原田泰造 はらだたいぞう

「原田泰造」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「原田泰造」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「原田泰造」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

原田泰造のプロフィール

原田 泰造(はらだ・たいぞう)

生年月日:1970年3月24日(47歳)
出身:広島県
血液型:B型
身長:177cm

お笑いトリオ・ネプチューンのボケ担当。愛称はタイゾー。

ワタナベエンターテインメント所属。既婚者で一男一女の2児の父。姉と弟が1人ずついる(真ん中っ子)。

■略歴
父親の故郷である広島県広島市生まれ。3歳まで同市で育ち、父親の転勤により、その後小学校1年生まで北海道札幌市で、更に小学5年生まで東京都狛江市で、小学6年生以降は東京都立川市で育ち、その後、現在実家がある東京都東村山市に転居。

両親は過去に、所沢市松葉町(新所沢駅東口付近)で「ランチショップたきたて」という屋号の弁当店を営んでいた。幼少からテレビの世界に憧れ、内緒で児童劇団に応募した事もあったが、両親が月謝を払うことができず断念。高校は実家の家業を継ぐことを見据え、農業高校に進学。「中3で進路を決める時は芸人になりたいとは思っていなかった。両親や、店を手伝っていた姉を少しでも楽にさせるために本気で弁当屋を継ごうと思い、そのためには何も知らないよりかは何か知っていた方がいいと思い、農業高校を選んだ」と語っている。

高校卒業後、「何でもいいからテレビに出たい」という思いのもと、モデル・俳優などのオーディションに応募する。

・お笑い芸人として
1991年、高校時代の友達を誘い、アルバイト先の居酒屋村さ来にちなみ「パープルン」という名でお笑いコンビを結成し、渡辺プロダクション(のちのワタナベエンターテインメント)のオーディションに合格。しばらく活動していたが、相方が多額の借金を作り地元に帰ってしまい解散。
新しい相方を探していたところ、オーディション時に一緒で、当時ピンで活動していた堀内健に目が止まり、原田から声をかけ、1991年に堀内と通りすがりのラブホテルから命名した「フローレンス」を結成。1994年に元ジュンカッツで先輩の名倉潤が加入して、お笑いトリオネプチューンを結成。

ネプチューンはフジテレビ『タモリのSuperボキャブラ天国』に出演後、原田はショートコントの"ホストのアキラ"役として人気上昇。テレビ出演が増加した。

・俳優、マルチタレントとして
10代の頃、雑誌『JUNON』が主催するジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募したが落選(オーディションでは長渕剛の『とんぼ』を歌った)。その後エキストラの会社に所属し、1991年のNHK大河ドラマ『太平記』には死体役として出演していた。

1995年、TBS愛の劇場『ママに宿題』に出演。1998年ネプチューン初主演映画「どつきどつかれ」にて主人公のリイチ役として主役デビュー。2000年に『編集王』(フジテレビ系列)でテレビドラマで単独初主演を務め、その後『水曜日の情事』、『ビッグマネー!~浮世の沙汰は株しだい~』等数々の民放ドラマに出演、2004年公開の『ジャンプ』では単独映画初主演も果たし、2008年にはNHK大河ドラマ篤姫にて大久保正助役、2010にはNHK大河ドラマ龍馬伝にて近藤勇役として出演。

2005年7月、舞台「キスへのプレリュード」に主役で出演、これにより同年度の第43回ゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞。(なお、その7年前にはネプチューンとして同・芸能賞(現在の放送賞バラエティ部門)を受賞したことがある。)

他にもネプチューンでの活動としてCDリリース・バラエティ番組の司会・クイズ番組のパネリスト等で活躍し、原田単独でも声優・ドキュメンタリーのナレーション・キャスターなど様々な分野でマルチタレントとして活躍している。

・二児の父として
1995年、村さ来でアルバイト時代出会った女性スタッフとできちゃった結婚。結婚・出産当初は無名時代であったため、結婚の事実を公表する機会がなく、'98年ネプチューンのブレイク後マスコミから"隠し子発覚"と誤報されたため、釈明会見を開いた。

