奥田瑛二 おくだえいじ

「奥田瑛二」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「奥田瑛二」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「奥田瑛二」に関連するモデルプレス記事

奥田瑛二のプロフィール

奥田 瑛二(おくだ えいじ)

生年月日:1950年3月18日
出身地:愛知県東春日井郡高蔵寺町(現、春日井市)

俳優、映画監督、画家。旧芸名、奥田 英二(読み同一)。本名、安藤 豊明(あんどう とよあき)。

東邦高等学校卒業、明治学院大学法学部中退。ゼロ・ピクチュアズ所属。妻はエッセイストの安藤和津、長女は映画監督の安藤桃子(旧名・安藤モモ子)、二女は女優の安藤サクラ。

■来歴

小学校5年生のときに見た大友柳太朗の『丹下左膳』を観て衝撃を受け、役者を志す。役者になるには体格を良くするべきと考え、中学では野球部、高校ではラグビー部に入る。特に高校に入ってからは身長が大きく伸びたという。

大学進学を前に上京し役者を目指す旨を春日井市議会議員であった父・豊に打ち明けるも反対されるが、「政治の勉強をするため」と説得して了解を得る。東邦高等学校卒業後、明治学院大学法学部に入学。同時に父の伝で丹羽兵助代議士の秘書となり、住みこみの書生生活を送る。大学では演劇部にも参加しており、当時は辺真一も先輩部員として在籍していた。議員秘書としての仕事もこなす学生生活を過ごすうちに自身の本分の是非に悩み出奔。大学も中退する。その後、改めて役者を志願し、いくつかの劇団を当たったがタイミング悪く、試験を受けることも出来ず頓挫。高校の先輩でもある俳優の天知茂に師事し、約2年ほど付き人を務めたが、将来に不安を感じ夜逃げ同然に飛び出してしまう。

生活のために夜の仕事で食いつないでいたとき、客に促されモデルの仕事を始め、CMなどにも出演するようになる。だが、俳優の夢を捨てきれず、当時のマネージャーの協力を得て、1976年に『円盤戦争バンキッド』の主人公・天馬昇 / バンキッドペガサス役でデビュー。しかし、その後しばらくは役に恵まれず不遇時代を過ごし、家賃が払えずにアパートの鍵付きドアノブを交換され、一時期は公園でホームレスのような生活をしていたという。この頃に知り合い、後に妻となった安藤和津は、家に招いて食事を振る舞っていたと回想している。また、この間、品川岸壁の荷揚げ、スナックのウェイターなどの職を転々としながら、食い繋いでいた。

1979年、日活の『もっとしなやかに、もっとしたたかに』で実力を認められ、続いて『もう頬づえはつかない』に桃井かおりの相手役として出演する。『宮本武蔵』の又八役を演じて以降、TVドラマ『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』(1985年)、『男女7人夏物語』(1986年)、『金曜日には花を買って』(1986年 - 1987年)などへの出演により人気が上昇。これらの役柄によって女性ファンを獲得し、「不倫してみたい俳優」ナンバー1という称号も手に入れた。しかし、本人はあくまで映画志向が強く、テレビ出演を続けつつも映画にのめり込んでゆく。

1986年には『海と毒薬』(ベルリン映画祭銀熊賞)で熊井啓監督と出会う。36歳にして映画では初の単独主演をつかみ、毎日映画コンクール男優主演賞などを獲得した。これでひと皮むけ、『千利休 本覺坊遺文』(1989年、ベネチア映画祭銀獅子賞)、『式部物語』(1990年、モントリオール映画祭芸術貢献賞)、『ひかりごけ』(1992年)と立て続けに熊井作品に出演する。これらの熊井作品で海外でも知られる存在となり、1992年にはクロード・ガニオン監督によるカナダ映画『ピアニスト』で天才ピアニストにふんし、猛特訓したという演奏場面も披露した。

