設楽統 したらおさむ

「設楽統」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「設楽統」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「設楽統」に関連するモデルプレス記事

設楽統のプロフィール

設楽 統(したら おさむ)
1973年4月23日
お笑い芸人、俳優、声優、司会者
お笑いコンビ「バナナマン」のボケ(基本的にはボケとツッコミは決めていないため、ツッコミにも回る)、ネタ作り担当。相方は日村勇紀。西武鉄道OB(後述)。

略歴
デビュー前
1973年4月23日、埼玉県秩父郡皆野町に生まれる。家族構成は代々秩父に住居していた父と福岡県久留米市出身の母(旧姓:江頭)、姉、兄。1989年3月、皆野町立皆野中学校卒業。1992年3月に埼玉県立秩父農工高等学校機械科卒業後、西武系企業の西武長瀞ホテル支配人だった父親の縁故採用で、翌月西武鉄道に就職。同社池袋線小手指駅で駅員として勤務していたが、半年で退社。その後、カラオケ店、酒屋の配達など、半年間のフリーター期間を経て、お笑い芸人を目指し父親の友人で制作会社勤務の人の紹介で、渡辺正行の付き人として芸能界に入る。

お笑い芸人
1993年10月、知人から「4人でお笑いをやろう」と誘われ、新宿アルタ前に集合。そこで現在の相方である日村勇紀と出会う。設楽、日村、西秋元喜ともう1人で4人組のお笑いグループを結成するが、2回稽古しただけでこのグループを見限り、4人組から設楽と日村が脱退する形で現在のバナナマンが結成された。
2006年、テレビ朝日『虎の門』の企画「いとうせいこうナイト 話術王決定戦」の第3回チャンピオンに選ばれる。また、相方の日村も第2回話術王でチャンピオンとなっており、コンビ揃っての優勝となった。2009年11月放送のTBS『ザ・イロモネア』の企画「ピンモネア」で、史上3人目の100万円獲得を達成。2010年3月放送のフジテレビ『IPPON グランプリ 春の陣』で優勝し、年末のグランドチャンピオン大会出場権獲得。その後2015年11月放送のIPPONグランプリで2度目の優勝を果たした。

俳優
1997年から1998年にかけてテレビ朝日『土曜ワイド劇場』に端役で出演。
2008年からは連続ドラマへコンスタントに出演。主にTBSやテレビ朝日で放送するもの中心で役どころは『流星の絆』、『MR.BRAIN』を初めとして刑事役が多い。
2010年に、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』で映画初主演。
2012年に相方日村の主演ドラマ『イロドリヒムラ』の最終話(第10話)で監督デビューを果たした。

司会者
2012年4月2日からフジテレビで放送が開始されたノンストップ!のMCに就任した。設楽が情報番組のMCを務めるのはこれが初めてで帯番組も初めてである。

人物
秩父銘仙の販売のため全国を行商していた父方の祖父は、奄美大島で大島紬を知り、第一次世界大戦で化学染料の輸入が困難となった際に大島紬の染色法を参考にホルトノキによる黒色染料を考案し、「大黒エキス」の名で販売し莫大な利益を上げた。一方、設楽の母方(江頭家)の曾祖父(佐賀県佐賀市出身)は、その祖父が一期生として入学した入間郡立染色講習所の所長であり、卒業後も彼の商売の助言をするなど付き合いが深かった。父方の祖父は秩父銘仙の染色で巨額の富を得るも、太平洋戦争で織物工場が軍需工場にするために軍に接収され廃業。終戦後、祖父が遠方のため葬儀に出られなかった恩師である所長の墓前に家族を連れて参ったのがきっかけで両家は家族ぐるみの付き合いとなり、その過程で統の両親は恋に落ちて結婚した。
小学生の時から野球をやっており、中学での部活動は野球部。ポジションは遊撃手で一番打者。3年生の時はキャプテンだった。キャプテンになった3年生の時には「笑いながら何球もファウルボールを打って後輩に取りに行かせていた」という証言があってこの頃から“ドS”だった。
中学生の頃は生徒会長も務めていた。高校生の時は視聴者参加カラオケ番組「超青春!太陽族」(TBS)に出演し、チェッカーズの「夜明けのブレス」を歌った。
初恋した女の子に3回告白したが、「“友達”という関係だから」という理由でいずれもフラれたという経験がある。その子とは幼稚園から中学まで同じ所に通い(高校は別々だった)、『はじけてドンパーズ』というバンドも一緒にやっていたということもあった。
小手指駅で駅員として勤務していた時は「白線の内側で“伏せて”お待ちください」など、ギャグや小ネタを交えたアナウンスをしたことがあった。それでも先輩たちは怒ることなく、むしろウケが良く、可愛がられていた。
趣味はボウリング。1999年4月23日、19歳の時から交際していた一般人の女性と結婚。現在、娘が居る。
餃子の王将フリークで、若手時代に日村や構成作家のオークラらとよく行っていた。テレビ朝日『アメトーーク!』の「餃子の王将芸人」では、豊富な知識を披露した。
2007年3月18日12時30分頃、自らのタバコの不始末にて自宅が火事の被害に遭う。幸いにも自分の部屋が一部屋燃えただけで、全焼は回避されたものの、自宅にあった大事な写真やDVD、衣装、バッグ等のほとんどの私物はこの火事により焼失した。なお、現場検証中に一部が燃えた携帯電話が鳴り、それはマネージャーからの電話であった。その携帯電話はしばらくそのままで使用していた。
自他共に認めるドSであり、そのドSぶりを活かしたいじり芸の技術も高い。
2012年、ニホンモニターの調査による「2012テレビ番組出演本数ランキング」において、出演番組数が611番組で1位となった。

