JASMINE じゃすみん

「JASMINE」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「JASMINE」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「JASMINE」に関連するモデルプレス記事

JASMINEのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

JASMINEのプロフィール

JASMINE(ジャスミン)
生年月日 1989年5月19日
出身地 東京都
職業 シンガーソングライター
活動期間 2009年 - 現在
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
影響 宇多田ヒカル[1]
好きなアーティスト ビヨンセ
好きなブランド LB-03、diva、ANAP、GUESS、Shoop
好きな言葉 The best is yet to come.
趣味 音楽に愛し 音楽に泣き 音楽に笑い 音楽に生きてみる。(オフィシャルブログより)

本名は非公表だが、JASMINEの由来は名前の「あすみ」から[1]。

■来歴
13歳で横田飛行場の一般解放日にゴスペルクワイアのライブを初体験し、その魅力に取り付かれゴスペルクワイアに入門する。15歳の時に所属クワイアのアメリカ遠征に参加し、現地の教会で歌唱した。高校を1年で中退し17歳から本格的に歌手活動を開始。2007年、ソニーミュージックのオーディションでマライヤ・キャリーの「HERO」を歌い注目を集め[2]、メジャー契約を結んだ[1]。

2009年6月24日、シングル『sad to say』でメジャーデビュー。CD発売に先駆けて6月17日から着うたフルの配信が開始されたが、レコード協会調べの「着うたフル(R)有料音楽配信チャート」週間チャートで初登場1位を獲得、レコチョクでの配信最短28日間(レコチョクでは6月3日から配信開始)でレコチョク2009年上半期最優秀新人賞を獲得[3]。

タイアップやメディア出演なしでのヒットや10代から作詞作曲をするなどの共通点から宇多田ヒカルと比較されており、「ポスト宇多田」「宇多田の再来」といわれる。なお、JASMINE自身は昔から宇多田の曲を聴いているため影響を受けている趣旨の発言をしており、尊敬していると語っている[1]。

「sad to say」USEN年間総合1位&「NO MORE」は年間総合5位(2009年)

ディスコグラフィ
■シングル
1. sad to say(2009年6月24日)
2. NO MORE(2009年10月28日)

■ライブ
「NE-YO」 LIVE at さいたまスーパーアリーナにてゲストアクト(2009年10月25日)

メディア出演
■ラジオ番組
. J-WAVE「MUSIC WONDERLAND木曜日」(木曜日26:00〜27:00 、2009年4月2日 - )

■雑誌
・「bmr」(ビー・エム・アール)2009年12月号から連載。
・「装苑」

■脚注
1. 報知新聞. “ポスト宇多田!JASMINE、デビュー前史上初1位!”. スポーツ報知. http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090629-OHT1T00270.htm 2009年7月3日 閲覧。
2."JASMINE sad to say". HMV (2009年06月). 2009年07月21日 閲覧。
3.“弱冠20歳のアーティストJASMINEがわずか28日間で新人賞を獲得”. @nifty. (2009年07月22日). http://nmn.nifty.com/cs/catalog/nmn_topics/catalog_090722023102_1.htm 2009年07月23日 閲覧。

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
JASMINEを「ウィキペディア」で参照する