イモトアヤコ いもとあやこ

「イモトアヤコ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「イモトアヤコ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「イモトアヤコ」に関連するモデルプレス記事

イモトアヤコのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

イモトアヤコのプロフィール

イモト アヤコ
1986年1月12日
お笑いタレント、女優、登山家で
愛称は珍獣ハンター・イモト
鳥取県出身
ワタナベエンターテインメント所属

来歴
学生時代
2003年、鳥取県立米子西高等学校3年生の時に学校祭のミスコンテストでグランプリとなり、同時に劇の主演女優賞、エンターテイナー賞など数々の賞を受賞する。この時は氣志團の物真似などを演じて、同性の支持を集めたとのこと。大学は早稲田大学を受験したことがあったが、こちらは不合格となり、2004年、文教大学情報学部に進学した。
大学3年の時にWCS3期生としてに入所し芸能界入り。フォーリンラブ結成前のバービーと「東京ホルモン娘」というコンビを組んで活動していた時期があり、このコンビで2006年のM-1グランプリに出場したことがあった(この当時、所属は「アマチュア」の表記)。本人曰く、この時はネタがスベリ過ぎて焦り、最後苦し紛れにバービーの胸を揉んで終わったという。
その後イモトが、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』で珍獣ハンターとしてレギュラーパーソナリティのオーディションに合格。長期ロケに出たこともあってコンビは自然消滅したという。

デビュー後
『世界の果てまでイッテQ!』の珍獣ハンターの企画で一躍注目を浴びる。イモトの父は娘がコモドドラゴンに追いかけられているのをテレビで見て初めて芸人になったことを知った。芸人になることに反対していた父はこれを心配し、「鳥取に帰って来い」と言ったという。しかし後に両親は芸人という職業を受け入れており、イモトが掲載された雑誌などの切り抜きを集めている。ハモネプリーグ(フジテレビ)の2007年9月18日に「高木ブーとキャンプ」(文教大学所属)にイモトとして参加。Cブロック最低点で敗退。しかしイモトのキャラクターはすでに確立しており、一番観客の笑いをとったステージだった。
2008年、文教大学情報学部広報学科卒業。かつては友人女性と共に東京で同居していた(2008年当時)。
2009年8月29日・30日放送の、日本テレビ系『24時間テレビ32』のチャリティーマラソンランナーに選ばれ、女性ランナーでは(男性も含めば2009年時点での)最年少で最長距離(126.585 km フルマラソン3本分)を完走。この日は第45回衆議院議員総選挙のため、放送終了時間までの完走はできなかったが、21時12分に完走を果たした。イモトのゴールは選挙特別番組「ZERO×選挙 2009」内で22時から録画放送された。
2009年10月、11月10日開幕のグラチャンバレーの応援スペシャルサポーターに就任。
2010年11月にTBSテレビで放送された『99年の愛~JAPANESE AMERICANS~』で、女優として出演した。
2013年10月2日、『イッテQ』の企画により、世界8位の高峰マナスル登頂に成功する。

写真家としての活動
写真家として個展も開催している。海外のロケ先では必ずたくさんの撮影をして来ている。同郷の鳥取県出身の写真家・植田正治を尊敬しており、2013年7月には植田正治写真美術館「植田正治生誕100年特別企画展 SHOJI UEDA:DUNES」を訪れテレビPRも行った。また、2014年10月から11月にかけて植田正治写真美術館で自らが世界各地で撮影した美しい風景や現地の人々の姿など計50点を展示する写真展「地球の絶景珍景写真展」が開催された。

