川田裕美 かわたひろみ

「川田裕美」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「川田裕美」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「川田裕美」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

川田裕美のプロフィール

川田 裕美(かわた・ひろみ)

生年月日:1983年6月22日
出身:和歌山県
血液型:B型

■来歴
・生い立ち
大阪市住之江区生まれ、大阪府泉大津市出身。父の仕事の関係による転勤で名古屋、長野、札幌、小樽に住んでいたこともある。 大阪府立三国丘高等学校を経て、和歌山大学経済学部卒業。大学時代には、学内のインターネットラジオ局で活動するかたわら、生田教室でアナウンスを勉強した。また、2003年度「ミズえびすばし(戎橋)」に選ばれた。

・2006年から2015年
読売テレビ入社
2006年に大学卒業と同時に読売テレビ入社。同期入社のアナウンサーは虎谷温子。ニュースデビューは、2006年7月22日。『情報ライブ ミヤネ屋』が関西ローカル放送や一部地域ネットだった時期には火曜日にレギュラーで出演していた。読売テレビ制作の全国ネット番組『ニッポン旅×旅ショー』ではレギュラーアシスタントに抜擢。藤井隆とコンビを組む。同期の虎谷から『ズームイン!!SUPER!』を引き継いで担当していたが、2010年4月から早朝に放送を開始した『朝生ワイド す・またん!』には虎谷と日替わりでレギュラー出演。『24時間テレビ』(関西ローカルパート)でも、入社以来毎年司会などを務めていた。2011年3月までは、『す・またん!』に内包された『ズームイン!!SUPER!』の関西ローカルパートや、『大阪ほんわかテレビ』にもレギュラーで出演していた。

情報ライブ ミヤネ屋
2011年4月4日からは、産休に入った先輩アナウンサー・森若佐紀子の後任司会として『情報ライブ ミヤネ屋』にレギュラー出演。以降2015年2月まで4年間に渡り、森若が産休から職場へ復帰した2012年6月以降も引き続き同番組の司会を務め、宮根誠司のアドリブへの対応や個性豊かなコメンテーター陣の扱いが上手く生放送に強い司会ぶりが評価されていた。運動音痴を自認 するにもかかわらず、2014年10月には番組代表として『大阪マラソン2014』で人生初のフルマラソンに挑戦。宮根が設定した目標タイムの「5時間」を切る4時間57分2秒(グロスタイム4時間59分22秒)でフルマラソン完走を果たした。また、スイーツ好きが昂じて2014年6月には日本スイーツ協会主催の「スイーツ検定」試験に合格し「スイーツコンシェルジュ」の資格を取得しており、フルマラソン完走のご褒美として一時はオリジナルスイーツの「カワタスイーツ」をプロデュースする企画もあった。

読売テレビ退社
2015年2月に会見を開き、「新しいステージで自分を試したい」と読売テレビの退社とフリーアナウンサーへの転身を発表。会見では、情報番組を中心にバラエティ、旅番組、ナレーションやラジオ、本の執筆など幅広く、また「関西人のサービス精神」で女優にも挑戦してみたいと語った。同月27日で『情報ライブ ミヤネ屋』の司会を卒業すると、同年3月末で読売テレビを退社した。

2015年から現在
フリーアナウンサーへの転身
2015年4月からセント・フォースに所属し、フリーアナウンサーとして東京を拠点に活動を開始。4月1日には『川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」』をアメーバブログに開設、続いてセント・フォース公式モバイルサイト『cent.FORCE Channel』にもブログを開設した。
フリー転身後の初仕事は2015年4月2日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ぐるナイ春の京都ゴチ2時間スペシャル」。同月4日より放送の『Orico presents FIELD OF DREAMS』(TOKYO FM)で初めてラジオのパーソナリティを務め、同月11日よりフリー転身後の初レギュラー番組となる読売テレビの女性向け情報バラエティー番組『すもももももも!ピーチCAFE』で局アナ時代を通じて初のメインMCを務めている。一方でバラエティー番組にも積極的にゲスト出演して、認知度の向上に努めている。
2016年7月からは『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)で産休の八木早希に代わり進行を務め、同年10月の八木の復帰後も交互に出演している。また、同年9月からは『1周回って知らない話』(日本テレビ系)でフリー転身後初めてゴールデンタイムのレギュラーを務める。
2016年10月より紀陽銀行のイメージキャラクターを務め、同行の企業CMに出演。また、和歌山市観光協会が県外在住で和歌山市にゆかりのある様々な分野の人々に委嘱する「和歌山市観光発信人」に任命され、同年11月21日に委嘱式が行われた。
2016年8月に『とと姉ちゃん』(NHK)にテレビの取材者役で数十秒間出演したのに続き、2017年1月には『増山超能力師事務所』(読売テレビ)の第1話ならびに『天才バカボン2』(日本テレビ)に出演して本格女優デビューを果たす。
2017年4月には、『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK総合)のMCに就任し初めてNHKにてレギュラー番組を担当するのに続き、『この差って何ですか?』(TBS系)のMCに赤江珠緒の後任として起用されるなど[28]、フリー転身から2年を経て全国ネットのレギュラー番組4本を含むテレビ7本、ラジオ2本のレギュラーを抱える人気アナウンサーとなる。
2017年3月には、かつて読売テレビ時代に出演していた『朝生ワイド す・またん!』に凱旋出演(『東京ブッタマンク』コーナー担当)をしており、同年9月18日にはかつて自身が当番組を卒業後以降、当番組で全面で主司会を務めている森たけしの代理司会を務めた。またこの当日には同期である虎谷とのダブル出演であった。また2018年1月18日の番組2000回にも出演しており、番組開始当時のメンバーでの一員として顔を合わせている。

