浅倉大介 あさくらだいすけ

「浅倉大介」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「浅倉大介」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「浅倉大介」に関連するモデルプレス記事

浅倉大介のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

浅倉大介のプロフィール

浅倉 大介(あさくら・だいすけ)

生年月日:1967年11月4日
出身:東京都

音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。貴水博之とのユニットaccessのキーボーディスト。ダーウィン所属。通称はDA。

■略歴
1985年よりヤマハのシンセサイザー・ミュージックコンピュータの部門でシステム開発等に従事する傍ら、ゲームミュージックを制作。また、TM NETWORKのサポートメンバーとして1987年から1989年までマニピュレーター、1990年から1992年までサポート・キーボーディストを務めた。2003年から2007年にかけては宇都宮隆、木根尚登、葛城哲哉、阿部薫によるTM NETWORKトリビュートライブに小室哲哉の代役として参加している。

1991年11月、アルバム『LANDING TIMEMACHINE』でソロデビュー。1992年7月、貴水博之とのユニットaccessを結成。同年11月にシングル『Virgin Emotion』でデビューし、1995年1月の活動休止までに15枚のシングル、3枚のアルバムをリリース。『DRASTIC MERMAID』『MOONSHINE DANCE』『MISTY HEARTBREAK』など数々のヒット曲を手掛けた。オリコン年間ランキング作曲家別セールスでは1993年にトップ60、1994年にトップ20入りを記録している。

1995年3月、92年以来3年ぶりにソロ活動を再開。同年7月、3rdアルバム『ELECTROMANCER』をリリース。また、1996年4月には黒田倫弘、伊藤賢一とのユニットIcemanを結成。同年7月にシングル『DARK HALF~TOUCH YOUR DARKNESS』でデビューし、2000年3月の活動休止までに6枚のシングル、5枚のアルバムをリリースした。1999年から2001年にかけては、伊藤賢一とのユニットMad Soldiersとしてコタニキンヤを共同プロデュース。

1995年から2004年にかけては、T.M.Revolution、藤井隆、Fayray、木村由姫、pool bit boys、LAZY KNACK、雛形あきこなど多くのアーティストをプロデュース。『WHITE BREATH』『HIGH PRESSURE』『HOT LIMIT』など数々のヒット曲を手掛けた。オリコン年間ランキング作曲家別セールスでは1995年にトップ50、1996年にトップ60、1997年、1998年にトップ10、1999年にトップ20、2000年、2002年にトップ30、2004年にトップ40入りを記録している。

2001年1月、96年以来5年ぶりにソロ活動を再開。2002年9月、コンプリートBOX『21st Fortune』をリリース。2004年3月から2005年3月にかけては、アルバム「Quantum Mechanics Rainbow」シリーズを7枚連続リリース。2008年6月から2015年12月にかけては、配信限定シングル「DA METAVERSE」シリーズを33曲連続リリース。また、DJとして2003年から2016年にかけてクラブミックスアルバム「Sequence Virus」シリーズを7枚リリースしている。

2002年1月、95年以来7年ぶりにaccessとしての活動を再開。以降、2017年5月現在までに17枚のシングル、4枚のアルバムをリリースしている。また、2009年5月には守尾崇、大光亘とのユニットDrei Projektとして配信限定アルバム『Valentine Session 2009.02.14』をリリース。2010年2月には土屋公平、吉田建、屋敷豪太とのバンドSugar & The Honey Tonesとしてアルバム『SO SWEET!』をリリース。

近年はaccessおよびソロでの活動を中心に、コタニキンヤ.のスーパーバイズ、外部への楽曲提供など精力的な活動を続けている。オリコン年間ランキング作曲家別セールスでは2005年にトップ60入りを記録。2017年5月現在までに作曲を手掛けたシングルは152作。うちオリコン週間ランキングにて1位を獲得したのは4作、5位以内にランクインしたのは37作、10位以内にランクインしたのは51作。シングルの総売上枚数は約1280万枚である。

■ユニット
access
Iceman
Mad Soldiers
Drei Projekt
Sugar & The Honey Tones

■プロデュース・楽曲提供
・プロデュース
オナペッツ
MODE
雛形あきこ
LAZY KNACK
T.M.Revolution
pool bit boys
木村由姫
Fayray
コタニキンヤ
藤井隆
サカノウエヨースケ
RUN&GUN
The Seeker

・楽曲提供
南青山少女歌劇団
宇都宮隆
阿部薫
SHAZNA
OHA-ガール グレープ
椎名へきる
柴田智子
マジーとレギュラー
Kimeru
玉置成実
ワタシメスラッグ
Daisy×Daisy
ON/OFF
May'n
ゴールデンボンバー
ZOLA
REVALCY
中森明菜
あさまっく
GALETTe*
EDGE of LIFE
東京パフォーマンスドール
BugTheMic
佐咲紗花

■レギュラー出演番組
・テレビ
新堂本兄弟(フジテレビ)2006年4月~2014年9月

・ラジオ
UPTOWN SQUARE(NACK5)1992年4月~1998年3月
Digiryzm Sensation(bayfm)1998年4月~1999年3月
NEO AGE CIRCUIT(NACK5)2000年4月~

■映像作品
・VHS
Dimention-Trick(1992年10月1日)
INTERFACE OF ELECTROMANCER(1995年6月25日)
DA's Special Valentine Party!!! in 横浜アリーナ 1999.2.14(1999年8月21日)
DA's Party Special Summer Festival!!! In Tokyo Bay NK Hall 1999.8.29(2000年2月14日)

・DVD
21st Fortune DVD(2002年11月20日)
D-Clips 1992-1995(2005年6月29日)
DAISUKE ASAKURA Live Tour '04 Cultivate Meme~about Quantum Mechanics Rainbow~(2005年3月4日)
DAISUKE ASAKURA Quantum Mechanics Rainbow(2005年10月17日)
DAISUKE ASAKURA Drive Meme-over Quantum Mechanics Rainbow-(2006年3月20日)
DA LIVE METAVERSE 2015 Re-Birth(2017年2月14日)
DA METAVERSE 2016 quarter point(2017年7月5日)

■書籍
EOS LESSON DIARY(1991年7月)
デジタル・ミュージックへの招待(1991年12月)
D Scope(1995年12月)
浅倉大介大全集 THE WORKS PACKAGE DA(1996年7月)
DAISUKE的にOK!? (1999年12月)
DA'S COMPLETE RECORD~decade of daisuke asakura~(2001年3月)
DATi BON(2004年12月)
Quantum Mechanics Rainbow Book~DA 04-05~(2005年3月)
HAPPY D.A.Y S~浅倉大介+アニー&アルの日記~(2005年12月)
浅倉大介 デビュー20周年記念BOOK(2011年9月)
浅倉大介の作曲・アレンジ教室(2011年10月)
DAte Adventure Daisuke Asakura(2013年12月)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
浅倉大介を「ウィキペディア」で参照する