BiSH びっしゅ

「BiSH」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「BiSH」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「BiSH」に関連するモデルプレス記事

BiSHのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

BiSHのプロフィール

BiSH(ビッシュ)

女性アイドルグループ、「楽器を持たないパンクバンド」である。2015年に結成された。WACK所属。レーベルはavex trax。

■概要
2015年1月、かつてBiSを手がけた渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」とBiSHの始動を宣言。サウンドプロデュースは松隈ケンタ。

BiSHは、「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略(ちなみに、BiSは「Brand-new idol Society」(新生アイドル研究会)の略)。同年4月の初ライブで「BiSHの三箇条」を発表。ファンのことを「清掃員」(クソを掃除する者)と呼ぶことに決定したが、初期のBiSでは、ライブで「BiSの5箇条」を読み上げるのが恒例であり[3]、ファンのことを「研究員」と呼んでいたことにちなむ。

2016年1月、avexからのメジャーデビューに伴い、「新生クソアイドル」の肩書きを外し、同年3月より新たに「楽器を持たないパンクバンド」の肩書きで活動している。

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015(2015年8月1・2日)には1日目には出演したが、2日目は同事務所のPOP(現GANG PARADE)共々「アーティスット側の事情」により出演をキャンセルした。渡辺は後日インタビューで「100%のパワーが出し切れないライブをしても意味がないから」という理由で2日目の出演をキャンセルしたと語っている。これを受けて急遽8月26日にZepp Tokyoで「【TOKYO BiSH SHiNE】(略して【TBS】)」を行ったが、TIF2日目のリストバンドを持参した者は無料で入場できた。

前述のTIF出演キャンセルや、2015年6月に行われたPOPとの200km駅伝にみられるように、プロモーション手法にもBiSとの共通点(ロマン優光曰く、「昭和の新日本プロレス的なトラブルをトラブルで解決するような現実とシナリオが交錯する炎上商法」)が見られた。

しかし、渡辺は「ホントに(BiSを)始めたときのクソインディーズの素人のときは、嫌われないと客が増えなかったんですけど、いまは嫌われると逆に客が減る状況になっちゃった」と語るように、BiS時代のような過激なプロモーション方法はあまり使わなくなってきている。

■沿革
・2015年
1月14日 - BiSHの始動を宣言。
3月11日 - メンバー5人が決定。
3月18日 - 初音源「スパーク」がOTOTOYで無料ダウンロード開始。ただし、メンバーではなく渡辺淳之介が歌唱。
4月3日 - ユカコラブデラックスが脱退、4人体制となる。
4月30日 - Vampillia主催イベント「いいにおいのするいきのいいやつらTOKYO」(TSUTAYA O-nest)にシークレットゲストとして登場、初ライブを行った。
5月27日 - 1stアルバム「Brand-new idol SHiT」をリリース。
8月1日 - TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 1日目に出演。
8月2日 - TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 2日目の出演をキャンセル。
8月26日 - Zepp Tokyoで「【TOKYO BiSH SHiNE】(略して【TBS】)」を行い、新メンバーのハシヤスメ・アツコとリンリンがお披露目された。
9月12日 - BiS解散時のメンバーが揃った「AOMORI ROCK FESTIVAL 夏の魔物」にて、「BiSを封印する」と宣言、BiSの代表曲「nerve」を歌唱。

