小林聡美 こばやしさとみ

「小林聡美」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「小林聡美」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「小林聡美」に関連するモデルプレス記事

小林聡美のプロフィール

小林 聡美(こばやし・さとみ)

生年月日:1965年5月24日
出身:東京都
血液型:AB型

■人物・来歴
1979年、中学2年時に『3年B組金八先生』のオーディションに合格し、生徒役でデビュー。

1982年、大林宣彦監督の『転校生』で主演に抜擢(同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞)。

1988年、『やっぱり猫が好き』の三女・きみえ役を演じ、個性派女優として一躍人気者に。

2003年、『すいか』でテレビドラマ初主演。

2006年に公開されヒットした『かもめ食堂』を皮切りに、『めがね』など、スローライフをテーマとした映画に多く主演した。

2014年、『紙の月』の演技で第57回ブルーリボン賞助演女優賞など各賞を受賞。

エッセイストとして著述活動も行っており、エッセイを多数出版している。

私生活では、『やっぱり猫が好き』の脚本を担当した三谷幸喜と1995年10月に結婚。16年間の結婚生活を経て、2011年5月23日に離婚した。二人の間に子供はいない。

2011年頃より俳句に関心を持ち、自ら句会を立ち上げるなど力を入れている。

女優業、執筆業のかたわらで、45歳の時に社会人入試に合格し4年制大学に入学。2015年春の卒業後は大学院へ進学、「近世の風俗や落語の歴史的展開を研究したい」としている。

■出演作品
・テレビドラマ
3年B組金八先生(TBS) - 安恵美智子 役
第1シリーズ(1979年 - 1980年)
第2シリーズ 第13話「同窓会・贈る言葉」(1980年12月26日)
金八SP1・贈る言葉(1982年)
金八SP3・小さな嘘(1984年)
金八SP5・先生の暴力 生徒の暴力(1986年)
花嫁(1986年、TBS系)
池中玄太80キロ(1980年、日本テレビ) - 杉田かおるの同級生 役(第6話ゲスト)
陽あたり良好!(1982年、日本テレビ) - 同級生 役
噂の刑事トミーとマツ第2シリーズ第40(105)話「マツも仰天 空飛ぶトミー」(1982年、TBS系)- 上条亜也子 役
特捜最前線 第370話「隅田川慕情!」(1984年 テレビ朝日)
新・大江戸捜査網 第11話「暴走娘 涙の五千両」(1984年、テレビ東京) - お文 役
イエスの方舟(1985年、TBS)
気分は名探偵(1985年) ‐ 八田弘子
金田一耕助の傑作推理 死仮面(1986年、TBS) - 白井澄子 役
痛快!OL通り(1986年、TBS系)
ラジオびんびん物語(1987年、フジテレビ)
痛快!ロックンロール通り(1988年、TBS) - 大川のぞみ 役
SPびんびん物語(1988年、フジテレビ)
やっぱり猫が好きシリーズ(1988年、フジテレビ) - 恩田きみえ 役
やっぱり猫が好き殺人事件(1990年)
やっぱり猫が好き 京都大騒動編(1990年)
新・やっぱり猫が好き(1990年)
やっぱり猫が好き 新作 '98(1998年)
やっぱり猫が好き 新作2001(2001年)
やっぱり猫が好き2003(2003年)
やっぱり猫が好き2005(2005年)
やっぱり猫が好き2007(2007年)
恋人関係(1988年、TBS)
空と海をこえて(1989年、TBS) - 安藤晴美 役
三毛猫ホームズシリーズ(1989年~1991年、テレビ朝日) - 片山晴美 役
LUCKY・天使、都へ行く(1989年、フジテレビ)
ニューヨーク恋物語II 男と女(1990年、フジテレビ) - 岡村里子 役
鍵師シリーズ(1993年~1997年、フジテレビ) - 白井留美 役
ビートたけしのつくり方(フジテレビ)
「大家族主義」(1993年) - 斉藤たか子 役
「堀切家の人々」(1994年) - 斉藤たか子役
泣きたい夜もある (1993年、毎日放送・TBS)
金曜日の離婚したい妻たちへ(1995年、TBS)
Missダイヤモンド(1995年、テレビ朝日) - 咲坂サチ 役
ギフト(1997年、フジテレビ) - ジュリエット星川 役
きらきらひかる シリーズ(フジテレビ) - 黒川栄子 役
きらきらひかる(1998年)
きらきらひかる スペシャル1 (1999年)
きらきらひかる スペシャル2(2000年)
双子探偵(1999年、NHK教育) - 岩崎羽衣 役
恋愛結婚の法則(1999年、フジテレビ) - 中嶋千明 役
こいまち・第3話(1999年、フジテレビ) - 岸川直子 役
秘密の花園(1999年、日本テレビ)
忠臣蔵1/47(2001年、フジテレビ) - 大石りく 役
カバチタレ!(2001年、フジテレビ) - 生田加寿子 役
トトの世界~最後の野生児~(2001年、NHK) - 笹目結子 役
みそじ魂(2001年、テレビ朝日)
ナースマン (2002年、日本テレビ) - 東芳江 役
すいか(2003年、日本テレビ) - 早川基子 役
川、いつか海へ 6つの愛の物語(2003年、NHK) - 田沼敏江 役
光とともに…~自閉症児を抱えて~(2004年、日本テレビ) - 里緒秀美 役
サボテン・ジャーニー(2004年、日本テレビ) - 長谷川綾 役
不機嫌なジーン(2005年、フジテレビ) - 神宮寺潤 役
神はサイコロを振らない(2006年、日本テレビ) - 黛ヤス子 役
誰よりもママを愛す(2006年、TBS) - 津波こずえ 役
その5分前「明日への船出」(2006年、NHK)
セクシーボイスアンドロボ(2007年、日本テレビ) - 昭子 役(第8・9話ゲスト)
1ポンドの福音(2008年、日本テレビ) - 向田聖子 役
2クール (2008年、日本テレビ)
赤鼻のセンセイ (2009年7月 - 9月、日本テレビ) - 太川絹 役
ドン★キホーテ (2011年7月 - 9月、日本テレビ) - 水盛ミネコ 役
黒の女教師 (2012年7月 - 9月、TBS) - 藤井彩 役
パンとスープとネコ日和(2013年7月21日 - 8月11日、WOWOW) - アキコ 役
2030 かなたの家族 (2015年9月26日、NHK総合)
山のトムさん(2015年12月26日、WOWOW) - ハナ 役

