鬼龍院翔 きりゅういんしょう

「鬼龍院翔」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「鬼龍院翔」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「鬼龍院翔」に関連するモデルプレス記事

鬼龍院翔のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

鬼龍院翔のプロフィール

鬼龍院 翔(キリュウイン ショウ)
ボーカル
血液型B型
身長は164cm。
愛称は「キリショー」「キリちゃん」など

担当
全楽曲の作詞・作曲を手掛ける。ギター、ベース、ドラム、ピアノやバイオリンなど一通りの楽器は演奏することが出来る。ワンマンライブの演出、ライブ中に行われる演劇の脚本、ステージ構成も手掛けている。有名アーティストの楽曲のパロディ曲も多く作っており、歌い方も特徴を掴んだモノマネを披露している(アルバム『イミテイション・ゴールド~金爆の名曲二番搾り~』)。
バンド内のキャラクターでは、「鉄腕アトヌ」「夜魔堕さん」「Gockt」「ヤワラちゃん」「翔也」など。

来歴
中学生の頃から音楽とお笑いを好み、MALICE MIZERのファンであった。15歳の時にGACKTのラジオ番組「喰われた羊羹と齧られた蜜柑」のリスナー参加コーナーに電話出演したことがある。著名になってからもGACKTを尊敬している。
後に東京都立向丘高等学校へ進学。クラスの中で自己紹介した時「好きな食べ物はチョコです」と発言したことから、あだ名が「チョコ」だった。歌手である木村カエラと同じクラスに所属したことがあり、その時は木村の斜め前の席だった。しかし、木村と会話を交わしたことは少ない。高校では軽音楽部に所属。喜矢武豊とは高校時代からの友人だが別々の高校に通っていた。
東京NSCに在籍していた時期があり、9期生として池田一真(現・しずる)と「チョコサラミ」というコンビを組んで活動していた。NSC卒業後お笑いの世界では成功できないと感じ、すぐに芸人から方向転換しバンドを始める。

人物
タミヤのTシャツを長年愛用しており、彼の愛用によりタミヤのTシャツの売り上げが伸びたため、タミヤ本社からお礼とともに彼が希望した『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の限定ミニ四駆がプレゼントされるというやり取りがあった。タミヤやプラモデル、ミニ四駆などにはそれほど興味はなく、あくまでデザインに惚れてTシャツを愛用したと語っている。
2014年1月9日、Twitterで引っ越し業者に自身の引っ越し情報を無断で漏らされたために引っ越しを中止した。
2016年5月11日、声帯にできたポリープの除去手術を受ける。

個人での活動
2011年1月5日から2015年6月29日まで『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン』にてラジオのパーソナリティを務めた。2012年6月20日には初の自伝(風の)本である『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』を発売し、東京NSCへ通っていた過去などを公表した。同年9月2日から放映開始された特撮ドラマ『仮面ライダーウィザード』ではソロ名義で同作主題歌「Life is SHOW TIME」を発売した。
年末年始(2013年以降は元日)は、日雇いのアルバイトをすることが恒例。2011年末(クリスマス)はコンサートスタッフ、2013年はローソンの店員、2014年はフジテレビ系のお笑い番組観覧、2015年は秋葉原の女装カフェ店員、2016年はデザート工場[25]でアルバイトをしている。
2012年11月21日、高音域の声を出そうとすると、首周りの筋肉が異常に硬直してしまう発声障害(発声時頸部ジストニア)のため予定していたソロ公演の延期を発表。1年後に無事振替公演を成功させている。
2014年1月16日、ブログ上でツイッターを退会したことと今後はブログに専念することを発表。なお、鬼龍院が使っていたツイッタ-のアカウントは現在は無関係の一般人が取得している 。
2014年9月15日、ラジオ・パーソナリティを務めるオールナイトニッポンの番組まとめ本が刊行された。
2015年、森友嵐士(T-BOLAN)と共にmorioni名義で「サヨナラは歩き出す」をリリースする。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
鬼龍院翔を「ウィキペディア」で参照する