堤真一 つつみしんいち

「堤真一」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「堤真一」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「堤真一」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

堤真一のプロフィール

堤 真一(つつみ しんいち)
1964年7月7日
俳優
兵庫県出身
シス・カンパニー所属

来歴
出身高校は西宮市立西宮東高等学校で、高校の同級生に落語家の桂わかばがいる。
同校を卒業してから友人に誘われ、千葉真一主宰のジャパンアクションクラブ (JAC) へ1984年5月に14期生、JAC養成所研修生として第1期生として入団。同期には浅利俊博・岡元次郎・久保田香織・砂川真吾・澄川真琴・真矢武らがいる。1984年のミュージカル『ゆかいな海賊大冒険』で初舞台を踏む。真田広之の付き人を務めた後、坂東玉三郎 (5代目)主演の『天守物語』への出演をきっかけに本格的に役者を志す。
JAC退団後は、TPT『Theatre Project Tokyo(シアタープロジェクト・東京)』の演劇を中心に活動し、デヴィッド・ルヴォー、ジャイルス・ブロック、ロバート・アラン・アッカーマン、蜷川幸雄・野田秀樹、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、千葉哲也の演出作品に出演。劇団☆新感線の演劇に主演し、大河ドラマやSABUの映画の常連出演者でもある。演劇を始め、テレビドラマ・映画とジャンルを問わず幅広く活躍している。
1996年にはテレビドラマ『ピュア』、2000年には『やまとなでしこ』に出演し、認知度を高める。2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』で自分の仕事に対して人一倍誇りと情熱を持つ社長を好演し、第29回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など国内の主な映画賞の助演男優賞部門を多数獲得した。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『舞妓Haaaan!!!』において第31回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。 『クライマーズ・ハイ』、『容疑者Xの献身』において第32回日本アカデミー賞優秀主演男優賞および優秀助演男優賞を受賞。 報知映画賞では2005年(第30回)に『ALWAYS 三丁目の夕日』、『フライ,ダディ,フライ』で助演男優賞、2008年(第33回)に『クライマーズ・ハイ』、『容疑者Xの献身』で主演男優賞を受賞し、主演と助演の2部門を制したのは三國連太郎・柄本明・三浦友和に次いで史上4人目である。

人物
JAC時代は真田広之の付き人として真田の身の回りの世話をしていた。クーラーボックスに真田の好きなジュースを詰めて持ち歩き、いつでも手渡せる状態にしていたが、それでも怒られた経験があるという。「今は真田と共演の可能性もあるのでは?」と尋ねられると「広之さんとなんか、絶対無理!」と今でも真田の前では極度に緊張してしまい「付き人根性が出てしまう」との一面を見せている。
自分の原点は舞台と公言し、テレビ・映画での露出が増えて以降も毎年欠かさず舞台公演をこなしている。しかし初めは役者の仕事も気乗りせず、事務所に言われオーディションを渋々受ける日々が続く。
2007年公開の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の初日舞台挨拶で、堀北真希ファンの男性客が突然スタッフの制止を振り切ってステージに乱入しようとするハプニングが起こった際、堤は吉岡秀隆とともに、壇上から取り押さえスタッフに男を引き渡した。堤は制止する際に足を滑らせてステージから落ちたが、怪我はなかった。場内は一時騒然となったが、その後監督と男性キャスト陣で再開した舞台挨拶では、丁度この日からスタートしたフジテレビ系ドラマ『SP』でSP(セキュリティポリス)役を演じていることに触れ、「今日から『SP』が始まります」と笑いを取って場を和ませた。
阪神甲子園球場の近くで生まれ育ったため、プライベートでは関西弁だが、トーク番組などでは標準語を使用していた。また、実姉がかつて同球場のウグイス嬢を務めていたこともあり、阪神タイガースのファンであることを公言している。2013年5月1日に同球場で開かれた阪神タイガース対広島東洋カープ戦の試合前には、主演映画『俺はまだ本気出してないだけ』のPRを兼ねて、タイガース風の縦縞ユニフォーム姿で始球式に登場。ノーバウンドによるストライク投球を披露した。
2013年3月1日、一般女性と結婚したことを所属事務所公式サイトで発表。
2013年、夫人が第1子となる女児を出産したことを所属事務所公式サイトで発表。
2015年4月、NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』(2014年度下期)でサントリーの創業者:鳥井信治郎(劇中では鴨居欣次郎名義)を演じた縁もあり、サントリー・ウイスキーアンバサダーに就任した。

