京本政樹 きょうもとまさき

「京本政樹」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「京本政樹」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「京本政樹」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

京本政樹のプロフィール


京本 政樹(きょうもと まさき)

生年月日:1959年1月21日
出身地:大阪府高槻市
血液型:B型

日本の俳優、タレント、歌手、ギタリスト。小学生から中学2年生までは茨木市で過ごす。高槻市立柳川中学校を経て大阪府立高槻南高等学校卒、多摩美術大学中退。

■来歴・人物
時代劇から現代劇まで幅広いジャンルのドラマで活躍。善の主役から悪の脇役までこなす俳優。シンガーソングライター、着物デザイナーとしても活動。また、端整な顔立ちとは裏腹にコミカルなキャラクターでバラエティ番組にも多数出演している。

俳優・タレント
高校時代に友人とバンドを組み、ヤマハポピュラーソングコンテストに出場するなど、元々はミュージシャン志望で芸能界にスカウトされたが、その直後に俳優として再びスカウトされ、1979年にNHK『男たちの旅路』第4部「車輪の一歩」でテレビデビューした。

1981年、往年のスター・大川橋蔵の『銭形平次』に魚屋役でレギュラー出演したのをきっかけに時代劇俳優としての活躍を目指そうと決意した。その際、大川に時代劇のメイク・所作などを手取り足取り教わった。共演者から「大川先生が直接人に教えることなんて今までなかった事だ」と言われたと、近年テレビで語っていた。それから『大川先生』を師匠としたことで、後に時代劇への思いが強まる(2001年には自伝『META-JiDAIGEKI』を、2004年には1億円かけて撮られたという写真集『必殺 The bi-kenshi』を出版。勢いの衰えた娯楽時代劇の復興に情熱をかけ続けている)。父が大川の大ファンだったそうである。

1983年、深作欣二監督の角川映画『里見八犬伝』に犬塚信乃役で出演、アイドル雑誌などを経て、大ファンであった「必殺シリーズ」への出演を約束され、テレビ朝日系『京都マル秘指令 ザ新選組』に出演。1985年のテレビ朝日系娯楽時代劇『必殺仕事人V』の組紐屋の竜役で大ブレイクし[注 1]、以降、時代劇俳優としての名が世間に浸透した。実は『京都マル秘指令 ザ新選組』での役が、カンフーなどアクション色の強い役であったため、本人は「飾り職人の秀」(三田村邦彦)のような役をやるのだと思い、簪の回し方まで一生懸命練習していたため、三味線屋の勇次(中条きよし)のような役と知らされ驚いたという(今でもバラエティ番組でよく秀の殺しの仕草をするのはその時の名残)。またバラエティ番組の出演も多く劇場作品『必殺! ブラウン館の怪物たち』で負傷した直後も松葉杖姿で出演したこともある。また、同シリーズの主題歌・劇中音楽も手がけた(#音楽で後述)。

「必殺シリーズ」降板後、『上海紅鯨団が行く』で「京本政樹先生の必殺」と言うコーナーが創られ再び仕事(殺し…あくまで娯楽の仕置)を視聴者の民家に訪れた。得物(殺しの武器)は組紐ではなく刀であった。

『必殺仕事人V』以来、二枚目時代劇俳優として活動していたが、1993年、野島伸司脚本のドラマ『高校教師』の藤村知樹役でイメージが一転する。女生徒を強姦する英語教師という過激な演技で注目されることとなった。これ以降、『高校教師』のイメージが本人のイメージとして付きまとうのが本人の悩みの種にもなるが、翌1994年には再び野島伸司作品の日本テレビドラマ『家なき子』でニヒルな医師・黒崎和彦役でも注目される。以来、主役級で時代劇に出演しながらも、2時間サスペンスで犯人役を演じたりと、役幅を広げている。

テレビとは異なり、自宅では関西弁を話す。1999年から2年間主役を演じた関西ローカルの刑事ドラマ『新・部長刑事アーバンポリス24』では、妻を亡くし娘と2人で暮らす人情厚く熱血漢、高所恐怖症、大阪人の刑事という役柄で軽快な関西弁を話し、それまでのイメージとは大きく違う役を演じた。

