庄司智春 しょうじともはる

「庄司智春」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「庄司智春」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「庄司智春」に関連するモデルプレス記事

庄司智春のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

庄司智春のプロフィール

庄司智春(しょうじ・ともはる)

生年月日:1976年1月1日
出身地:東京都

日本のお笑いタレント、歌手。品川庄司のツッコミ担当である。立ち位置は向かって右。相方は品川祐。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。

吉本総合芸能学院(NSC)東京校第1期生。同期である品川祐と1995年にコンビを結成した。身長176.5cm。妻は歌手・タレントの藤本美貴で、2児(長男・長女)の父親。

■人物・性格
大田区立出雲中学校、私立東京実業高等学校卒業。高校の2年先輩に元エネルギーの森一弥がいる。

NSCに入学する前はヤナセに勤務していた。ヤナセ退職後は羽田空港で航空機清掃のアルバイトや、竹ノ塚でホストをしていたことがある。しかし品川によれば人見知りであるという。

酒類は全く飲むことができない下戸である。プライベートでは、秋山竜次(ロバート)、佐藤哲夫(パンクブーブー)など、庄司と同じく下戸の芸人を誘い、普通に食事をすることが多いという。

藤本美貴との交際が、2007年5月25日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)で報じられた。以降『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系列)や『めちゃ×2イケてるッ!』『森田一義アワー 笑っていいとも!』(いずれもフジテレビ系列)等の各番組でことあるごとにそのことに言及されるようになった(品川はこのエピソードを話しすぎたせいで事務所に怒られたこともあったという)。その後、2009年3月24日に藤本美貴と婚約を発表、同年7月3日に米国・ハワイで結婚式を行い、11日に婚姻届を提出した。

藤本との出会いは、ロンドンブーツ1号2号の田村淳と都内をドライブをしていた時に偶然藤本を見かけ声を掛けた。その際、連絡先を教えたのがきっかけである。婚姻届結婚の保証人に田村が名を連ねている。

好きな服のブランドはBAL(旧・balance wear design)。

自他共に認めるほどのナルシシストであり、自らの筋肉質の身体を写したヌード写真を自宅に飾っているほどである。

タンクトップを70枚以上所有し、下着はビキニブリーフやTバックを愛用している。

愛車は、3代目ダッジ・チャレンジャーである。

好きな食べ物はカレー。ただし辛い食べ物は嫌いなので辛口を食べることができない。苦手なものはレーズンと酒。ハンバーグレストランびっくりドンキーのファンを自称しており、20年以上通い詰めている。クロワッサンが大好きで、単独ライブとトークライブにおいてC-1(クロワッサンワン)グランプリと称しクロワッサンの食べ比べを二度に渡り披露した。

長男の名前に「虎」の字を入れるほど熱烈な阪神タイガースのファンである。

長渕剛好きが高じてギターとハーモニカを習得する。2006年のコントライブやヘキサゴンファミリーコンサート2009で披露している。

以前、皮膚科医師も治療法が判らない謎の症状が出た時期があった。ストレスが原因とされる。

■特徴
東京実業高等学校時代に野球と水泳をやっていたことから筋肉質であるが、童顔のために顔とのバランスが合わないその身体はコンプレックスだった。自分の筋肉を鏡で見ながら「あー、コンプレックスだわ」とぼやき、品川が「本当にコンプレックスならそんなことするか?」と嫉妬したエピソードがある。

駆け出しの頃は、「芸人の癖に筋肉質だと脱いだ時面白くない」「痛がったり熱がったりしてもウケない」と自らの肉体を呪っていたが、相方の品川が「庄司の肉体を活かす」「むしろ筋肉質だからこそ面白い」と逆転の発想によるアドバイスを行い、現行のスタイルを確立させた。

■その他
肉体美を披露してネタを繰り出す「平成のパピプペポ」は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)などで披露されている。これを冠したイベント「品川庄司のピグっていこーぜ!! 平成のパピプペポに続け!若手芸人アクション芸オーディション」も2011年5月1日に行われた。「平成のパピプペポ」を含め、その高い身体能力から繰り出される「赤坂サカス」などの一発ギャグ・肉体芸は『あらびき団』(TBS系列)などで披露されている。

2006年7月のコントライブを前に約1か月で10kg以上の減量に成功した。理由はそのコントの役作りのため、あるいは同年10月の『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』(TBS系)出場のためとされる。

