スキマスイッチ すきますいっち

「スキマスイッチ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「スキマスイッチ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「スキマスイッチ」に関連するモデルプレス記事

スキマスイッチのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

スキマスイッチのプロフィール

スキマスイッチ

大橋卓弥と常田真太郎からなる日本の音楽ユニットである。1999年結成。所属芸能事務所はオフィスオーガスタ。所属レーベルはユニバーサルミュージック内のオーガスタレコード。略称は「スキマ」。

■メンバー
・大橋卓弥(おおはし・たくや)
ボーカル、ギター、ハーモニカ担当

・常田真太郎(ときた・しんたろう)
ピアノ、コーラス、オルガン、トータルサウンドトリートメント担当

■概説
・ユニット名の由来
名称に深い意味は無く、響きを重視して付けられた。名前を決める際に、常田の部屋で偶然目に入った窓の「隙間」、電気の「スイッチ」から誕生。カッコイイと思う名前にすると後々ダサくなるから、あえて初めからダサくしようという2人の考えで「スキマスイッチ」となった。他の候補には「タタミスイッチ」や「コタツスイッチ」、「フスマスイッチ」などもあった。

とある深夜番組内では、「当時まだ売れていない時に木造の安アパートに住んでおり、隙間風が入り天井の照明はスイッチのヒモを引っ張るタイプだった。有名になった時この時の苦労を忘れないように『スキマスイッチ』と命名した」と本人たちは語っている。

・音楽活動に対する姿勢
大橋は玉置浩二、ビートルズ、德永英明、Mr.Childrenを尊敬しており、特に玉置浩二については一番尊敬していると語った。常田は槇原敬之と小林武史、GRAPEVINEに大きく影響を受けている。

ソロ活動明けの作品(「虹のレシピ」)からは、リスナーに自分たちの音楽をよりよい音で聴いてほしいという気持ちからCD作品の初回盤は高音質のBlu-spec CDを採用している。

■来歴
・1999年
大橋が常田に曲のアレンジを依頼。これがきっかけとなり、常田主導でスキマスイッチ結成。

・2000年
4月1日、インディーズオリジナルアルバム『10チャンネル』発売。
12月6日、赤坂Blitz、ぴあ、日音の3社が共同で始めたBlitz-Pia Recordsより発売されたコンピレーションCD「BLITZ・PIA SELECTION FROM NEWCOMER CARNIVAL 2000」に参加。

・2001年
本格的なライブを渋谷・新宿にて始め、自らの主催による「想いコンダーラ」というライブイベントを複数回開催した。
この頃に、現在のマネージャーである樋口健と知り合い、事務所入りした。
3月、インディーズミニアルバム『僕の話』発売。

・2002年
8月4日、「AUGUSTA CAMP 2002」のサブステージに出演。

・2003年
7月9日、1stシングル「view」でメジャーデビュー。
9月17日、ミニアルバム「君の話」発売。

・2004年
6月23日、1stアルバム『夏雲ノイズ』発売。

・2005年
7月20日、2ndアルバム『空創クリップ』発売。8月1日付オリコンアルバムチャート初登場1位を記録した。
8月9日、常田がオフィシャルサイトにて結婚を報告。
12月31日、「全力少年」で第56回NHK紅白歌合戦初出場。

・2006年
2月28日、常田がプライベートレーベル"doppietta"を設立。
7月12日、2人のプロデュースによる福耳の新曲「惑星タイマー」発売。オリコンシングルチャート初登場6位を記録。
8月16日、8thシングル「ガラナ」発売。8月28日付オリコンシングルチャート初登場1位を記録。
11月30日、第48回日本レコード大賞の審査委員会で「ボクノート」が大賞にノミネートされ、金賞を受賞した。
12月31日、「ボクノート」で第57回NHK紅白歌合戦2回目の出場。