舞台
ゆかいな海賊大冒険 (1984年 演出:千葉真一)
酔いどれ公爵 (1985年 演出:千葉真一) - オルゴン六剣士C
天守物語 (1985年 演出:増見利清/初演、斉藤雅文/再演) - 獅子(初演)、- 姫川図書之助(再演) ※1993年再演
黒蜥蜴 (1985年 演出:栗山昌良)
ロミオとジュリエット (1985年 演出:坂東玉三郎 (5代目)/初演・再演) ※1988年再演
ゆかいな探偵おかしな女優~十番街殺人事件の謎 (1987年 演出:平島響子)
マクベス (1987年 演出:ジャイルス・ブロック)
天下御免(1989年 演出:早坂暁)
双頭の鷲 (1990年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー/初演・再演) ※1994年再演
お月さまへようこそ (1990年 演出:宮島秀司)
バタフライはフリー (1991年 演出:栗山民也/初演・再演) ※1992年再演
横澤版・ヴェニスの商人 おちも墜ちたり (1991年 演出:横澤彪)
櫻の園 (1991年 演出:ジャイルス・ブロック)
スイート・スウ (1992年 演出:鵜山仁)
真夏の夜の夢 (1992年 演出:野田秀樹)
テレーズ・ラカン (1993年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー/初演・再演) ※1998年再演
ロレンザッチョ (1993年 演出:渡辺守章)
ある日どこかで (1993年 演出:吉川徹)
キル (1994年 NODA・MAP立ち上げ公演 演出:野田秀樹/初演・再演) ※1997年再演
エンジェルス・イン・アメリカ 第一部至福千年紀が近づく (1994年 TPT 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
チェンジリング (1995年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー)
近代能楽集 葵上 / 班女(1995年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー)
ピアノ(1996年 TPT 演出:中島晴美/初演・再演) ※1997年再演
マクベス (1996年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー)
ライフ・イン・ザ・シアター (1997年 SePT 演出:佐藤信)
燈臺 (1997年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー)
娘に祈りを (1998年 TPT 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
ルル (1998年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー)
橋からの眺め (1999年 TPT 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
パンドラの鐘 (1999年 NODA・MAP 演出:野田秀樹)
ロベルト・ズッコ (2000年 SePT 演出:佐藤信)
Naked-裸 (2000年 TPT 演出:デヴィッド・ルヴォー)
野獣郎見参 (2001年 劇団☆新感線 演出:いのうえひでのり)
贋作・桜の森の満開の下 (2001年 NODA・MAP 演出:野田秀樹)
欲望という名の電車 (2002年 Bunkamura 演出:蜷川幸雄)
アテルイ (2002年 劇団☆新感線 演出:いのうえひでのり)
カメレオンズ・リップ (2004年 Bunkamura 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
ダム・ウェイター (2004年 シス・カンパニー 演出:鈴木裕美)
幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門 (2005年 Bunkamura 演出:蜷川幸雄)
吉原御免状 (2005年 劇団☆新感線 演出:いのうえひでのり)
労働者M(2006年 Bunkamura 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
タンゴ・冬の終わりに (2006年 Bunkamura 演出:蜷川幸雄)
写楽考 (2007年 シス・カンパニー 演出:鈴木勝秀)
人形の家 (2008年 シス・カンパニー 演出:デヴィッド・ルヴォー)
イリュージョン・コミック 舞台は夢 (2008年 新国立劇場 演出:鵜山仁)
蜉蝣峠 (2009年 劇団☆新感線 演出:いのうえひでのり)
バンデラスと憂鬱な珈琲 (2009年 シス・カンパニー 演出:マギー)
アット・ホーム・アット・ザ・ズー (2010年 シス・カンパニー 演出:千葉哲也)
K2 (2010年 シス・カンパニー 演出:千葉哲也)
寿歌 (2012年 シス・カンパニー演出 :千葉哲也)
シダの群れ 純情巡礼編 (2012年 Bunkamura 演出:岩松了)
朗読 宮沢賢治が伝えること (2012年 シス・カンパニー 演出:栗山民也)
TOPDOG/UNDERDOG (2012 - 2013年 シス・カンパニー 演出:小川絵梨子)
今ひとたびの修羅~尾崎士郎作「人生劇場」より (2013年 新国立劇場 演出:いのうえひでのり)
断色(2013年 青山円形劇場 演出:いのうえひでのり)
マクベス(2013年 Bunkamura 演出:長塚圭史)
ロンサム・ウェスト(2014年 新国立劇場 演出:小川絵梨子)
三人姉妹(2015年 Bunkamura 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
才原警部の終わらない明日(2015年 シス・カンパニー 演出:福田雄一)
ARCADIA アルカディア(2016年 シス・カンパニー 演出:栗山民也) - バーナード 役