「品川庄司 庄司の『庄司ブログ』」(開設当初は「品川庄司 庄司の『品川じゃないブログ』」)は『お試しかっ!』(テレビ朝日系列)の企画「もしもブログでランキング一位にならないといけなくなったら?」(2009年3月2日放送分/第43回)をきっかけに開設された。1か月で相方・品川を抜いてトップになるためにブログを更新し続けたが、結果は僅差で2位に終わり、相方・品川を超えることはできなかった。後日、1位になれなかった罰として、雪山の中で海水パンツ一枚で持ちギャグの「平成のパピプペポ」を行った様子を放送後に更新すると、一時的に1位となった。ブログ自体は引き続き更新されている。

藤本美貴との婚約後、事あるごとに「ミキティーーーー!!」と叫ぶギャグが定着し、「持ちギャグ」とまで云われてしまった。

藤本とのハワイ等での結婚写真の著作権は吉本興業が所有しており、テレビ番組においてその写真を出す際にはテロップで「(C)吉本興業」と表示される。

2009年「すぐに離婚しそうな夫婦」ランキングで2位に選ばれた。しかも、そのランキングの1位が酒井法子夫妻だったため、「実質1位」とまで言われていた。しかし、翌年(2010年)には、藤本と共に「ナイス・カップル大賞」を受賞。『アメトーク!』や『Oh!どや顔サミット』にゲストで出演した際には、自身の構成・撮影・編集によってミュージックビデオ風に仕上げた藤本のプライベートビデオが紹介された。

2008年3月より定期的に単独ライブを行っている。

この単独ライブは「一人でやる」ことをコンセプトとしているためゲストは呼ばない。また準備のためにスタッフが出てくることはあるものの、コント・トーク・その他コーナー全てにおいて舞台上には庄司一人という状態で進行する。

2009年6月にダイノジ大地、ロバート秋山をゲストに迎えてのトークライブを開催。以後同ゲストを迎えてのトークライブが定期的に開催されている。

ダイノジ大地、ロバート秋山と毎回三人でトークライブを開いているもののライブの名称は「庄司智春トークライブ」である。大地と秋山のファンにも知ってもらうためにライブ名に三人の名前を入れようと庄司が提案し続けているが、大地と秋山は頑なに拒んでいる。その理由を庄司は「(主催になって)責任をとりたくないからだ」と語っている。

2009年8月のライブでは大地、秋山に加え、ペナルティのワッキーもゲスト出演した。三人による「最近元気のないワッキーを励まそう」という心遣いからの出演であったが、その出演理由を聞いたワッキーはショックを受けていた。

1分間にお尻でくるみを割る最多回数で43個を割り、それまでの41個の記録を塗り替えギネス世界記録に認定されている。

2010年の夏に行った211km24時間駅伝では標高差700mの最難関兼最難所区間の第5区/11.5km(小田原→箱根)を予定より30分以上早いペースで箱根の山上りを完全制覇した。ゴール後のメッセージは最愛のミキティ(藤本美貴)から贈られた。

2012年3月27日に妻の美貴が第一子を出産。当初「字画がよかった」という理由から「羽男(ぱお)」と命名するも、美貴に「将来サラリーマンになった時商談が成立しなくなったら困る」と却下され、阪神ファンという事で「虎之助」に落ち着いた。2013年版の「よしもと男前ブサイクランキング」で、「理想のパパ芸人」部門の1位に選ばれている。

庄司は、藤本の第一子出産を機に、絵本の制作活動も開始。2012年8月から販売されているスマートフォン用の絵本アプリ「つよくなるにはどうするの?」 の原作も手掛けている。なお、藤本が2015年8月に出産した第二子(女児)には、「羽」の字を入れた名前を付けている。

芸能人格付けチェック大予選会では2016年のIQランキングではIQ84で最もアホの最下位(27位)だった。2017年の2017年TVに出してはいけない芸人ランキングでも犯罪危険度指数40でテレビに出るのが最も安全な最下位(24位)となった。

■家族
実家では、両親がネジを作る町工場とスナックを経営している。藤本が庄司の紹介で両親と初めて顔を合わせたのは、このスナックである。

家業については、「スチュワーデスが物を取るときに使う台のバネを作る町工場」として、漫才などで長らく「ここ笑うところじゃないですよ!」とネタにしてきた。

実家に住んでいた頃は屋上に設置されていたプレハブ小屋を自室としていた。しかし違法建築であることが判明した。更に雨漏りなどが起きていた上、屋上の床が沈んできていることも発覚したため、解体された。

