金澤ダイスケ かなざわだいすけ

「金澤ダイスケ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「金澤ダイスケ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「金澤ダイスケ」に関連するモデルプレス記事

金澤ダイスケのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

金澤ダイスケのプロフィール

金澤ダイスケ(かなざわ・だいすけ)

生年月日:1980年2月9日
出身:茨城県
血液型:O型。

フジファブリックのキーボード、コーラスを担当。

学生時代は吹奏楽部部長であり、「サーファーキドリツアー」にて『Surfer King』のトランペットパートを演奏した。

ライブでは楽曲によってはギター、アコーディオンを演奏することもある。

顎関節症を患っていたが、2006年10月に無事に手術を終える。手術中はキース・ジャレットの『The Meldy At Night With You』をかけていたという。

『タモリ倶楽部』の名物コーナー「空耳アワー」の大ファンで自ら投稿。2009年2月12日の放送で採用される。その際「金澤ダイスケ(フジファブリック キーボード担当)さん」と紹介され、アリシア・キーズの曲「ハートバーン」の空耳で空耳Tシャツを獲得する。このTシャツは、後に同年に行われたバンドのライブでも着用していた。その後の空耳アワード2009前編(2009年4月3日)でも、このシーンが再放送された。

小学校中学年頃に妹がピアノ教室に通うのに便乗する形でピアノを習い始める。元々はギタリスト志望であったが、中学時代にテレビですかんちのキーボーディストである小川文明のプレイを見たことがキッカケでキーボードを始めた。

2010年 - 2011年にかけて行われたASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーではサポートメンバーも務めた。同バンドのボーカルである後藤正文からは、「実際に彼がこのツアーに参加していなかった場合のことを思うと、少し恐ろしい。そのくらい重要な役割を担ってくれている。」などと評されていた。

著作に「週刊金澤 2007-2014」、伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION)との共著による「SESSION IN THE KITCHEN」がある。

住岡梨奈「Heatbeat」のサウンドプロデュース、コレサワ「これから」の編曲も手がけている。

KinKi Kids「夢を見れば傷つくこともある」通常版収録「Alright!」にもキーボードとして参加。

2018年4月17日、Superfly 越智志帆との結婚を発表。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
金澤ダイスケを「ウィキペディア」で参照する