堀内健(ほりうちけん)

誕生日:
1969年11月28日
星座:
いて座
身長:
169cm
画像 記事 プロフィール

堀内健の関連リンク

堀内健に関する画像

堀内健に関する記事

  1. 乃木坂46早川聖来、“ムチャブリ”に涙… 堀内健が必死にフォロー「カメラ止めて」<乃木坂46時間TV>

    モデルプレス

  2. ネプチューン原田泰造、脱退を考えていた 解散危機を救った大物芸人の言葉とは?

    モデルプレス

  3. 指原莉乃、2016年の“涙”振り返る「もう泣かない」

    モデルプレス

  4. りゅうちぇる、2017年の“共演NG”明かす?「無理なんだけど」スタジオ沸かす

    モデルプレス

堀内健のプロフィール

堀内 健(ほりうち・けん)

生年月日:1969年11月28日
出身:神奈川県
血液型:B型
身長:169cm

■略歴
横須賀市立田浦中学校(後輩に元モーニング娘。の石川梨華がいる)、神奈川県立逗葉高等学校卒業後、大学受験に失敗しアルバイト生活となる。高校時代は小泉今日子の大ファンで、『ザ・ベストテン』の生中継の現場に原付で駆けつけたという。その当時の様子を事細かに覚えており、小泉本人に当時の事を話して小泉を驚かせた。また、『笑う犬の冒険』『力の限りゴーゴゴー!!』では堀内発案の企画(「スーパー刈り上げギャル クリコ」「ビューティースチューデント)で小泉と夢の共演を果たし喜びを露にしていた[要出典]。その後はとバスのツアーコンダクターに憧れて、東京観光専門学校トラベル科に入学。しかし、2年生の時にツアーコンダクターには女性しかなれないことを知り、再び挫折。卒業後は再びアルバイト生活に入り、数々の仕事をこなす。

1990年、21歳の時に渡辺プロダクション(現・ワタナベエンターテインメント)のオーディションを受けて合格。ピン芸人として活動後、1991年に原田泰造とコンビ「フローレンス」を結成。1994年に元ジュンカッツの名倉潤が加入して、「ネプチューン」を結成。初めは後から名倉が加入することに難色を示していたが、すぐに打ち解け、今やすっかり仲の良いトリオになっている。

2004年2月19日に東京共済病院で右高位精巣摘出手術を受け、右の睾丸を摘出した。2006年10月にいきなりヘアーカットし、坊主頭になる。カットしたのは堀内の父母。

2006年12月に後藤ひろひと演出の舞台『みんな昔はリーだった』(パルコ劇場)で舞台初主演デビュー。

2009年5月22日、2008年正月の飲み会で友人の紹介で知り合った17歳年下の一般女性との婚姻届を提出した。結婚報告会見は『しゃべくり007』収録後のスタジオで行われ、名倉と原田も出席した。2010年2月15日15時35分、第一子である長女が誕生した。名前は公表していない。

2011年10月22日放送の『IPPONグランプリ』(フジテレビ)にて、予選でバカリズムや有吉弘行らを、決勝戦では桂三度を下して優勝を果たす。

2014年、舞台プロジェクト「堀内夜あけの会」を立ち上げ、5月に旗揚げ公演『恐怖 タコ公園のタコ女』を上演。この舞台プロジェクトは、堀内の頭の中に浮かんだ「ものがたり」を、できるかぎり彼のイメージに忠実に、芝居にして上演しようというコンセプトになっているので、出演だけではなく、脚本も堀内自身が担当している。

■人物
童顔と甲高い笑い声が特徴。なお、原田泰造が『徹子の部屋』に一人で出演した際、黒柳徹子から「ハンサムな人」と評されている。

芸人仲間からは、実生活においてもテレビに出ている時と同様に自由奔放な性格そのままであることが語られている。10年来の友人である土田晃之は「テレビに出演している時と全く一緒で欝陶しい」と語り、東野幸治も「永遠の少年」や「ピーターパン」という異名を付けている。