両親は自身初めての冠番組『品庄内閣』(TBS系列)に度々登場し、(タレントではないものの)その個性的なキャラクターを発揮した。

■出演番組
庄司のみ出演のもの。コンビでの出演作は品川庄司を参照。

<テレビ>
いただきマッスル!(中京テレビ・日本テレビ系列、2006年4月 - 2007年9月)レギュラー
ほんとにあった怖い話「闇からの電話」(フジテレビ系列、主演:えなりかずき)
シャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権〜(日本テレビ系列)
笑撃!ワンフレーズ(TBS系列)
ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円(TBS系列)
クイズ!ヘキサゴンII(フジテレビ系列)
お試しかっ!(テレビ朝日系列)
新型芸人オークション キリウリ お金のためならここまでやります(TBS系列、2009年1月4日)
日本妄想大賞(フジテレビ系列、2008年12月30日)マスター役。出演の経緯は島田紳助のプライベートの妄想恋愛の聞き役に徹していたことから。
爆笑レッドカーペット(フジテレビ系列、2010年2月27日)不定期出演
キャッチコピーは「カーペットの中心で愛を叫ぶ」
コラボカーペットでテンゲン、サバンナ八木真澄&小島よしお(庄司を含む5人は、全て参加)、ザブングル加藤歩(第1回のみ)、ペナルティワッキー(第2回のみ)、いとうあさこ(第3回のみ)(庄司のみ、筋肉ダービー名義)と共演。庄司は2009年4月18日放送のカムバックで筋肉ダービーのメンバーの中でソロで呼び出され、テンゲン上簗裕尚に実況されてネタを披露し、その日のレッドカーペット賞を受賞。
2010年2月27日放送で単独出演で再受賞。
run for money 逃走中(フジテレビ、2009年7月2日、2010年3月24日)
ピラメキーノG ざっくり戦士ピラメキッド(テレビ東京系列、2010年5月 - 6月) - 田中先生(見回りセンコー)役
まめサタ(テレビ静岡、2011年5月 - 2013年3月)準レギュラー、月1回程度出演
お助け屋☆陣八(読売テレビ・日本テレビ系列、2013年2月21日) - 大塚淳 役
BBTスペシャル(富山テレビ)不定期出演
月曜ゴールデン スクープ 遊軍記者・布施京一(TBS系、2015年6月15日) - 持田豊 役
インターネット配信
庄⑩智春(Yahoo!バラエティ・よしもと見ホーダイ、2010年2月1日 -)庄司智春の初の単独冠番組。
けやき坂アベニュー(2017年7月16日 - 、AbemaTV) - コメンテーター
戦闘車(2017年10月6日 - 27日、Amazonプライム・ビデオ)

<CD>
WE LOVE ♥ ヘキサゴン(2008年10月22日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされたアルバム。AIR BAND名義の「アブラゼミ♂(東京バージョン)」が収録されている。
青春 僕/青春 俺(2009年3月25日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされた両A面シングル。矢口真里 VS AIR BANDというコンセプトのもとで発売された。矢口真里が「青春 僕」を、AIR BANDが「青春 俺」を歌っている。
出会えてよかった/お台場の女(2009年5月20日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされた両A面シングル。トモとスザンヌがラップ調のウェディングソング「出会えてよかった」を、部長と部下が演歌「お台場の女」を歌っている。
WE LOVE ♥ ヘキサゴン 2009(2009年10月21日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされたアルバム。2008年10月22日に発売された「WE LOVE ♥ ヘキサゴン」の第二弾アルバムとなっている。矢口真里×AIR BANDによる「青春 Special Edition」、トモとスザンヌによる「出会えてよかった」、ヘキサゴンオールスターズによる「泣いてもいいですか」が収録されている。なお当アルバムのリミテッドエディションでは、各曲の前に参加ユニットによるMCが収録されている。

