伊原六花(いはらりっか)

誕生日:
1999年6月2日
星座:
ふたご座
身長:
160cm
画像 記事 プロフィール

伊原六花の関連リンク

伊原六花に関する画像

伊原六花に関する記事

  1. 伊原六花、芸能界の交友関係に言及 コロナの影響で変化も

    モデルプレス

  2. 伊原六花、相撲ドラマで初の体作り挑戦 2ヶ月“7キロ増量”振り返る

    モデルプレス

  3. 伊原六花、腹筋のぞく水着姿披露 全イラスト描き下ろした2023年カレンダー発表

    モデルプレス

  4. 広瀬すず、熱愛報道触れず “後輩”伊原六花とアップヘア×浴衣で華やかに登場

    モデルプレス

  5. 葉山奨之&伊原六花、相撲ドラマ「シコふんじゃった!」でW主演 映画版から30年後描く

    モデルプレス

  6. 伊原六花、写真集「R22」重版決定 水着・下着・浴衣など披露

    モデルプレス

  7. 新垣結衣・広瀬すず・間宮祥太朗・中川大志…6月生まれの豪華芸能人

    モデルプレス

  8. 伊原六花、水着・下着・ドレス…多彩な姿&真骨頂のダンスシーンも 2年10ヶ月ぶり写真集決定

    モデルプレス

  9. 伊原六花、初めて魅せた大人SEXY 色白美肌輝く

    モデルプレス

  10. 長澤まさみ・新垣結衣・福士蒼汰・広瀬すず…“ふたご座”の豪華芸能人

    モデルプレス

  11. 広瀬すず・山崎紘菜ら、銭湯でリラックス エアガール第一期生の仲良しショット公開

    モデルプレス

  12. 乃木坂46伊藤理々杏、恋のライバル・伊原六花と「けっこうバチバチしている」<どんぶり委員長>

    モデルプレス

  13. 伊原六花、水着姿も披露 新感覚の2021年カレンダー発表

    モデルプレス

  14. 伊原六花の美脚が眩しい 色気漂うナチュラルショット披露

    モデルプレス

  15. 伊原六花、新ドラマ主演で「オオカミくん」小西詠斗とラブコメ<どんぶり委員長>

    モデルプレス

  16. 鈴鹿央士&蒔田彩珠・織部典成&伊原六花、完全リモート収録ドラマ「深海くんと月影ちゃん」出演決定

    モデルプレス

  17. 伊原六花、肩出しグラビアで“しなやか”な魅力発揮

    モデルプレス

  18. 新成人の伊原六花、理想の女性像&プライベートの目標を明かす

    モデルプレス

  19. 【注目の新成人】伊原六花「責任と自信を持って生きたい」

    モデルプレス

  20. <2020年新成人>永野芽郁、山下美月、上白石萌歌、岡田健史、眞栄田郷敦…“令和初”の成人式を迎える注目の人物

    モデルプレス

伊原六花のプロフィール

伊原 六花(いはら・りっか)

生年月日:1999年6月2日
出身:大阪府
血液型:A型

2017年には、芸能事務所のフォスターと雇用(専属マネジメント契約)を結び所属する事になった。2018年3月に大阪府立登美丘高等学校普通科卒業見込み。旧芸名及び本名は、林 沙耶(はやし さや)。

■略歴
1999年6月、大阪府堺市内の病院で出生。
2008年から2012年、フリーランスで活動し、子供ミュージカルに出演していた。
2012年、劇団RKX主催のミュージカル「ズボン船長」のオーディションに合格し、生徒役で出演。
2013年から2015年、同「ズボン船長」に出演し、ジョジョ姉役を3年連続で採用された。
2015年から2017年、大阪狭山市の現代版組踊キジムナーの会「表現倶楽部うどぃ」に所属。
2015年4月、大阪府立登美丘高等学校普通科に入学し、ダンス部に所属。
2018年3月、大阪府立登美丘高等学校普通科を卒業見込み。

■出演
・テレビ
スッキリ(日本テレビ、2017年9月)大阪府立登美丘高等学校ダンス部
世界がザワついたマル秘映像 ビートたけしの知らないニュース (テレビ朝日、2017年10月29日)
うたコン『元気がイチバン! 人生励ます名曲集』 (NHK総合、2017年10月31日)
ミュージックステーション (テレビ朝日、2017年11月17日)
ちちんぷいぷい(毎日放送、2017年12月)大阪府立登美丘高等学校ダンス部
「Rの法則 "2017輝いた10代"クリスマスSP (NHKEテレ、2017年12月25日)
第59回輝く!日本レコード大賞(TBSテレビ、2017年12月30日)大阪府立登美丘高等学校ダンス部 ※特別賞受賞
第68回NHK紅白歌合戦(NHK総合、2017年12月31日)大阪府立登美丘高等学校ダンス部(郷ひろみのバックダンサー)

・週刊誌
週刊プレイボーイ 2018年3・4合併号「次世代美少女2018」

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.