はるな愛(はるなあい)

「はるな愛」に関連するモデルプレス記事

  1. -10キロ成功のはるな愛、ダイエットの秘訣明かす

    モデルプレス

  2. はるな愛、全身整形の金額告白 スタジオは驚愕

    モデルプレス

  3. 「24時間テレビ41」チャリティーランナー発表 感動を与えたランナーたちを振り返る<過去10年まとめ>

    モデルプレス

  4. はるな愛、歯の整形金額明かしスタジオ驚き

    モデルプレス

  5. はるな愛、20キロの“失恋太り”&10年に及ぶ母との確執を告白

    モデルプレス

  6. はるな愛、20歳下恋人と破局後に20キロ激太り

    モデルプレス

  7. はるな愛がダイエット宣言 “公約”掲げる「10キロ痩せられなかったら…」

    モデルプレス

  8. 千葉雄大は「芸能界の糖分」 甘い言葉で悩殺「責任取ってよ」

    モデルプレス

  9. “結婚騒動”はるな愛が謝罪「お騒がせしました」

    モデルプレス

  10. はるな愛、熱愛の21歳下男性との同棲を解消

    モデルプレス

  11. はるな愛、激白 元恋人から2億円詐欺にあっていた

    モデルプレス

  12. はるな愛、すっぴん公開 透明感溢れる美肌を披露

    モデルプレス

  13. 入院中の道端アンジェリカ、松葉杖でイベント特別出演 術後の経過を報告

    モデルプレス

  14. A.B.C-Z塚田僚一×はるな愛の異色“同居生活”に反響「カオス過ぎる」「参加したい」

    モデルプレス

  15. はるな愛、23歳男性との半同棲を生報告 結婚予定は?

    モデルプレス

はるな愛のプロフィール

はるな 愛(はるな・あい)

生年月日:1972年7月21日
出身:大阪府
血液型:O型

本名、大西 賢示(おおにし けんじ)。サンズエンタテインメント所属。ANGEL.LOVE株式会社代表取締役。

■来歴・人物
・幼少期
愛媛県宇和島市出身の父と西宇和郡伊方町出身の母の間に生まれる。両親はそれぞれ家族と極貧の生活を送った末に大阪市に転居し、たまたま同じ市営住宅に入居した事が縁となり結婚した(後に離婚)。家族は他に弟がいる。

物心ついた頃から自分が女性だと意識しており、小学生時代(大和川小学校)から女装してものまね番組などに出演。その際の字幕スーパーでは「大西賢示」(本来の字は賢治)と表示される。持ち歌は松田聖子の「Rock'n Rouge」など。1985年3月3日放送の『全日本ちびっこ歌まね大賞』(テレビ東京)では、森進一の「北の蛍」を歌って優勝している。

1989年、福井県の九頭竜湖で行われた英語学校の夏季キャンプ(小学生向け)で、「未来派少年大西賢示」としてレクリエーションにゲスト出演し、この際に男子高校に通っていたことを話している。また、同年5月25日には「大西ケンジ」として「チャンス」でレコードデビューを果たしている。他にも素人名人会(毎日放送)に出演したり吉本興業の旧うめだ花月のポケットミュージカルスにも出演した。

・少年期
中学生時代にはいじめに遭っており、いじめっ子から逃げるためにギリギリまで登校しなかったり、昼間は喫茶店にいたりしたという。また、いじめから守ってもらう代わりに不良グループのパシリであったという。このため勉強はほとんどしておらず、中学時代の成績は悪かった。また、この当時からニューハーフになろうと思っており、ある時、弟がはるなのタンスの中身が気になり開けてみたところ、女性物のカラフルな下着が数枚入っているのを見て、兄が女性になりたがっていることを知ったが、親には話さなかったという。13歳のときにはバラエティ番組に女装姿で出演したことがあるが、「当時は無理矢理女装させられたと嘘をついていた」と語っている。

その後、男子校の高校に進学するが、好きな男性に会いに行くためしばしば学校内の公衆電話から母親のふりをして職員室に電話し「賢示を早退させて欲しい」と告げて早退していたという。高校在学中には空手部に所属していた。高校を中退後、しばらくして、1991年、ショーパブ「Tootsie」梅田店で働く。性同一性障害であり、ニューハーフとして働いていることを父親に告白。