■映画
くれないの盃(2008年)
走り屋ZEROⅠ(2009年)
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(特別出演)
クロサワ映画(2010年)
タバコイ〜タバコで始まる恋物語〜(2012年)
舞台
『漂流教室 〜大人たちの放課後〜』(2009年9月、よしもとプリンスシアター)
著作
「交換日記/花のことば」(角川ザテレビジョン、2007年11月)ISBN 978-4048950053
表題の短編二作を収録した恋愛小説集。『ロンドンハーツ』のドッキリ企画で執筆した「花のことば」が、『別冊カドカワ』の掲載を経て単行本化に至った。「交換日記」は単行本のための書き下ろし。
「空」(角川マーケティング、2009年7月)ISBN 978-4048950626
「つよくなるにはどうするの?」(アイフリーク、2012年8月)
iOS、androidの絵本アプリ「こえほん」内で配信。本人が作、歌を担当。
2006年7月のコントライブを前に約1か月で10kg以上の減量に成功した。理由はそのコントの役作りのため、あるいは同年10月の『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』(TBS系)出場のためとされる。
「品川庄司 庄司の『庄司ブログ』」(開設当初は「品川庄司 庄司の『品川じゃないブログ』」)は『お試しかっ!』(テレビ朝日系列)の企画「もしもブログでランキング一位にならないといけなくなったら?」(2009年3月2日放送分/第43回)をきっかけに開設された。1か月で相方・品川を抜いてトップになるためにブログを更新し続けた[6]が、結果は僅差で2位に終わり、相方・品川を超えることはできなかった。後日、1位になれなかった罰として、雪山の中で海水パンツ一枚で持ちギャグの「平成のパピプペポ」を行った様子を放送後に更新すると、一時的に1位となった[7]。ブログ自体は引き続き更新されている。
藤本美貴との婚約後、事あるごとに「ミキティーーーー!!」と叫ぶギャグが定着し、「持ちギャグ」とまで云われてしまった。
藤本とのハワイ等での結婚写真の著作権は吉本興業が所有しており、テレビ番組においてその写真を出す際にはテロップで「(C)吉本興業」と表示される。
2009年「すぐに離婚しそうな夫婦」ランキングで2位に選ばれた。しかも、そのランキングの1位が酒井法子夫妻だったため、「実質1位」とまで言われていた。しかし、翌年(2010年)には、藤本と共に「ナイス・カップル大賞」を受賞。『アメトーク!』や『Oh!どや顔サミット』にゲストで出演した際には、自身の構成・撮影・編集によってミュージックビデオ風に仕上げた藤本のプライベートビデオが紹介された。
2008年3月より定期的に単独ライブを行っている。
この単独ライブは「一人でやる」ことをコンセプトとしているためゲストは呼ばない。また準備のためにスタッフが出てくることはあるものの、コント・トーク・その他コーナー全てにおいて舞台上には庄司一人という状態で進行する。
2009年6月にダイノジ大地、ロバート秋山をゲストに迎えてのトークライブを開催。以後同ゲストを迎えてのトークライブが定期的に開催されている。
ダイノジ大地、ロバート秋山と毎回三人でトークライブを開いているもののライブの名称は「庄司智春トークライブ」である。大地と秋山のファンにも知ってもらうためにライブ名に三人の名前を入れようと庄司が提案し続けているが、大地と秋山は頑なに拒んでいる。その理由を庄司は「(主催になって)責任をとりたくないからだ」と語っている。
2009年8月のライブでは大地、秋山に加え、ペナルティのワッキーもゲスト出演した。三人による「最近元気のないワッキーを励まそう」という心遣いからの出演であったが、その出演理由を聞いたワッキーはショックを受けていた。
1分間にお尻でくるみを割る最多回数で43個を割り、それまでの41個の記録を塗り替えギネス世界記録に認定されている。
2010年の夏に行った211km24時間駅伝では標高差700mの最難関兼最難所区間の第5区/11.5km(小田原→箱根)を予定より30分以上早いペースで箱根の山上りを完全制覇した。ゴール後のメッセージは最愛のミキティ(藤本美貴)から贈られた。
2012年3月27日に妻の美貴が第一子を出産。当初「字画がよかった」という理由から「羽男(ぱお)」と命名するも、美貴に「将来サラリーマンになった時商談が成立しなくなったら困る」と却下され、阪神ファンという事で「虎之助」に落ち着いた。2013年版の「よしもと男前ブサイクランキング」で、「理想のパパ芸人」部門の1位に選ばれている。
庄司は、藤本の第一子出産を機に、絵本の制作活動も開始。2012年8月から販売されているスマートフォン用の絵本アプリ「つよくなるにはどうするの?」 の原作も手掛けている。なお、藤本が2015年8月に出産した第二子(女児)には、「羽」の字を入れた名前を付けている。
芸能人格付けチェック大予選会では2016年のIQランキングではIQ84で最もアホの最下位(27位)だった。2017年の2017年TVに出してはいけない芸人ランキングでも犯罪危険度指数40でテレビに出るのが最も安全な最下位(24位)となった。

■家族
実家では、両親がネジを作る町工場とスナックを経営している。藤本が庄司の紹介で両親と初めて顔を合わせたのは、このスナックである。

家業については、「スチュワーデスが物を取るときに使う台のバネを作る町工場」として、漫才などで長らく「ここ笑うところじゃないですよ!」とネタにしてきた。

実家に住んでいた頃は屋上に設置されていたプレハブ小屋を自室としていた。しかし違法建築であることが判明した。更に雨漏りなどが起きていた上、屋上の床が沈んできていることも発覚したため、解体された。

