中村勘九郎 なかむらかんくろう

「中村勘九郎」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「中村勘九郎」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「中村勘九郎」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

中村勘九郎のプロフィール

六代目 中村勘九郎(ろくだいめ なかむら かんくろう)
1981年10月31日
歌舞伎役者、俳優
屋号は中村屋
定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴
歌舞伎名跡「中村勘九郎」の当代
東京都出身
ファーンウッド所属。

人物
父は十八代目中村勘三郎、弟は二代目中村七之助。父方の祖父は十七代目中村勘三郎で、母方の祖父は七代目中村芝翫。父方の伯母は女優の波乃久里子。妻は女優の前田愛。義妹は女優の前田亜季。
青山学院初等部・中等部卒業、高等部を中退し堀越高等学校に転校、卒業。東洋大学中退。
視力が悪く、舞台以外では眼鏡をかけることもある。
妻・前田愛とは、ドラマ『光の帝国』での共演をきっかけに交際をはじめ結婚した。
唯一の趣味は漫画を読むことで、単行本よりも週刊誌をリアルタイムで読むことに感動するという。父込みでTVゲームのファンである。
2017年2月の『二月大歌舞伎』にて長男が自身の初名である中村勘太郎を3代目として、次男が中村長三郎(三世中村勘三郎の幼名)を2代目としてそれぞれ襲名して初舞台を踏んだ。

来歴
1981年10月31日 - 五代目中村勘九郎(のちの十八代目中村勘三郎)の長男として生まれる。
1986年1月 - 『近江源氏先陣館』「盛綱陣屋」の小三郎で初お目見得。
1987年1月 - 歌舞伎座『門出二人桃太郎』の桃太郎で、二代目中村勘太郎を襲名して初舞台。
2009年10月28日 - 前田愛と結婚。
2011年2月22日 - 長男が誕生。
2012年2月 - 新橋演舞場二月大歌舞伎『土蜘』の僧智籌実ハ土蜘の精、『天衣紛上野初花』(河内山)の松江出雲守、『春興鏡獅子』の小姓弥生後ニ獅子の精で六代目中村勘九郎を襲名。
2013年4月2日 - 歌舞伎座『新こけら落とし公演』第一部中幕・舞踊「お祭り」にて長男をサプライズで登場させた。
2013年5月22日 - 次男が誕生。

受賞歴
2001年 - 第11回日本映画批評家大賞 新人賞
2003年 - 平成15年度真山青果賞 新人賞
2009年 - 第16回読売演劇大賞 杉村春子賞
2012年 - 第33回松尾芸能賞 新人賞
2013年 - 第20回読売演劇大賞 最優秀男優賞
2014年 - 第39回菊田一夫演劇賞 演劇賞
2015年 - 第1回森光子の奨励賞 *弟の中村七之助と受賞

テレビドラマ
時間ですよふたたび 第6話(TBS、1987年) - とおる 役
豊臣秀吉 天下を獲る!(テレビ東京、1995年) - 日吉 役
光の帝国(NHK、2001年) - 倉沢泰彦 役
新選組!(NHK、2004年) - 藤堂平助 役
女の一代記 第一話・瀬戸内寂聴(フジテレビ、2005年) - 木下涼太 役
そうか、もう君はいないのか(TBS、2009年) - 城山三郎 役
オトコマエ!2(NHK、2009年) - 浜田弥次郎 役
時計屋の娘(TBS、2013年) - 若き日の秋山 役
おやじの背中 第4話・母の秘密(TBS、2014年) - 麻倉慎介 役
赤めだか(TBS、2015年12月28日) - 5代目中村勘九郎 役

ドキュメンタリー
世界遺産(TBS、2006年5月7日 - 2008年3月23日)- ナレーション
課外授業 ようこそ先輩・大竹しのぶ(NHK総合、2010年9月12日)- ナレーション
にっぽん歴史街道(BS-TBS、2011年4月8日 - 2012年9月27日)- 旅人・語り
Vメシ!JAPAN(フジテレビ・BSフジ、2012年4月1日-2015年3月) - ナレーション
美しい日本に出会う旅〜勘九郎街道をゆく(BS-TBS、2012年10月3日 - 2015年3月25日) - 旅人・語り
テレビ未来遺産「中村勘九郎~親子の宿命~」(TBS、2015年5月4日)- ナビゲーター

映画
ターン(2001年、平山秀幸監督) - 泉洋平 役
禅 ZEN(2009年、高橋伴明監督) - 道元 役
清須会議(2013年、三谷幸喜監督) - 織田信忠 役
真田十勇士(2016年、堤幸彦監督) - 猿飛佐助 役
銀魂(2017年公開予定、福田雄一監督) - 近藤勲 役

現代劇・時代劇
NODA・MAP第10回公演 走れメルス-少女の唇からはダイナマイト!(シアターコクーン、2004年12月3日 - 2005年1月30日、野田秀樹演出)- スルメ 役
おくりびと(赤坂ACTシアター、2010年5月29日 - 6月6日、G2演出)- 小林大悟 役
ろくでなし啄木(池袋・東京芸術劇場、2011年1月7日 - 23日、三谷幸喜演出) - テツ 役
さらば八月の大地(新橋演舞場、2013年11月1日 - 25日、山田洋次演出)- 張凌風 役
真田十勇士(青山劇場、2014年1月7日 - 2月2日、堤幸彦演出)- 猿飛佐助 役
真田十勇士(再演、新国立劇場中劇場、2016年予定、堤幸彦演出)- 猿飛佐助 役

CM
ロッテ「チョコパイ」「クレープアイス」- いずれも幼少時に弟と出演
ヱビスビール(2013年)
ブラザー工業「PRIVIO」(2014年) - 弟・七之助と出演
アサヒ飲料「おいしい水 六甲 / 富士山」(2016年)
リーブ21(2016年) - 弟・七之助と出演

テレビ番組
鶴瓶の家族に乾杯(NHK、2011年10月17日、24日)
A-Studio(TBS、2012年2月17日)
ジョブチューン アノ職業の秘密ぶっちゃけます!(TBS、2013年4月27日) - ゲスト
天才の軌跡〜神のごとき芸術家ミケランジェロ〜(BS-TBS、2013年9月21日) - ナビゲーター
にほんごであそぼ(NHK、2014年3月31日-)※長男・七緒八も出演

その他
システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展 天才の軌跡(国立西洋美術館、2013年) - 音声ガイド

著書
『歌舞伎の名セリフ - 粋で鯔背なニッポン語』(光文社、2002年)
『ボクらの時代 自分を「美しく」見せる技術』藤原竜也・高橋大輔共著(扶桑社、2008年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
中村勘九郎を「ウィキペディア」で参照する