1995年、大阪市・わだ形成クリニックにて性別適合手術を受け、陰部の外観は女性のようになった。しかし、「男性と結婚するまで大西賢示でいることが親孝行」を理由に、戸籍上の名前は現在も「大西賢示」のままである。声に関しては、元々は女性アイドルの曲を原曲キーのまま歌え、話し声も女性と同じ高さだったが、度重なる酷使の結果、現在のような低いしゃがれ声になってしまったという。また、一時期は声帯にポリープが出来て、声が出なくなったこともある。

・芸能界デビュー
1996年に上岡龍太郎『上岡龍太郎がズバリ!』のMr.レディー特集やヒロミの『ろみひー』などメディアに徐々に出演をし、「家なき子」のパロディ劇「玉なき子」で相沢すずの役を演じた。

1996年頃、春菜愛名義で、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)にレギュラー出演。以後はアイドル系美形ニューハーフとして、テレビ番組のニューハーフ特集やものまね番組に顔を出している。また、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)などにも出演し、メディア露出が多くなる。素人扱いとしては、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』(テレビ朝日)のファイナル電流イライラ棒に一般のチャレンジャーとして登場している。

1998年、東京のタレント事務所に所属、上京。DDTプロレスリングで世界初のニューハーフ・マネージャー・デビュー。この頃の芸能界はニューハーフブームが下火となっていたためにタレントとしての活動はほとんど出来ていない。だが、男性であることを隠して働いていたレースクイーンの仕事などで蓄えた貯金でスナック店を開業するなど、事業家として活躍するようになる。

・2000年代
2002年、年1回放送の特番・さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャルに出演。まだこの頃は準レギュラーではなくゲストだったが、ブレイク後は現在まで数年に一度の割合で出ている。

2005年、MEGUMIが恥骨骨折で入院した際、病院で献身的に看病をしたことから野田社長の目に留まり、2008年にサンズエンタテインメントに移籍。現在の名義に変え、タレント活動を再開する。

2007年、陣内智則・藤原紀香夫妻の結婚披露宴の2次会でエアあややを披露、その場に居合わせた業界人の注目を集め、モノマネ芸人(あてぶり芸人)として活動するようになる。持ちネタは、松田聖子・松浦亜弥・島谷ひとみ・ビヨンセ・藤本美貴・ホイットニー・ヒューストンなどのモノマネと、横向けにしたVサインを目頭から目じりに移動させて「よろしくピース」などのギャグ。口癖は「言うよね~」。それを始めとして、いろいろな「○○よね~」を言うようになっている。

2007年、『ミス・インターナショナル・クイーン(Miss International Queen)2007』(ニューハーフ世界のミスコン)に出場し、第4位になる。

2008年、下半期頃から松浦亜弥の口パクモノマネで大ブレイク。骨髄バンク職員の役で舞台『IMAGINE 9.11』に出演。

2009年、1月3日に放送された『週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー』(日本テレビ系)にてパスポートが映った場面で、一部ぼかしがかかっていなかったため1972年7月21日生まれであることが発覚し、この事実を2009年1月20日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)ではるな本人が認めた。

2009年、『ミス・インターナショナル・クイーン 2009』に再挑戦し、優勝した。前哨戦である『Angel of Talent contest』でも優勝し、2冠に輝いた。日本人の優勝は初めてで、賞金1万ドルを獲得。帰国後に、日本外国特派員協会で在日外国人記者のために会見を開いた。

・2010年代
2010年、謎の美青年をめぐる巨大な陰謀と最先端科学の衝撃を描いた海外ドラマ『カイルXY』のテレビCMに起用され、「謎の美青年=ケンジXY」に変身するという設定で、「高校生以来」という「男装」を披露した。

2010年の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のマラソンランナーに抜擢される。初のニューハーフマラソンランナーとなり、神奈川県某所から日本武道館までの約85キロを完走した。