両親は自身初めての冠番組『品庄内閣』(TBS系列)に度々登場し、(タレントではないものの)その個性的なキャラクターを発揮した。

■出演番組
<テレビ>
いただきマッスル!(中京テレビ・日本テレビ系列、2006年4月 - 2007年9月)レギュラー
ほんとにあった怖い話「闇からの電話」(フジテレビ系列、主演:えなりかずき)
シャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権〜(日本テレビ系列)
笑撃!ワンフレーズ(TBS系列)
ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円(TBS系列)
クイズ!ヘキサゴンII(フジテレビ系列)
お試しかっ!(テレビ朝日系列)
新型芸人オークション キリウリ お金のためならここまでやります(TBS系列、2009年1月4日)
日本妄想大賞(フジテレビ系列、2008年12月30日)マスター役。出演の経緯は島田紳助のプライベートの妄想恋愛の聞き役に徹していたことから。
爆笑レッドカーペット(フジテレビ系列、2010年2月27日)不定期出演
キャッチコピーは「カーペットの中心で愛を叫ぶ」
コラボカーペットでテンゲン、サバンナ八木真澄&小島よしお(庄司を含む5人は、全て参加)、ザブングル加藤歩(第1回のみ)、ペナルティワッキー(第2回のみ)、いとうあさこ(第3回のみ)(庄司のみ、筋肉ダービー名義)と共演。庄司は2009年4月18日放送のカムバックで筋肉ダービーのメンバーの中でソロで呼び出され、テンゲン上簗裕尚に実況されてネタを披露し、その日のレッドカーペット賞を受賞。
2010年2月27日放送で単独出演で再受賞。
run for money 逃走中(フジテレビ、2009年7月2日、2010年3月24日)
ピラメキーノG ざっくり戦士ピラメキッド(テレビ東京系列、2010年5月 - 6月) - 田中先生(見回りセンコー)役
まめサタ(テレビ静岡、2011年5月 - 2013年3月)準レギュラー、月1回程度出演
お助け屋☆陣八(読売テレビ・日本テレビ系列、2013年2月21日) - 大塚淳 役
BBTスペシャル(富山テレビ)不定期出演
月曜ゴールデン スクープ 遊軍記者・布施京一(TBS系、2015年6月15日) - 持田豊 役

<インターネット配信>
庄⑩智春(Yahoo!バラエティ・よしもと見ホーダイ、2010年2月1日 -)庄司智春の初の単独冠番組。
けやき坂アベニュー(2017年7月16日 - 、AbemaTV) - コメンテーター
戦闘車(2017年10月6日 - 27日、Amazonプライム・ビデオ)

<CD>
WE LOVE ♥ ヘキサゴン(2008年10月22日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされたアルバム。AIR BAND名義の「アブラゼミ♂(東京バージョン)」が収録されている。
青春 僕/青春 俺(2009年3月25日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされた両A面シングル。矢口真里 VS AIR BANDというコンセプトのもとで発売された。矢口真里が「青春 僕」を、AIR BANDが「青春 俺」を歌っている。
出会えてよかった/お台場の女(2009年5月20日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされた両A面シングル。トモとスザンヌがラップ調のウェディングソング「出会えてよかった」を、部長と部下が演歌「お台場の女」を歌っている。
WE LOVE ♥ ヘキサゴン 2009(2009年10月21日)「クイズ!ヘキサゴンII」よりリリースされたアルバム。2008年10月22日に発売された「WE LOVE ♥ ヘキサゴン」の第二弾アルバムとなっている。矢口真里×AIR BANDによる「青春 Special Edition」、トモとスザンヌによる「出会えてよかった」、ヘキサゴンオールスターズによる「泣いてもいいですか」が収録されている。なお当アルバムのリミテッドエディションでは、各曲の前に参加ユニットによるMCが収録されている。

<映画>
くれないの盃(2008年)
走り屋ZEROⅠ(2009年)
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(特別出演)
クロサワ映画(2010年)
タバコイ〜タバコで始まる恋物語〜(2012年)

<舞台>
『漂流教室 〜大人たちの放課後〜』(2009年9月、よしもとプリンスシアター)

■著作
「交換日記/花のことば」(角川ザテレビジョン、2007年11月)ISBN 978-4048950053
表題の短編二作を収録した恋愛小説集。『ロンドンハーツ』のドッキリ企画で執筆した「花のことば」が、『別冊カドカワ』の掲載を経て単行本化に至った。「交換日記」は単行本のための書き下ろし。
「空」(角川マーケティング、2009年7月)ISBN 978-4048950626
「つよくなるにはどうするの?」(アイフリーク、2012年8月)
iOS、androidの絵本アプリ「こえほん」内で配信。本人が作、歌を担当。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
庄司智春を「ウィキペディア」で参照する