・2016年
1月19日 - 東京・LIQUIDROOMで開催されたワンマン・ライブ「IDOL is SHiT」のアンコールにて、avex traxからメジャーデビューすることと、「avexに失礼だから」との理由から「新生クソアイドル」の肩書きをなくすことが発表された。
3月 - 「楽器を持たないパンクバンド」という新たな肩書きを発表する。
5月4日 - メジャー1stシングル「DEADMAN」リリース。
6月2日 - 赤坂BLITZで開催された「BiSH presents ~地底からコンニチワ~」をもって、ハグ・ミィが脱退。これに伴い、新メンバー募集のオーディションを開催。
8月1日 - アユニ・Dの加入を発表。
8月6・7日 - TOKYO IDOL FESTIVAL 2016に出演。「BiSH-星が瞬く夜に-」を2日間2ステージで9回歌唱[21]。
8月24日 - Zepp Tokyoで「【TOKYO BiSH SHiNE repetition】(略して【TBS2】)」を開催。アンコールでアユニ・Dがお披露目された。
9月24・25日 - 幕張メッセで行われた「@JAM×ナタリー EXPO 2016」でのスペシャルユニット「NATASHA(ナターシャ)」にセントチヒロ・チッチが参加。
10月5日 - メジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」をリリース。
10月8日 - 日比谷野外大音楽堂で「BiSH Less than SEX TOUR FINAL'帝王切開'」を開催。アンコールでは12人のストリングスとともに「オーケストラ」を歌唱。
12月1日 - アイナ・ジ・エンドが声帯結節の手術のため一時活動休止を発表。

・2017年
1月2日 - 「TIP×@JAM」でアイナ・ジ・エンド復帰。
3月19日 - 「BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL」にて幕張メッセイベントホールでのライブを発表。
3月22日 - メジャー2ndシングル「プロミスザスター」リリース。
3月28日 - 同日から4月2日まで開催されたWACK合同オーディション最終審査にアイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコが参加(BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED岩手公演の為、3月31日昼までで途中離脱)。
4月2日 - 横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われたフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」に出演。
6月9日 - iTunesにてGiANT KiLLERSを先行配信。
6月28日 - ミニアルバム「GiANT KiLLERS」をリリース。同日、BiSHフリーライブ“YOYOGi GiANT KiLLERS”を開催する。ニコニコ生放送にて同時配信。
7月7日 - GANG PARADEとのツーマン・ライブ〈THE DUEL〉が恵比寿LIQUIDROOMで開催された。
7月22日 - 幕張メッセ 幕張イベントホールにて「BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“」が行われた。全席SOLD OUT。終演後、TOKYO BiSH SHiNE3が開催されることが発表された。
8月6日 - 東京・赤坂BLITZで開催が予定されていたBiSの全国ツアー「BAD SOCiAL TOUR」最終公演「IDOL is DEAD」の延期決定を受け、GANG PARADEとBiSHが出演する代替公演「SORRY!! NEXT BiS ONEMAN is 10.6!!」を開催。
10月2日 - BiSH、BiS、GANG PARADEメンバーからなるシャッフルユニット・SAiNT SEXの結成を発表。ユニットにはアイナ・ジ・エンドとアユニ・Dのほか、BiSのプー・ルイとカミヤサキ、GANG PARADEのユメノユア、ヤママチミキ、アヤ・エイトプリンスが参加。
10月18日 - SAiNT SEXの“Tシャツ付きシリアルナンバー入りCD”「WACK is FXXK」を、タワーレコード限定で2000枚での限定生産にてリリース。
11月4・5日 - メジャー2ndアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」のリリースに先駆け、2日間限定でタワーレコードにて299円で先行販売。また11月5日には、大阪・道頓堀にてゲリラライブを敢行。
12月6日 - BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行うWACKと、WACK所属アーティストらの楽曲制作を手がける松隈ケンタ率いるSCRAMBLESの設立3周年記念アルバム『WACK & SCRAMBLES WORKS』発売。BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのシャッフルメンバーによるカバー8曲に加え、SAiNT SEX「WACK is FXXK」、EMPiREの初CD音源も収録。

■メンバー
アイナ・ジ・エンド
生年月日:12月27日
担当:おくりびと
備考:オリジナルメンバー、振り付け担当、元・PARALLEL(現在のPLIC PROCK)

セントチヒロ・チッチ
生年月日:5月8日
担当:見た目は真面目、中身は悪女 これでも彼氏は2人まで
備考:オリジナルメンバー、キャプテン、元・強がりセンセーション