映画
犬死にせしもの(1986年) - チンピラ 役
バカヤロー!2 幸せになりたい。「コワイお客様がイヤだ」(1989年) - コンビニ店員 役
女殺油地獄(1992年) - 河内屋の与兵衛 役
シークレットワルツ(1996年) - 火野純 役
弾丸ランナー(1996年)- 主演・武田一夫 役
ポストマン・ブルース(1997年) - 主演・沢木龍一 役
アンラッキー・モンキー(1998年) - 主演・山崎 役
39 刑法第三十九条(1999年) - 主演・柴田真樹 役
MONDAY(2000年) - 主演・高木光一 役
DRIVE(2002年) - 主演・朝倉健一 役
卒業(2003年) - 主演・真山悟 役
着信アリ(2004年) - 山下弘 役
ローレライ(2005年) - 浅倉良橘 役
フライ,ダディ,フライ(2005年) - 鈴木一 役
姑獲鳥の夏(2005年) - 主演・中禅寺秋彦 役
ALWAYS 三丁目の夕日(2005年) - 鈴木則文 役
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年)
ALWAYS 三丁目の夕日'64(2012年)
地下鉄に乗って(2006年) - 主演・長谷部真次 役
舞妓Haaaan!!!(2007年) - 内藤貴一郎 役
魍魎の匣(2007年) - 主演・中禅寺秋彦 役
山のあなた~徳市の恋~(2008年) - 大村真太郎 役
クライマーズ・ハイ(2008年) - 主演・悠木和雅 役
容疑者Xの献身(2008年)- 石神哲哉 役
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~(2009年)- 弁護士・辻啓一郎役
孤高のメス(2010年)- 主演・当麻鉄彦 役
SP THE MOTION PICTURE - 尾形総一郎 役
野望篇(2010年)
革命篇(2011年)
SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年)- 古代守 役
プリンセス トヨトミ(2011年)- 主演・会計検査院調査官・松平元 役
宇宙兄弟(2012年) - 星加正 役
俺はまだ本気出してないだけ(2013年) - 主演・大黒シズオ 役
地獄でなぜ悪い(2013年)- 池上純 役
土竜の唄 潜入捜査官REIJI(2014年) - 日浦匡也 役
土竜の唄 香港狂騒曲(2016年)
神様はバリにいる(2015年) - 主演・アニキ 役
駆込み女と駆出し男(2015年) - 堀切屋三郎衛門 役
海街diary(2015年) - 椎名和也 役
日本のいちばん長い日(2015年) - 迫水久常 役
海賊とよばれた男(2016年公開予定) - 盛田辰郎 役
本能寺ホテル(2017年公開予定) - 主演・織田信長 役

