田名部生来 たなべみく

「田名部生来」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「田名部生来」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「田名部生来」に関連するモデルプレス記事

田名部生来のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

田名部生来のプロフィール

田名部 生来(たなべ みく)
1992年12月2日
アイドル、女性アイドルグループAKB48チームBのメンバー
滋賀県出身
AKS所属
元Mousa所属

略歴
2006年
7月から2007年4月の間に開催された「モーニング娘。Happy8期オーディション」の1次審査に合格。
12月3日、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
2007年
4月8日、AKB48劇場でのチームB 1st Stage「青春ガールズ」初日公演において、旧チームBの一員として公演デビュー。
2009年
8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームKに異動することが発表され、2010年3月12日にチームKに異動した。
2010年
3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、AKSからMousaへの移籍打診が発表され、4月22日に同社所属となったことがホームページにて発表された。
9月21日に開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では12位で、メディア選抜入りを果たした。これが初の選抜入りとなる。
2011年
8月30日、滋賀県警察本部の初代「滋賀県交通安全ふるさと大使」(任期1年間)に任命。
9月14日、斎藤惇夫の児童文学作品『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(アニメ『ガンバの冒険』の原作)から生まれたユニット「BABY GAMBA」のヴォーカルとして仲谷明香とともに、DVDシングル「ええじゃないか」でavexよりデビュー。
2012年
3月2日、Google+の秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす。
4月2日、自身初の冠番組となる『タナブ倶楽部deどうでしょう』が地元のびわ湖放送で放送開始される。
8月6日、「滋賀県交通安全ふるさと大使」の任期が延長された(任期未定)。
8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』初日公演において、チームBに異動することが発表された。
11月1日、チームBに異動。
2013年
5月24日、宝島社より『別冊タナブ島 田名部生来のオタクカルチャー大全 DVD付き』を出版。
2014年
5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では71位で、アップカミングガールズに選出された。6回目の総選挙で初めて入選し、スピーチでは「ドッキリでしょうか」と土下座で感謝を伝えた。
2015年
4月30日をもってMousaとの契約を終了し退社。
5月2日、Google+の投稿においてAKSへの移籍を発表。
2016年
10月10日に開催された、「AKB48グループ ユニットシングル争奪じゃんけん大会in神戸ワールド記念ホール」で優勝し、7代目じゃんけん女王となり、初めてユニットでのデビューと同ユニットのシングル楽曲のセンターを獲得した。

人物
愛称は、たなみん。ブログやGoogle+での主な一人称は、たなぶ、みんくそ。
キャッチフレーズは「あなたのハートをロックミン♪うれCたのCたなみんC!たなみんこと田名部生来です」。
アニメや漫画、ゲーム、コスプレ、特撮に興味があるおたく。
過去には漫画家志望であったこともある。
小学生の頃に、マンガ好きな父から薦められて読み始めた『ドカベン』が好きで、単行本も全巻所有し、同作で漢字を覚えたというほど。好きなキャラクターは殿馬一人。
同じく父の影響で、『宇宙海賊キャプテンハーロック』や『銀河鉄道999』など、松本零士の作品も好きであり、松本とはトークイベントでの共演も果たしている。
2011年5月28日に開催された『デジタルまんが祭りinうつのみや』において、『あしたのジョー』作画者ちばてつや本人の前で力石徹の似顔絵を披露し、ちばのブログにも掲載された。
デビュー3年目から、ショートヘアとなったが、以前は床に付くほどのロングヘアであった。これはロングヘア好きの母の指示で、『美少女戦士セーラームーン』『機動戦艦ナデシコ』『サクラ大戦』『おジャ魔女どれみ』など、手作りの衣装でのコスプレもしていた。『別冊タナブ島 田名部生来のオタクカルチャー大全 DVD付き』のコスプレ企画の撮影時には母がスタイリストとして参加した。
特撮好きが高じて円谷プロ50周年記念イベントに出席したり、ウルトラシリーズに登場する怪獣ミクラスと自身がコラボしたキャラクター「タナミクラス」の商品展開も行われている。また、東映モバイル宣伝部長として、コラムを連載している。
中学生時は図書委員長。本が好きで、司馬遼太郎の『燃えよ剣』『新選組血風録』を「思い出の作品」として挙げている。司馬の作品の影響で新撰組が好き。
石橋哲也(カオポイント)主催のイベント『Bashi's BAR』においてDJとしての活動を開始、以後「DJ mnks」の名で、やついいちろう(エレキコミック)が主催する『YATSUI FESTIVAL! 2014』への出演や、自身とヴィレッジヴァンガードとのコラボイベントで『DJ mnks SHOW』を行うなどしている。
アイドルでありながらも酒好きを公言しており、ブログなどでも酒にまつわるエピソードを披露している。2014年の『AKB48 37thシングル選抜総選挙』での自身初ランクインを記念したイベントでは、父や集まったファンとともに乾杯を交わした。AKB48の総合プロデューサーである秋元康は、チームBメンバーを紹介する楽曲「Bガーデン」の田名部についての歌詞に「酒」を盛り込んだ。
「滋賀県交通安全ふるさと大使」を務めている縁で、2012年4月から近江鉄道、京阪電気鉄道石山坂本線で運行されている滋賀県警察本部の広告ラッピング電車「パト電」に自身の婦人警官姿の写真が配されている。
アクション女優志望で、桃井かおりや浅野温子のような影のある役ができる女優になるのが目標。
スポーツ吹矢検定2級を取得している。
身長が公式プロフィールよりも高いと自称。
川島邦裕(野性爆弾)の推しメンで、川島の出演する肉糞亭一門のライブに招待された。
千代鳳祐樹の推しメンで、兄の千代丸一樹とともに劇場公演を観に来たり、九重部屋の打ち上げパーティーに田名部が招待されるなど交流がある。
好きなアーティストに、同郷のT.M.Revolution、UVERworld、他にもGLAY、水樹奈々、オアシスを挙げている。