1993年公開の映画『棒の哀しみ』ではブルーリボン賞を始め国内の映画賞を多数受賞した。以降も、ヤクザからアダルトビデオ会社社長、パチンコ屋社長など、アウトローな役を難無く演じる積極性を武器に、50本以上の映画に出演している。

2017年、娘の安藤サクラが妊娠・出産したことにより孫が誕生した。

■映画監督として

元来「天職」と自覚していた役者だったが、42歳のときに「監督やるぞ!」と思い立ち、周囲に宣言。しかし、経験不足からか自信を持てずに挫折。その後基礎から映画製作を学び、48歳にして助監督を経験。50歳を迎えた2001年に『少女〜AN ADOLESCENT』で念願の監督デビューとなる。

2006年1月に松坂慶子を主役とした『るにん』を公開。共に国内外の映画賞で多数の賞を獲得。3作目となる『長い散歩』は、奥田が「どうしても仕事がしたかった」という緒形拳を主役に配し、モントリオール世界映画祭で、日本映画として1982年の佐藤純弥監督作『未完の対局』以来2作目となるグランプリを受賞。さらに国際批評家連盟賞とエキュメニック賞も同時受賞し、計3冠を獲得するという快挙を成し遂げた。

■出演
・テレビドラマ
家光が行く 第6話「仇討ち愚連隊」(1972年、NTV)
特別機動捜査隊 第585話「華麗なる貧困」(1973年、NET) - 明 役
円盤戦争バンキッド(1976年 - 1977年、NTV) - 主演・天馬昇 / バンキッドペガサス(声) 役
がんばれ! レッドビッキーズ(1978年、ANB) - 弓田 役
スポーツケンちゃん(1978年、TBS) - ヤゴロー 役
コメットさん 第15話「結婚指輪を追いかけろ!」(1978年、TBS)
冬の花火(1979年、TBS)
ドラマ人間模様 / 楽園の日々(1980年、NHK)
木曜ゴールデンドラマ(YTV)
ああ! この愛なくば(1980年)
虹の果てには 仮説・三億円事件(1980年)
悪夢(1984年)
花嫁となる日(1986年)
遠めがねの女(1986年) - 主演
かくれんぼ(1988年)
おれは裸だ(1988年)
しあわせ戦争(1980年、TBS)
銀河テレビ小説(NHK)
愛・信じたく候(1981年)
宵待草(1983年)
娘が家出した夏 家庭ってなァに?(1981年、TBS)
虹色の森(1981年、MBS)
きりぎりす(1981年、KTV)
火曜サスペンス劇場(NTV)
空白迷路(1982年)
赤い鳩が死んだ(1984年)
見知らぬ夫(1986年) - 森周二(荒木竜夫) 役
死ぬ前にすべき二、三の事柄(1988年) - 主演
宵待草殺人事件(1989年) - 主演・竹久夢二 役
さらわれたい女(1992年) - 主演
逃げたい女(1993年) - 主演
テレビ小説 / 憤激の恋(1982年、NHK)
東芝日曜劇場(RKB)
親不孝通りララバイ(1982年)
途中下車(1986年)
冬の歌声 (1988年) - 主演・宜之
こちら当番弁護士(1993年) - 主演
ドラマ人間模様 / とおりゃんせ(1982年、NHK)
大河ドラマ(NHK)
徳川家康(1983年) - 松平勝隆 役
独眼竜政宗(1987年) - 石田三成 役
花の乱(1994年) - 一休宗純 役
北条時宗(2001年) - 日蓮 役
八重の桜(2013年) - 佐久間象山 役
花燃ゆ(2015年) - 玉木文之進 役
月曜ワイド劇場(ANB)
妻は何を感じたか(1983年) - 高林 役
金属バット殺人事件(1985年)
ツェルニー40番 練習曲愛(1983年、TBC) - 主演
宮本武蔵(1984年、NHK) - 本位田又八 役
