King Gnu(きんぐぬー)

「King Gnu」に関連するモデルプレス記事

  1. King Gnu井口理、MEGUMIプロデュース配信ドラマで初主演決定<GOSSIP BOX>

    モデルプレス

  2. King Gnu常田大希、作詞作曲のSixTONES「マスカラ」ギターカバー披露「彼らと向き合って作る事が出来て刺激的な時間だった」

    モデルプレス

  3. 歌唱力が高いと思う40歳以下男性ボーカルランキング

    gooランキング

  4. SixTONES、1年5カ月ぶり横アリで有観客ライブ King Gnu常田大希楽曲提供「マスカラ」サプライズ発表

    モデルプレス

  5. 山崎賢人・坂口健太郎・GENERATIONS数原龍友…ヒゲが似合う男性芸能人<Part1>

    モデルプレス

  6. King Gnu井口理、“ヒゲなし”姿公開に反響「かっこいい」「若返ってる」

    モデルプレス

  7. King Gnu、日本武道館含むアリーナツアー開催を発表「一歩踏み出すことを決断」

    モデルプレス

  8. King Gnu井口理、Twitter再開「待ってました」の声続々でトレンド入り

    モデルプレス

  9. 菅田将暉&King Gnu井口理の2ショットに反響 「MIU404」共演に期待の声

    モデルプレス

  10. King Gnu井口理「MIU404」で地上波ドラマ初出演 綾野剛に「芝居をやりたいと相談していた」

    モデルプレス

  11. Hey! Say! JUMP・King & Prince・SixTONESら「CDTVライブ!ライブ!」4時間SP出演アーティスト第1弾発表

    モデルプレス

  12. 「ものまね紅白」King Gnuモノマネのクオリティが話題 SOLIDEMOシュネル&木全寛幸に絶賛の声

    モデルプレス

  13. King Gnu井口理、Twitterアカウント削除

    モデルプレス

  14. 菅田将暉、King Gnu井口理とカラオケへ 本人の前で「白日」歌った結果とは?

    モデルプレス

  15. King Gnu井口理“ネットに匿名で悪口書いちゃう奴”に本音「かっこいい」「素敵な考え」と反響

    モデルプレス

  16. 菅田将暉&King Gnu井口理、BUMP「天体観測」を歌唱 豪華コラボに反響続々「最高」「耳が幸せ」

    モデルプレス

  17. King Gnu常田大希、NYでチェロ生演奏の「N.HOOLYWOOD」ショーミュージックをリリース

    モデルプレス

  18. King Gnu、2019年“No.1新人”に コメント到着<第34回日本ゴールドディスク大賞>

    モデルプレス

  19. 嵐、史上初3年ぶり6度目&クイーン、2年連続3度目の受賞「第34回日本ゴールドディスク大賞」発表<受賞作品・アーティスト>

    モデルプレス

  20. King Gnu・井口理 手作りプレゼントを渡したaikoの対応に涙「泣いちゃいました」

    イータレントバンク

King Gnuのプロフィール

King Gnu(キングヌー)

4人組ミクスチャーロックバンドである。2017年に常田大希を中心に結成。所属レーベルはアリオラジャパン。

概要
バンド名は、由来である“Gnu=ヌー”が、春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っており、自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたいという思いから名づけられた[1]。メンバーそれぞれが多方向の音楽から影響を受け、そこから新しい音楽を作り上げたことから、自身らの音楽を「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称している[2]。 ミュージックビデオの制作や、ロゴタイプをはじめとするビジュアルデザインは、常田が立ち上げたクリエイター集団「PERIMETRON」が担っている。

■メンバー
・現メンバー

-常田 大希(つねた だいき)
ギター、ボーカル、チェロ、プログラミング担当。1992年5月15日生まれ。長野県伊那市出身。長野県伊那北高等学校卒。
King Gnuにおける全ての楽曲の作詞作曲を担当しており、バンドのリーダー兼プロデューサーでもある。
King Gnuとは別に「Daiki Tsuneta Millennium Parade (略称DTMP)」名義でのソロ活動なども行っている。
以前は東京藝術大学でチェロを専攻していた。クリエイター集団「PERIMETRON」を主催している。
主にケンドリックラマーやレディオヘッドなどの洋楽から影響を受けているが、ブランキージェットシティや、ミッシェル・ガン・エレファントなどの日本のグループも好んでいる。井上陽水のような歌詞を書きたいと述べている。

-勢喜 遊(せき ゆう)
ドラムス、サンプラー担当。1992年9月2日生まれ。徳島県阿南市出身。
幼少期は家にあった電子ドラムを叩いていた。プロミュージシャンの両親を持つ。小、中学生時代にはダンススクールに通い、ダンサーを志望していた。
ブラックミュージックをルーツとし、ファンクを好み、ラテンを聴いていた時代もあった。

-新井 和輝(あらい かずき)
ベース、シンセベース、コントラバス担当。1992年10月29日生まれ。東京都福生市出身。
一般の大学に通っていたものの音楽に没頭し、友人のいる音楽大学に通って授業を受け、音楽の知識を得る。そんな時に、ドラムの勢喜遊と出会う。ベースを初めたきっかけは、バンドに誘われた際、ベースパートしか空いていなかったことから。当時はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしていた。並行して他アーティストのサポートや、ジャズのセッションマンとしても活動している。

-井口 理(いぐち さとる)
ボーカル、キーボード担当。1993年10月5日生まれ。長野県伊那市出身。
常田とは幼馴染。東京藝術大学で声楽を学んでいた。常田曰く「嫌われない声」の持ち主で、多くの人に届く声と評価している。最も好んでるミュージシャンは七尾旅人。他にも、親の影響から井上陽水、チューリップ、オフコース、布施明、尾崎紀世彦などの日本出身のアーティストを好んでいる。
バンドと並行して舞台役者としても活動している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

King Gnuを「ウィキペディア」で参照する