AKB48
多田愛佳、仲谷明香、渡辺麻友と田名部の4人で「ヲタ4」と称し、アニメイトや男装喫茶へ遊びに行くこともあった。2010年10月に行われた『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』のカラオケ大会において 「ヲタ4」で各々自前のコスチュームに身を包み、ともにアニメソングである「ふわふわ時間」「ハッピー☆マテリアル」を披露した。

AKB48での参加楽曲
シングルCD選抜楽曲
「Baby! Baby! Baby!」に収録
初日
「大声ダイヤモンド」に収録
大声ダイヤモンド (team B ver.) - 「チームB」名義
「涙サプライズ!」に収録
初日 - 「チームB」名義
「RIVER」に収録
ひこうき雲 - 「シアターガールズ」名義
「ポニーテールとシュシュ」に収録
僕のYELL - 「シアターガールズ」名義
「Beginner」に収録
泣ける場所 - 「DIVA」名義
チャンスの順番
ALIVE - 「チームK」名義
「桜の木になろう」に収録
エリアK - 「DIVA」名義
「Everyday、カチューシャ」に収録
人の力 - 「アンダーガールズ」名義
「風は吹いている」に収録
Vamos - 「アンダーガールズ ばら組」名義
「上からマリコ」に収録
ゼロサム太陽 - 「チームK」名義
「GIVE ME FIVE!」に収録
ユングやフロイトの場合 - 「スペシャルガールズC」名義
「真夏のSounds good !」に収録
ぐぐたすの空
「ギンガムチェック」に収録
あの日の風鈴 - 「ウェイティングガールズ」名義
「UZA」に収録
正義の味方じゃないヒーロー - 「Team B」名義
「永遠プレッシャー」に収録
私たちのReason
「So long !」に収録
そこで犬のうんち踏んじゃうかね? - 「梅田TeamB」名義
「さよならクロール」に収録
ロマンス拳銃 - 「Team B」名義
「ハート・エレキ」に収録
Tiny T-shirt - 「Team B」名義
「前しか向かねえ」に収録
恋とか…
「ラブラドール・レトリバー」に収録
Bガーデン - 「Team B」名義
「心のプラカード」に収録
チューインガムの味がなくなるまで - 「アップカミングガールズ」名義
「希望的リフレイン」に収録
歌いたい - 「かとれあ組」名義
ロンリネスクラブ - 「Team B」名義
Reborn - 「チームサプライズ」名義
「唇にBe My Baby」に収録
金の羽根を持つ人よ - 「Team B」名義
「翼はいらない」に収録
恋をすると馬鹿を見る - 「Team B」名義