モモコグミカンパニー
生年月日:9月4日
担当:あまのじゃく
備考:オリジナルメンバー

ハシヤスメ・アツコ
生年月日:9月27日
担当:メガネ
備考:2015年8月加入、元・Fleur* ハシヤスメ教 教祖

リンリン
生年月日:3月9日
担当:無口
備考:2015年8月加入

アユニ・D
生年月日:10月12日
担当:僕の妹がこんなに可愛いわけがない
備考:2016年8月加入

■作品
・CD
シングル
2015年9月2日 OTNK - インディーズ
2016年5月4日 DEADMAN - メジャー
2017年3月22日 プロミスザスター - メジャー

アルバム
2015年5月27日 Brand-new idol SHiT - インディーズ
2016年1月20日 FAKE METAL JACKET - インディーズ
2016年10月5日 KiLLER BiSH - メジャー
2017年11月4日、2017年11月29日 THE GUERRiLLA BiSH - メジャー

ミニアルバム
2017年6月28日 GiANT KiLLERS

映像作品
2017年1月18日 Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開” 日比谷野外大音楽堂 - メジャー
2017年11月1日 BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL "REVOLUTiONS" - メジャー

その他
2017年10月18日 WACK is FXXK
2017年12月6日 WACK & SCRAMBLES WORKS

■出演
・テレビ
音ボケPOPS(2017年3月25日 TOKYO MX)
ヘビロテ!(2017年3月3日~3月15日 スペースシャワーTVプラス)
BOMBER-E(2017年3月7日 メ~テレ)
ゴゴスマ~GOGO!Smile!~(2017年3月22日 CBCテレビ)生出演
バズリズム(2017年3月24日 日本テレビ)
ミニマニアワー(2017年3月31日 TNC テレビ西日本)
ももち浜ストアプラス(2017年4月6日 TNC テレビ西日本)
MTV LIVE: BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL(2017年4月28日 NTV)
魁!ミュージック(2017年5月9日 フジテレビ)
ミューサタ(2017年5月21日 フジテレビ)コメント出演
きゃりーぱみゅぱみゅのなんだこれTV(2017年6月2日 スペースシャワーTV)
BOMBER-E BiSHスペシャル(2017年6月27日 メ~テレ)
シブヤノオト(2017年7月2日 NHK総合)
The Documentary of WACKオーディション ~オーケストラ物語~(2017年7月6日 スペースシャワーTV)
ゴゴスマ~GOGO!Smile!~(2017年7月10日 CBCテレビ)
キューン!(2017年8月2日 読売テレビ)コメント出演
スッキリ(2017年7月19日 日本テレビ)インタビュー出演
チュートリアルの徳ダネ福キタル♪(2017年9月8日 スペースシャワーTV)
MTV LIVE: BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL "REVOLUTiONS"(2017年9月18日 MTV)
TOKUFUKU LIVE Connect ! Vol.2(2017年11月18日 スペースシャワーTVプラス)
BiSH VideoSelects(2017年11月28日 日本テレビ)
スッキリ(2017年11月29日 日本テレビ)生出演
音力(2017年11月30日 読売テレビ)
ミュージックステーション(2017年12月1日 テレビ朝日)
J:COM「TACTY STATION」(2017年12月1日~12月15日 11チャンネル)
Uta-Tube(2017年9月16日、9月23日、12月2日 NHK名古屋)
Rの法則(2017年12月12日 Eテレ)