音楽
1984年、アルバム『ラブレーの15分』をリリースしたことでシンガーソングライターとしての才能を認められ、『京都マル秘指令 ザ新選組』の主題歌「I can't say...」でシングルデビュー。

1986年『必殺仕事人V・激闘編』の主題歌「女は海」を作詞・作曲・編曲し、鮎川いずみに提供。エンディングのテロップには、キャスト名に加え、作詞・作曲・編曲の担当者として、合計4回「京本政樹」という名前のテロップが登場している。「女は海」のメロディをアレンジしたテーマ曲「闘う仕事人」をはじめ、アレンジャーの大谷和夫とともに劇中音楽やブリッジなど数十曲を手がける。過去の平尾昌晃作曲の作品を聴き込んで研究、その系統を継ぎながらもロック色の強いテイストのアレンジを手がけた。放送時の音楽クレジットは平尾昌晃の名前のみであったが、『必殺仕事人V・激闘編サウンドトラック』発売により、初めて「京本政樹・大谷和夫」の名前がクレジットされている。

レコードデビュー以来、精力的にライブ活動を行い続け、日比谷野外音楽堂や中野サンプラザのステージにも立つ。当初は事務所の方針でテレビの歌番組で歌う機会がほぼ無かったが、1988年には「風のセーラ」で『夜のヒットスタジオ』に歌手としても出演した(1988年1月6日放送)。しかし、やがて俳優・歌手の両立、本来のロック歌手としての活動と時代劇音楽とのギャップに悩み、1988年のアルバムを最後に本格的な音楽活動を休止する。

1997年のシングル「まるで悲しみが雨のように口づける」では、冴木 涼介(さえき りょうすけ)というペンネームで楽曲を発表。

2004年、芸能生活25周年を記念したアルバム『苦悩~Peine~』で本格的に音楽活動を再始動。各地で自らインストアライブを行い、Zepp Tokyoで昼夜二回ライブを開催した。このライブで初披露された2300万円のエレキギター(宝石が散りばめられており、刀が抜ける・ESP製作)、「サムライギター」がテレビなどでも大きな話題となった(高見沢俊彦のギターと同一の製作者によるもの)。

2005年10月から2006年3月にテレビ東京で放送された特撮ドラマ『牙狼-GARO-』に龍崎駈音役で特別友情出演し、エンディングテーマ「牙狼(GARO)~僕が愛を伝えてゆく~」「僕はまだ恋をしてはいけない」の2曲を作詞作曲から手がけ、自ら歌った。本格的音楽活動での主題歌担当は21年ぶりとしてメディアに取り上げられた。

『牙狼-GARO-』の出演者5人(小西大樹、藤田玲、肘井美佳、渡辺裕之、京本政樹)により結成された音楽ユニット「GARO Project」をプロデュース、2006年7月26日に京本作の2曲のカバーでマキシシングルデビュー。

2014年、歌手活動の集大成となるCDボックス、『MASAKI KYOMOTO MUSIC WORKS 1984-2014[シンガーソングライター30th Anniversary Special Edition]』が発売された。

趣味
元々俳優志望ではなく、他人をプロデュースしたり、作品を生み出すことが好きなプロデューサー志向であったため、多方面でプロデュースを行う。映像・音楽作品だけでなく、着物ブランド「雪華」を立ち上げ、自らデザインした作品を発表している。

時代劇や特撮作品に対する愛情とこだわりから、自身の出演作品にも積極的に進言することも多い。大江戸捜査網ではオリジナルのBGM復活、『ウルトラマンG』ではカラータイマーの効果音変更など。

一時期、特撮にも造詣を持っていたことは有名で、自ら原型担当となってウルトラマンや仮面ライダーのソフトビニール人形をプロデュースしていたことがある。元々特撮番組に強い思い出があったわけではなく、時代劇で黒部進(ウルトラマン・ハヤタ 役)や森次晃嗣(ウルトラセブン・モロボシダン 役)と何度も共演しているうちにそれとなく当時の話を聞き、そのうちにドラマの撮影技術的な面に興味を持った。藤岡弘、や村上弘明など仮面ライダーシリーズの出演俳優と共演した際に、当時の話を聞く機会も多かったことも影響しており、同世代の男性たちと同じように幼少期にテレビで見ていた記憶もあって、ライブの途中で特撮やテレビ番組の話を語るようになった。