2014年4月13日、韓国観光公社の企画した韓国観光応援団の団長に就任。

■芸風
2007年後半頃から、歌手が歌う音声を流し口パクで振り付け・仕草・表情・息づかい、更にはMC(トーク)を合わせる芸(形態模写)で注目されるようになった。ものまね芸でよくあるように、オーバーにデフォルメされている。なお、本人の声質はやや男声寄りのハスキーボイスだが標準的な女性歌手の曲程度なら問題なく歌うことができる。

・エアあやや
松浦亜弥のコンサートライブの音声(複数のDVDから編集して作っている場合が多い)を用いるネタ。
元々は、スナックのママであるはるな自身が店で披露していたもの。当時は歌も歌っていたが、ショーパブやスナックでの付き合い酒などの無理がたたり、高い声が出なくなったために仕方なく無声へとシフトしていった。

最初の曲とMCには様々なバージョンがあるが、最後には必ず「Yeah! めっちゃホリディ」で締める。同曲途中の「ずばっと」のフレーズで、がに股で腕を横に引き、最後に服の上から乳首をこするアクションは、はるな独自のもの。また、ほかの振りも松浦亜弥そのままでなく、はるな風にアレンジされている(マンネリ化を防ぐ為か上記の「ずばっと」のアクションと乳首をこするアクション以外は披露する場などで若干の変化が見られる)。

『あらびき団』(TBS)にはこの芸で度々出演しており、「あらびきあやや」と呼ばれている。『R-1ぐらんぷり』にも出場し、1回戦を突破した。

2008年6月2日放送分の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ)では、エアあややを本人の前で披露し、「公認モノマネ」認定の盾を渡されるなど概ね好意的に見ている。松浦との初対面である同年5月22日放送の『きよしとこの夜』(NHK総合)以降[13]も幾度か共演を果たしており、松浦はその都度エアあややを認める発言をしている。

同年6月25日の東京厚生年金会館での公演に、松浦の誕生日を祝うサプライズゲストとして出演。約2,000人の松浦ファンを前に、松浦の生歌による生エアあややを披露した。

エアあややの衣装は現在は青いフリルの衣装(タイで約3,000円で購入したもの)が多いが、初期の頃は黄色い衣装を着用していた。また『エンタの神様』(日本テレビ)ではピンクのフリルの衣装(約7,000円)を着用している。普通の衣装でもエアあややをする機会が増えている。

・あやや以外
エア松田聖子・エアBoA・エア・ホイットニー・ヒューストンというネタもある。テレビでの初披露は2008年7月23日放送の『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)だが、ライブイベントではそれ以前からやっていた。

2007年5月27日放送の『ハロモニ@』(テレビ東京)ではミキティこと藤本美貴のエア芸(エアミキティ)を本人の前で披露。また2008年6月18日放送の『明石家さんちゃんねる』(TBS)では次長課長と明石家さんま相手に「マンツーマンミキティ」(エアミキティで相手に可愛いと思わせる)というゲームを行った。

2008年8月18日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)では、松浦亜弥とともに「BISTRO SMAP」にゲスト出演し、中居正広本人の前で、新ネタ「エア中居」を披露した。

■歌手活動
2008年12月10日には、「I・U・YO・NE~」でavex traxよりCDデビュー。口癖で流行語大賞にもノミネートされた「言うよねぇ~」がそのままタイトルになった。ミュージッククリップでは激しいダンスを披露している。

2016年9月7日,演歌歌手デビューし,「えぇねんで」をリリースした。

■出演
・テレビ
レギュラー
幸せ!ボンビーガール(日本テレビ)
名将の条件(テレビ大阪、2015年10月 - ) - アシスタント
ドデスカ!(メ~テレ、2016年4月 - ) - 金曜コメンテーター