・ラジオ
RADIO GROOVE(ラジグル)(2017年1月16日 FM NORTH WAVE)生出演
ナガオカ×スクランブル(2017年3月21日 CBCラジオ)
よしもとラジオ高校~らじこー(2017年3月21日 FM OSAKA)
BEATNIK JUNCTION(2017年3月22日 ZIP-FM)生出演
なんMEGA!(2017年3月24日 FM OSAKA)
BUZZ ROCK(2017年3月27日 FM OSAKA)
SCHOOL OF LOCK!(2017年4月4月25日 TOKYO FM)
FABULOUS RIDE(2017年7月10日 ZIP-FM)生出演
BUZZ ROCK(2017年7月10日 FM OH!)
Oshi☆Men Fun Club(2017年7月16日 @FM)ゲスト出演
RADIOKIDS(2017年7月24日 K-mix)コメント出演
GROOVER’S DIVE(2017年7月17日 ZIP-FM)
THIS IS RADIO 2YOU(2017年7月19日 Radio NEO)ゲスト出演
NEO Musical Express(2017年7月20日 Radio NEO)コメント出演
THIS IS RADIO 2YOU(2017年7月26日 Radio NEO)ゲスト出演
SCK(2017年7月29日 ZIP-FM)コメント出演
ナガオカ×スクランブル(2017年7月12日 CBCラジオ)
SCHOOL OF LOCK!(2017年11月29日 TOKYO FM)アイナ、チッチ、モモコ 出演
OTO-BAKA(2017年11月27日、12月12日 FM OH!)

・ネット配信
裏活動を大暴露!(2016年5月31日 ニコニコ生放送)ハグ・ミィ出演
心霊キャノンボール(2016年8月9日 ニコニコ生放送)
AbemaPrime(2016年10月12日 AbemaTV)
BPM(2017年6月17日 AbemaTV)
BPM特別版~BiSH「THE GUERRiLLA BiSH」リリースSP(2017年11月29日 BPM特別版~BiSH「THE GUERRiLLA BiSH」リリースSP)

・雑誌
IDOL AND READ 006(2016年3月18日)
ROCKIN' ON JAPAN6月号(2016年4月30日)
Zipper SUMMER(2016年6月23日)
IDOL AND READ 007(2016年7月6日)
「週刊プレイボーイ」(2015年07月26日、集英社)– ハグ・ミィのみ
「週刊ビッグコミックスピリッツ」21号(2016年4月18日、小学館)– 巻頭水着グラビア
「ナツ☆イチッ! ~この夏、輝くアイドル全員集合~ | 週刊プレイボーイ×TOKYO IDOL FESTIVAL2016 公式BOOK」(2016年7月25日、集英社)– 表紙(アイナ・ジ・エンドのみ)
Skream!マガジン9月(2016年9月1日)
2YOU MAGAZINE(2016年9月1日)
FLYING POSTMAN PRESS(2016年9月20日)
タワーレコード フリーマガジン「bounce」(2016年9月25日)
IDOL AND READ 008(2016年9月28日)
ロッキング・オン・ジャパン11月号(2016年9月30日)
CDジャーナル(2016年10月20日)
クイック・ジャパンvol.130(2017年2月23日)
2YOU MAGAZINE 57号(2017年3月1日)
Skream! 3月号(2017年3月1日)
FLYING POSTMAN PRESS(2017年3月20日)
okmusicUPs(2017年3月20日)
CDジャーナル(2017年3月20日)
ロッキング・オン・ジャパン5月号(2017年3月20日)
タワーレコード フリーマガジン「bounce」(2017年3月25日)
装苑5月号(2017年3月28日)
FLYING POSTMAN PRESS 5月号(2017年4月20日)
Skream! 6月号(2017年6月1日)
FLYING POSTMAN PRESS 7月号(2017年6月20日)
okmusic UP's 6月号(2017年6月20日)
CDジャーナル7月号(2017年6月20日)
bounce 7月号(2017年6月27日)
2YOU MAGAZINE 7月号(2017年7月1日)
+act12月号(2017年11月10日)
GIRLS・GIRLS・GIRLS =FULL BOOST= ATTACK OF THE KILLER BiSH (FM-FUJI 2016年10月5日[51] - )

・新聞
北海道新聞夕刊(2016年11月15日)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
BiSHを「ウィキペディア」で参照する