そもそもその経緯は、『必殺』に出演直後にトーク番組出演の依頼が増え始め、時代劇でのクールなイメージと自身の陽気なキャラクターのギャップに悩んだこともあってそれらの話をしているうちに、円谷プロダクションから「バンダイから商品を出してみないか」と声をかけられたのが始まりである。幼少の頃より製作が好きで『超人バロム1』のマスクを紙粘土で制作し弟に着けさせた写真も残っている。また、『仮面ライダーBLACK』でゲスト出演した時に「仮面ライダーのスーツ」を見せてもらい、その後の造形制作の参考にしたという。よく「ヒーローグッズコレクター」として紹介されることがあるが、実際は撮影技術や造形などの製作方面に興味があり、特定作品のファンやグッズ収集家ではなく「考証家」である(ホビー誌での連載タイトルは「HERO考証学」であった)。

車・バイク好き。外車なども持っているが、じつは国産ではホンダ車のファンで、NSXやMDXなど芸能人としてはマニアックな車を持っている。他にレクサス・SCも所有。また、クラシックカーを多数コレクションもしている。アメリカで1から部品を調達して作ったジャガーEタイプ(シリーズ1 JAGUR XKE)クーペタイプとオープンタイプの2台所有、トヨタ・2000GT、マツダ・コスモ(コスモスポーツ)など複数台所有。テレビ番組でも登場したアルファードの中にはギターも常備しているなど、車を移動中の生活空間と考えている。また、バイクも好きで多数所有。スズキ・GSX1300Rハヤブサ DUB EDITION、ホンダで「京本スペシャル」というバイクを作ったりレースに出たこともある。

柔道と剣道の有段者(ともに初段)であるが、開始動機は共にテレビ番組で『柔道一直線』と『おれは男だ!』と言われている。少年時代に『柔道一直線』の一条直也に憧れて、特訓を真似をして布団を被ってお寺の階段から転げ落ちて怪我をした逸話がある。森田健作とは、よく一緒に剣道の稽古をすることもあるという。

島田紳助主催のバイクの「50CC耐久レース」に出場したが、仮面ライダー1号のスーツとサイクロン(1号のマシーン)をそのまま模して参加した。

『超電子バイオマン』のファンである。舞台で郷史朗/レッドワン役の坂元亮介と共演し、坂元が『バイオマン』終了後、撮影で使われたレッドワンのマスクをもらいたいという頼みを東映スタッフに断られた話を聞いた京本は、坂元のためにレッドワンのマスクのレプリカを自作してプレゼントしたことがある。

『仮面ライダーBLACK』に滝竜介役として出演した際、「ライダーの正体を唯一知っている」「ライダーと同じくらいの働きをする」「正体は元FBI」という条件付きでノーギャラで出演している。