■出演番組・作品
・現在
テレビ
すもももももも!ピーチCAFE(読売テレビ、2015年4月11日 - ) - メインMC
胸いっぱいサミット!(関西テレビ、2016年7月9日 - ) - 進行
1周回って知らない話(日本テレビ、2016年9月7日 - ) - アシスタント
輝きYELL!(日本テレビ、2016年10月1日 - ) - ナレーション
珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー(TBS)- 準レギュラー
この差って何ですか?(TBS、2017年4月18日 - ) - MC

その他
ラジオ
Orico presents FIELD OF DREAMS(エフエム東京、2015年4月4日 - ) - パーソナリティ

CM
紀陽銀行(2016年10月 - ) - イメージキャラクター

・過去
読売テレビアナウンサー時代
なるトモ! (2008年9月までは木曜と金曜、2008年10月から2009年3月は水曜から金曜)
ウキキの教えて先生! (2010年3月まで)
つながりファンタジー いつも!ガリゲル 各駅停車!名前50音の旅(2010年4月から9月)
キューン! (2009年4月3日から2011年3月27日)
大阪ほんわかテレビ (2011年まで)情報喫茶店コーナー
ytvアナウンサー向上委員会 ギューン↑ (2010年7月16日から2011年5月8日、その後も不定期に出演)
ズームイン!!SUPER ローカルパート (2009年3月30日から番組終了(2011年3月31日)、月曜・木曜・金曜)
大阪マラソン2011特別番組 (2011年10月30日)特設スタジオで進行を担当
マヨブラジオ (番組開始(2009年4月11日)から2011年4月16日、2011年10月22日から番組終了(2011年12月24日))
朝生ワイド す・またん! (番組開始(2010年3月29日)から2011年12月28日、卒業後の2017年3月以降にも
不定期(上述「東京ブッタマンク」コーナー)に出演)
もうすぐ す・またん!
ZIP! ローカルパート
情報ライブ ミヤネ屋
『グルメルパン』担当
(2011年4月4日から2015年2月27日) 進行
くせになるややこしさ ブラックマヨネーズのハテナの缶詰 (2012年1月27日から2015年3月27日)
NNNストレイトニュース ローカルパート (不定期)
24時間テレビ ローカルパート司会

フリー転向後
好きか嫌いか言う時間(TBS、2016年8月15日 - 2017年9月24日) - 進行
Love in Action(エフエム大阪、2016年6月20日 - 2017年6月29日) - パーソナリティ
バナナ♪ゼロミュージック(NHK総合、2017年4月8日 - 2018年3月3日 ) - MC

テレビドラマ
「名探偵コナン」ドラマスペシャル 工藤新一 京都新撰組殺人事件 (2012年4月12日、読売テレビ)
獣医さん、事件ですよ 第3話(2014年7月17日、読売テレビ) - 雑誌記者 役
連続テレビ小説 とと姉ちゃん 第115話(2016年8月15日、NHK) - テレビ司会者 役
増山超能力師事務所 第1話(2017年1月5日、日本テレビ) - アナウンサー 役
天才バカボン2 (2017年1月6日、日本テレビ)

その他
映画
逆転裁判 (2012年2月11日、東宝配給) - 号外を配る新聞販売店員 役

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
川田裕美を「ウィキペディア」で参照する