中島美嘉 なかしまみか

「中島美嘉」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「中島美嘉」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「中島美嘉」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

中島美嘉のプロフィール

中島美嘉(なかしまみか)
出生名 同じ
出生 1983年2月19日
血液型 A型
出身地 日本・鹿児島県日置市
ジャンル J-POP
職業 歌手、女優
活動期間 2001年-
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
事務所  トゥループロジェクト

中島 美嘉(なかしま みか、1983年2月19日 - )は、日本の女性歌手、女優。鹿児島県日置市出身。身長160cm、体重39kg、血液型はA型。
所属事務所はトゥループロジェクト、所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。公式ファンクラブ名は「LOTUS」である。

■来歴
1996年中学2年生の時に鹿児島市内に転校。転校先ではイジメを受けた。
1998年鹿児島市立天保山中学校卒業後、高校には進学せず約1年間地元のファーストフード店などを中心にアルバイトをした。
1999年福岡県福岡市に出てアパートの一室で集団生活。福岡と鹿児島を行き来することが多かった。 この間、多くのオーディションを受ける。当初は歌手ではなくモデルをしていた。

2001年
レコード会社に送ったデモテープがきっかけとなり“ソニーオーディション”に合格。フジ系ドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインに抜擢され、主題歌「STARS」でCDデビューも果たしヒットを記録した。

2002年
フジ系ドラマ『天体観測』の主題歌として歌った「WILL」がヒット。これが1stアルバム『TRUE』の大ヒットに繋がり、オリコン初登場1位・ミリオンセラーを記録した。また、女優として、同時期に放送されていた日テレ系ドラマ『私立探偵 濱マイク』に準主演としてレギュラー出演したことも話題に。
第44回日本レコード大賞最優秀新人賞など、数々の音楽新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

2003年
11月、「雪の華」「FIND THE WAY」「愛してる」など数々のヒットシングルを含んだ2ndアルバム『LØVE』をリリース。オリコン初登場1位。発売から1ヶ月経たずにミリオンセラーを記録、累計150万枚以上を売り上げたこのアルバムは、日本だけではなく韓国でもヒットし、日本人で初めてミリオン級セールスを突破している。 第45回日本レコード大賞 にて、ベストアルバム賞・金賞・作詞賞を受賞した。

2004年
8月、『爽健美茶限定 中島美嘉ビューティフルライブ2004』と題した完全招待制プレミアム·ライヴで葉加瀬太郎とコラボレーション。伴ってリリースされた、コラボレート限定ミニアルバム『朧月夜〜祈り』は即日完売した。

2005年
3月、シングル「桜色舞うころ」「SEVEN」などを含む3rdアルバム『MUSIC』をリリース。オリコンウィークリーアルバムチャートで2週連続1位を獲得し、ヒットを記録した。

矢沢あいの人気漫画を原作にした東宝系映画『NANA』に主演。映画は大ヒットで、興収40.3億円を記録、2005年日本映画第4位(実写では『交渉人 真下正義』に続く第2位)に輝いた。それと共に、自身が歌った主題歌「GLAMOROUS SKY」もヒット。自身初のオリコンシングルチャート1位を記録し、2週連続で首位をキープした。プラネットシングルチャートでは3週連続1位。また、この映画での演技が認められ、第29回日本アカデミー賞・優秀主演女優賞・新人俳優賞など数々の賞を受賞した。「GLAMOROUS SKY」はNANA starring MIKA NAKASHIMAの名義でリリースした。

『GLAMOROUS SKY』で年間オリコンシングルチャートに女性で唯一のトップ10入りを果たす。『MUSIC』もトップ20入りした。第47回日本レコード大賞 にて「特別賞」を受賞。

12月、初のベストアルバム『BEST』をリリース。発売1ヶ月でミリオンセラーを達成した。

2006年
2月22日、17thシングル「CRY NO MORE」リリース。PV撮影などのためにアメリカ合衆国メンフィス市へ渡米し、そこでメンフィス名誉市民の称号を得る。その後6月7日には、前年のハリケーンによって大きな被害を受けたニューオーリンズ(ルイジアナ州)へのチャリティー・シングル「ALL HANDS TOGETHER」をリリース。このシングルの売り上げの一部は、ニューオーリンズへ復興支援のために寄付をする。12月9日、主演映画『NANA2』が公開。前作に引き続き、主題歌「一色」も手がける。またこのシングルもNANA starring MIKA NAKASHIMA名義。