■出演
テレビドラマ
大河ドラマ(NHK)
草燃える(1979年) - 駒若丸
八代将軍吉宗(1995年) - 天一坊
毛利元就(1997年) - 吉川興経
武蔵 MUSASHI(2003年) - 明石全登
平清盛(2012年) - 藤原秀衡
男たちの旅路 第4部 第3話「車輪の一歩」(1979年11月24日、NHK)
江戸の牙(1979年、テレビ朝日) - 中山純之進
若き日の北条早雲(1980年、テレビ朝日) - 風魔の弥市
銭形平次(1980年 - 1982年、フジテレビ) - 魚屋善太
斬り捨て御免! 第2シリーズ 第1回 初回SP(1980年、テレビ東京) - 新藤小弥太
愛LOVEナッキー(1980年、TBS)
必殺シリーズ(朝日放送) - 組紐屋の竜
必殺仕事人V(1985年)
必殺仕事人V・激闘編(1986年)
なんて素敵にジャパネスク(1986年、日本テレビ)
月曜ドラマランド / おニャン子捕物帳 謎の村雨城(1986年、フジテレビ)
痛快!婦警候補生やるっきゃないモン! (1987年、テレビ朝日系列) - 息吹教官
ねらわれた学園(1987年、フジテレビ) - 京極少年
京都マル秘指令 ザ新選組(1984年、朝日放送) - 沖田信介
仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーBLACK 第16話「友よ!海を越えて」・第30話「暗殺者にアロハ!」(1987年、毎日放送) - 滝竜介
仮面ライダーアギトスペシャル 新たなる変身(2001年、テレビ朝日) - 国枝東
火曜サスペンス劇場 (日本テレビ)
「松本清張スペシャル・渡された場面」(1987年7月7日・14日) - 下坂一夫
「特急さざなみ7号で出会った女(1988年05月03日) - 田中豊
1988年6月の花嫁シリーズ1 花婿は殺人者(1988年)
「刑事・鬼貫八郎6」(1996年) - 柏木常雄
「小京都ミステリー29 郡上おどり殺人事件」(2001年) - 三宅雅之
「箱根湯河原温泉交番・義経の涙」(2003年) - 丹下均
「北ホテル3」(2005年) - 野村洋介
恋はハイホー!(1987年 - 1988年、日本テレビ)
CAT'S EYE キャッツ・アイ ミッドナイトは恋のアバンチュール(1988年7月23日) - 永石定嗣
結婚物語(1988年、日本テレビ) - 高杉芳信
疑惑の家族(1988年、TBS)
ときめきざかり(1988年、フジテレビ)
新婚物語(1988年、日本テレビ) - 高杉芳信
車椅子の花嫁(1988年、日本テレビ) - 鈴木伸行
次郎長三国志東海道の暴れん坊(1988年、テレビ朝日) - 関東網五郎
カッ飛び!ヤンヤン姫 第5話「ヤン姫があぶない!風魔忍者恐怖の襲撃」(1988年、テレビ東京) - 浪人・京本左近

隠密・奥の細道 第24回 最終回SP(1989年、テレビ東京) - 風魔の小平次
火曜スーパーワイド 三毛猫ホームズの結婚披露宴(1989年、テレビ朝日) - 白井
女ねずみ小僧スペシャル 1・2作目(1990年、フジテレビ) - 田坂新吾
柳生武芸帳・柳生十兵衛五十人斬り(1990年、日本テレビ) - 名古屋庄三(真田大介)
大江戸捜査網 シリーズ(1990年 - 1991年、テレビ東京) - 秋草新十郎
トップスチュワーデス物語(1990年、TBS)
世にも奇妙な物語「坂道の女」(1990年、フジテレビ系)
大型時代劇スペシャル 新選組・池田屋の血闘(1992年、TBS) - 長倉新八
痛快時代劇スペシャル 勢揃い清水一家・次郎長を売り出す(1992年、日本テレビ) - 追分三五郎
高校教師(1993年、TBS) - 藤村知樹
高校教師(2003年、TBS)
家なき子 シリーズ(1994年 - 、日本テレビ) - 黒崎和彦
フードファイトスペシャル ~香港死闘編~(2000年、日本テレビ) - 黒崎和彦
先生はワガママ(1994年、朝日放送) - 藤堂栄作
東京大学物語(1994年、テレビ朝日) - 矢野哲郎
いつの日かその胸に(1994年、TBS) - 河田昌一
大忠臣蔵(1994年、TBS) - 前原伊助
織田信長(1994年、テレビ東京) - 足利義昭
殿さま風来坊隠れ旅(1994年、テレビ朝日) - 村垣市蔵
宝引の辰捕者帳 第2回(1995年、NHK金曜時代劇) - 陰間・無何有
水戸黄門(TBS) - 名張の翔
水戸黄門外伝 かげろう忍法帖(1995年)
水戸黄門第24部 第3・7・33回(1995年 - 1996年)
土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
「仮面法廷」(1988年10月10日) - 上村卓
「牟田刑事官事件ファイル20・狙われた婚約者」(1995年) - 後藤警視
「法医 歯科学の女」(1997年) - 西島慎司
「花吹雪美人スリ三姉妹」(1998年) - 片桐哲也
「探偵事務所5・哀しき逃亡者・部下の調査員が恋人を殺して逃走? 犯行を目撃した少女を誘拐し、別府へ…」(1999年) - 高田龍一
「京都の芸者弁護士事件簿3・三方五湖・悪魔の逆転殺人! なめたらあきまへんで!」(1999年) - 津村優介

