霜降り明星 しもふりみょうじょう

「霜降り明星」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「霜降り明星」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「霜降り明星」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

霜降り明星のプロフィール

霜降り明星(しもふりみょうじょう)

よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属のお笑いコンビ。よしもと漫才劇場に出演中。NSC出身ではなく、大阪33期生と同期扱い。2018年M-1グランプリ平成最後の14代目王者。2018年現在唯一の平成生まれかつ史上最年少の王者でもある。

■メンバー
・粗品(そしな)
生年月日:1993年1月7日
出身:大阪府出身

ツッコミ担当。立ち位置は右。

・せいや(せいや)
本名:石川 晟也(いしかわ・せいや)
生年月日:1992年9月13日
出身:大阪府

ボケ担当。立ち位置は左。

■略歴
せいやは子どもの頃からお笑いが好きで、小学生の頃は「中島ミート」というコンビ名でTV番組で漫才を披露していた。中学時代もアマチュア芸人としてテレビに出演経験がある。

粗品も高校時代から「粗品」の芸名を名乗り、アマチュア芸人として活動していた。高校時代にアマチュアながらR-1ぐらんぷり2010にエントリーし、2回戦に進出している。高校時代に大喜利のサイトを運営していた。

・ハイスクールマンザイ
別々の高校のコンビとして出場したハイスクールマンザイ2010の近畿地区予選で出会う。

2009年のハイスクールマンザイは粗品のみ出場。粗品は同志社国際高校の友人と漫才コンビ「スペード」を結成し、近畿地区代表として決勝に進出する。番組キャッチフレーズは「帰国子女コンビ」。スペードが大阪の高校生の間で話題となり、別の高校に通っていたせいやが粗品を知ることとなった。 小学生の頃からお笑いが好きだったせいやは、「スペードを倒したい」と思い、翌年の2010年大会にエントリーした。

同じくハイスクールマンザイに出場していたパーマ大佐は、この時期の粗品について「当時からネタが凄い面白くて、周りからも天才天才と言われていました。」と述べている。

2010年8月11日、イオンモール高の原で開催されたハイスクールマンザイ・近畿地区予選で、2人は別々のコンビとして舞台に上がった。これが2人の出会いである。この時は、トリで出場したせいや率いるコンビ(ドンパルトン)が、その日一番良かったコンビに贈られるイオン賞を受賞した。粗品率いるスペードも近畿予選を勝ち進んだが、大阪の準決勝大会では粗品(スペード)、せいや(ドンパルトン)ともに敗退。ハイスクールマンザイ2010の決勝に進出することは出来なかった。2人は高校時代について「漫才が青春だった。」と話している。高校卒業後、それぞれ大学に進学した。

なお、この時近畿予選を勝ち進んで決勝大会に進出した「STAND BOX」の池田直人は東京NSC18期生を経てレインボーとして活動中。

・大学進学~コンビ結成まで
粗品は同志社大学、せいやは近畿大学にそれぞれ進学した。アマチュアの芸人として活動していた粗品は、関西の人気番組「2012オールザッツ漫才」にて、若手芸人の登竜門であるfoot cutバトルで史上最年少の19歳で優勝。この時の優勝インタビューで「成人したらスーツを着て漫才がやりたいです。」と話している。大学1年生の時によしもとのオーディションに合格。悩んだ末に大学を中退した。

その後粗品はお笑いをやるために大学を中退し、ピン芸人として活動するが、当時大学生だったせいやを「こいつが一番おもしろい奴。こいつと組んだら、もっとおもしろいネタができる」と思い、ずっとコンビを組もうと熱心に誘い続けていた。せいやも「この先の人生で、こんなに必要とされることないやろな」とコンビ結成を決意した。

せいやは当時教師を目指していたが、粗品の熱心さで「教師よりも芸人の方が向いてるんちゃうかな」と思い、芸人になることを決意した。その後粗品がピン芸人として『オールザッツ漫才』で優勝したため、せいやは「自分は必要ないのではないか」と悩み、一人で山に行ったという[8]。

コンビ名の「霜降り明星」は、それぞれが思いついた単語の案を組み合わせてネーミングした(せいやが「霜降り」、粗品が「明星」)。

新しい波24から選抜され、2017年10月30日よりフジテレビ系列にて開始した『AI-TV』にレギュラー出演。

■芸風
主に漫才。ネタは、テーマを決めて、二人が別々に持ち寄ったアイデアを出していき、パズルのように組み合わせながら作っている。

ネタ中およびフリートークでせいやの特技であるモノマネを披露することが多い。

せいやは柔道着を着たハイテンションのピンネタ「なんなんじゃそりゃ」というリズムネタがある。『オールザッツ漫才2017』やR-1ぐらんぷり2018の予選で披露し話題を集めた。このネタで『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の企画「ハイテンション・ザ・ベストテン」に出演するのが夢。

ピン芸人のナンバー1を決めるR-1ぐらんぷりの決勝大会に、それぞれがピンで出場したいと話しており、2018年の第16回大会で実現させている。尚、同じコンビやグループ内のメンバーが決勝進出したのは2003年のザ・プラン9 のヤナギブソンと浅越ゴエ以来15年ぶりである。

■賞レースなどの成績
・コンビとして
THE MANZAI2014 準決勝進出(認定漫才師)
M-1グランプリ2016 準決勝進出
第38回ABCお笑いグランプリ 優勝
歌ネタ王決定戦2017 決勝進出
M-1グランプリ2017 準決勝進出
第7回ytv漫才新人賞 優勝
M-1グランプリ2018 優勝

・粗品のみ
ハイスクールマンザイ2009 決勝進出(コンビ「スペード」として)
R-1ぐらんぷり2011 準決勝進出
オールザッツ漫才2012 FootCutバトル優勝※番組史上最年少記録
R-1ぐらんぷり2013 準決勝進出
ワラチャン! U-20お笑い日本一決定戦 決勝進出
R-1ぐらんぷり2014 準決勝進出
R-1ぐらんぷり2015 準決勝=復活ステージ進出
R-1ぐらんぷり2016 準決勝=復活ステージ進出
R-1ぐらんぷり2017 準決勝=復活ステージ進出
R-1ぐらんぷり2018 決勝進出

・せいやのみ
人志松本のすべらない話第21代MVS
R-1ぐらんぷり2018 決勝進出(敗者復活2位)

■出演
・テレビ
笑い飯・千鳥の舌舌舌舌(サンテレビ、2013年3月26日) - コンビ結成3週間でテレビ初出演。

・レギュラー番組
新しい波24(フジテレビ系列、2016年12月27日・2017年4月4日 - 9月9日)
AI-TV(フジテレビ系列、2017年10月30日 - 2018年3月12日)−メインキャスト
メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?(毎日放送)- 準レギュラー
うまンchu♡(関西テレビ放送)‐準レギュラー
今ちゃんの「実は…」(朝日放送)‐準レギュラー
まちけん参上!~あなたの街のおもしろ検定~(NHK)- リポーター

・ラジオ
レギュラー番組
霜降り明星のだましうち!(ABCラジオ、2017年10月7日 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
霜降り明星を「ウィキペディア」で参照する