2006年、レコーディングとビデオ撮影でメンフィス市を訪れた際に、ハリケーン・カトリーナで受けた被害からの復興の手助けをしたいと市長に話したことがきっかけで、アメリカ合衆国テネシー州メンフィス市名誉市民賞を受賞した[1](日本人としては忌野清志郎に続き2人目の授与)。

2006年のニューオリンズ来訪を機に、コンサートなどの公の場において、環境問題や地球温暖化に関心を持ってもらえるよう「マイ箸」やエコバッグの携帯をファンに訴えている。中島が出演した『HEY!HEY!HEY!』の企画では、常に「マイ箸」を携帯している様子も紹介された。

2007年
4月から7月まで、全国ライブツアー『YES MY JOY』を行う。また、4枚のシングル、1枚のアルバム、2枚のDVDをリリース。紅白歌合戦にも出場。

2008年、5thアルバム「VOICE」オリコン1位獲得(2008年11月26日)

2009年、ミニアルバム「NO MORE RULES.」(2009年3月4日)、ベストアルバム「BEST【完全生産限定盤】」(2009年9月2日)リリース。コンサートツアー「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2009 TRUST OUR VOICE」。

2010年、31枚目のシングル「ALWAYS」リリース(2010年1月20日)映画『サヨナライツカ』主題歌。

■「SLY」とのイメージコラボ
2009年9月30日にリリースした「CANDY GIRL」は、「SLY」の2009年のブランドコンセプトでもある“サーカス”をテーマに制作された。3万枚限定で、CDと「SLY」の人気アイテムTシャツとのセットで2,480円(税込)で販売された。Tシャツは3種、ジャケットは通常盤を含む4種。

中島美嘉は「今回は、サーカスをテーマにSLYとコラボレーションをさせて頂きました。今までには無い作品に仕上がっているので、曲と共にPVやジャケットも楽しんで頂けたら嬉しいです。」とコメント。植田みずき(SLY・GOVILクリエイティブディレクター)は「以前から大好きなアーティストさんでした。彼女は常に独特な新しい世界観を魅せてくれる。エレガントで毒があってキュート。SLYの考える理想の女性像です」と中島美嘉にオファーした理由を述べ、楽曲については「一人の女性が持つ、葛藤や多面的な部分が強くも儚くもあり彼女の声はセクシーで甘くて引き込まれてしまいました。ミュージカルを一本見たようなストーリーを感じる曲に大満足です。」と述べている。

・「SLY」とは
2000年 植田みずきプロデュースブランド「SLY」を立ち上げ、他の誰とも違う、女性でいることを最大限に楽しむファッション提案がエイジレスなファン層に支持される。2008年 SLYの世界観を体現化したLife Style Shop「HOTEL SLY」は、雑貨・KIDSラインの販売。2009年9月現在「SLY」31店舗・「HOTEL SLY」2店舗・香港4店舗 計41店舗(フランチャイズを含む)を展開。2009 AW Visual イメージアイコンとして中島美嘉を起用。

■人物
・趣味・嗜好・ファッション
髪型を頻繁に変える。また『うたばん』で以前に中島がアルバイトしていた店の店長が当時の印象を聞かれ、「会うたびに髪の色が違った。」と答えている。過去の発言によると、好きなブランドはヴィヴィアン・ウエストウッドやヒステリック・グラマー。

猫好きであり、現在ソマリと黒猫を飼っている。かつては、10匹飼っていた時期があったという。趣味はチョウやクモなどの標本集めだが、クモは種類によって好き嫌いがある。また、教会のステンドグラスを鑑賞することが好きである。黒魔術も興味があるという。

好きな食べ物は味噌ラーメン、ご飯、アイスクリーム。また、マヨラーでもあり、カップラーメン、ケーキ、アイスクリームにかけるほど。

憧れの人は黒柳徹子と夏木マリ。黒柳とは『僕らの音楽』で共演を果たす。また、夏木は中島の童話写真集のDVDのナレーションを担当している。かつてはSPEEDのファンであることを公表していたが、現在は今井絵理子とは友人関係にあり、またヨガの資格を取得しているHITOEからヨガを教わっている。仲の良い芸能人は持田香織、加藤あい、川島なお美、伊藤由奈、今井絵理子。同じ九州出身として元ちとせ、鬼束ちひろとも親交がある。また、松浦亜弥や藤本美貴とはメル友である。