「警視庁女性捜査班」シリーズ(2000年 - 2003年) - 菱沼孝信
「おとり捜査官・北見志穂4」(2001年) - 瀬木耕助
「カリスマ美容師殺人事件」(2001年) - エンディ小谷
「温泉(秘)大作戦5」(2008年) - 真田信吾
花嫁は16才!(1995年、テレビ朝日) - 柴山俊樹
幕末剣客伝・陽はまた昇る(1996年、フジテレビ) - 加山舟平
静かなるドンFOREVER(1996年、日本テレビ)
ナニワ金融道2(1996年、フジテレビ) - 羽目太郎
平成ウルトラシリーズ三部作(毎日放送)
ウルトラマンティガ(1996年) - ハヤテ・シン(月面基地ガロワ隊長)
ウルトラマンダイナ(1997年) - ハヤテ・シン(コスモアドベンチャー隊長)
いいひと。(1997年、フジテレビ) - 稲葉健一
名探偵キャサリン3(1997年、TBS) - 伊吹信彦
家康が最も恐れた男 真田幸村(1998年、テレビ東京) - 由利鎌之助
HOTEL 第5シリーズ(1998年、TBS) - ビル・スギタ
赤穂浪士(1999年、テレビ東京) - 上杉綱憲
新・部長刑事 アーバンポリス24(1999年 - 2001年、朝日放送) - 相原京介
太陽は沈まない(2000年、フジテレビ) - 南悦司
ドラマDモード『深く潜れ~八犬伝2001~』第7回(2000年、NHK) - 小泉
Gメン'75スペシャル (2000年・2001年、TBS) - 結城肇警部補
下北サンデーズ 第8回・第9回(2006年、テレビ朝日) - 大鳥ゲン
平成夫婦茶碗スペシャル(日本テレビ)ゲスト
はるちゃん5(2001年、フジテレビ) - 稲葉勝人
こちら第三社会部(2001年、TBS) - 岩崎庸介
ぼくの魔法使い(2003年、日本テレビ) - 京本政樹
名探偵キャサリン13(2003年、TBS) - 野村昭夫
御宿かわせみ(NHK金曜時代劇) - 忠三郎
御宿かわせみ 第二章 第12回(2004年)
御宿かわせみ 第三章 第6回(2005年)
ちょっと待って、神様(2004年、NHK) - 神の使い
松本清張ドラマスペシャル 黒の回廊(2004年、日本テレビ) - 鈴木道夫
愛と友情のブギウギ(2005年、NHK) - 桜井武男
牙狼-GARO-(2005年10月 - 2006年3月) - 龍崎駈音
TBSテレビ放送50周年記念特別企画・里見八犬伝(2006年、TBS) - 足利成氏
太閤記~天下を獲った男・秀吉(2006年、テレビ朝日) - 足利義昭
火曜ドラマゴールド 美貌のメス 脳神経外科医・津山慶子(2007年、日本テレビ) - 本間達夫
ちりとてちん(2007年、NHK) - 和田小次郎
月曜ゴールデン 夜の終る時(2007年、TBS) - 瀬尾
ハチワンダイバー 第5話-7話(2008年5月、フジテレビ) - 斬野シト
あんみつ姫(フジテレビ) - 金つばのリュウ
あんみつ姫(2008年)
あんみつ姫2(2009年)
サラリーマン金太郎(2008年12月、テレビ朝日) - 清本正敏
イケ麺そば屋探偵~いいんだぜ!~ 第10-11話(2009年6月、日本テレビ) - 源義経
アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~ 第2話(2009年10月、朝日放送・テレビ朝日) - 芥川春彦
ニュース速報は流れた(2009年、フジテレビNEXT) - 白井哲也 役(声のみ)
新春ワイド時代劇柳生武芸帳(2010年、テレビ東京) - 中ノ院大納言通村
松本清張没後20年特別企画・市長死す(2012年4月3日、フジテレビ) - 望月
フレネミー -どぶねずみの街-(2013年7月 - 9月、日本テレビ) - 風間貞男
天誅~闇の仕置人~(2014年1月 - 3月、フジテレビ) - 松田竜次[30]

