劇団ひとり(げきだんひとり)

「劇団ひとり」に関連するモデルプレス記事

  1. 有吉弘行 劇団ひとりの五輪開会式登場に感嘆「情報どこまで漏れてないんだろう?」

    東スポWeb

  2. バナナマン 劇団ひとりの開会式登場に感嘆「世界的コメディアンですよ、一気に」

    東スポWeb

  3. 【東京五輪】なだぎ武&劇団ひとり、芸人も寸劇で登場「びっくり」「まさか」と驚きの声

    モデルプレス

  4. 劇団ひとりが田村正和さんの思い出語る「人前で食事をしないっていうのは本当だった」

    東スポWeb

  5. 剛力彩芽、劇団ひとりとタッグ 密室体験型推理ゲーム×新感覚ミステリードラマ誕生

    モデルプレス

  6. 早見あかり・福原遥らも出演「ウレロ」4年ぶり復活

    モデルプレス

  7. 新川優愛、天然発言に劇団ひとりがツッコミ<ジョーカー>

    モデルプレス

  8. 間宮祥太朗&渡辺大知、漫才コンビ結成 劇団ひとりが連ドラ初演出<べしゃり暮らし>

    モデルプレス

  9. 劇団ひとり&大沢あかね夫妻に第3子誕生

    モデルプレス

  10. 中居正広「急にエロくなる」北川景子に興奮

    モデルプレス

  11. 第3子妊娠発表の大沢あかね、「スッキリ」で生報告 現在の体調を明かす

    モデルプレス

  12. 大沢あかね、第3子妊娠 劇団ひとりが3児のパパに

    モデルプレス

  13. 中居正広、キスマイ藤ヶ谷太輔に無茶ぶり連発“初参戦の洗礼”に半泣き!?

    モデルプレス

  14. 嵐・二宮和也の“武勇伝エピソード” 褒められて赤面

    モデルプレス

  15. 大沢あかね、劇団ひとりとの結婚生活を赤裸々告白 幸せな思い出から悲しい現実まで

    モデルプレス

  16. ブルゾンちえみ、桝太一アナに代わり「超問クイズ!」出演 プレゼンターの座狙う?

    モデルプレス

  17. 大沢あかね、第2子を出産 名前も公表

    モデルプレス

  18. 第2子妊娠の大沢あかね、カリスマモデルとして活躍と劇団ひとりとの結婚、ママタレとしての支持<略歴>

    モデルプレス

  19. 大沢あかね、第2子妊娠を発表 夫・劇団ひとりも喜び<コメント全文>

    モデルプレス

劇団ひとりのプロフィール

劇団ひとり(げきだんひとり)

生年月日:1977年2月2日
出身:千葉県
血液型:A型

お笑いタレントである。本名、川島 省吾(かわしま しょうご)。太田プロダクション所属。妻は大沢あかね。

■略歴
父親の仕事が日本航空のパイロット(母は元客室乗務員)だった関係で、小学校2年から5年まで、米国アラスカ州アンカレッジに住んでいた帰国生徒。当時、同じように父親が日本航空のパイロットだったフィギュアスケート選手の村主章枝が近所に住んでいたため一緒に遊んだことがある。ただし現在の英会話能力は、日常会話程度であると自認している。中岡慎太郎の九歳上の異母姉 縫と結婚した安芸郡岩佐番士頭 川島総次の子孫で、SF作家の川島ゆぞは伯父。

千葉県の名門私学の市川中学校を中学受験したが不合格だった。千葉市内の公立中学校卒業後、千葉県立京葉工業高等学校機械科に入学するが1年弱で中退後、千葉県立船橋高等学校定時制普通科卒業。高校生活は計5年間になる。

高校1年の1992年に、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「お笑い甲子園」に、「バーテックス」というコンビを組んで出場。その後は太田プロダクションに所属しデビュー。事務所の同期には有吉弘行がいる。

太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある劇団日本児童出身の秋永和彦とお笑いコンビ「スープレックス」を組み漫才を展開。

