佐藤千亜妃(さとうちあき)

「佐藤千亜妃」に関連するモデルプレス記事

  1. 【2021年4月期】読者が選ぶ「好きなドラマ主題歌」ランキングを発表<1~10位>

    モデルプレス

  2. 飯豊まりえ、“両足捻挫”した撮影明かす「すごく殺伐とした」<CAST:>

    モデルプレス

  3. 飯豊まりえ×emma×佐藤千亜妃、主演映画で“オシャレすぎる復讐劇”<CAST:>

    モデルプレス

佐藤千亜妃のプロフィール

佐藤 千亜妃(さとう ちあき、1988年9月20日 - )は、日本のミュージシャン、元女優。きのこ帝国のボーカル、ギター。全ての楽曲で作詞作曲を担当している。

■概要
きのこ帝国では作詞作曲を担当。クガツハズカム名義でのソロ活動もしており、2012年のフジロック・フェスティバルのミニステージ「木道亭」に出演した。

■略歴
2004年の第29回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、応募4万2816人の中からグランプリを獲得。フジテレビの深夜ドラマ『青空恋星』で女優デビュー。

2007年、大学の同級生と共にロックバンド・きのこ帝国を結成。地道なライブ活動の末、2012年5月9日、UKプロジェクトより、きのこ帝国のメンバーとして、1枚目のミニ・アルバム『渦になる』を発売。2015年4月29日、『桜が咲く前に』でメジャーデビューした。

■人物
岩手県盛岡市出身。血液型はB型。白百合学園、八雲学園高等学校、立正大学卒業。趣味はスポーツ、音楽、読書。部活動はバスケットボール部と陸上部。書道は2段の腕前。好きな言葉は、「誰の存在だって世界ではとるにたらないけど 誰かの世界はそれがあってつくられる」。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

佐藤千亜妃を「ウィキペディア」で参照する