市村正親 いちむらまさちか

「市村正親」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「市村正親」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「市村正親」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

市村正親のプロフィール

市村正親(いちむら・まさちか

生年月日:1949年1月28日
出身地:埼玉県

日本の俳優、舞台俳優、声優。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。妻は女優の篠原涼子。

■人物
父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいた。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝ていたという。電線を拾い集めてはクズ屋に売ってこづかいを稼いでいた。埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。

1973年、劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター(後に『ジーザス・クライスト=スーパースター』)』の端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビュー。翌年、正式に劇団四季へ入団。『エクウス』では、全裸での演技が話題となった。『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、1980年代の劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至るも、1990年に同劇団を退団。

退団後はミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーション、一人芝居など様々なフィールドで活躍。名ミュージカル俳優と称されるほど演技水準は高く、『ミス・サイゴン』で演じたエンジニア役では「世界一のエンジニア」と言われるほどのエンターテーナーぶりを見せた。

パーマをかけた髪形が特徴。歌唱力については本人も認めるほどの悪声で恵まれているとは言えないものの、いざ舞台に上がればそれを補って余りある存在感と演技力を発揮する。

1984年、劇団四季の女優・八重沢真美と結婚したが、2003年5月に離婚。
1989年、『第40回NHK紅白歌合戦』に歌手として出場した。この時の曲は「オペラ座の怪人」。
2001年に彩の国シェイクスピア・シリーズの『ハムレット』でハムレット役を演じた際、共演した篠原涼子と知り合い、2005年12月に再婚。2008年5月に第一子となる長男が誕生。市村は59歳で父親となった。2012年2月に第二子となる次男が誕生。

2007年4月、長年の功績を称えられ紫綬褒章を受章。

2008年4月、TBS系の番組『THE世界遺産』のナレーターに起用される。

俳優として活動する傍ら、岩谷時子音楽文化振興財団の評議員を務めている。

2014年7月、初期の胃がんにより出演中だった『ミス・サイゴン』を降板。代役は筧利夫が務めた[3]。また主演予定だったテレビドラマ『おやじの背中』最終話も降板し、代役を小林隆が担当した。

2015年9月、舞台『NINAGAWA マクベス』出演中に右ひざ半月板を損傷。降板せず、公演終了を待って10月21日に手術を実施。11月上旬にミュージカル『スクルージ〜クリスマス・キャロル〜』の稽古から仕事復帰。

『古畑任三郎』(フジテレビ)にゲスト出演(犯人役)して以降、たびたび三谷幸喜作品には起用されている。

■出演(俳優)
<映画>
涙になりたい(1966年)
ホテル ビーナス(2004年) - ビーナス 役
ベロニカは死ぬことにした(2006年) - 院長 役
十三人の刺客(2010年)- 鬼頭半兵衛 役
ステキな金縛り(2011年) - 阿倍つくつく 役
テルマエ・ロマエ(2012年) - ハドリアヌス 役
テルマエ・ロマエ2(2014年) - ハドリアヌス 役
愛と誠(角川・東映版)(2012年) - 早乙女将吾 役
のぼうの城(2012年) - 豊臣秀吉 役
劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL(2013年) - 猪口誠 役
高台家の人々(2016年) - 高台茂正Jr.(マサオ) 役
泥棒役者(2017年11月公開予定) - 前園俊太郎 役

