辻本達規 つじもとたつのり

「辻本達規」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「辻本達規」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「辻本達規」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

辻本達規のプロフィール

辻本 達規(つじもと・たつのり)

生年月日:1991年5月17日
出身:岐阜県羽島市
身長:177 cm
血液型:A型

BOYS AND MENおよびその派生ユニットYanKee5のメンバーである。愛称はつーじー、つじちゃんなど。BOYS AND MENでのテーマカラーは赤。

■略歴
2010年、BOYS AND MENの前身プロジェクト「IKEMEN☆NAGOYA」を扱った同名のテレビ番組でのメンバー募集に応募し、9月に事務所オーディションを経てBOYS AND MENに加入。11月より公演にキャストとして出演。舞台公演やライブ・イベント、バラエティ番組出演などで活動する。
2011年、BOYS AND MENの定期公演第2弾『ホワイト★タイツ』にてメインキャストを務め、派生ユニット・YanKee5のメンバーとなる。YanKee5のほかに、グループ加入時期が近くすぐに意気投合した水野勝と漫才コンビ「ブルークレヨン」を組んで、イベントなどで活動している。
2013年、東海テレビのローカルヒーロードラマ『黄金鯱伝説グランスピアー』の主演・帯刀大河/グランスピアー役に選ばれる。

■人物
岐阜市立岐阜商業高等学校卒業、愛知大学経済学部在学中。両親と姉が教員であり、自身も教員志望であった。
趣味・特技は筋トレ、スポーツ全般。野球好きな家族の影響で小学2年から少年野球団に所属し、高校まで野球を続けた。高校時代に肩と肘を壊し、大学ではサッカー部に所属。「たつのり」という名前は、読売ジャイアンツファンの祖父が原辰徳から付けたものである。
BOYS AND MENでのキャッチフレーズは「岐阜のパンドラの箱」。グループの中では、自身について「三枚目のおちゃらけキャラ」「元気担当」と称している。『黄金鯱伝説グランスピアー』監督の佐野智樹は、オーディション参加者の中から辻本を「天真爛漫で無邪気、お兄さんのような親しみやすさが役にぴったり」と評し、帯刀大河役の起用に至ったと明かしている。

■出演
・テレビドラマ
名古屋行き最終列車「1番ホーム~23時40分 名鉄岐阜発~」(2012年12月、メ~テレ)サラリーマン 役
黄金鯱伝説グランスピアー(2013年10月 - 12月、東海テレビ)主演・帯刀大河/グランスピアー 役
黄金鯱伝説グランスピアー 2ndシーズン(2014年4月 - 7月)
黄金鯱伝説グランスピアー 新春スペシャル~邪悪な剣ででらピンチ!~(2015年1月)
なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?(2014年10月 - 12月、メ~テレ)児玉 役
白鳥麗子でございます!(2016年1月 - 3月、地方局7局による共同制作)高田保 役

・その他のテレビ番組
サタメン!!!(2011年4月 - 2012年3月、中京テレビ)「春ボーイズ」メンバー
アイチ★ポリスAAA(2012年8月 - 2013年2月、メ~テレ)安心正義 役
アイチ☆ポリスMAX(2014年9月 - 2015年3月)
アイチ☆ポリス7(2015年9月 - 2016年3月)
ゴゴスマ -GO GO!Smile!-(2014年3月 - 2015年9月、CBCテレビ)「ボイメン体操」コーナー出演
ボイメン体操(2015年10月 - 、CBCテレビ)

・舞台
ストレートドライブ!(2010年 - 2011年)福本博史 役ほか
ストレートドライブR!(2012年)山田久信 役ほか
ホワイト★タイツ(2011年 - 2012年)石黒哲也 役ほか
ホワイト★タイツII(2012年 - 2013年)石黒哲也 役
東京奇人博覧会(2013年)
RETURNER(2013年 - 2014年)岡田以蔵/勝海舟 役

・映画
A.F.O ~All for one~(2014年)
サムライ・ロック(2015年)前田圭介 役
復讐したい(2016年)野崎誠 役
白鳥麗子でございます! THE MOVIE(2016年)高田保 役

・ウェブドラマ
キスのカタチ「蚕」(2016年)英一郎 役

・CM
コイケヤ「『ポリンキー』×『黄金鯱伝説グランスピアー』」(2014年)
中部テレコミュニケーション「コミュファ光」(2015年)

・その他
24時間テレビ キッズキャラバン隊(2011年)
羽島市チャレンジデー大使(2016年)

作品
電子書籍
写真集『NO LIMIT: TSUJIMOTO』(2015年、中京テレビ放送)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
辻本達規を「ウィキペディア」で参照する