「イッテQ」エピソード
陸上部で培った俊足を生かして『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)の2007年11月18日放送の「珍獣ハンターオーディション」で50mを全力ダッシュして“珍獣くん”のぬいぐるみを奪い取りオーディションに合格、以後「珍獣ハンター・イモト」、続編「珍獣ハンター・イモト ナイル川源流探しの旅」、「珍獣ハンター・イモト・ワールドツアー 目指せ世界195カ国制覇」の企画に出演。イモト・シリーズがレギュラー化する人気を博している。
珍獣ハンターとしての初仕事は、巨大なトカゲ・コモドドラゴンに追いかけられるという体を張ったものであった。このロケの後日談として、スタッフがリハーサルはおろか、仮に襲われた時の対処法すら用意していない勝負であったことが自身によって語られている。「もしも襲われたらたぶん(紐に縛りつけた)肉に食いつくからたぶん大丈夫。とりあえずは何とかして」というスタッフの言葉に「テレビに殺される…」と思ったという。
2009年2月19日、珍獣ハンターとしての活動の総決算として書籍「世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑」(出版:日本テレビ放送網)が発売。彼女自身が写真撮影・編集に携わり珍獣コレクションの他にも、旅日記・イモトのインタビュー・絶景ベスト5などが編纂されている。またイモトのコスプレグラビアが付録になっている。価格は999円。一週間で6万5000部が売れ、新宿紀伊國屋書店で行われたサイン会には親子連れを中心に200人が集まった。
2012年9月マッターホルンに登山後、ヘリコプターで下山したことに対して、野口健にTwitterにて批難された。しかし、イモト本人の判断でヘリコプターにより下山を選択したわけではなく、登山では、下山の方が困難であり死亡率も高いが、視聴者が求めるのは登頂までの経緯であるため、本格的な登山家が本業ではなく、体力の消耗も激しかったため、野口の発言を批難する者が多数いた。しかし、その後マナスルでは自力で下山している。マナスルの死亡率は17.85 %。
2014年にはエベレストへの登頂に挑戦したが、雪崩によってシェルパ(ネパール人観光ガイドの呼び名)が死亡する事故が起き、世界各国の主要登山隊が続々と引き揚げていることを受けて取り止めた。この件に関してエベレスト山の登頂成功経験がある野口健は「日テレの判断は正しいと思います」とコメントしている。
2016年7月3日の放送にてコスタリカを訪れた際、番組スタッフからコスタリカがイギリスの研究機関・NEF(New Economics Foundation)が発表した「世界で最も幸せに暮らせる国ランキング」で1位に輝き、その理由として「常備軍を廃止した国」「自然エネルギー先進国」であることが評価されたのではないかとの説明がなされた。しかし、イモトはここで不思議そうな顔つきで「軍隊がないとなんで幸せ?」と疑問を口にし、番組スタッフが「戦争にならないからじゃないの?」と返すと、「でもさ、こっちが(戦争を)仕掛けなくても、もし向こうから来たときに、軍がないと『アチャー』ってなっちゃう…」と納得がいかない様子で語る場面があった。

本人・家族
父は公務員、母は保育士。二人姉妹の長女。
子供の頃は、ミニ四駆の車体改造に夢中だった。
身長158 cm、体重48 kg[17]。ただし、身長に関しては153 cm説もあり、体重に関しては本人が「私50 kgくらいありますよ~」と 『世界の果てまでイッテQ!』にて発言している。宮川大輔とロケを行った「アカン運びフェスティバル」では50kgだった。また2009年7月の放送でインドを訪れたときは41.3 kgになっている。2015年5月の放送でバングラデシュを訪れた際は身長159.5 cmで体重56.3 kgと放送された。
バストEカップ、ウエスト62cm、ヒップ86-88cm。2016年11月14日放送のTBSラジオ『イモトアヤコのすっぴんしゃん』にて公表。バストが下がってきたと感じたイモトは、30歳にして初めてちゃんとした下着屋さんを訪れた。それまではBカップだと思い込んでいたが、店員に「Dカップでは収まらない」と告げられ、Eカップであることが判明。
子供の頃なりたかったと思っていたのは、『おかあさんといっしょ』(NHK)のようなうたのおねえさんだった。
ピアノは小学生時代の6年間やっていた。
小学生時代はバレーボール部のキャプテン。中学校では陸上部に所属し、中学3年生だった2000年の時に鳥取県の陸上競技大会の100メートル競走で6位。中学生時代は生徒会の副会長も務めた。高校生時代はハンドボール部で、ここでもキャプテンを務めたが、先生から強制指名されて就任したという。
運動神経が良いという長所を持っているが、水泳は苦手。オランウータンに負けるほど全く泳げない。水が苦手というが、番組を通じて克服してきているらしい。
中学生の時の1999年、モーニング娘。の第2回追加オーディション(後藤真希(第3期メンバー)が合格した回)に応募したが、書類審査で落選している。
高校生の時、他校に通う彼氏らしき人はいた。その彼氏と雨の中キスしたエピソードを語っている。高校は男女共学だったが、圧倒的に女子が多い学校だった(イモトが通っていた米子西高校は元々、高等女学校としての前身を持っていたため、現在でも女子の比率は高い)。
大学生時代は映像関係のゼミに所属し、番組制作の実習などに取り組んでおり、目標はディレクターだったと言う。もし芸能人になっていなかったら、ADをやっていたと思うと話していたが、実際に学生時代にADのアルバイトをしている。自分もなりたかったモーニング娘。(当時)の辻希美のための企画で食べ物を探しに行かされるなどの雑用を経験、アイドルと自分との格差を思い知らされて一層芸能界への思いを強くしたという。
歯並びにコンプレックスがあり、39万円かけて歯列矯正した。
テレビなどで、鳥取の方言(西伯郡出身なので雲伯方言)で喋ることがある。
ユナイテッド航空・マイレージ・プラスの、2014年度のプレミア1K会員である。
東日本大震災発生間もない頃、月に1回の休みの日に、自費で車を出して被災地にボランティア活動に出向いていた(同じ事務所の後輩・なちゅの話による)。
芸名をカタカナにしているのは、「分かりやすさ」のため。