かし、『ボキャブラ天国』『進め!電波少年』で、太田プロがU-turnや猿岩石などのグループをメインに売り出していたことや、川島自身の遅刻・ドタキャン癖が影響し、ブレイクの機会を逸したまま2000年5月に秋永の借金による蒸発を理由にコンビを解散、川島はピン芸人として再出発することとなった。

その後はライブや『新しい波8』『完売劇場』などのテレビ番組に出演。2004年2月『めちゃ2イケてるッ!』の「笑わず嫌い王決定戦」に出演以降、メディアでの露出が次第に増える。また、俳優としてテレビドラマや映画などに活躍の場を広げる。

2006年1月、小説『陰日向に咲く』で小説家デビュー(2008年1月、実写映画化となる)。

2008年10月からテレビ朝日系で始まった番組『学べる!!ニュースショー!』でキャスターに初挑戦。この時、名前を川島省吾(劇団ひとり)としていた。

2008年10月25日、フジテレビ系『我はゴッホになる! ~愛を彫った男・棟方志功とその妻~』でドラマ初主演。

2009年2月17日、大沢あかねと婚姻届を提出。

2009年3月11日に発売されたCHEMISTRYのアルバム『the CHEMISTRY joint album』に収録される曲「キミマツボク」で作詞家デビュー。

2009年4月16日放送の『ザ・イロモネア』で2度目の100万円獲得を達成(1度目は2006年3月)。2度100万円を獲得した芸人はインパルスと次長課長に次いで3組目、ピン芸人では初の快挙となった。

2009年5月30日開催のMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009のMCを務める。

2009年7月12日に行われる東京都議会議員選挙のイメージキャラクターに選ばれる。

2010年3月2日、妻のあかねが妊娠3か月であることが報道された。

2010年5月4日、5日に4年ぶりとなる劇団ひとりライブ Vol.5を開催した。

2010年9月8日、第一子となる女児が誕生。

2011年8月27日、28日に劇団ひとりライブ Vol.6を開催。

2011年9月、劇団ひとりプロデュースで声優の福原香織とダンスユニットRABが「福原香織とRAB」としてCDデビューすることが発表された。

2014年5月24日、映画監督デビュー作の『青天の霹靂』が公開。

2016年公開の劇場アニメ『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』で、監督の高橋渉と共同で脚本を担当。アニメの脚本を担当するのは自身初で、映画シリーズにおいてもお笑いタレントが脚本を務めるのは史上初。

2016年7月13日、第二子となる男児が誕生。

■受賞歴
06年 - 万年筆ベストコーディネート賞2006
2007年 - 第44回ゴールデン・アロー賞」放送賞(バラエティ部門)
2007年 - エランドール賞新人賞
2014年 - GQ MEN OF THE YEAR 2014
2014年 - 第6回TAMA映画賞・最優秀新進監督賞(『青天の霹靂』)
2016年 - M-2グランプリ初代王者

■作品
2006年1月27日に『陰日向に咲く』で小説家デビュー。

雑誌『ダ・ヴィンチ』の「Book of the year 2006」で総合第2位、恋愛小説部門第1位を受賞した。2008年2月、発売から2年かけて100万部を突破した。

平川雄一朗監督により映画化され、2008年1月26日に東宝系で公開された。

2008年5月、『週刊文春』に連載しているエッセイを大幅に追加・加筆してまとめたエッセイ集『そのノブは心の扉』を発売。

2010年8月26日、約4年ぶりとなる小説『青天の霹靂』を発売。

自ら監督を務めて映画化され、2014年5月24日に公開された。

2010年11月、劇団ひとりが劇団ひとりと対談する『劇団ひとり カプチーノを飲みながら』発売。

2016年4月16日公開されたアニメ映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の脚本を担当。

■出演
・バラエティ
現在のレギュラー
ゴッドタン~The God Tongue 神の舌~(第1期:2005年10月 - 12月、第2期:2007年4月 - 、テレビ東京)
幸せ!ボンビーガール(2013年4月 - 、日本テレビ)
中居正広のミになる図書館(2013年4月 - 、テレビ朝日)
究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?(2016年5月6日 - 、日本テレビ) - プレゼンター
良かれと思って! (2017年4月19日 - 、フジテレビ)

