hitomi(志賀瞳) ひとみ

「hitomi(志賀瞳)」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「hitomi(志賀瞳)」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「hitomi(志賀瞳)」に関連するモデルプレス記事

hitomi(志賀瞳)のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

hitomi(志賀瞳)のプロフィール

hitomi(志賀瞳)は、2004年から@ほぉ~むカフェにてお給仕を行う現役メイドで@ほぉ~むカフェを代表するレジェンドメイド。現在は、Chief Branding Officerとして活動。秋葉原観光親善大使でもある。

■来歴
2004年8月14日@ほぉ~むカフェ(あっとほぉ~むカフェ、英語: @home cafe)創設。hitomiは2004年12月に@ほぉ~むカフェに入社。2005年7月16日デビューシングル「メイディングストーリー」のリリースと共に「 完全メイド宣言」結成。結成時のメンバーはこずえ・ぼう・hitomi・リオン・このみ・ちひろ・りんご・えみ・妃芽・雛姫・ユーリの11人。ユニットとして「萌え~」で、ユーキャン新語・流行語大賞2005トップテンを受賞その時の大賞は、「想定内」、他ノミネートは「クールビズ」「フォーー!」

結成から何度かメンバーが入れ替わり、最終的なメンバーはhitomi・このみ・ユーリ・さら・のん・未ちか・りりの7名。2007年2月25日に解散。

@ほぉ~むカフェの現役メイド、ひとみんとみうめッシュの二人によりパフォーマンスユニット「TEAM純情」を結成。2008年の結成以来、「萌えカッコいい」をコンセプトに歌とダンスを融合させた新感覚のパフォーマンスで、精力的なライブ活動を展開し、コアな人気を誇った。※非メイドでやっていたのでhitomiの名称は「ひとみん」で行っていた。

hitomi取締役就任(2012年11月~2018年8月)マニュアル化、@ほぉ~むカフェ・オブ・ザ・イヤーの開催、hitomiの部屋等メイド達が働きやすい環境作りを行った。2014年8月14日、@ほぉ~むカフェ10周年を記念して行われたLIVE『@home cafe Memorial Live』に「完全メイド宣言」として出演し、期間限定の活動再開を発表した。

書籍 KADOKAWA『たった7坪のテーマパーク』(2017.3.23発売):KADOKAWAから出版の取締役社長時代の書籍で@ほぉ~むカフェの卒業生でもあるでんぱ組.incの夢眠ねむのコメント付きで販売。2017年10月秋葉原観光推進協会より秋葉原観光親善大使として委嘱状を頂く

2018年9月@ほぉ~むカフェのブランディングの責任者として、Chief Branding Officer(CBO)に就任、海外活動も含めた現場パフォーマンスを行う。

■出演作品
テレビ
Nスタ(2013年8月22日、TBS)
NEWSな2人(2015年7月3日、TBS)
あさチャン!(2017年4月30日、TBS)
ニンゲン観察バラエティ モニタリング(2018年1月25日、TBS)
出没!アド街ック天国(2019年1月5日、テレビ東京)
サンデーLIVE!! TOKYO応援宣言 松岡修造の2020みんなできる宣言(2019年3月3日、テレビ朝日)
プロフェッショナル 仕事の流儀(2019年6月11日、NHK)

書籍
たった七坪のテーマパーク(2017年3月23日、KADOKAWA)
ディスコグラフィ(「TEAM純情」名義)

シングル
1st「Hey~U & I~」(2009年1月25日発売)
2nd「バニラGirlとこうしちゃえっ☆」(2010年2月10日発売)
3rd「Yahhoo!」(2010年7月21日発売)
ディスコグラフィ(「完全メイド宣言」名義)

シングル
1st「メイディングストーリー」(2005年7月9日発売、BUNNY RECORD PBCG-10001)
2nd「新人メイドは胸胸きゅんきゅ~ん」(2005年8月31日発売、PINK BUNNY RECORD PBCG-10002)
3rd「完全メイドのロックリスマス」(2005年11月30日発売、PINK BUNNY RECORD PBCG-10003)オリコンインディーズチャート2位
4th「バレンタイン~愛込めハンドメイドチョコ~」(2006年2月1日発売、PINK BUNNY RECORD PBCG-10004)
5th「メイドの新シンデレラストーリー」(2006年7月26日発売、PINK BUNNY RECORD PBCG-10006)

アルバム
『完全ベスト宣言1』(2006年2月15日発売、PINK BUNNY RECORD PBCG-10005)
DVD
『完全メイドのDVD宣言①』(2007年1月20日発売)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
hitomi(志賀瞳)を「ウィキペディア」で参照する