趣味・嗜好
巨大建造物マニア。イッテQのパラグアイロケでパラグアイ最大のダムを訪れた時に判明。その時、ダムだけでなく発電所にある大型タービンにも興奮していた。
また筋肉マニアでもあり、ロケで男性のムキムキの筋肉を見ると、腹筋などを触るシーンもよく見られる。
安室奈美恵の大ファンであり、自分のことを「鳥取の安室奈美恵」と称していたほど。安室風の独特のダンスを得意としている。 ロケの悪天候の影響で、コンサートに間に合わなかったときは、あまりの悲しさに涙していた。本人曰く、一年で一番楽しみにしている日だという。
三谷幸喜のファンでもある。
ドラマ撮影用の髪型が中部国際空港10周年記念トークショーに出演した際、ミュージカル「アニー」の主人公の髪型に似てると弄られ、即興で「アニー」の歌真似を披露した。
好きな楽曲はZARDの『負けないで』。
無類のイケメン好きと語っており、理想のタイプは手越祐也。手越も出演しているイッテQのVTRでは、ラブコールを送ったり妄想劇を発揮するのが通例となっている。(しかし、これはテレビ上の演出と思われる。)本当の理想のタイプは、櫻井翔(手越の先輩でもある)、水嶋ヒロ。同年代である城田優から番組内で生放送中にキスをされたが、行列のできる法律相談所で「恋愛感情はない」とはっきり言われている。
かっこいいと思う女性有名人に、天海祐希、江角マキコを挙げている。
今まで見た中で好きなテレビドラマには、『魔女の条件』『バージンロード』を挙げている。
パチンコ店、ゲームセンターなど、音がうるさい場所が苦手。
海外で食べた食物の中で衝撃だったものは、土だったと語っている。
ヘビ恐怖症であるが、ナマズもヘビほどではないが苦手。イモト曰く「足の無いものはダメ」と語っている。ムカデには猛毒を持っているにも関わらず、何の躊躇も無く素手で触っていた。
好きな動物はカピバラ。
犬を撫でると興奮する。
滝が好き(自称、「巷では有名な“滝ガール”」)。
自転車が好き(ピナレロのロードバイクを所有している。他にもブロンプトンの折り畳み自転車など数台。しまなみ海道をサイクリングしたことがある。)
読書好きで、好きな作家は池波正太郎、白洲正子、松浦弥太郎、林真理子、西加奈子。漫画で好きな作品はキングダム。飛行機での長距離移動の際によく持ち込んで読んでいるという。