・芸風
子供のようにハシャぎながら全身をバタつかせ、脈絡も無い流れで往年のヒット曲の替え歌や有名コマーシャル内のワンフレーズに乗せて一発ギャグを披露する(詳細は#持ちギャグを参照)。ちなみに、堀内自身はこれらのギャグを「おもしろフレーズ」と呼んでいる。特筆すべきは、周囲の空気を引かせてそれを笑いにするのではなく、周囲が引こうが番組進行が止まろうが、全くお構いなしにやりたいネタはやりきるというスタイルである。堀内にとってギャグをすることの目的は、笑いをとることではなく、ギャグを披露する事自体であるとも言える。この点において堀内の行うギャグと世間一般に定義されるギャグ(所謂、笑いを誘因するもの)は同一ではなく、堀内のギャグは周囲を笑わせることも周囲から笑われることもない行為を場に提供すること、又は堀内自身のギャグを他人に行わせることで、その場にいる周囲の芸人のツッコミ等の対応をさせて笑いを生み出させるという、共演者への無茶振り的な性質に重きが置かれている。

『ホリペイ』において共演者の有田哲平から堀内のギャグはほとんど、事前に熟考したものをネタ帳にリストアップしていて、それらを本番で披露している事実を暴露される。しかし、堀内は天然と思わせる計算は無く、視聴者には努力の賜物だと考えて欲しいとコメントした。

滑舌が悪くフリートークが苦手であるが、ネプチューンの中では、『踊る!さんま御殿』などのトーク番組に1人で出演することが最も多い。フリートークの場面では、1人で暴走する堀内にツッコみ諌める役割の芸人が配置されることで笑いとしては機能し、そこではじめて堀内の作る笑いが完成する。堀内の単独出演時には、事務所の後輩であるビビる大木が抑え役になるが、結局抑えられない事の方が多い。ツッコミ役の芸人が配置されていないと、堀内のやりたい放題を誰も止められず番組がグダグダになることがよくあり、「ホリケンワールド」と称される。

テレビ朝日系の人気番組『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』で「ホリケンほっとけない芸人」という企画が2008年1月10日をはじめ3回放送され、堀内のプライベートでのはちゃめちゃぶりが明かされた。また、『ちい散歩』など同局の旅番組を摸したロケ企画も挿入され、2012年12月からはロケ企画をスピンオフさせた『ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな』が年1回(2013年のみ8月も放送)放送されている。

『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ2009』(TBS)でコンビを組んだ雨上がり決死隊の宮迫博之は「ホリケン(のやっている笑いは)は漫才とかコントじゃない。“ホリケン”というジャンル」と評した。また、後述の『めちゃイケ』内で放送した東京ガールズコレクションのパロディ企画「東京ギャグコレクション」では彼の新ネタ披露終了後、ナイナイ岡村がフィギュアスケート競技になぞらえて「この演技は男子のシングルなんですが、彼だけ男子のフリーになってしまいましたね」と説明していた。

ただ、同じグループである名倉・原田の近況はもちろん、番組での共演者・ゲストの事を事前に細かくリサーチして番組内でのネタに繋げるなど、笑いに関しては非常にまめで勤勉である。また、ダウンタウンの松本人志やよゐこの有野晋哉、有吉弘行と同様に、共演の芸能人や一般人に対して珍奇な(しかし的確な)あだ名をつけるセンスに優れる。

明石家さんまは『しゃべくり007』の中で、司会がこなせれば「ポストさんま」もあり得ると評した。松本人志は自身のラジオ番組『放送室』において、「意外に的確にお笑いの分析が出来ている」「酔拳のよう」などと高く評価している。

・エピソード
2001年4月5日の『クイズ$ミリオネア』・芸能人大会に出場したが5問目で敗退し、獲得賞金は0円だった(原田、名倉は共に10万円を獲得している)。
2001年放送『FNS ALLSTARS27時間笑いの夢列島』の番組中、プロ野球オールスター戦の中継時、選手インタビュー中に彼が周囲を凍らせるギャグを披露したため、日本プロ野球選手会から「今後フジテレビのオールスター戦の中継を自粛する」と告げられた(2004年7月10日よりオールスター放送復帰)。