映画
雪華葬刺し (1982年、角川映画) - 春経
里見八犬伝 (1983年、角川映画) - 犬塚信乃
必殺! ブラウン館の怪物たち (1985年、松竹) - 組紐屋の竜
必殺! III 裏か表か (1986年、松竹) - 組紐屋の竜
オイディプスの刃 (1986年、角川映画) - 大迫剛生
塀の中のプレイボール (1987年、松竹) - 川崎健太
スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲 (1988年、東映) - 関根蔵人
将軍家光の乱心 激突 (1989年、東映) - 徳川家光
髑髏戦士 ザ・スカルソルジャー 復讐の美学(1992年、オリジナルビデオ) - 鳴海達也
家なき子 (1994年、東宝) - 黒崎和彦
修羅之介斬魔劍 妖魔伝説 (1996年、キングレコード) - 榊修羅之介
大安に仏滅!? (1998年、東映) - 上村建築士
行動隊長伝・血盟(2003年、KSS) - 石津勝利
キューティーハニー (2004年、ワーナー・ブラザース) - 宇津木リョウ
CHAGE and ASKA「THE LIVE」オープニングムービー (2005年 - 2006年) - 劇団「モーニングムーン」主宰者
I am 日本人(2006年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 坂上教授
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE(2013年、東宝) - 葵博士
忍ジャニ参上! 未来への戦い(2014年6月7日、松竹)
内村さまぁ~ずTHE MOVIEエンジェル(2015年9月11日、東宝)
さらば青春、されど青春。 (2018年5月12日、日活) - 神岡聡一郎常務 役
翔んで埼玉(2019年2月22日、東映)- 埼玉デューク 役

バラエティ
クイズ!世にも不思議な逆回転(フジテレビ) - レギュラー
上海紅鯨団が行く(フジテレビ)
平成教育委員会(フジテレビ) - 2006年、2012年に最優秀生徒を飾った。
クイズなんでも一番館(朝日放送)
クイズおもしろTV(テレビ朝日)
火曜サプライズ(日本テレビ)

舞台
新吾十番勝負(1988年) - 葵新吾
音楽劇・イシマツ(2002年) - 右松
滝沢演舞城2013(2013年) - 武蔵坊弁慶
滝沢歌舞伎2014(2014年) - 武蔵坊弁慶

ラジオドラマ
NHK FMシアター 夜の階段(2008年)
NHK FMシアター 淡路島へ(2010年)
NHK FM特集オーディオドラマ 田辺聖子の私本・源氏物語(2011年) - 光源氏、惟光、伴男 三役

劇場アニメ
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(2007年) - 時雨院時常

吹き替え
ウルトラマンG - ジャック・シンドー隊員〈ドーレ・クラウス〉 ※吹き替え版・主題歌も担当

ゲーム
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランド カチンコガチンコ大活劇! - 時雨院時常
必殺裏稼業 - 独楽回しの涼太

ナレーション
旅チャンネル ビールの聖地街道
マサカメTV(2013年)

ラジオパーソナリティ
京本政樹の「朝の窓辺に」(1985年)
京本政樹の「おもしろウォーカー」(2007年)
京本政樹のラジとばっ!(2011年~、ニッポン放送)
京本政樹のオールナイトニッポンGOLD(2013年1月11日,2015年4月17日、ニッポン放送)

ネットドラマ
キキコミ 第5話(2007年、ニフティ) - キョウモトサン

CM
小野萬 一本造り
キリンビバレッジ 鳳凰
GENKI 必殺裏稼業
日本たばこ サムタイム・ライト(ナレーション)

広告
宝仙堂 凄十 「漲るキャンペーン」ナビゲーター(2013年12月 - 2014年3月)
エム・システム技研 LED"EZSWITCH"

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
京本政樹を「ウィキペディア」で参照する