芸風など
芸風は、自称“田舎の女子高生”といったキャラクターで、セーラー服姿で出演している。制服は母校・米子西高校のセーラー服を模したデザインである。方言を使った一人コントを展開する。なお、太く見える眉毛は描いており、マジックではなくペンシルで描いている。眉を太く描くようになった理由は、本人曰く「顔がパッとしない」とのことで、田舎の女子高生を演じるコントで、田舎っぽさを出すことを色々考えていたところ、眉を太く描いてみたらしっくり来たと思ったことだったという。なお、珍獣ハンターとしての仕事で強い動物と対決する時はより太く描いている。ちょうど柳原可奈子のギャルキャラコントがヒットしていた頃に、自分は逆を張ろうとして田舎者キャラでいこうと決めたという。本人は「ブサイクメイク」であることを強調し、すっぴんは美少女(本人曰く、成海璃子似との事)であると語っている。ちなみに素顔は上記プレスカードの写真や番組ディレクターのアポ無し自宅訪問のほか、TOKYO GIRLS COLLECTION 2009AUTMN/WINTER[46]や2010年10月10日付けの公式ブログなどでも公開されている。
自己紹介や、あいさつの際に「どうも、どうもどうもどうもイモトでございます」と手を振りながら言うのが定番となっている。
イッテQではVTR出演が大半でありVTRの中では明るくお転婆なキャラクターであり個性も強いが、大先輩の内村光良などが集うスタジオ収録ではあからさまに緊張の表情が隠せず発言の機会も非常に少ない。出演者に積極的に絡んでいく姿はあまり見られず他のパネラー同志のカラみを後ろからただ笑っていることが多い。以前、初めてプレゼンテーション(通称「めくり」)があった時も内村から「イモト初のめくり! 緊張してんのか?」と問いかけられて苦笑いだった。座席の位置は前方、画面左。
イッテQのロケのため、1年の2/3を海外で過ごすという。自称『日本一家賃を無駄にしている女』。
更に2009年からイッテQの企画で登山活動をしており、最終的には世界最高峰であるエベレスト登頂を目指している。
イッテQ共演者である手越と仲が良い。
しゃべくり007に出演した際は「珍獣や現地の人は全然平気だけど日本人にはめっぽう弱い」と発言し事務所の先輩ネプチューンとの共演に緊張で汗ダラダラだった。中でも堀内健のファンだったことを明かした。
泉ピン子は一押しの芸人としてイモトの名を挙げている(後にイモトは上記のドラマにて泉ピン子の役の若い頃を演じている)。
萩本欽一は1番ソングSHOWにてイモトを気に入っていることを公言している。

登山(アルピニスト)
主な登山プロジェクト
2009年5月 キリマンジャロ登頂(標高5895m)
2010年8月 モンブラン登頂 (標高4810m)(三山縦走(タキュル→モンモディ→モンブラン))
2011年8月 キリマンジャロ登頂(標高5895m)(2回目)
2012年1月 アコンカグア登頂断念(標高6962m、標高6890m地点で下山開始)
2012年9月 マッターホルン登頂 (標高4478m)
2013年10月 マナスル登頂(標高8163m)
2014年4月 エベレスト登頂断念(標高8850m、メラピーク下山後のベースキャンプ・カーレ(標高4900m)で断念)
2015年6月 マッキンリー登頂(標高6168m)
2016年8月 アイガー登頂 (標高3970m)
その他、トレーニング、高所順化、テストクライミングによる登山
2010年 崋山登山
2011年12月 西穂独標登頂
2012年8月 剱岳、源次郎尾根から登頂、ほかCフェース登攀
2012年8月 ブライトホルン登頂
2013年 エクスカリバー・タワー登頂 (クライミングウォール)
2013年冬 八ヶ岳、南沢大滝登頂 (アイスクライミング)
2014年2月 キナバル登頂
2014年冬 大山登頂
2014年4月 メラピーク(英語版)登頂(標高6461m)
2015年 ルッツォーネダム(英語版)登頂 (クライミングウォール)
2016年8月 メンヒ登頂

