 役
変身(2005年) - 橘直子 役
RAINBOW DRIVEINN(2006年)主演 - 夏実 役
自虐の詩(2007年) - 森野秋子 役
カンフーくん(2008年) - 黒女教師 役
花より男子F(2008年) - 藤堂 静 役
ICHI(2008年10月公開予定) - 美津 役
ハンサム★スーツ(2008年11月公開) - 来香 役
GOEMON(2009年5月1日公開) - おりん(石田三成の妻) 役

■ラジオ
MAYUMIRACLE~RADIO FLOWER(bayfm)

■CD
◇シングル
「pray/discovery」(2001年5月23日) スキヤキ!ロンドンブーツ大作戦」オープニングテーマ
「freedom」(2001年7月18日) SOTEC「AFINA note」CFソング
「kiseki/upper love」(2001年11月7日) NTTドコモ「M-stage MUSIC」CFソング
「ever after ~もしもあなたがいなければ~」(2002年6月19日)「ウエディングプランナー」挿入歌

◇アルバム
「EVER AFTER」(2002年9月11日) 収録曲「アネモネ」、ブルボン「CHUEL-CHOCOLE-SOFTICK」CFソング
※以上はすべてavex traxよりリリース

■ビデオ
5 CLIPS(2003年、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ)
スキージャンプ・ペア2(2004年、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ)
我的上海日記~Shaghai nikki~(2005年、ポニーキャニオン)

■活動
佐田 真由美(さだ まゆみ、1977年8月23日 - )は、日本のファッションモデル・歌手・女優。芸能事務所LDH(EXILEのリーダーであるHIROが社長)所属。東京都出身。東京学館浦安高等学校卒業。クォーター(母方の祖父がアメリカ人)。趣味はピアノ、特技はサクソフォーン。

■来歴
3歳からモデルを始め、女性ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルを1998年から2003年まで務める。同誌にて岩堀せりと共に読者の人気を博し、看板モデルとして活躍した。モデルと並行し子供の頃からの夢であった歌手活動を開始し、2001年、avex traxよりCDデビューを果たす。2003年、『天使の牙B.T.A.』で映画デビュー以降、女優やタレントして活躍の場を広げている。

■人物
犬が好きで、2006年4月現在7匹の犬を飼っている。それぞれの名前は、うなぎ、ちくわ、もずく、とろろ、きの子、ひめ、まんまる。犬種はチワワ、雑種、ペキニーズとシーズーのミックス[1]。自身の公式サイトでは、『家族』として愛犬達の写真を公開している。

ファッションモデルの岩堀せりとは、雑誌『ViVi』を中心に仕事で多く共演しており、プライベートでも仲が良い。

所属事務所社長のHIRO(EXILE)と交際・同棲中だったが、2008年3月に1年前頃には破局していたことが報道された。[2]

2008年10月1日、マルチクリエーターの野村訓市と入籍、2009年4月6日に第1子となる女児を出産した。

■番組出演時エピソード
『ダウンタウンDX』ではホクロ好き、手が好きなどの嗜好を明かしているほか、将来時代劇で男役をやりたいが為に殺陣の教室に通っていることや、自らが描いたマンガを紹介[3]。他にも「私、松本さんの遺伝子が欲しい」「ブラウン管で観てるときからヤバかった」などと告白するような内容の発言を突如し始め、周囲の出演者を驚かせた[4]。その次の回の収録では、「松本さん!」と呼びかけじっと見つめ、松本を大いに照れさせた。また、屋久島での写真集撮影時、水着写真などNGだったはずなのに酔った勢いで全裸になって撮影していたことを告白している[5]。

『グータンヌーボ』に出演の際、優香にMっぽいっと言われると、「そこら辺は変態だなと思うんだけど、凄いMでもう最強にMになって、最後にSになるのが好きなの!」と発言した。ただ、男に束縛されるのは嫌いとの事[6]。

『踊る!さんま御殿!!』出演の際、佐田に対して「美人は何をしても得」といった話題になった際、共演の森三中・大島美幸が「ブスは美人にはかなわないのだから、仕事を必死でやれ、仕事で一番になれば(ブスでも)結婚できる。わたしもブスだけど、カワイイというのは捨てて面白いと言われるよう頑張ったから結婚できた」と異議を唱えたが、「じゃあ、佐田さんが面白いことできたらどうするの?」という返しを受け答えに窮する。それでも大島は食い下がり「佐田さんは変顔とかできないよね、できないでしょ、できないよね?」と必死で尋ねたところ、佐田は場内の注目が集まる中即座に「アイーン」」と変顔(白目をむいてアゴを突き出す)を作り、爆笑を起こした。


[1]あの人のペットライフを大公開
[2]http://contents.oricon.co.jp/news/entertainment/52625/full/
[3]人間と動物の区別がなく、性別もない登場人物達を描いており、その画風・作風に出演者一同を驚かせた
[4]松本は赤面しながらも「じゃ認知はしなくていいわけね」などと返していたが、その後「こういう台詞にだまされたらアカン。馬鹿を見るねん」と発言、『松本さんの遺伝子が欲しい』発言に対しては、『俺の遺伝子がよくても相手がアホやったら話にならんやろ、(遺伝子が)半分なんやから、痛い子になる(笑)』とも語っている。
[5]2008年2月21日放送
[6]過去に、地下鉄で携帯が通じないという理由でキレて扇風機などを投げつけるような男と付き合っていたのが原因だという。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

佐田真由美を「ウィキペディア」で参照する