・映画
転校生(1982年、松竹) - 斉藤一美 役
廃市(1984年、ATG) - 貝原安子 役
さびしんぼう(1985年、東宝) - 雨野ユキミ 役
彼のオートバイ、彼女の島(1986年、東宝)
恋する女たち(1986年、東宝) - 大江絹子 役
永遠の1/2(1987年、東宝) - ぼくの妹 役
パッセンジャー 過ぎ去りし日々(1987年、松竹) - 吉本育美 役
グリーンレクイエム(1989年、東北新社) - 井上和子 役
北京的西瓜(1989年、松竹)
ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 手塚雅子 役
てなもんや商社(1998年、松竹) - ひかり 役
キリコの風景(1998年、日活) - 霧子 役
スイート・スイート・ゴースト(2000年、日活) - 近所のお姉さん 役
竜馬の妻とその夫と愛人(2002年、東宝) - きみえ 役
トレジャー・プラネット(2003年、ブエナビスタ) - アメリア 役(吹き替え版)
理由(2004年、アスミック・エース) - 北畠敦子 役
かもめ食堂(2006年、メディアスーツ) - サチエ 役
めがね(2007年、日活) - タエコ 役
ガマの油(2009年、ファントム・フィルム) - 輝美 役
プール(2009年、スールキートス) - 京子 役
マザーウォーター(2010年、スールキートス) - セツコ 役
東京オアシス(2011年、スールキートス) - トウコ 役
紙の月(2014年、松竹) - 隅より子 役
アルプス 天空の交響曲(2015年、アルバトロス・フィルム) - 日本語版ナレーション
犬に名前をつける日(2015年) - 久野かなみ 役
あやしい彼女(2016年) - 瀬山幸恵 役
海よりもまだ深く(2016年)