2004年7月24日放送『FNS27時間テレビ めちゃ×2オキてるッ!』の「クイズ!生マジオネア」に解答者として登場。そこでかつて交際していた女優を「俺の女じゃ嫌か?」、「この恋の苦しみから解放してくれ」などとキャラクターに似つかわしくない台詞で口説き、思いを告白したことを暴露された。さらにその後のコーナー「真夜中の大かま騒ぎ」でも、原田泰造とアドリブでネタをしようとしたがオチがなかなか決まらず、名倉も突っ込むタイミングを見失っていたため、明石家さんまがなんとかその場を締めてCMになった。そのCM中、泰造がグダグダなネタに巻き込ませた堀内に本気でキレていた。

ビビる大木と共に松任谷由実・松任谷正隆夫妻の自宅に呼ばれた際、ソファーで寝てしまうという行動をした。しかし由実はお咎めをせず、正隆は堀内にマッサージをしたという。由実は「生まれ変わったら堀内になりたい」と話している。

■持ちギャグ
全身を駆使した一発ギャグが主。ダジャレも多い。動きはガニ股、自分の乳首を指で挟む等、様々で、時に共演者の乳を揉んだりカンチョーする等して巻き込む。また一部のギャグは名倉・原田も使用する。

空まで飛んでけパラグライダー!(しゃがんで溜めた後、大の字にジャンプ。また「もっと高いぞディスカバリー!!」へと派生もする)

DOすればいいじゃないか!(ルー大柴の十八番ネタの一つ、「キミたちDOしちゃいなよ~」が元ネタ)

ジュンジュワ~(失禁、女性器が濡れる様、炭酸の泡を表現など諸説あるが、見た人の判断に任せるというスタンス。「石田純ジュワ~」などへと派生。ちなみに「ジュンジュワ~」はのちに原田も使用することに)

ポップコーンパーティー!(左右の手の二本指で乳首を隠すようにして、「パーティー」と同時に指を開いて乳首を見せる動き)

それそれ~(満面の笑みで相手を両手で指差す)

○○(食品名。米・もろこし・かまぼこ等)食いてぇ~!!

○○(食品名)うめぇ~!

HK~、・・・あ、話変わるけど~。(若者が使用するメールでの略語の元となった。堀内は日テレの番組収録スタジオで行われた結婚会見で飲み会のことを“NK”と略して発言している)

ダブルクリック!

モバイルドットもみもみ(mobite.comのパロディ)

手頃でガッチリ乳輪保険!(『手頃でガッチリ入院保険』のパロディ)

シャランラップ!(主題歌にある「♪シャランラ~」というフレーズが有名なアニメ及びサランラップのパロディ)

玄関開けたらマサイ族!(「玄関開けたら“サトウのごはん”」のパロディ)
洋式和式、劇団四ッ季~!

○○でお買い物~(静岡県のローカルCM「スーパー田子重」の替え歌)

Let'S スパンキング!(共演者の尻を叩く)

アザラシ!(人差し指を牙に見立てて)

エイトエイト、フォー!(と叫びながら、高島彩の腕をとって無理やり上に上げる、「NEW Ban 8×4」と「エイエイオー」のパロディ)

隅田川花火大会!(木村拓哉と香取慎吾にもやらせた)

サ~ンバ~に合わ~っせて~っ、お・ど・り・だっす~♪(結婚ソングで知られるフォークソングの第1パートの中の1フレーズ)ドレスの裾を踏まないで!!(複数回繰り返し)ベネッセ(名倉の股間を触って(英訳単語の発音が似たような)企業名を叫ぶ。結婚会見で披露したギャグ)

この野郎~! この透かしっ屁(すかしっぺ)ジジイ~!!(日本テレビ系『しゃべくり007(-セブン)』の1シーンより。番宣時にも登場)

「1、2、」→(数秒溜めて)「刺身!!」等と無意味な単語を叫ぶ。

「おしゅうまいうり(「~やま」とする場合あり) みのる」のショートコント~!!(主に『しゃべくり007』の売り込み007で出した稀なギャグ。自ら考えたとされる鉤括弧内の名前は番組や状況等によって頻繁に変わることがある。)