準レギュラー(または不定期出演)
雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!(テレビ朝日)
タモリ倶楽部(テレビ朝日)

特番・単発
有吉弘行&劇団ひとり&ビビる大木の天才リトル(2013年6月14日・10月13日・2014年3月30日、フジテレビ)
有吉ひとり土田@竜兵会プレゼンツ!超超!無礼講な宴SP(2012年12月29日、日本テレビ)
ビバ!!竜兵会システム ぜ~んぶ忘れてイイ宴 2(2013年12月30日、日本テレビ)
クイズ☆正解は一年後(2014年12月30日、TBS)
BSスカパー!って知ってますか!?(2015年9月27日・10月4日・10月11日、BSスカパー!)
世界に誇る50人の日本人 成功の遺伝史(2013年12月30日、2016年2月22日、日本テレビ)
芸人キャノンボール(2016年1月1日・8月24日、TBS)[22]
ザキヤマひとり(2017年4月10日、フジテレビ)

過去のレギュラー、準レギュラー
さとこいめぐさん(日本テレビ)
大人のコンソメ(テレビ東京)
リチャードホール(フジテレビ) - 北八先生等
平成教育2005予備校(フジテレビ)
本能のハイキック!(フジテレビ)
フェイク・オフ~完全なる相関図~(フジテレビ)
ヤンチャ黙示録(テレビ東京系)
YOU・遊・気分 土曜だ!ぴょん(長野放送)
THE M(日本テレビ) - MC
劇団ひとり5ミニッツ・パフォーマンス(BSフジ/ポニーキャニオン)
解体新ショー (NHK総合)
学べる!!ニュースショー!(テレビ朝日) - 川島省吾名義
完売劇場(テレビ朝日)
劇団ひとりの新番組を考える会議(テレビ朝日)
やぐちひとり(C)(2004年10月5日 - 2009年9月29日、テレビ朝日)
もらえるテレビ!(2009年9月 - 2010年3月、テレビ朝日)
地球号食堂~エコめし宣言(2009年9月 - 2010年3月、テレビ朝日)
今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王(2007年9月 - 2010年3月、テレビ朝日)※後番組「雑学王」に引き続き出演。
熱血!平成教育学院(2006年10月 - 2011年3月、フジテレビ)
How to モンキーベイビー!(TOKYO MX)
そうだったのか!池上彰の学べるニュース(2010年4月 - 2011年12月、テレビ朝日)その後は、不定期特番で放送
スター☆ドラフト会議(2011年4月 - 2013年3月、日本テレビ)
ウレロ☆未確認少女(2011年10月 - 2011年12月、テレビ東京)
夢!どうぶつ大図鑑(2011年10月 - 2012年3月、TBS)MC
5MEN旅(第1期:2011年4月 - 6月、第2期:2011年10月 - 2012年3月、日本テレビ)
ヨンパラ FUTUREゲームバトル(2011年10月 - 2012年3月、TBS)
劇団ひとり&ビビる大木の『どこイク!?』(2012年4月 - 2013年11月、フジテレビOneTwoNext)
業界トップニュース(2012年4月 - 9月、テレビ朝日)
ガチガセ(2012年4月 - 2013年2月、日本テレビ)
よるべん(2012年4月 - 2013年3月、TBS)
ウレロ☆未完成少女(2012年7月 -9月 テレビ東京系)
快脳!マジかるハテナ(2012年10月 - 2013年8月、日本テレビ)
激論!どっちマニア(2012年10月 - 2013年3月、テレビ朝日)
あっちマニア(2013年4月 - 2013年9月、テレビ朝日)
笑っていいとも!※月曜(2006年10月2日 - 2011年3月28日)、※金曜(2011年4月8日 - 2014年3月28日、フジテレビ)
笑っていいとも!増刊号(2006年10月 - 2014年3月、フジテレビ)
ウレロ☆未体験少女(2014年1月 - 2014年3月、テレビ東京)
中居正広の怪しい噂の集まる図書館(2011年10月 - 2013年3月、テレビ朝日)
OV監督(2014年4月 - 9月、フジテレビ)
オモクリ監督 ~O-Creator's TV show~(2014年10月 - 2015年9月、フジテレビ)
仮説コレクターZ(2015年4月 - 2015年9月、NHK BSプレミアム)
なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付(2011年10月 - 2016年3月、日本テレビ)- 準レギュラーパネリスト
ウレロ☆無限大少女(テレビ東京、2016年1月 - 4月)