・舞台
キュルトヘンの帽子~グリムの国のジグソーパズル~(1985年、原作・脚本:萩尾望都 脚色・演出:小林裕)
おかしな2人 女編(2002年、シス・カンパニー 作:ニール・サイモン 演出:鈴木裕美)
オイル(2003年、NODA MAP 作・演出:野田秀樹)
新編・吾輩は猫である(2005年、シス・カンパニー 作:宮本研 演出:井上尊晶)
ハーパー・リーガン(2010年、パルコ 作:サイモン・スティーヴンス 演出:長塚圭史)
朗読『宮沢賢治が伝えること』(2012年、シス・カンパニー 構成:岩下尚史 演出:栗山民也)
あの大鴉、さえも(2016年、東京芸術劇場 作:竹内銃一郎 上演台本:ノゾエ征爾 演出:小野寺修二)

・ナレーション
ボクらの時代 (2007年 - 、フジテレビ)
世界ふれあい街歩き (不定期、NHK)
くるねこ 第1シーズン(2009年7月 - 2010年6月、関西テレビ・東海テレビ) - 声優
ドキュメンタリー「むっちゃんの幸せ 福島の被災犬がたどった数奇な運命」(2014年 NHK)[17]
ヘレン・シャルフベック展@東京藝術大学大学美術館 音声ガイド(2015年)
そうだ 京都は、今だ。 (2016年 - 、JR東海 テレビCM)

・その他のテレビ番組
OH!たけし (日本テレビ)
ZIP! (2011年4月 - 2012年3月、日本テレビ) - 小林ディクショナリー
猫いてもいい いなくても(「田代島編」2014年4月2日、「沖縄・竹富島編」同年11月30日、NHK)
趣味どきっ!「旅したい!おいしい浮世絵」(2016年4月・5月期、NHK Eテレ)

・CM
ヤマハ発動機 「JOG」 (1992年)
ファイザー製薬 「バイシン」
アサヒ飲料 「十六茶」(2003年)
塩野義製薬 「ポポンS」( - 2004年)
日産自動車「TIIDA」(2004年 - 2006年)
ヤクルト本社 「ヤクルト化粧品」
ミツカン 「ミツカンすし酢」( - 2000年)
敷島製パン 「Pasco・超熟」( - 2013年)
関西電力 「オール電化」
サッポロビール 「北海道生搾り」(2007年 - 2008年)
カネボウ化粧品 「フレッシェル」(2008年 - 2014年)
TOTO 「GREEN MAX 4.8」、「CRASSO」 (2010年 - 2012年)

・ラジオ
小林聡美の東京100発ガール
小林聡美のコマンタレヴー!(JFN)

・著書
『サボテンのおなら』(1994年、扶桑社文庫、平野恵理子絵) のち幻冬舎文庫 
『ほげらばり Forget about it』(1994年、扶桑社) のち幻冬舎文庫(『ほげらばり メキシコ旅行記』改題)
『凛々乙女』(1995年、世界文化社) のち幻冬舎文庫 
『東京100発ガール』(1995年、幻冬舎) のち文庫
『やっぱり猫が好き』(1998年、幻冬舎、もたいまさこ・室井滋共著)  
『案じるより団子汁』(1996年、幻冬舎) のち文庫 
『マダム小林の優雅な生活』(1998年、幻冬舎) のち文庫 
『キウィおこぼれ留学記』(2002年、幻冬舎文庫) 
『マダムだもの』(2002年、幻冬舎) のち文庫
『ワタシは最高にツイている』(2007年、幻冬舎) のち文庫 
『アロハ魂』(2009年、幻冬舎) のち文庫
『散歩』(2013年、幻冬舎) のち文庫 
『読まされ図書室』(2014年、宝島社) のち文庫

・受賞
1982年 第7回報知映画賞新人賞『転校生』
1983年 第4回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞『転校生』
1983年 第6回日本アカデミー賞新人俳優賞『転校生』
2004年 第41回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞『光とともに…-自閉症児を抱えて-』
2014年 第36回ヨコハマ映画祭助演女優賞『紙の月』
2014年 キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞『紙の月』
2015年 第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞『紙の月』
2015年 第57回ブルーリボン賞 助演女優賞『紙の月』

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
小林聡美を「ウィキペディア」で参照する