テレビドラマ
オアシスを求めて(1985年10月26日、NHK) - 研究員 役
大河ドラマ(NHK)
独眼竜政宗(1987年1月4日 - 12月13日) - 蘆名義広 役
武田信玄(1988年1月10日 - 12月18日) - 武田義信 役
翔ぶが如く(1990年1月10日 - 12月12日) - 矢崎八郎太 役
八代将軍吉宗(1995年1月8日 - 12月10日)- 徳川吉通 役
元禄繚乱(1999年1月10日 - 12月12日)- 高田郡兵衛 役
武蔵 MUSASHI(2003年1月5日 - 12月7日) - 本位田又八 役
橋の上においでよ(1987年10月31日、NHK)
開局35周年記念特別番組 明日ー1945年8月8日・長崎(1989年8月9日、日本テレビ)
東芝日曜劇場 南の家族(1988年10月30日、南日本放送)
シリーズ街「東京都心・問題の教師」(1989年3月2日 - 23日、テレビ朝日)
ふたたびの海(1989年3月25日、NHK)
鳥の歌(1989年8月28日 - 9月18日、NHK)
火曜サスペンス劇場 からくり人形の女(1989年11月28日、日本テレビ)
白い巨塔(1990年4月2日・3日、テレビ朝日) - 柳原弘役
水曜グランドロマン 別れてのちの恋歌(1991年5月1日、日本テレビ)
あなたの中で生きる CG青年の孤独と愛(1995年12月25日、NHK) - 戸田孝明 役
ピュア(1996年1月8日 - 3月18日、フジテレビ) - 沢渡徹 役
ザ・ドクター(1999年7月4日 - 9月19日、TBS) - 主演・麻生一真 役
小さな駅で降りる(2000年4月12日、テレビ東京) - 沢口草平 役
ナニワ金融道5(2000年9月25日、フジテレビ) - 肉欲棒太郎 役
やまとなでしこ(2000年10月9日 - 12月18日、フジテレビ) - 中原欧介 役
土曜特集 夫についての情報(2000年11月18日、NHK)
金曜エンタテインメント 忠臣蔵1/47(2001年12月28日、フジテレビ) - 浅野内匠頭 役
恋ノチカラ(2002年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 貫井功太郎 役
ランチの女王(2002年7月1日 - 9月16日、フジテレビ) - 鍋島健一郎 役
GOOD LUCK!!(2003年1月19日 - 3月23日、TBS) - 香田一樹 役
ビギナー(2003年10月6日 - 12月15日、フジテレビ) - 桐原勇平 役
徳川綱吉 イヌと呼ばれた男(2004年12月28日、フジテレビ) - 大石内蔵助 役
恋におちたら~僕の成功の秘密~(2005年4月14日 - 6月23日、フジテレビ) - 高柳徹 役
HERO 特別篇(2006年7月3日、フジテレビ) - 津軽保 役
セーラー服と機関銃(2006年10月13日 - 11月24日、TBS) - 佐久間真 役
SP(2007年11月3日 - 2008年1月26日、フジテレビ) - 尾形総一郎 役
SP スペシャル(2008年4月5日)
SP スペシャル 革命前日(2011年3月5日)
土曜ドラマスペシャル とんび(2012年1月7日・14日、NHK) - 市川安男 役
スペシャルドラマ 再会(2012年12月8日、フジテレビ) - 清原圭介 役
連続テレビ小説 マッサン(2014年9月29日 - 2015年3月28日、NHK) - 鴨居欣次郎 役
リスクの神様(2015年7月 - 、フジテレビ) - 主演・西行寺智 役
スーパーサラリーマン左江内氏(2017年1月 - 、日本テレビ) - 左江内 役

ドキュメンタリー
アクションスターはこうして作る!! -汗と涙の特訓合宿- (1985年、日本テレビ)
GRACE of JAPAN~自然の中の神々~(2012年4月 - 2013年3月、BSジャパン)- ナビゲーター
地球大紀行スペシャル 堤真一 ヒマラヤ巡礼~山で神様に逢いたくて~(2013年1月26日 - 、中部日本放送制作、TBS系) - ナビゲーター
堤真一×神秘の熊スピリットベア~カナダ 聖なる森をゆく~(2013年12月28日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
堤真一×風と虹の大地~南米パタゴニア~・人類最大の旅をたどる(2015年1月、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
カムイの海に春が来た 堤真一、北の離島に乾杯(2015年5月17日、北海道放送制作、TBS系列13局ネット) - 旅人

ナレーション
長崎の鐘は鳴り続ける (2000年8月7日、NHK)
にんげんドキュメント (2001年1月18日、NHK)
素敵な宇宙船地球号 (2001年1月21日、テレビ朝日)
世界わが心の旅 (2002年3月10日、NHK-BS2)
ハイビジョンスペシャル (2002年10月30日、BS-hi)
日本人メジャーリーガーの群像 (2002年12月27日、NHK-BS1)
MLB2003 日本人メジャーリーガーの群像 (2003年12月26日、NHK-BS1)
ドキュメント スポーツ大陸 (2004年10月2日、BS-hi / 10月3日、NHK-BS1)
ドキュメント スポーツ大陸 (2005年4月2日、BS-hi、NHK-BS1)
ドキュメント スポーツ大陸 (2006年4月15日、NHK-BS1 / 4月17日、BS-hi)
NHKスペシャル (2007年3月20、NHK)
ライバル伝説…光と影 封印された涙の理由 (2009年7月20日、TBS)
にっぽん紀行 (2010年9月20日、NHK)
スポーツ人間交差点 ~光と影~(2011年1月10日、TBS)
世界の名峰グレートサミッツ 地球一周 名峰紀行(2011年4月1日、NHK BSプレミアム)
NHKスペシャル (2012年1月2日、NHK)
劇場版 ライバル伝説 ~光と影~ (2012年6月16日公開、東京テアトル)
NHKスペシャル 『災害ヘリ』映像は語る~知られざる大震災の記録~(2014年3月、NHK)
ザ・プレミアム 中国 星の産まれる海へ~黄河源流への旅~(前編・後編)(2014年12月、NHK BSプレミアム)