アルバムCD選抜楽曲
『神曲たち』に収録
君と虹と太陽と
『ここにいたこと』に収録
僕にできること - 「チームK」名義
ここにいたこと
『1830m』に収録
家出の夜 - 「チームK」名義
青空よ 寂しくないか?
『次の足跡』に収録
悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義
『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
To goで - 「倉持TeamB」名義
「0と1の間」に収録
ミュージックジャンキー - 「Team B」名義

劇場公演ユニット曲
チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演
ふしだらな夏
チームB 2nd Stage「会いたかった」公演
渚のCHERRY
チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演
鏡の中のジャンヌ・ダルク
チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演
愛しきナターシャ
THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演
記憶のジレンマ
※野呂佳代・野中美郷のスタンバイ
チームK 6th Stage「RESET」公演
明日のためにキスを
制服レジスタンス ※
※小野恵令奈→横山由依のユニットアンダー
梅田チームB ウェイティング公演
涙に沈む太陽(チームサプライズ 「重力シンパシー」公演、篠田麻里子のポジション)
ごめんね ジュエル(チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」、宮澤佐江のポジション)
チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演
鏡の中のジャンヌダルク ※
※高城亜樹、橋本耀のアンダー
田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演
1994年の雷鳴(チームサプライズ 「重力シンパシー」公演、小嶋陽菜のポジション)
チームB 7th Stage「ただいま 恋愛中」公演
純愛のクレッシェンド
リバイバル公演「僕の太陽」公演
僕とジュリエットとジェットコースター(阿部マリアのスタンバイ)
チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演
記憶のジレンマ ※
※伊豆田莉奈のアンダー

テレビドラマ
マジすか学園(2010年1月8日 - 3月26日、テレビ東京) - ジャンボ 役
マジすか学園2(2011年4月15日 - 7月1日、テレビ東京) - ジャンボ 役
So long ! 第3夜(2013年2月13日、日本テレビ)
ショムニ2013 第3話(2013年7月24日、フジテレビ) - ギャラクティッカ3姉妹 役
甲州戦記サクライザー シーズン5第4話(2014年4月27日、山梨放送)

バラエティ
TV Future Icon.svg
この項目には放送開始前の番組に関する記述があります。Wikipediaはニュース速報でも宣伝サイトでもありません。方針に従い独自研究の予測などは載せず、信頼の可能である出典を明記した上で正確な記述を心がけてください。また、特に重要と思われることについてはウィキニュースへの投稿も検討してください。(2016年11月)
AKB1じ59ふん!(2008年1月31日、日本テレビ)
すイエんサー(2009年4月7日・6月16日・9月15日・2010年3月16日、NHK教育)
AKBINGO!(不定期出演、日本テレビ)
週刊AKB(不定期出演、テレビ東京)
AKB48 SHOW!(不定期出演[55]、NHK BSプレミアム)
PigooRadio~Mousa(2011年4月18日 - 、PigooHD・エンタ!371)
AKB48ネ申テレビ(ファミリー劇場)
Season6(2011年6月26日・7月3日)
Season19(2015年8月30日)
AKB48コント「びみょ~」(2011年10月6日 - 2月16日、不定期出演、ひかりTV)
タナブ倶楽部deどうでしょう(2012年4月2日 - 7月30日、びわ湖放送)
AKB48のあんた、誰?(2012年5月3日 - 不定期出演、NOTTV)
びみょ~な扉 AKB48のガチチャレ(2012年9月7日、ひかりTV)
有吉AKB共和国(2014年6月23日 - 不定期出演、TBS)
恋愛総選挙(2014年7月10日・8月14日・9月4日・9月11日、フジテレビ)
AKBでアルバイト(2014年8月26日、フジテレビ)
伊藤賀一の『天職』 第1回(2014年12月6日、シアター・テレビジョン/2015年1月17日、BSスカパー)
僕らが考える夜(2015年5月28日・6月4日、フジテレビ)
戦いの城 特別編 山城へ行こう!(2016年4月10日、ヒストリーチャンネル)

映画
Angel 車椅子の夏(2012年2月26日、名古屋市立大学芸術工学部 映像研究室)