■受賞歴
2002年
第44回 輝く!日本レコード大賞 最優秀新人賞(「STARS」)
第35回 日本有線大賞 最優秀新人賞(「WILL」)
第35回 ALL JAPANリクエストアワード 最優秀新人賞(「WILL」)
第16回 ゴールドディスク大賞 新人賞 (「STARS」)
2003年
第45回 輝く!日本レコード大賞 金賞 (「雪の華」)/ベストアルバム賞 (『LOVE』)
第17回 ゴールドディスク大賞 ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー (『TRUE』)
第40回 ゴールデン・アロー賞 音楽新人賞
第6回 インターネット音楽祭 歌手ナビ グランプリ
2004年
第18回 ゴールドディスク大賞 ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー (『LOVE』)
第3回 MTV Video Music Awards Japan 2004 最優秀ブレイクスルービデオ賞 (『Love Addict』)/最優秀ファッションビデオ賞 (『接吻』)
2005年
第47回 輝く!日本レコード大賞 特別賞 (「GLAMOROUS SKY」)
第4回 MTV Video Music Awards Japan 2005 最優秀女性アーティストビデオ賞 (『桜色舞うころ』)
2005年度オリコン発表!ベストムービーランキング 最優秀主演女優賞 (『NANA』)
2006年
第29回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞/新人俳優賞/話題賞 (『NANA』)
第10回 日本インターネット映画大賞 最優秀主演女優賞 (『NANA』)
第20回 ゴールドディスク大賞 ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー (『BEST』『MUSIC』でそれぞれ受賞)
第5回 MTV Video Music Awards Japan 2006 最優秀映画ビデオ賞 (『GLAMOROUS SKY』)

■ディスコグラフィ
「愛してる」から「火の鳥」までのシングル作品とミニアルバム「朧月夜〜祈り」はレーベルゲートCD(レーベルゲートCD2も含む)でリリースされた。尚、「FIND THE WAY」が収録されているコンピレーションアルバム『「機動戦士ガンダムSEED」COMPLETE BEST』はCD-DAでリリースされ(発売当時アルバムに関してはCCCDの対象外となっていた)、シングルCDと同じミックスで収録されたため、当時としてはCD-DAとCCCDとの違いを聴き比べられる貴重な材料となった。レーベルゲートCD(レーベルゲートCD2も含む)でリリースされた作品についてはすべて廃盤となり、CD-DAで再発された。
シングル
1st 2001年11月7日 STARS
2nd 2002年2月6日 CRESCENT MOON
3rd 2002年3月6日 ONE SURVIVE
4th 2002年5月15日 Helpless Rain
5th 2002年8月7日 WILL
6th 2003年1月29日 愛してる
7th 2003年4月9日 Love Addict
8th 2003年6月25日 接吻
9th 2003年8月6日 FIND THE WAY
10th 2003年10月1日 雪の華
11th 2004年4月7日 SEVEN
12th 2004年6月2日 火の鳥
13th 2004年10月20日 LEGEND
14th 2005年2月2日 桜色舞うころ
15th 2005年6月8日 ひとり
16th 2005年8月31日 GLAMOROUS SKY [2]
17th 2006年2月22日 CRY NO MORE
18th 2006年6月7日 ALL HANDS TOGETHER
19th 2006年7月26日 MY SUGAR CAT
20th 2006年11月29日 一色 [2]
21st 2007年2月21日 見えない星
22nd 2007年3月14日 素直なまま
23rd 2007年8月22日 LIFE
24th 2007年10月3日 永遠の詩
25th 2008年3月12日 SAKURA〜花霞〜
26th 2008年7月23日 I DON'T KNOW [3]
27th 2008年11月12日 ORION
28th 2009年5月13日 Over Load
29th 2009年9月30日 CANDY GIRL
30th 2009年11月4日 流れ星
31st 2010年1月20日 ALWAYS

オリジナルアルバム
1st 2002年8月28日 TRUE オリコン1位獲得
ミリオン達成
2nd 2003年11月6日 LØVE オリコン1位獲得
ミリオン達成
3rd 2005年3月9日 MUSIC オリコン1位獲得 
NANA 2006年12月13日 THE END オリコン2位獲得
NANA starring MIKA NAKASHIMAとして
4th 2007年3月14日 YES オリコン3位獲得 
5th 2008年11月26日 VOICE オリコン1位獲得