土曜ワイド劇場(ANB)
結婚案内ミステリー風 略奪された花嫁!(1984年)
夏樹静子の女の銃(1984年)
レイプ囚に愛された女(1985年) - 佐伯 役
遺品の声を聴く男(2009年 - 2014年、ABC) - 主演・各務章祐 役
鬼龍院花子の生涯(1984年、TBS)
金曜日の妻たちへIII 恋におちて(1985年、TBS) - 藤森順一 役
水曜ドラマスペシャル / 泣く女(1986年)
松本清張サスペンス・隠花の飾り / 百円硬貨(1986年、KTV)
金曜女のドラマスペシャル / 離婚しない女(CX)
花王名人劇場 / 人生相談シリーズ ~妾宅・本宅~(1986年、KTV)
男女7人夏物語 (1986年、TBS) - 野上君章 役
金曜日には花を買って(1986年) - 中川信吾 役
オレの息子は元気印 (1987年、NTV) - 主演・松田克也 役
松田聖子のスイートメモリーズ (1987年、TBS)
結婚式 (1987年)
宮尾登美子の松風の家(1988年、ANB)
ザ・ドラマチックナイト / となりの女・危険な週末、危険な情事 (1988年、CX)
海岸物語 昔みたいに…(1988年、TBS) - 主演・村上達也 役
ドラマ23 / プロポーズは週末に (1988年、TBS) - 主演・孝雄 役
ハートブレイクなんてへっちゃら / ブルームーン (1988年、NHK) - 主演
熱き炎の旅(1988年、TX) - 北原白秋 役
年末年始ホテル物語 (1988年、TBS)
火曜スーパーワイド / くどき屋ジョー (1989年、ANB) - 主演・城竜介 役
京都サスペンス / 雪の宿(1989年、KTV) - 主演・津上真治 役
女と男の忠臣蔵(1989年、ANB) - 高田郡兵衛 役
抱きしめたい! '90(1990年、CX)
水曜グランドロマン(NTV)
蟻地獄(1990年) - 主演
死刑囚からの恋うた(1991年) - 主演・次郎 役
ギフチョウに魅せられた人々 (1990年、NHK) - 主演
月曜ドラマスペシャル(TBS)
雷獣(1990年) - 主演・松山春男 役
さそり Sasori 究極のセールスマンたち…(1991年) - 主演
ヒマラヤの赤い自転車 (1992年)
ご接待(1992年) - 主演
マイホーム亭主の反乱(1993年) - 主演
サクラサク! おかあさんは女子大生(1993年)
ホンコン・ドリーム (1991年、NHK) - 主演
離婚屋稼業 お別れさせます (1991年、CX) - 主演
藤子不二雄Aの笑ゥせぇるすまん実写版 夢に追われる男(1992年、TBS)
ゴールデンボーイズ - 1960笑売人ブルース(NTV) - 青木三郎 役
荒木又右衛門~男たちの修羅(1994年、TX) - 桜井半兵衛 役
ビジネスマン空手道(1995年、NHK) - 主演・木原正秋 役
ハリウッドを駈けた怪優 異端の人・上山草人 (1995年、KHB) - 主演・上山草人 役
私の叔父さん(1995年、CX) - 主演
連続テレビ小説(NHK)
ひまわり (1996年) - 赤松元基 役
どんど晴れ(2007年) - 石川政良 役
奈良へ行くまで 夫が汚職に踏み切る時(1998年、TX) - 主演・中本正治 役
オグリの子 (1998年、NHK) - 主演・吾郎 役
永遠のアトム 手塚治虫物語(1999年、TX) - 主演・手塚治虫 役
高村薫サスペンス(1999年、NHK-BS2) - 主演・岡田 役
おいね・父の名はシーボルト(2000年、NHK) - 石井宗謙 役
五瓣の椿 第1話「復讐の炎」(2001年、NHK) - 喜兵衛 役