・2007年
8月1日、初のベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』発売。
8月14日、『グレイテスト・ヒッツ』が2007年8月13日付、8月20日付のオリコン・週間アルバムチャートにて、自身初の2週連続1位を獲得。
9月29日、大橋がオフィシャルサイトにて結婚を報告。
12月14日、オフィシャルサイトにて、大橋卓弥ソロ・プロジェクト発表。
12月31日、「奏(かなで)」で第58回NHK紅白歌合戦3回目の出場。スキマスイッチとしての活動と並行しながら、各自ソロ活動を開始。

・2008年
4月2日、初のライブアルバム『スキマスイッチ ARENA TOUR'07"W-ARENA"』を発売。
6月11日、初のライブDVD「スキマスイッチ ARENA TOUR'07"W-ARENA"THE MOVIE」を発売。
12月11日、オフィシャルサイトにてスキマスイッチとしての活動再開を宣言する。

・2009年
11月17日、大橋がオフィシャルサイトにて第一子誕生を報告。

・2011年
3月13日、東北地方太平洋沖地震を受け、YouTubeに「奏(かなで)」をアップ。
7月9日、デビュー8周年となるこの日、三作連続配信リリース第一弾となる「センチメンタル ホームタウン」配信。8月13日に「石コロDays」、9月14日に「晴ときどき曇」を配信した。

・2012年
8月22日、セルフカバーアルバム『DOUBLES BEST』発売。
11月22日、第54回日本レコード大賞の審査委員会で「DOUBLES BEST」が企画賞を受賞。

・2013年
7月27日、自身のプロデュースによる「Sukimaswitch in Augusta Camp 2013」開催。
8月21日、オールタイムベストアルバム『POPMAN'S WORLD~All Time Best 2003-2013~』発売。
9月11日、ライブアルバム『スキマスイッチ TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN”』発売。
11月27日、2014年3月8日にアメリカ合衆国ハワイ州ホノルルで開催される『第2回 ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014』のオフィシャルサポーター就任、および同大会のオフィシャルイメージソングに「虹のレシピ」が起用されることを発表[2]。
12月28日、初の日本武道館単独公演となる「Symphonic Sound of SukimaSwitch」開催。

・2014年
3月8日、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルにて開催された『第2回 ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014』に合わせて、初の海外公演を実施。

・2015年
6月30日、「TOUR 2015 “SUKIMASWITCH”」全32公演即日ソールドアウトにつき、追加公演「TOUR 2015 “SUKIMASWITCH” SPECIAL」を開催。

・2016年
4月13日、アナザーベストアルバム『POPMAN'S ANOTHER WORLD』発売。

・2017年
2月15日、アーティスト12組をプロデューサーに迎えリアレンジされた、セルフカバーアルバム『re:Action』発売。
3月1日、自身初のコラボレーションシングル「この闇を照らす光のむこうに」を"Anly+スキマスイッチ="名義で発売。

■出演
・ラジオ番組
オーガスタラジオプレゼンツ スキマチャンネル! (うたキャスにて2006年4月より放送)
携帯電話向けラジオ番組。現在au・ドコモの一部機種にのみ対応。
スキマスイッチのオールナイトニッポン(2005年7月19日、2006年12月1日、2011年10月5日、2012年8月31日、2013年8月2日、2014年10月31日、ニッポン放送)
2011年以降は、スキマスイッチのオールナイトニッポンGOLDとして放送された。
ミッドナイト・グッドモーニン!! -InterFM897編-[12](2018年3月3日-3月31日、Inter FM)
Inter FMのマンスリー企画として2018年3月の毎週土曜日23:00~24:00放送。
初のレギュラー番組。
シングルの特典映像企画である架空のラジオ番組「スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!!」の番外編。

・雑誌連載
有限会社 隙間産業「WHAT's IN?」(ソニーマガジンズ発行)で連載(終了済)
(「隙間珍聞」→「世界の隙間で、愛をさけぶ」→「有限会社 隙間産業」)