その他の出演
ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!(テレビ朝日)
「芸能人チャレンジ48時間耐久 眠らなかったら100万円 ~酒飲みVersion~」 スープレックス川島として出演。36時間51分でギブアップ。
コスモ★エンジェル(東海テレビ・BSフジ)
フューチャーガールズ(東海テレビ)
笑いの金メダル(朝日放送)
エンタの神様(日本テレビ) - キャッチコピーは「笑いのアウトロー」
爆笑オンエアバトル(NHK)戦績1勝1敗 最高401KB
「スープレックス」時代にもオンエアを飾っている。
この他に、2002年の佐賀県・佐賀市で行われる大会にも出場予定だったが、台風の影響で佐賀に移動出来ずに出演を取りやめた事がある(代役としてIMASOKARIが出場)。
リンカーン(TBS)
劇団ひとりの匠探訪記(フジテレビ721、2007年6月10日)
被災地に生きる! 子供たちの闘い193日記録(2011年9月19日、フジテレビ) - 語り
THE 博学(2015年9月17日、テレビ朝日)
ダラケ! ~お金を払ってでも見たいクイズ~(2016年5月19日、「美巨乳」ダラケ、BSスカパー)

・テレビドラマ
東京ラブ・シネマ(2003年4月 - 6月、フジテレビ) - ゲスト出演
Stand Up!!(2003年7月 - 9月、TBS) - 橘ひろみ 役
X'smap~虎とライオンと五人の男~(2004年12月25日放送、フジテレビ) - 中年サンタ 役
まほらのほし(2005年2月11日、ガンホー/鹿児島読売テレビほか) - 北斗たけし 役
電車男(2005年7月 - 9月、フジテレビ) - 松永勇作 役
電車男 もう一つの最終回スペシャル(2005年10月6日、フジテレビ) - 松永勇作 役(実質的な主演)
純情きらり(2006年4月 - 9月、NHK連続テレビ小説) - 斉藤直道 役
誰よりもママを愛す(2006年7月 - 9月、TBS) - 山下 役
電車男DX ~最後の聖戦~(2006年9月23日、フジテレビ) - 松永勇作 役
家族~妻の不在・夫の存在~(2006年10月 - 12月、朝日放送・テレビ朝日) - 津久野仁志 役
ファースト・キス(2007年7月 - 9月、フジテレビ) - 進藤一流 役
去年ルノアールで(2007年、テレビ東京) - ヤンキー夫 役(第6話ゲスト)
スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~(2007年10月 - 12月、関西テレビ) - 加茂健司 役
アベレイジ(2008年3月29日、フジテレビ) - 安部礼司 役
ケータイ捜査官7(2008年4月 - 、テレビ東京)- 柏木伊月 役※第1話ゲスト
ハチワンダイバー(2008年5月 - 7月、フジテレビ)- 文字山ジロー 役(第3 - 5話)
魔王(2008年7月 - 9月、TBS)- 芹沢典良 役
アベレイジ2(2008年10月10日、フジテレビ)
我はゴッホになる! ~愛を彫った男・棟方志功とその妻~(2008年10月25日、フジテレビ) - 棟方志功 役(初主演)
「母恋ひの記」~谷崎潤一郎『少将滋幹の母』より~(2008年12月13日、NHK)- 藤原滋幹 役
チャンス!~彼女が成功した理由~(2009年3月7日・14日、フジテレビ)- 井上幹夫 役
サマヨイザクラ(2009年5月30日、フジテレビ)- 和泉浩紀 役
こちら葛飾区亀有公園前派出所(2009年8月 - 9月、TBS) - 神田寅次郎 役(第1話ゲスト)
蛇のひと(2010年3月7日、WOWOW)
10年先も君に恋して(2010年8月-、NHK)- 日高 役
さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~(2010年12月18日、NHK)
永沢君(2013年4月 - 9月、TBS) - 永沢君 役(主演)
大河ドラマ 花燃ゆ(2015年1月 - 12月、NHK) - 伊藤博文 役
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画 結婚に一番近くて遠い女(2015年3月6日、日本テレビ) - 居酒屋店主 役
モンタージュ 三億円事件奇譚(2016年6月25日 - 26日、フジテレビ) - 鈴木泰成 役
スニッファー 嗅覚捜査官(2016年10月22日、NHK総合) - 沼田秀夫 役