女と愛とミステリー / 北の捜査線・小樽港署(2002年、TX) - 主演・佐原真一 役
旅の途中で(2002年、CBC) - 春日直也 役
怪談百物語 / 狼男(2002年、CX) - 伊勢屋喜左衛門 役
川、いつか海へ(2003年、NHK) - 沖山二郎 役
慶次郎縁側日記シリーズ(2004年 - 2006年) - 蝮の吉次 役
拝啓、父上様(2007年、CX) - 津山文彦 役
風のガーデン(2008年、CX) - 二神達也 役
警官の血(2009年、EX) - 恩田源蔵 役
スペシャルドラマ / 白洲次郎(2009年、NHK) - 白州文平 役
宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-(2010年、EX) - 白井眞一郎 役
チェイス~国税査察官~(2010年、NHK) - 品田基彦 役
ビート(2011年、WOWOW) - 島崎洋平 役
MORDE E ASSOPRA(2011年)
テンペスト(2011年、NHK BSP) - 孫嗣志 役
金曜プレステージ / 魔術はささやく(2011年、CX) - 吉武浩一 役
金曜プレステージ / 悪党(2012年、CX) - 鈴本茂樹 役
ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち(2013年、WOWOW) - 設楽幸太郎 役
零戦~搭乗員たちが見つめた太平洋戦争~(2013年、NHK BSP)※ドラマ部分に出演
そんじょそこら商店街(2014年、NHK大分) - 青山耕蔵 役
硝子の葦 ~garasu no ashi~ (2015年、WOWOW) - 幸田喜一郎 役
プレミアムドラマ / 私は父が嫌いです(2015年、NHK BSプレミアム) - 吉田寛治 役
経世済民の男・第2部『小林一三 ~夢とそろばん~』(2015年9月5日・12日、NHK大阪) - 岩下清周 役
99.9 -刑事専門弁護士-(2016年、TBS) - 大友修一 役
陰の季節(2016年、TBS) - 荒木田茂 役
BARレモン・ハート SEASON2 第15話(2016年、BSフジ) - 矢島公作 役
誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇(2016年、CX) - 法月貞雄 役
ドラマスペシャル / 巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲(2016年、TX) - 羽瀬喜一 役
ドラマ特別企画 / 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的(2017年、TX) - 羽瀬喜一 役
運命に、似た恋(2016年、NHK) - 深見芳孝 役
スーパープレミアム / 獄門島(2016年、NHK BSP) - 了然 役
大貧乏 (2017年、CX) - 天満利章 役
ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~(2017年、NHK) - 男爵 役
黒革の手帖(2017年、EX) - 楢林謙治 役
スペシャルドラマ必殺仕事人(2018年、EX) - 壬生の幻楼 役
99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II(2018年、TBS) - 大友修一 役
不発弾~ブラックマネーを操る男~(2018年、WOWOW) - 中野哲臣 役
レ・ミゼラブル 終わりなき旅路(2019年、CX) - 徳田浩章