・CM
NTTドコモ関西(2005年3月19日 - 、NTTドコモ)
オロナミンC「キモチスイッチプロジェクト」(2007年4月4日 - 、大塚製薬)
タイアップ曲「回想目盛」を書き下ろしで提供。2007年4月24日より、期間限定でYahoo!ミュージックにて、ストリーミング配信。
スマイルゼミ(2016年1月28日 - )
ザ・プレミアム・モルツ「神泡ラバーズ」篇(2018年7月8日-、サントリー)
スキマスイッチの他にイチロー、山崎まさよし、大谷亮平、ケント・モリ、石原さとみが出演。

・TV
笑っていいとも!(フジテレビ)
テレフォンショッキングに5度の出演。
・2005年8月26日(金)「彼氏の髪型がアフロヘアーだという人」でストラップをゲット。
・2006年9月4日(月)「夫か彼氏が高校野球で甲子園出場経験があるという人」でストラップをゲット。
・2010年7月14日(水)「今日、すでにアイスクリームを2個食べた人」でストラップをゲット。
・2012年10月17日(水)「47都道府県の全てに行った事がある人」でストラップをゲット。
・2013年8月22日(木)「この10年間で20kgやせた人」でストラップゲットならず。
クリスマスの約束(2006年、2009年 - 、TBS系列) - 2006年に初出演だが、2005年の放送で小田和正のツアーのVTRが流された際に登場している。2009年にメドレーを制作するのに際し、小田、根本要(スターダストレビュー)、水野良樹(いきものがかり)と『小委員会』を結成。小委員会結成後は毎年出演し、2010年はホスト役、2011年からは『委員会バンド』として曲を披露している。
ドラえもん(2006年6月30日、テレビ朝日系列) - スキマスイッチ(本人) 役 ※「キャンディーをなめて歌手になろう」回。冒頭でのび太が見ているテレビにボクノートを歌うスキマスイッチが映っている。
みいつけた!(2012年、NHK教育テレビジョン) - 「いすのまちコッシー」に、テーラースキマのアーダとコーダ役で声の出演。アーダとコーダとして歌も披露している。
土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』 第4話(2018年5月12日、テレビ朝日) - Bar「スキマスイッチ」のマスター 役

・映画
『ドラえもん のび太の恐竜2006』(全国東宝系公開) - タイムパトロール隊員 役 ※声の出演
『8ミリメートル』(ケータイドラマサイトDORAMO内ドラマ) - 大橋は医師役、常田は患者役で出演
『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』(全国東宝系公開) - 忍 役 ※声の出演

・NHK紅白歌合戦出場歴
2005年(平成17年)/第56回 全力少年
2006年(平成18年)/第57回 ボクノート
2007年(平成19年)/第58回 奏(かなで)

■参加ユニット
・福耳
所属事務所「オフィスオーガスタ」のアーティストで構成される音楽ユニット。2006年に自身が提供した「惑星タイマー」からメンバーとして参加。デビュー前にも「10 Years After」にコーラスとして参加しPVにも出演している。

・委員会バンド
毎年出演している「クリスマスの約束」からの派生バンド。2009年に結成。メンバーは小田和正、根本要(スターダストレビュー)、水野良樹(いきものがかり)、スキマスイッチ。2015年には3つの夏フェスに出演。番組外での初の活動となった。

・ホスキモ
スターダストレビュー、KAN、秦基博、スキマスイッチで結成したバンド。2010年、2017年にスペシャルライブ「星屑の隙間に木村基博」を開催。ライブタイトルはそれぞれの名前から取ったものであり、バンド名はライブタイトルを略したもの。

・POSSESSION=80.2 POR CENTO
FM802のACCESSキャンペーン2014年度のスペシャルユニット。フレンドシップコーラスとして参加。

・Anly+スキマスイッチ=
シンガーソングライターAnlyとのユニット。シングル「この闇を照らす光のむこうに」をリリース。

・ザ・ライターズ
フラワーカンパニーズとのコラボバンド。フラワーカンパニーズが主催するイベント「フラワーカンパニーズ presents DRAGON DELUXE 2017」に出演。ユニット名の由来は両ユニットの出身地である愛知県(名古屋)の方言「ざら板」。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
スキマスイッチを「ウィキペディア」で参照する