舞台
AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - メイド 役
時空警察ヴェッカーサイト(2011年2月24日 - 27日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール) - ナースミク役
エムキチビート第十廻公演「I was Light」(2012年4月18日 - 22日、シアターサンモール)
鉄道員 ぽっぽや(2013年2月7日 - 10日、日本橋公会堂) - 佳代 役
ユーキース・エンタテインメント第8回プロデュース作品『第1回園田英樹演劇祭』「五色ロケットえんぴつ」(2013年3月27日 - 4月4日、小劇場「楽園」)
劇団コラソン第25回公演「オーマイガッ!」(2013年5月16日・18日・19日、タイニイアリス)
独りぼっちの地球人 feat.ULTRASEVEN(2013年9月12 - 16日、SPACE107) - 市原ゆり子 役
エムキチビート第十二廻公演「黎明浪漫譚-れいめいロマンティック-」(2014年1月8日 - 12日、吉祥寺シアター) - 片岡ちひろとのダブルキャスト
UMANプロデュース公演 ブラックコメディSF「スタア」(2014年2月27日 - 3月2日、六行会ホール)
UMANプロデュース 小劇場シリーズ「やわらかい服を着て」(2014年7月10日 - 13日、TACCS1179)
projectDREAMER2014 Vol.5「バディ・バディ・バディ・バディ」(2014年10月22日 - 26日、相鉄本多劇場) - 主演
projectDREAMER2014 Vol.6「LACK.」(2014年11月18日 - 20日・24日、小劇場 楽園)
projectDREAMER2015 vol.1「繋ぐ!」(2015年2月19日 - 22日、戸野廣浩司記念劇場) - 主演
FPadvance produce「バンクバンバンレッスンスン」(2015年9月2日 - 6日、千本桜ホール)
劇団岸野組「伝六捕物帖 KOI/KATAKI」(2015年10月18日 - 25日、下北沢・本多劇場)

ラジオ
AKB48 明日までもうちょっと。(2010年6月28日、文化放送)
AKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!(2010年7月7日 - 2011年5月11日、スターデジオ)
AKB48のオールナイトニッポン(2011年1月14日 - 不定期出演、ニッポン放送)
田名部生来の生っ来生来ワールド(2012年9月5日 - 、FM滋賀) 
オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~(2014年4月19日 - 2015年4月11日、MBSラジオ) - ヤンヤンガールズ(6期生)として出演
イオンレイクタウン presents 中田ちさとのちさトーク♪(2014年6月5日 - 7月3日、NACK5 The Nutty Radio Show おに魂木曜内コーナー) - 中田ちさと休養中の代役として出演
リッスン? ~Live 4 Life~(2014年6月19日・7月31日、文化放送)

ゲーム
萌える麻雀 もえじゃん!(2008年、ハドソン PSPソフト) - 陸ヤン、叶ほずみ 役
AKB1/48 アイドルと恋したら…(2010年、バンダイナムコゲームス PSPソフト) - 本人 役
AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…(2011年、バンダイナムコゲームス PSPソフト) - 本人 役

ネット配信
たなぶ捜査官、潜入せよ!(2012年4月6日 - 、東映MOBILE)
田名部生来の今週の一杯(2014年4月3日 - 、毎日スポニチ TAP-i AKB別冊)
ヒデはフルスロットル!?(2014年6月6日 - 、グローブ・エンターブレインズ) - アシスタント

イベント
第1回「コジマPresents デジタルまんが祭りinうつのみや」(2011年5月28日、宇都宮市オリオンスクエア)
田名部生来の胸熱Night☆(2012年3月7日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
YATSUI FESTIVAL! 2014(2014年6月21日、TSUTAYA O-nest、DJ mnks(みんくそ)として出演)
AKB48 37thシングル選抜総選挙 71位記念イベント「田名部生来 大感謝祭~感動! カンゲキ!! 乾杯!!!~」(2014年6月23日 clubasia、7月3日 OSAKA MUSE)
田名部生来 公式オフ会(仮)(2015年2月25日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターカフェ)

雑誌・新聞連載
Go!Go!GUITAR(2012年4月27日 - 10月27日、ヤマハミュージックメディア) - 田名部生来の「ROCKみん!」を連載。

カレンダー
田名部生来 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
卓上 田名部生来 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
卓上 田名部生来 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

ムック
別冊たなぶ島 田名部生来のオタクカルチャー大全(2013年5月24日、宝島社)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
田名部生来を「ウィキペディア」で参照する