・映画
もっとしなやかに もっとしたたかに(1979年、にっかつ)
もう頰づえはつかない(1979年、ATG) - 橋本 役
五番町夕霧楼(1980年、松竹) - 櫟田正順 役
スローなブギにしてくれ(1981年、東映)
アッシイたちの街(1981年、共同映画全国系列会議)
人形嫌い(1982年、東宝東和)
汚れた英雄(1982年、東映) - 緒方宗行 役
人生劇場(1983年、東映) - 吹岡早雄 役
海に降る雪(1984年、東宝)
波光きらめく果て(1986年、松竹)
海と毒薬(1986年、日本ヘラルド映画) - 主演・勝呂 役
ベッドタイムアイズ(1987年、日本ヘラルド映画) - 市来櫂 役
千利休 本覺坊遺文(1989年、東宝) - 主演・本覺坊 役
家族輪舞曲(1989年、東映クラシックス)
式部物語(1990年、東宝) - 主演・大友豊市 役
ご挨拶 第3話「NOW IT'S MOMENT IN OUR LIFE !!」(1991年、東映アストロ)- 高杉修二 役
ありふれた愛に関する調査(1992年、アルゴプロジェクト) - 主演・探偵 役
ひかりごけ(1992年、日本ヘラルド映画=ヘラルド・エース)
ピアニスト(1992年、アスキー映画) - 高橋ヨシ 役
極道記者(1993年、大映) - 主演
眠らない街 新宿鮫(1993年、東映) - 木津要 役
大阪極道戦争 しのいだれ(1994年、大映) - ナレーション
棒の哀しみ(1994年、ヒーロー) - 主演・田中 役
極道記者2 馬券転生篇(1994年、大映) - 主演
深い河(1995年、東宝)
汚い奴(1995年、ヒーロー)
キャンプで逢いましょう(1995年、東宝)
BAD GUY BEACH(1995年、アルゴ・ピクチャーズ) - 神父 役(友情出演)
でべそ(1995年、ビジョンスギモト=マクザム)
きけ、わだつみの声 Last Friends(1996年、東映) - 小野寺指令 役
新・極道記者 逃げ馬伝説(1996年、パル企画) - 主演・松崎辰雄 役
ありがとう(1996年、東北新社) - 主演・鈴木一郎 役
鬼火(1997年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 明神 役
CUTE(1997年、エヌ・ケイ・ケイ)
恋極道(1997年、東映)
身も心も(1997年、東京テアトル) - 主演・岡本良介 役
現代仁侠伝(1997年、東映) - 主演・古場克己 役
プライド 運命の瞬間(1998年、東映) - 清瀬一郎 役
皆月(1999年、日活) - 主演・諏訪憲雄 役
親分はイエス様(2001年、グルーヴコーポレーション) - 島俊夫 役
少女~an adolescent(2001年、ニッポンムービー大阪=ゼロ・ピクチュアズ) - 主演・友川 役
新・雪国(2002年、ケイエスエス) - 主演・芝野邦夫 役
棒 Bastoni(2002年、ゼアリズエンタープライズ) - AV製作会社社長 役
海は見ていた(2002年、日活) - 銀次 役
夜を賭けて(2002年、シネカノン) - 若林逸郎 役
梶原三兄弟激動昭和史 すてごろ(2003年、GPミュージアム=リベロ) - 高森朝樹 役
油断大敵(2004年、ゼアリズエンタープライズ=ケングルーヴ) - パチンコ屋社長 役
かまち(2004年、日本ヘラルド映画) - 山田秀一 役
リバイバル・ブルース(2004年、エレファント・ピクチャー) - 洋介 役
でらしね(2004年、ライズピクチャーズ=メディアボックス) - 主演・水木譲司 役
濡れた赫い糸(2005年、東映) - 中沢 役
男たちの大和/YAMATO(2005年、東映) - 有賀幸作 役
ブラックキス(2006年、アップリンク) - 嶺崎警部 役
るにん(2006年、東京テアトル)
長い散歩(2006年、東京テアトル) - 刑事 役
風の外側(2007年、ゼアリズエンタープライズ)
ヒョンジェ(2008年、フリースタイル)
GOEMON(2009年、松竹=ワーナー・ブラザース映画) - 豊臣秀吉 役
ちゃんと伝える(2009年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 北徹二 役
カケラ(2010年ピクチャーズデプト) - 自転車の男 役
ロストクライム -閃光-(2010年、角川映画) - 滝口政利 役
ロストパラダイス・イン・トーキョー(2010年、SPOTTED PRODUCTIONS) - 駒田宗一 役
修羅の花道(2012年、コンセプトフィルム) - 主演・石田隆匡 役
汚れた心(2012年、アルバトロス・フィルム=インターフィルム) - ワタナベ・ノボル 役
るろうに剣心(2012年、ワーナー・ブラザース映画) - 山県有朋 役
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(2013年、東映) - 安藤慎二 役
今日子と修一の場合(2013年、彩プロ)
この国の空(2015年、ファントム・フィルム=KATSU-do)
赤い玉、(2015年、渋谷プロダクション) - 主演・時田修次 役
ベトナムの風に吹かれて(2015年、アルゴ・ピクチャーズ) - 小泉民生 役
64 -ロクヨン- 前編・後編(2016年、東宝) - 荒木田 役
世界から猫が消えたなら(2016年、東宝) - 父 役
散り椿(2018年、東宝) - 石田玄蕃 役
・オリジナルビデオ
平成維新伝 群狼がゆく(2000年、ミュージアム)
修羅の花道2(2012年、GPミュージアム) - 主演・石田隆匡 役