<テレビドラマ>
大河ドラマ(NHK)
獅子の時代(1980年) - 小此木恭平 役
江〜姫たちの戦国〜(2011年) - 明智光秀 役
微笑天使(1981年、MBS) - 原秀夫 役
古畑任三郎 3rd season「絶対音感殺人事件」(1999年5月18日、フジテレビ) - 黒井川尚 役
真夜中のアンデルセン(2002年、NHK)
HR 第18話(2003年2月12日、フジテレビ) - 神野正親 / チェッキー 役
砂の器(2004年、TBS) - 麻生譲 役
オーダーメイド〜幸せ色の紳士服店〜 第5話(2004年12月27日、NHK) - 尾川峰山 役
マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(2006年、日本テレビ) - 榊喜一 役
バンビ〜ノ!(2007年、日本テレビ) - 宍戸鉄幹 役
ハタチの恋人(2007年、TBS) - 鈴木風太 役
金曜プレステージ『和田アキ子物語』(2008年、フジテレビ) - 堀威夫 役
JIN-仁- 完結編(2011年、TBS) - 佐久間象山 役
ヤング ブラック・ジャック(2011年4月23日、日本テレビ) - 本間丈太郎 役
王様の家(2011年10月 - 12月、BS朝日) - 主演・平井陽介 役
王様の家スペシャルドラマ(2013年9月23日、BS朝日) - 主演・平井陽介 役
月曜ゴールデン『伝説の監察医 オニグマの事件簿』シリーズ(TBS) - 主演・熊井吾郎 役
伝説の監察医 オニグマの事件簿1(2012年3月5日)
伝説の監察医 オニグマの事件簿2(2015年6月1日)
向田邦子ドラマスペシャル『蛇蝎のごとく』(2012年3月14日、テレビ東京) - 主演・古田修司 役
ATARU(2012年4月 - 6月、TBS) - 猪口誠 役
ATARU スペシャル〜ニューヨークからの挑戦状!!〜(2013年1月6日、TBS) - 猪口誠 役
Oh,My Dad!! 第4話 第5話 第9話 第11話(最終話)(2013年、フジテレビ) - 福原 役
連続テレビ小説 べっぴんさん(2016年10月 - 2017年4月、NHK) - 麻田茂男 役
嘘の戦争(2017年1月 - 3月、関西テレビ) - 二科興三 役
北風と太陽の法廷(2017年3月17日、日本テレビ) - 手塚六郎 役
ドラマ特別企画 堂場瞬一サスペンス検証捜査(2017年7月5日、テレビ東京) - 重原功 役
平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ最後の同窓会(2017年11月26日、テレビ朝日) - 高槻功 役

<CM>
グリコ カフェゼリー(1982年)
サントリー「Diet生 クリアテイスト」(2008年)
エスエス製薬 エスカップ(2010年)
麒麟麦酒 キリンワインカクテル ワインスプリッツァ(2012年)
ソフトバンクモバイル「拍手」篇、「乾杯」篇、「日本のスマホ」篇、「スマホ盛り上がり」篇、「誰だ」篇、「パーティ」篇、つなカール「わかってない」篇、「ゴルフ場」篇(2013年 - 2014年)
エーザイ ナボリンS「眼精疲労宴」篇(2014年)
明治『明治プロビオヨーグルトLG21』「乳酸菌がすごい・お奨め」篇、「乳酸菌がすごい・健康管理」篇(2016年)「乳酸菌ダンス・ひとりミュージカル」篇、「乳酸菌ダンス・ひとり」篇、「乳酸菌ダンス・ふたり」篇 (2017年)
バンダイナムコエンターテインメント「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」「新作舞台 オーディション」篇、「新作舞台 初日」篇(2017年)

■出演(声優)
<テレビアニメ>
ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ(2000年、テレビ東京) - ミュウツー 役

<OVA>
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン(2005年) - レッドXIII 役(友情出演)

<劇場アニメ>
ジャックと豆の木 (1974年の映画)(1974年) - ジャック 役
サンリオ映画コレクション 妖精フローレンス(1985年) - マイケル 役
劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年) - ミュウツー 役
ジョバンニの島(2014年) - 瀬能辰夫 役
ドラえもん のび太の宇宙英雄記(2015年) - イカーロス 役

<ゲーム>
大乱闘スマッシュブラザーズDX(2001年、任天堂) - ミュウツー 役
キングダム ハーツ(2002年、スクウェア) - ジャック・スケリントン 役
キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(2004年、スクウェア・エニックス) - ジャック・スケリントン 役
キングダム ハーツII(2005年、スクウェア・エニックス) - ジャック・スケリントン 役
レイトン教授と奇跡の仮面(2011年、レベルファイブ) - ブロネフ・ライネル 役
レイトン教授と超文明Aの遺産(2013年、レベルファイブ) - ブロネフ・ライネル 役
ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド(2013年、バンダイナムコゲームス) - レッド 役
仁王(2017年、コーエーテクモゲームス) - 徳川家康 役