ミニアルバム・ベストアルバム
ミニアルバム 2002年11月6日 RESISTANCE   オリコン1位獲得

20万枚完全限定版
ミニアルバム 2004年9月15日 朧月夜〜祈り オリコン3位獲得

10万枚完全限定版
ベストアルバム 2005年12月7日 BEST オリコン1位獲得

ミリオン達成
企画アルバム 2009年3月4日 NO MORE RULES. オリコン5位獲得
5万枚完全限定版

DVD
2002年3月27日 FILM LOTUS VHS同時発売
2002年12月18日 KISEKI the document of a star VHS同時発売
2003年3月5日 FILM LOTUS II VHS同時発売
2003年5月2日 The First Tour 2003 Live & Document VHS同時発売
2003年12月3日 FILM LOTUS III
2004年8月25日 MIKA NAKASHIMA concert tour 2004 "LØVE" FINAL
2005年3月24日 FILM LOTUS IV UMD Videoも発売
2005年11月9日 MIKA NAKASHIMA LET'S MUSIC TOUR 2005 ハイビジョン制作。UMD Videoも発売。Blu-ray Discでも2006年11月22日発売
2005年12月28日 BEST ベストクリップ集
2006年9月6日 FILM LOTUS V 〜SOUTHERN COMFORT 2006〜 クリップ集第5弾+ニューオーリンズ・ドキュメント
2007年8月22日 FILM LOTUS Ⅵ
2007年11月7日 MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2007 YES MY JOY
2009年3月25日 FILM LOTUS Ⅶ
2009年12月2日 MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2009 TRUST OUR VOICE

■その他
・『Radioactive』(2002/3/20/)Heartsdalesの1stアルバム。「Helpless Game」にゲストボーカルとして参加
・『BEFORE THE DAWN』(2003/1/29)川口大輔のセルフカバーミニアルバム。「Let's Get Together Now」にゲストボーカルとして参加。
・『SOUL TREE〜a musical tribute to toshinobu kubota〜』(2004/2/25)久保田利伸のトリビュートアルバム。「Missing」をカバー。

■コンサート
・「Mika Nakashima The First Tour 2003」
・「MIKA NAKASHIMA concert tour 2004“LOVE”」
・「ビューティフルライブ2004」
・「MIKA NAKASHIMA LET’S MUSIC TOUR 2005」
・「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2007 YES MY JOY」
・「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2009 TRUST OUR VOICE」

出演
■テレビドラマ
・傷だらけのラブソング(2001年9月 - 12月、関西テレビ放送) - 島崎未来 役
・私立探偵 濱マイク(2002年7月 - 9月、日本テレビ) - 濱茜 役
・生放送はとまらない!(2003年10月10日、テレビ朝日) - 本人 役
・流星の絆(2008年10月 -12月 、TBS) - サギ 役(特別出演、第2話より)

■映画
・偶然にも最悪な少年(2003年9月公開、東映) - 佐々木由美 役
・NANA(2005年9月公開、東宝) - 大崎ナナ 役
・ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT(2006年9月16日公開) - ルーカ劇中の大型ビジョンの映像にカメオ出演
・NANA2(2006年12月公開、東宝) - 大崎ナナ 役

■CM
・カネボウ化粧品「KATE」
・明治製菓「ボーダ」「ガルボ」「フラン」
・ソニー「Hi-MDウォークマン」
・コダック「MAX beauty」
・ロート製薬「ロートZi:φ」
・任天堂 ゲームボーイアドバンス用ソフト「マジカルバケーション」
・小学館「PS」
・G-CAP「ほっとけない 世界のまずしさ」
・サントリー スパークリングワイン「フレシネ」
・リプトン「新リプトン リモーネ」

■書籍
・「Dio」 (2003/1、ワニブックス) - 愛猫の名をタイトルにつけたフォトエッセイ。
・「Love fills all」 (2004/7、ワニブックス) - 写真集。
・「写真童話集」(2007/6、ワニブックス) - 本人が原案した童話の登場人物を演じている様子が写真集になっている。

■脚注
1.nikkansuports.com芸能ニュース 中島美嘉、米メンフィスの名誉市民賞受賞参考。
2.「NANA starring MIKA NAKASHIMA」名義
3.「MICA 3 CHU」名義
中島美嘉を「ウィキペディア」で参照する