ダイアモンド☆ユカイの歌う同系列バラエティ番組「深イイ話」テーマ曲を半ば強引に真似てサビ部分を歌う。

以下は東京ギャグコレクション(『めちゃ×2イケてるッ!』内の単発コーナー、『東京ガールズコレクション』のパロディ)で披露したネタ3連発(正式には3発目のギャグを2パターン披露)。
じゃじゃ丸~!ぴっころ~!か・た・つっむっり~♪(影絵のカタツムリを両手で作る)、走り出せ~! 走り出せ~!お尻出す~♪(手に持っている銛を尻に突いて)OH!ア~ルデ~ンテ~!!、ニッポンの夏、ドーナッツ!!(元ネタは『金鳥の夏・日本の夏』のキャッチコピーで知られる日用品メーカー。直立の状態で両足をO脚にするパターンと「エイッ!」と銛を舞台裏に突き刺して某チェーン店のドーナッツが刺さった状態にしてこのネタを言うパターンの2パターンが存在)
どの鼻見ても~穴二つ~(めちゃ×2イケてるッ!放送)
他多数。

■出演番組
・バラエティ
レギュラー
堀テレビONE内テレビTWO健テレビNEXT(2014年2月 - 、フジテレビONE TWO NEXT)

不定期
さんまのお笑い向上委員会(フジテレビ)
雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!(テレビ朝日)
めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)
爆生レッドカーペット(フジテレビ、2012年2月18日) 
ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな(テレビ朝日)

放送終了
プンスカプン(フジテレビ)
ホリケンのキッズ・ザ・パンチ(TBS)
笑いの金メダル(ABC)
ファイテンション☆デパート(テレビ東京)
ファイテンション☆スクール(テレビ東京)
ホリペイ(BSジャパン)
アリケン(テレビ東京)
アリなし~アリケン★ゴールデンスタジアム~(テレビ東京)
リンカーン(TBS)
TOKYOヒットガール(2011年10月 - 2012年9月、日本テレビ)
東京エトワール音楽院(2012年10月 - 2013年9月、日本テレビ)
他、バラエティ・トーク番組等に単独出演。いずれの番組でも、ネプチューンとしての番組出演では少なくなった堀内の芸人としての本領を発揮している(ネプチューンとしての出演はネプチューンを参照のこと)。

・テレビドラマ
ぼくが地球を救う(2002年7月 - 9月、TBS) - 桜新町弘 役
高原へいらっしゃい(2003年7月 - 9月、TBS)
ワンダフルライフ(2004年4月 - 6月、フジテレビ)
恋のから騒ぎ ~Love Stories~「海に落とされた女」(2004年9月25日、日本テレビ)
日本史サスペンス劇場(2008年8月13日、日本テレビ)
恋のから騒ぎ ~Love Stories V~「金星から来た女」(2008年10月10日、日本テレビ)
ザ・クイズショウ 第6話(2009年5月23日、日本テレビ) - 桂木誠 役
左目探偵EYE (2009年10月3日、日本テレビ)
ボクの妻と結婚してください。 第4話(2015年5月31日、NHK・BSプレミアム) - 堀内 役

・映画
劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王(2008年) - 杉村隆 / 仮面ライダーアーク 役

・ラジオ
堀内健とビビる大木のallnightnippon SUPER FRIDAY!→堀内健とビビる大木のオールナイトニッポン(ニッポン放送、2002年10月-2004年3月)
堀内健と出川哲朗のオールナイトニッポン(ニッポン放送、2015年6月19日)
堀内健と出川哲朗の夜・生!(ニッポン放送、2016年3月20日・2017年4月16日)

・CM
ホリデー車検(2009年12月-2011年5月)

・舞台
堀内夜あけの会
『恐怖 タコ公園のタコ女』(2014年5月、本多劇場)
『オマエは渋谷の夜回りおじさんじゃない!!』(2015年8月、本多劇場)

■著書
堀内健康白書(2003年1月、角川書店)

■CD
ホリケンサイズII/お兄やん、お姉やん&たかみー(2003年3月12日)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.