・テレビアニメ
ビーンワールド(フジテレビ721) - 全ての声を担当

・映画
隣人13号(2004年4月2日公開、メディアスーツ)
アマレット(2004年12月25日公開、DCT entertainment inc)
ARAHAN/アラハン(2005年)- サンファン役(吹き替え)
嫌われ松子の一生(2006年5月27日公開、東宝) - 岡野健夫 役
7月24日通りのクリスマス(2006年11月3日公開、東宝)
どろろ(2007年1月27日公開、東宝)
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(2007年2月10日公開、東宝)
パコと魔法の絵本(2008年9月13日公開、東宝)
イキガミ(2008年9月27日公開、東宝)
ゴールデンスランバー(2010年1月30日公開、東宝)- 小野一夫(カズ) 役
八日目の蝉(2011年4月29日公開、松竹)- 岸田孝史 役
シェアハウス(2011年11月12日公開、ピーズ・インターナショナル)
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~(2012年1月28日公開、東宝)- 糸川肇 役
伏 鉄砲娘の捕物帳(2012年10月20日公開、東京テアトル) - 世四郎 役(声の出演)
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE(2013年6月23日公開、東宝) - 川島省吾 役
青天の霹靂(2014年5月24日公開、東宝) - 轟正太郎 役
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキックラブ(2014年10月17日公開、東宝) - 川島省吾 役
MIRACLE デビクロくんの恋と魔法(2014年11月22日公開、東宝) - デビクロくん 役(声の出演)
家族はつらいよ2(2017年5月28日公開、松竹) - 捜査員 役

・劇場アニメ
ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年) - おじさん、主婦A、リサイクル業者、ニュースキャスター、タイムパトロール長官 役
ストリングス~愛と絆の旅路(2007年4月28日公開、エイベックス・エンタテインメント+ジェイ・ドリーム)- エリト 役(日本語吹替版)
コララインとボタンの魔女 3D(2010年2月19日公開、ギャガ)- 黒ネコ 役(日本語吹替版)
シュレック フォーエバー(2010年12月18日公開、パラマウント映画)- ランプルスティルスキン 役(日本語吹替版)
ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊(2011年11月26日公開、ワーナー・ブラザース)- マンブル 役(日本語吹替版)
ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015年12月23日公開) - シン 役

・ラジオ番組
現在
GEKIDAN SAMBA CARNIVAL(FM-FUJI)
過去
JUNGLE PARADISE(FM-FUJI)
オール・テガミ・ニッポン(日本郵政公社・インターネットラジオ)