<吹き替え>
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年) - ジャック・スケリントン 役
ストリングス〜愛と絆の旅路〜(2007年) - カーロ 役
くるみ割り人形 (2014年の映画) (サンリオのハロー・キティ40周年記念作品)(2014年) - ドロッセルマイヤー、不思議婆さん、人形遣い、時計商人 4役

<人形劇>
シャーロック ホームズ(2014年、NHK) - ジョナサン・スモール 役
みいつけた!・みいつけた!さん(2016年、NHK Eテレ) - いすのまちのコッシー / チェアース王国の王様「イスワル3世」 役

<ドラマCD>
サウンドピクチャーボックス ミュウツーの誕生(1999年) - ミュウツー 役
くだんのはは(原作:小松左京、全文朗読作品、1987年)
ナレーション[編集]
THE世界遺産(2008年4月 - 2010年3月、TBS)

<その他>
東京ディズニーランドのアトラクション「ホーンテッドマンション"ホリデーナイトメアー"」(2004年 - ) - ジャック・スケリントン 役
サンリオピューロランドのメルヘンシアターにて上演された「ハローキティ生誕35周年作品」3Dミュージカルショー「ハローキティとオズの魔法の国(2009年4月13日 - 2013年4月4日、協賛 : 三城)」 - 魔法使いオズ 役
特別展「古代ギリシャ -時空を超えた旅-」(2016年、東京国立博物館平成館) - 古代ギリシャの旅の案内人 役(音声ガイド)、公式サポーター

■ディスコグラフィ
<シングル>
初めての日(1982年)
作詞:なかにし礼 / 作曲:筒美京平 / 編曲:川村栄二
(c/w 道化師)
ホテル・ブルー(1982年)
作詞:山川啓介 / 作曲:筒美京平 / 編曲:萩田光雄
(c/w ジーンズのジュリエット)

<オリジナル・アルバム>
限りなく優しく(1982年)※全作詞:なかにし礼、全作曲:筒美京平

■書籍
エッセイ
「僕のカラダは考える」(扶桑社)-2002年3月発行
「ステーキの横のクレソン」(朝日新聞出版)-2010年9月発行
写真集
「市村正親」撮影:稲越功一(朝日新聞社)-2003年10月発行

■受賞歴
1980年:第18回 ゴールデン・アロー賞演劇賞(『かもめ』『エレファントマン』)
1983年:第34回 芸術選奨文部大臣賞新人賞(『ユリディス』『エクウス』)
1992年:第18回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
1992年:第47回 文化庁芸術祭賞(『ミス・サイゴン』)
1998年:第19回 松尾芸能賞演劇優秀賞(『ラ・カージュ・オ・フォール』『スクルージ』)
2002年:第10回 読売演劇大賞優秀男優賞(『海の上のピアニスト』『モーツァルト!』)
2002年:第53回 芸術選奨文部科学大臣賞(『海の上のピアニスト』)
2004年:第12回 読売演劇大賞優秀男優賞(『ミス・サイゴン』)
2005年:第30回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
2007年:第44回 ゴールデン・アロー賞演劇賞
2007年:春の紫綬褒章
2008年:第8回 朝日舞台芸術賞秋元松代賞(『キーン』『ラ・カージュ・オ・フォール』)
2008年:第16回 読売演劇大賞優秀男優賞(『キーン』『ラ・カージュ・オ・フォール』)
2009年:第17回 読売演劇大賞最優秀男優賞(『炎の人』)
2009年:第44回 紀伊國屋演劇賞個人賞(『炎の人』)
2011年:第2回 岩谷時子賞特別賞
2016年:第2回 森光子の奨励賞

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
市村正親を「ウィキペディア」で参照する