準レギュラー
金曜★ロンドンハーツ(2008年10月28日 - 、テレビ朝日)初出演は2008年4月29日。初出演のみエアあやや披露。
アッコにおまかせ!(2008年7月27日 - 、TBS)2008年12月7日放送の番組内で準レギュラーと紹介された。
サンデージャポン(2008年11月2日 - 、TBS)既に準レギュラーとして出演していた椿姫彩菜と初共演。以降、はるなも準レギュラーに。
幸せの黄色い仔犬(中京テレビ)
メレンゲの気持ち(2013年7月27日 - 、日本テレビ)番組内のコーナーである「ビューティフルライフ」にレポーターとして出演。
さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル(年末特番・2002年、2008年 - 2009年、2011年 - 2012年、日本テレビ)無名時代の2002年に「合コンシミュレーション」に出演、以後2008年以降、準レギュラーゲスト。

不定期
ジャルやるっ!(関西テレビ)

過去のレギュラー
スパイスベータ(中部日本放送)
すっぴんテレビ(東海テレビ)水曜レギュラー
快傑えみちゃんねる(関西テレビ)2008年8月18日放送分にゲスト出演した際、第1回放送分に出演した頃の映像が流れた。
F2-X(フジテレビ)コーナーレギュラー
タモリ倶楽部(テレビ朝日)コーナーレギュラー
はるな愛のアジアンビューティ(WOWOWオンライン)
ひみつのアラシちゃん!(2008年 - 、TBS)不定期
明石家さんちゃんねる(2008年4月 - 2008年9月、TBS)準レギュラー
おネエ★MANS(2008年10月14日 - 2009年3月10日、日本テレビ)
オビラジR(2008年9月 - 2009年3月、TBS)水曜レギュラー
天才!志村どうぶつ園(2008年10月18日 - 2009年1月31日、日本テレビ)「傷ついたレッサーパンダの赤ちゃんを育てる」企画の母親代わり
EYES・アレ今どうなった?(2009年6月1日 - 7月、NHK総合)コメンテーターとして出演。
サカスさん(2009年3月 - 2009年9月、TBS)水曜レギュラー
そうだったんだ!算数(2009年12月14日 - 12月18日、NHK教育)
ネクストプリンセス(2009年10月 - 2010年3月、テレビ東京)ナレーション
魔女たちの22時(2009年4月21日 - 2011年3月22日、日本テレビ)
あらびき団(2007年10月24日 - 2011年9月27日 、TBS)
テレビでハングル講座(2013年4月1日 - 、NHK Eテレ)生徒役
ハピくるっ!(2011年10月 ‐ 2015年3月、関西テレビ)水曜MC
スッキリ!!(2009年4月 - 2016年12月27日、日本テレビ)火曜コメンテーター

・ラジオ
オレたちやってま~す(毎日放送) - 土曜日よゐこ班、コーナーレギュラー
はるな愛のよろしく!グラビアンナイト(ニッポン放送)
バリバラR NHKラジオ第2放送 毎週日曜午前8時00分~8時30分(再放送は19:00-19:30)
大竹まこと ゴールデンラジオ!(文化放送)

・テレビドラマ
世紀末の詩 第3話(1998年10月28日、日本テレビ) - ホステス役
PU-PU-PU- 第6話(1998年11月13日、TBS) - ホステス役
ストレートニュース 第2話(2000年10月18日、日本テレビ)
相棒 Season6 第13話「マリリンを探せ!」(2008年1月30日、テレビ朝日) - ゲイバー従業員リサ役
ロト6で3億2千万円当てた男 第9話(2008年8月29日、ABC) - 本人役で出演
あんみつ姫2(2009年1月11日、フジテレビ) - 比留豚巴里酢役
特命係長 只野仁(2009年1月 - 3月、テレビ朝日) - ゲイバーのママ・マヤ役
33分探偵 第12話「大阪・お笑い芸人殺人をもたせる」(2009年4月11日、フジテレビ) - 情報屋役
ママは昔パパだった(2009年8月 - 9月、WOWOW) - 加納マリー役
はぐれ刑事純情派 最終回スペシャル(2009年12月26日、テレビ朝日) - 河合ノリコ役
左目探偵EYE(2010年1月23日 - 3月13日、日本テレビ) - 秋風みるく役
ナサケの女 ~国税局査察官~ スペシャル(2012年2月4日、テレビ朝日) - パブのダンサー・トマト役
土曜ワイド劇場「警視庁・捜査一課長~ヒラから成り上がった最強の刑事!4」(2015年5月23日、テレビ朝日) - 宮城夏子 役