バラエティ
世界の果てまでイッテQ!(2007年2月 - 、日本テレビ)レギュラー
コンビを解散した現在でも、バービーと不定期に共演している。バービーは準レギュラー。
過去の出演番組
ミリオンダイス(日本テレビ) レギュラー
青春!イモトの門(2010年、BSフジ) ワタナベコメディスクール3期卒業生として出演、メインMC
イモトアヤコ隊長の美味しい夏メシ探検隊(2010年8月、テレビ東京)
ハケンOLは見た!( - 2011年9月、テレビ東京) レギュラー
幸せの黄色い仔犬(中京テレビ) 「シアワセの黄色い表彰状」のコーナーに出演
なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付(2011年2月25日、2011年10月 - 2016年3月、日本テレビ)

ラジオ番組
FMシアター『ほかの誰でもないアヤコ』(2016年9月17日、NHK-FM)- 花島アヤコ 役(平成28年度文化庁芸術祭優秀賞受賞作品)
イモトアヤコのすっぴんしゃん(2016年10月3日 - 、TBSラジオ)

単発・特別番組
24時間テレビ34(2011年8月20日・21日、日本テレビ)番組パーソナリティー

CM
トヨタ自動車 PASSO おすすめ編(2009年) 加藤ローサの友人役で出演。
サントリー「ビタミンウォーター(肉食系男子篇)」(2009年)速水もこみち、照英と共演
バンダイ「怪獣バスターズ」(2010年)
任天堂「ニンテンドーDSソフト・絵心教室DS」 (2010年) 絵のモデル役
日本ケロッグ「ココくんのチョコワ」(2010年 - )
ネスレ日本 ネスカフェ エクセラ「エクセラで、ラテ!・medium編」(2011年) - 石塚英彦と共演
サカゼンイメージキャラクター(2012年) - 中山秀征、石塚英彦、五十嵐隼士らと共演
ネスレ日本 ネスカフェ 珈琲の恵み 生豆茶(2012年) - 仲間リサ、中村明花と共演
エクスコムグローバル「イモトのWiFi」(2013年 - )
Wエンジンのチャンカワイ、フォーリンラブのバービーと共演。なお、イモトとバービーの元コンビでの共演はこのCMが初である。
森永製菓「森永甘酒」(2015年 - )

ドラマ
99年の愛~JAPANESE AMERICANS~(2010年11月3日、TBS) - 平松とも(当時編) 役 - 女優デビュー作品
24時間テレビスペシャルドラマ「生きてるだけでなんくるないさ」(2011年8月20日、日本テレビ) - 矢島春奈 役
土曜ドラマ「ご縁ハンター」(2013年4月13日 - 4月27日、NHK総合) - 井上千帆 役
金曜ロードSHOW! スペシャルドラマ「最高のおもてなし」(2014年2月28日、日本テレビ) - 主演・鈴木ちえ 役
金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画「結婚に一番近くて遠い女」(2015年3月6日、日本テレビ) - 主演・別府すみれ 役
家売るオンナ(2016年7月 - 9月、日本テレビ) - 白州美加 役
あなたにドロップキックを(2017年3月17日、NHK総合) - 主演・秋吉秋子 役

舞台
君となら~Nobody Else But You(2014年、PARCO劇場) - 小磯ふじみ
朗読劇『ラヴ・レターズ ~2016 The Climax Special~』(2016年6月22日、PARCO劇場)

Web
WEタウンBB「スタ缶」 (あっ!とおどろく放送局、2006年)
あっ!と芸人コレクション! イモトアヤコ「初めてのお泊り。」 (あっ!とおどろく放送局)

書籍
『珍獣ハンター・イモト 動物図鑑』(日本テレビ出版 2009年2月)
『どうも、どうも イモトアヤコでございます。』(集英社 2009年10月)
『珍獣ハンター・イモト 動物図鑑 アフリカ編』(日本テレビ出版 2010年3月)
『イモトアヤコの地球7周半』(プレジデント社 2013年6月28)
『イモトの元気の素 88の言葉』(日経BP、2016年1月22日)[53]

ゲーム
イモトの珍獣だらけ (日テレ×GAME) 携帯電話用ゲーム

CD
G20+ネプ&イモト名義
ボクラノセカイ(2012年8月8日) - 日本テレビ「ネプ&イモトの世界番付」テーマソング

写真展
写真展「地球の絶景珍景写真展」(2014年10月29日 - 11月30日、植田正治写真美術館)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
イモトアヤコを「ウィキペディア」で参照する