芸風
放送作家の高須光聖は、実力派中堅芸人が多いという話題の中、バナナマンの名前を挙げ「MCも出来るし、設楽は本当に凄い」と高く評価している。『アメトーーク』ではガヤ芸人としても位置付けられている。 また、アイドルや相方日村などにモニタリング室から無線で指示を出す、いわば「遠隔操作芸」も得意とする。

テレビ番組
情報・バラエティ番組
2012年 ノンストップ! フジテレビ 司会
2015年 クレイジージャーニー TBS

過去
2007年 - 2009年 むちゃぶり! TBS 声の出演
2008年 - 2009年 美しき青木・ド・ナウ テレビ朝日 「芸能界エコロジー調査」など
2009年 - 2010年 なんでもアリタっ! goomo
2009年 - 2011年 シネ通! テレビ東京
2010年 - 2016年 できた できた できた NHK Eテレ 声の出演(ペース役)
2010年 - 2011年 さきっちょ☆ テレビ朝日
2011年 ゴレンタン フジテレビ
2011年 - 2012年 Asian Ace TBS 司会
2012年 チョイス フジテレビ
2013年 - 2015年 ~世界にひとつ~ミラクルレシピ! テレビ朝日 司会

テレビドラマ
1997年 土曜ワイド劇場 女医は見ていた! テレビ朝日
1998年 土曜ワイド劇場 女医花橋澪子の事件カルテ 孝夫の友人
    土曜ワイド劇場 京都お見合いツアー殺人事件2 山口弘之
    土曜ワイド劇場 “繭の密室”連続殺人事件 前島博和
2005年 RUN AWAY GIRL 流れる女 BSフジ 絵里香の兄
2006年 ライオン丸G テレビ東京 蘭丸
2007年 特急田中3号 TBS 照美の父
2008年 ロス:タイム:ライフ第4節「看護師編」 フジテレビ 荻野政一
    蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ
    「都民・鈴子-百万円と苦虫女 序章-」 WOWOW たっちゃん
    流星の絆 TBS 萩村信二
2009年 MR.BRAIN 神田純一
    ツレがうつになりまして。 NHK総合 野島
    不毛地帯 フジテレビ 刑事
2010年 ハガネの女 テレビ朝日 先崎徹
2011年 ハガネの女 season2
2012年 最高の人生の終り方~エンディングプランナー~ TBS 長田栄司
    イロドリヒムラ カフェのマスター
2013年 確証~警視庁捜査3課 菅井捜査1課警部補
2015年 容疑者は8人の人気芸人 フジテレビ 本人

テレビアニメ
2015年 スター・ウォーズ 反乱者たち ディズニーXD モラド・スマール

映画
2005年 ホールドアップダウン 警察官3
2008年 ヒトリマケ 父 特別友情出演
2010年 裁判長!ここは懲役4年でどうすか 南波タモツ 初主演作
2011年 少年マイロの火星冒険記3D マイロのパパ 声の出演(日本語吹替)
    ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊 オキアミのウィル 声の出演(日本語吹替)
2015年 ミニオンズ ウォルター・ネルソン 声の出演(日本語吹替)
2016年 ペット マックス 声の出演(日本語吹替)

舞台
プロペラ犬第2回公演「ジャージマン」(2008年11月27日 - 12月4日)

CM
大正製薬「大正漢方胃腸薬」(1995年)
アース製薬「バポナ」(1996年) - 芦川よしみと共演
アデランス(1997年)
オートバックスセブン「オートバックスキャッシュバックセール」(2000年)
明治製菓(現・明治)「キシリッシュ」(2009年)
ゼンショーホールディングス「すき家」(2016年 -)

ゲーム
ドクターロートレックと忘却の騎士団(ジャン・ルグラン)

PV・その他
槇原敬之『Life Goes On~like nonstop music~』(Buppuレーベル)(2014年2月26日) - ジャケット写真。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
設楽統を「ウィキペディア」で参照する