・特撮
ケータイ捜査官7(2009年3月、テレビ東京) - ジーン(声)役

・映画
相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン(2008年5月、東映) - マラソンの応援に駆けつけるゲイバーの従業員役
ファイナル・デッドサーキット 3D 日本語吹き替え版 - アンディ(声)役
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 - 花嫁(希望)軍団E愛(声)役

・Vシネマ
ニューハーフ物語 わたしが女にもどるまで(1997年5月30日、ケイエスエスエムイー)
難波金融伝 ミナミの帝王11 嘆きのニューハーフ(1998年11月27日、ケイエスエスエムイー)
愛する二人別れる二人2(2000年4月28日、GO-SHIPプロジェクト)
実録 日本ヤクザ抗争史 鯨道3 破門状(2008年7月25日、GPミュージアムソフト)

・CM
トヨタ自動車「カローラルミオン」(2008年、11月 - )アメブロ+テレビ朝日タイアップCM - 狩野英孝と共演。
ハドソン桃太郎電鉄シリーズ「桃太郎電鉄20周年」(2008年、12月 - ) - 陣内智則、若槻千夏と共演。
大江戸温泉物語(2009年4月 - )
日本元気劇場(2009年6月 - )
たかの友梨ビューティクリニック(2009年春 - )
日本コカ・コーラ「ファンタもみもみフローズン」(2009年7月 - ) - ファン太郎(朝青龍)と共演。
アサヒフードアンドヘルスケア「クリーム玄米ブラン」 マリセンボン(マリエとハリセンボン)と共演。
カゴメ「トマレピ!」(2010年5月 - )
海外ドラマ『カイルXY』(2010年5月 - )
スズキ「キャリイ」(ホームページ:2013年8月 - )(テレビ:2013年9月 - ) - 菅原文太、北斗晶と共演。
スズキ「エブリイ」(2015年2月 - ) - 宇梶剛士、円広志と共演。
共立美容外科・歯科(2015年 - ) - 同病院のイメージキャラクターも務める。
UQコミュニケーションズ「長女の友人」篇(2017年3月 - ) - アイ 役。深田恭子(長女)、多部未華子(次女)、永野芽郁(三女)らと共演。

・舞台
IMAGINE 9.11(2008年9月26日 - 10月2日、シアターΧ)
美川憲一とゆかいな仲間たち(2010年4月14日-15日 明治座、2010年5月22日-23日 中日劇場)

■出版
・書籍
春菜愛フォト&エッセイ集『私が私であるために…』(2000年4月、バウハウス)
『素晴らしき、この人生』(2009年3月9日発売、講談社)‐テレビで語れなかった、はるな愛の知られざる半生を自ら告白したエッセイ。
『Love Power はるな愛の恋バナ』 (2009年9月30日、祥伝社) ‐原作者として、自身の恋愛経験のコミック化
はるな愛ファースト写真集『I♡AI』はるな愛のつくり方 (2009年10月19日、東京ニュース通信社)
世界一のはるな愛になるダイエット (2010年7月6日、扶桑社)
はるな愛のラブラブソウル (2010年9月10日、昭文社)‐自身の渡航歴を活かした2泊3日のソウル旅行記&ガイドブック

・連載
2009年4月より、日刊スポーツ大阪・名古屋版番組表のコラム「あげるよね~ はるなの愛」(月曜日 近畿地方・東海3県・北陸地方・山口県を除く中国地方・四国地方向けの新聞)

■ディスコグラフィ
・シングル
1989年5月25日 チャンス(大西ケンジ名義)
2001年 Enjoy Your Life?
1999年1月27日 きらきら
2008年12月10日 I・U・YO・NE~
2009年8月5日 夏 凸凹♡
2012年4月18日 もっと愛を
2016年9月7日 えぇねんで

・ゲスト参加
MOMI MOMI Fantastic feat. はるな愛(エイジアエンジニア、2009年8月19日、rhythm zone) - ゲストボーカルとして参加。日本コカ・コーラ「ファンタもみもみフローズン」CMソング。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

はるな愛を「ウィキペディア」で参照する