■出演作品
・テレビドラマ
大河ドラマ(NHK)
篤姫(2008年) - 大久保利通 役
龍馬伝(2010年) - 近藤勇 役
花燃ゆ(2015年) - 杉民治 役
ゆらゆらばし(1993年、日本テレビ※「ウンナン世界征服宣言」で内村光良が監督したドラマ。フローレンス時代に堀内と一緒に出演
ママに宿題(1995年、TBS)
グッドラック(1996年、日本テレビ)
オトナの男(1997年、TBS)
編集王(2000年、フジテレビ) - 主演・桃井環八 役
水曜日の情事(2001年、フジテレビ) - 前園耕作 役
金曜エンタテイメント「ピッキングトリオの事件簿」(2001年、フジテレビ) - 渋谷豊 役
ビッグマネー!~浮世の沙汰は株しだい~(2002年、フジテレビ) - 山崎史彦 役
ゴールデンシアター特別企画年末SPドラマ「赤ひげ」(2002年、フジテレビ) - 津川玄三 役
金曜エンタテイメント「みにくいアヒルの子 涙の再会スペシャル」(2003年、フジテレビ)
奥さまは魔女(2004年、TBS) - 松井譲二 役
世にも奇妙な物語 春の特別編「誘い水」(2004年、フジテレビ) - 主演・水好守男 役
めだか(2004年、フジテレビ) - 椎名亮介 役
世にも奇妙な物語 2005年 秋の特別編「影武者」(2005年、フジテレビ)
金曜エンタテイメント特別企画 「越路吹雪・愛の生涯この命燃えつきるまで私は歌う」(2005年、フジテレビ) - 阿部 役※特別出演
ちびまる子ちゃん(2006年、フジテレビ) - 警官 役
ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語~(2006年、フジテレビ) - すぎやまこういち 役
演歌の女王(2007年、日本テレビ) - 田丸ヒトシ 役
スリルな夜「子育ての天才」(2007年、フジテレビ) - 主演・大黒鉄男 役
月曜ゴールデン「シリーズ激動の昭和-3月10日東京大空襲-語られなかった33枚の真実」(2008年、TBS) - 刑部巡査 役
古畑中学生(2008年、フジテレビ) - 野々山先生 役
新春ワイド時代劇「寧々~おんな太閤記」(2009年、テレビ東京) - 前田利家 役
ツレがうつになりまして。(2009年、NHK) - 早川明(ツレ) 役
CONTROL~犯罪心理捜査~ 第4話、第5話(2011年、フジテレビ) - 吾妻政則 役
胡桃の部屋(2011年、NHK) - 都築実 役
アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋(2011年、TBS) - 主演・佐相博 役
運命の人(2012年、TBS) - 三木琢也 役
連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年9月30日 - 2014年3月29日、NHK) - 卯野大五[西門め以子の実父] 役
怪奇大作戦 ミステリー・ファイル(2013年10月 - 11月、NHK BSプレミアム) - 三沢京助 役
血の轍(2014年1月19日 - 2月9日、WOWOW) - 志水達也 役
スペシャルドラマ「LEADERS リーダーズ」(2014年、TBS) - 斉藤源一 役
テレビ東京開局50周年特別番組「永遠の0」(2015年、テレビ東京) - 藤木秀一 役
ドラマスペシャル「黒の斜面」(2016年1月24日、テレビ朝日) - 辻井高史 役
桜坂近辺物語 第1夜「近辺1」(2016年3月7日、フジテレビ) - 水野真一 役
コントレール~罪と恋~(2016年4月 - 6月、NHK総合) - 佐々岡滋 役
沈まぬ太陽 (2016年、WOWOW) - 笹本 役
営業部長 吉良奈津子(2016年7月 - 9月、フジテレビ) - 小山浩太郎 役
スニッファー 嗅覚捜査官 第5話(2016年11月19日、NHK総合) - 鹿島吾郎 役

・映画
釣りバカ日誌5(1991年) - エキストラ出演
ジャンプ(2004年) - 主演・三谷純之輔 役
80デイズ(2004年) - フィリアス・フォッグ〈スティーブ・クーガン〉 役
ピーナッツ(2006年) - 警官 役
未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~(2007年) - 井上拓己 役
シャカリキ!(2008年) - 由多比呂士 役
神様のカルテ(2011年) - 男爵 役
アントキノイノチ(2011年) - 佐相博 役
少年H(2013年) - 田森教官 役
四十九日のレシピ(2013年) - 浩之 役
神様のカルテ2(2014年) - 男爵 役
ボクの妻と結婚してください。(2016年) - 伊東正蔵 役

・舞台
キスへのプレリュード(2005年7月)
ラブハンドル(2006年2-3月)サードステージ
恋するクランケにキスと包帯を!!(2006年7月)代田’N(ダイタン)プラネッツ
ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~(2007年7月、2009年3-4月)
ニッポン無責任新世代 (2011年7-8月)- 映画「ニッポン無責任時代」で植木等が演じた平均(たいらひとし)の孫の百均(くだらひとし)を演じた。

・ベラエティ
となりのシムラ(2014年12月16日、NHK)

・情報番組
ZIP!(2011年4月 - 10月)※月曜コメンテーター
情報LIVE ただイマ!(2012年4月 - 2013年3月)※伊東敏恵アナと共にキャスター

・ドキュメンタリー
もしも明日…「家族が失業したら」(2012年)※有働由美子アナと共に司会
めざせ!2020年のオリンピアン~東京五輪の原石たち~「背泳ぎの新星×銅メダリスト寺川綾」(2014年2月11日、NHK) ※MC(パイロット版)
めざせ!2020年のオリンピアン~東京五輪の原石たち~(2014年4月6日 - 、NHK)※MC
一期一会 キミにききたい!(NHK教育テレビ) - ナレーション
Crossroad (テレビ番組)(テレビ東京) - ナレーション
にっぽん紀行「ぼくらの秘密基地~東京・光が丘公園~」(2014年5月5日、NHK) - 案内役

・CM
サントリー「モルツ~スモーキーバブル編~」(2002年)
VISA(2002 - 2003年)
P&G「アリエール」(2004年-2005年)
アサヒ飲料「WONDA ショット&ショット69」(2006年)
アサヒビール「アサヒ あじわい」(2007年)
任天堂・ニンテンドーDS用ソフト「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」(2010年)
アサヒビール「アサヒ スパークス」(2011年)
ゼンショー「すき家」(2011年11月-2012年)
野村不動産「Tokyoイゴコチ研究所実行委員会」(2013年3月-)
大塚製薬「ソイカラ(SoyCarat)」(2013年10月-)
日本宝くじ協会「ドリームジャンボ宝くじ」(2014年5月-)
リクルート「カーセンサー」(2017年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
原田泰造を「ウィキペディア」で参照する