CM
花王『サクセス』
キリンビール『キリンラガービール』(1992年)
アメリカンファミリー生命保険会社『新健康応援団MAX』(2001年)
三井住友銀行(2005年)
ゼファーマ(現:第一三共ヘルスケア)『プレコール』(2003 - 2006年)
キリンビール『麒麟淡麗〈生〉』(2007年)
富士通 『FMV』シリーズ「お店にて」篇(2007年) - 木村拓哉と共演)
エースコック『はるさめヌードル」』(2008年)
NTTドコモ
「ドコモのあなたに、Answerを~社長と社員」篇(2008年)
『アンサーハウス』(2009 - 2010年)
「得ダネを追え! ドコモ光パック」篇、「特ダネを追え! ずっとコドモ割」篇(2015年) - 綾野剛と共演
アサヒビール『Asahi Off』(2009 - 2010年)
トステム『カザスとカクス』(2008年 - )
トステム『インプラス』(2009年 - )
LIXIL(トステム改め)「リクシルって知ッテル?」篇(2011年 - ) - 岸部一徳、大森南朋、木村多江、満島ひかりと共演
大正製薬『ナロンエースR』(2011年 - )
ダイハツ工業『ミライース』「ソバ屋」篇 、「医者」篇、「美術館」篇、「遺言」篇(2012年)
アサヒビール『ゼロカク』「ゼロカクBer、堤マスター。」篇、「ゼロカクBer、岡田(岡田 将生)バーテンダー。」篇(2012年 - )
アクサ損害保険『アクサダイレクトの自動車保険』(2013年 - )
独立行政法人日本スポーツ振興センター 『toto big』 10億円(2013年 - 2014年)
日野自動車『デュトロ』「とんかつ(安全)」篇(2014年 - ) - リリーフランキーと共演
明治『明治プロビオヨーグルトLG21』「内なるチカラ 登場」篇、「内なるチカラ 攻」篇(2014年 - )
サントリースピリッツ『ウイスキー アンバサダー』(2015年) - ウイスキー事業全般に亘る企業イメージキャラクター
ナオト・インティライミ『THE BEST!』スポットCM(2015年)

受賞歴
1996年度
第51回日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演男優賞(『ピュア』)
1997年度
第32回紀伊國屋演劇賞 個人賞(『ピアノ』、『キル』)
1999年度
第54回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀助演男優賞(『39 刑法第三十九条』)
2000年度
第27回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『やまとなでしこ』)
第55回日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演男優賞(『やまとなでしこ』)
2003年度
第36回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『GOOD LUCK!!』)
第58回日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀助演男優賞(『GOOD LUCK!!』)
2005年度
第30回報知映画賞 最優秀助演男優賞(『フライ,ダディ,フライ』『ALWAYS 三丁目の夕日』)
第18回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞(『フライ、ダディ、フライ』『ALWAYS 三丁目の夕日』)
第48回ブルーリボン賞 助演男優賞(『フライ、ダディ、フライ』『ALWAYS 三丁目の夕日』)
第79回キネマ旬報ベストテン 助演男優賞(『フライ、ダディ、フライ』『ALWAYS 三丁目の夕日』)
第20回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(『フライ,ダディ,フライ』)
第29回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(『ALWAYS 三丁目の夕日』)
第10回日本インターネット映画大賞 助演男優賞(『フライ、ダディ、フライ』『ALWAYS 三丁目の夕日』)
第60回日本放送映画藝術大賞 映画部門 最優秀助演男優賞(『ALWAYS 三丁目の夕日』)
2006年度
第51回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『セーラー服と機関銃』)
2007年度
第31回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『舞妓Haaaan!!!』)
2008年度
第33回報知映画賞 最優秀主演男優賞(『クライマーズ・ハイ』『容疑者Xの献身』)
第32回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(『クライマーズ・ハイ』)
第32回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『容疑者Xの献身』)
第13回日本インターネット映画大賞 助演男優賞(『容疑者Xの献身』)
第63回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀主演男優賞(『クライマーズ・ハイ』)
2010年度
第65回毎日映画コンクール 男優主演賞(『孤高のメス』)
第34回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『孤高のメス』)
第65回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀主演男優賞(『孤高のメス』)
第2回TAMA映画賞 最優秀男優賞(『孤高のメス』)
おおさかシネマフェスティバル2011 主演男優賞(『孤高のメス』)
2012年度
第41回国際エミー賞 男優賞ノミネート(『とんび』)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
堤真一を「ウィキペディア」で参照する