・舞台
真夜中のパーティー(1983年、パルコ劇場) - ドナルド 役
逢魔が恋暦(1988年、松竹) - 茂兵衛 役
四谷怪談 十六夜の月(1996年、新宿梁山泊) - 伊策 役
夏の庭(1997年、パルコ劇場) - 古香老人 役
ラヴ・レターズ(1998年、パルコ劇場)
エリザベス・レックス(2004年、オン・タイム) - ウィル 役
兵士の物語(2007年、東京文化会館)
幽霊たち(2011年、パルコ劇場) - ホワイト、ブラック(二役)

・劇場アニメ
おしん(1984年、サンリオ映画) - 俊作 役
ペンギンズ・メモリー 幸福物語(1985年、東宝東和) - ジャック 役
蓮如物語(1998年、東映) - 正阿弥竜栄 役

・吹き替え
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 - ルーク・スカイウォーカー 役(マーク・ハミル) ※劇場公開版
スター・ウォーズ 帝国の逆襲 - ルーク・スカイウォーカー 役 ※劇場公開版
フランチェスコ - フランチェスコ 役(ミッキー・ローク)※VHS版

・ゲーム
龍が如く5 夢、叶えし者 - 芹沢和彦(黒澤翼) 役
ラジオドラマ
ふたりの部屋(1985年2月、NHK-FM) - 三沢拓 役

・バラエティ
SURPRISE! (1999年10月 - 2000年10月、フジテレビ) - レギュラー
ヴァザーリの回廊 (2009年12月、BSジャパン) - ナビゲーター
超ド級!世界のありえない映像列伝11(2014年5月13日) - ナレーション

・ドキュメンタリー
ドキュメント72時間 札幌すすきの 24時間にぎりめし屋(2012年7月17日、NHK) - 語り
わが心の聖地~思いの道 願いの道~(2013年10月 - 2014年9月、BS日テレ) - ナレーター
日中共同制作 カンフーの聖地へ 世界遺産少林寺 奥田瑛二の鉄道とバスの旅(2014年8月10日、BS朝日) - ナビゲーター

・CM
江崎グリコ サワーコロン(1979年)
ハウス食品 豆腐名菜 (1985年)
富士写真フイルム カルディア、フジカラー「お正月を写そう」※カルディアも登場する(1986年)
ポーラ アンセボウ
マツダ マツダ・ペルソナ(1990年)
サントリー リザーブ(1996年)
呉羽化学 NEWクレラップ(1998年)
NTTドコモ らくらくホン(2007年)
ミュージックビデオ
Preserved Roses(T.M.Revolution×水樹奈々、2013年)

・音楽
-シングル
クラシック -CLASSIC- / オールドタイム(1986年、ポリスター) - 谷村新司とデュエット
想い出はタンゴに染めて / 卒業試合(1987年、ポリスター)
イタイのそこが / エンド・マーク(1989年、ポリスター)
-アルバム
ふらふら(1987年、ポリスター)
ブラック・バージン(1989年、ポリスター)
個展(開催地)
フォーシーズンスホテル
銀座三越
ホワイトギャラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥田瑛二を「ウィキペディア」で参照する