・広告
20世紀フォックス・ホームエンターテイメント『24 -TWENTY FOUR- シーズンIII・DVDコレクターズBOX』(2005年)
アデランス
ライフカード「フィッシング詐欺に気をつけて!篇」
オダギリジョー編とほぼ同じ設定だが、選択カードが1枚しかないなど、よりお笑い要素が組み込まれている。
アウトソーシング
明治製菓「キシリッシュショー」(2006年)
パイオニア「サイバーナビ」(2006年)
大和ハウス工業「ディールーム」(2006年)
NTTドコモ だから私はドコモですキャンペーン 「劇団ひとり - だから私はドコモです篇」(2006年)
ファミリー割引 「ドコモな家族 メール篇」(オセロと共演、2007年1月 - )
ファミリー割引 「ドコモな家族 わけあえる篇」(オセロと共演、2007年1月 - )
ドコモな家族 「パケ・ホーダイ篇」(オセロと共演、2007年1月)
サッポロビール「繁盛店」(2007年)
PlayStation Portable『モンスターハンターポータブル 2nd』 (2007年)
ライオン トップ風合い感 (2007年3月 - )
ドミノ・ピザ「ド~ミノとまらない♪篇」(2007年6月 - )
JP日本郵政グループ 「年賀キャンペーン」(2007年10月 - )
アサヒ飲料 シトルリンウォーター 「シトルリン 登場篇」「スライダー・朝篇」「スライダー・風呂篇」(2008年4月 - )
マツダ・ビアンテ「コントラスト篇」「のびのび篇」「試乗告知篇」(2008年7月 - )
アフラック「アヒル保健相談 ひとりさん篇」(2008年11月 - )
NTTドコモ「アンサーハウス登場篇」「4つの部屋篇」(2008年11月 - )
NTTドコモ docomo PRO series 「Answer PRO 篇」(2009年4月 - )
NTTドコモ docomo PRO series 「Googleケータイ HT-03A」(2009年11月 - )
大塚製薬 カロリーメイト(2009年4月 - )
2009年東京都議会議員選挙(2009年7月)
花王 エッセンシャル(2009年8月 - )
サンヨー食品 サッポロ一番カレーラーメン(2015年- ) ※竹内結子、寺田心と共演
セガ『ファンタシースターオンライン2』 (2015年8月 - )
ユーキャン通信講座(2016年)
アサヒ飲料 WONDAモーニングショット「手作りシール篇」(2016年3月 - ) ※ビートたけし、澤部佑と共演

・連載
QuickJapan
TVステーション(ダイヤモンド社) - 隔週
週刊文春(文藝春秋)
読売新聞(日曜読書面にて月1)

・ゲーム
ヘビーメタルサンダー(2005年9月1日発売) - 下北沢ゴー 役

・舞台
熱海殺人事件(2005年7月18日、博品館劇場)
うす皮一枚(2006年9月8日 - 10日、本多劇場)
舞台・ウレロ☆未公開少女(2013年3月2日 - 3日 六本木ブルーシアター)
東京03 FROLIC A HOLIC ラブストーリー「取り返しのつかない姿」(2015年6月4日、赤坂ACTシアター) - お笑いコメディーライブにゲストとして出演。DVDで発売されている。

・DVD
都会のナポレオン(2004年9月23日発売、ソニー・ミュージックディストリビューション)
都会のシェイクスピア(2006年9月6日発売、ソニー・ミュージックディストリビューション)
劇団ひとりの匠探訪記(完全版)(2008年3月26日発売、ビクターエンタテインメント)
劇団ひとり 夢空間1DK ~One Dream Keeper~(ポニーキャニオン)
完売劇場シリーズ
完売地下劇場シリーズ
東京腸捻転シリーズ

・プロモーションビデオ
東京事変『恋は幻 for musician(配信限定トラック)』
東京事変『歌舞伎(アルバム『大人 (アダルト)』収録)』(『恋は幻 for musician』のダイジェスト映像からの回想出演)
ケツメイシ『出会いのかけら』
GOING UNDER GROUND『いっしょに帰ろう』

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

劇団ひとりを「ウィキペディア」で参照する