小籔千豊 こやぶかずとよ

「小籔千豊」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「小籔千豊」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「小籔千豊」に関連するモデルプレス記事

小籔千豊のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

小籔千豊のプロフィール

小籔 千豊
(こやぶ かずとよ)
1973年9月11日
喜劇男優、お笑いタレント、ミュージシャン
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属
吉本新喜劇座長
大阪府出身

略歴
1993年、山田知一(現在はやまだともカズの名で構成作家として活動)と漫才コンビ「ビリジアン」を結成。フルーツ大統領のメンバーに編成されるなどするも、相方の山田が構成作家を志し、見捨てられるようなかたちで2001年に解散。この時「俺はおもろない、売れない」と思っていたという。
小籔は二つの夢を持っており、一つは芸人の世界で成功すること、もう一つは幸せな家庭を築くことであった。だが小籔は芸人として売れる夢は潰えたと考え、芸人を辞め警察官もしくは普通の職業に転職し、交際中の女性と結婚し、幸せな家庭を築こうと考えたが、芸人仲間の野性爆弾ロッシー、シャンプーハット小出水、ケンドーコバヤシ、バッファロー吾郎らに「絶対売れる」と慰留され、こんなに気のいい人たちばかりの職場は無いと感動。交際中の女性に「一年だけ」と約束し、芸人を続けることとなる。なおこの時、映画監督である山田洋次の助監督から、お笑いが駄目なら役者になれば絶対食える、東京ではスラッっとしていたら男前は普通だが、スラッとしてブサイクと言う小籔には絶対に需要があり、食っていけると助言されていたと言う。
解散と同じ2001年中に、吉本新喜劇に入団。だが入団後9ヵ月ほどはずっと「お客さんの役」をやらされ、辞めようかとも思ったほどであると言うが、「大きな声を出すとあばら骨が折れる」虚弱なチンピラ役やのちに座長の一人となる川畑泰史と組んでの芸が人気を集める。なお当時小籔と川畑はくすぶっている者同士非常に仲が良かった。酒の席での大見得をきっかけに小籔と川畑で作ったプロットを新喜劇の台本作家・壇上茂に見せてみたところ、壇上はこれを評価し、脚本化した。その舞台が好評であったため、定期的に小籔・川畑のコンビが見られるようになったと言った次第である。
実は生活の安定を志し、バッファロー吾郎Aの勧めもあり新喜劇に入団したのであるが、吉本の社員には「新喜劇は芸人再生工場じゃない、辞めろ」などと言われ、さらに新人である小籔の月収は平均2万円程度に過ぎず、男が食わせていくものだと思っていた小籔にとっては相当に辛い状態であったが、ファミレスでのバイトとのかけもち、および妻の収入、そして趣味であった漫画とカメラを一時辞めることで不遇の新婚生活を乗りきったという。
2004年ごろからは座長不在時に代役を務めるなどの役目を任されるようになる。時期は不明ながら、内場勝則も「お偉いさん」の前で、「これからは小籔や!」と発言したという。そのためか、次の舞台では話の中心となる役が回ってき、さらにその次は一番出番の多い役が回ってきたという。また同年秋からはNHK朝の連続テレビ小説『わかば』のレギュラーに抜擢され、原田夏希演じる主人公若葉の先輩職人・杉本康博役を演じた。またこの時期漫才コンビ中川家の兄、剛が体調を崩しており、その代役をきっかけとして新喜劇以外の仕事も増えていく。
2005年3月には「吉本新喜劇 川畑泰史・小籔千豊公演 がんばろっカナ!~キャンペーン」をなんばグランド花月にて開催。
2005年8月ごろに座長就任要請があり、2006年1月31日に座長就任が発表された。その後2月28日に襲名御披露目を行い、その後1週間は「小籔祭り」として名実共に初の座長公演が行われた。初回の襲名口上には、内場と辻本、吉田ヒロの3座長と未知やすえが脇を固めた。この期間は、小籔より名前が大きい「オオヤブ」姓の人、身長188センチの小籔より背が高い人(女性の場合はハイヒールでもOK)、「千」より大きい名前(万田さん、千一さんなど)の人は入場無料扱いになった。
小籔の座長就任は吉田ヒロ以来約7年ぶり。新喜劇入団以来約4年と言う異例の早さでの大抜擢であった。これには小籔本人も非常に驚いたと言う。小籔は「平社員が社長になった感じ」、「奇をてらったことはしない」、「伝統8割、新しいこと2割で行きたい」、「一子相伝の技を受け継いでいきたい」などと抱負を語った。
その後2011年、プライベートでは子供が産まれたばかりで好ましいタイミングではなく、乗り気でもなかったが、「東京にも新喜劇を広めたい」との思いから、東京吉本へ移籍を決断。新宿のルミネtheよしもとなどで公演を行う。
なお2014年現在、東京移籍もありタレントとしても成功しているが、新喜劇を離れるつもりは全く無く、先輩方が50年間培ってきた新喜劇をより大きくして後輩に渡すのが自身の役目であると語り、現在新喜劇は名古屋以東に名が轟いていない、聞いたことはあるが実際に見たことのある若い人は少ないとして、新たな顧客を確保すべく新喜劇の本格的な東京進出を計画。2014年には吉本が所有していない「アウェー」の劇場俳優座劇場での公演が決定し、普段ルミネに足を運んでくれている「吉本ファン」以外にも笑ってもらえるように内容を工夫するなど、「新喜劇を古典にする気はない」などと、精力的に活動している。
新喜劇外の活動としては、2006年上方お笑い大賞の話題賞を受賞したほか、2003年1月16日には同じく新喜劇を主戦場とするレイザーラモン(出渕誠と住谷正樹)とのユニット「ビッグポルノ」を結成。コントやラップ、トークなど、様々なパフォーマンスを行った[要出典]。また、2005年8月31日には「国立文楽劇場より愛をこめて」と題して同所では異例のコントライブを行い「伝統とエロスのコラボレーション」(小籔談)を具現化してみせ、ラップナンバー「SUNRISE SUNSET」ではボーカルとラップを務めた。
より多くの人にビッグポルノを見せたいという思いから、サマーソニックなどの野外音楽フェスティバルに出演を希望したが、全て断られたため、それなら隣でコヤソニやって潰したろか!とボケたのがきっかけとなり、小籔の顔の広さもあってイベントが実現[24]。自らお笑いと音楽を融合させた野外イベントを企画し、最初は1回だけの予定だったが、2008年から「コヤブソニック」として毎年規模を拡大させながら開催してきたが、2014年にビッグポルノが解散することをうけ、同年で終了した。
また、土肥ポン太と「おくにと申します。」というコンビを組み2005年のM-1にも挑戦した。翌2006年は「座長・社長」とコンビ名を改め出場した。また、翌2007年は、川畑と座長座長として出場し、準決勝進出(敗者復活は辞退)。また、座長座長として『キングオブコント』にも出場し、2008年には準決勝進出。
2008年2月20日に、亡くなった小籔の母親への後悔の思いを歌った「プリン」を発売し、歌手デビューも果たした(後述)。
タレントとしても多くの番組に出演し、松本人志のすべらない話などにも出演しているが、これについてはあくまで新喜劇の広告塔として出演していると語っている。

人物
身長188cm、体重63kgという長身かつ痩身。同期に、2丁拳銃やCOWCOW、土肥ポン太、テンダラーなどがいる、
大阪NSC12期生。2011年に東京吉本へ移籍。以降、東京での仕事も増えている。
趣味はダーツ、ビリヤード、麻雀、将棋、写真、水泳、読書、映画鑑賞などで、将棋については池乃めだかを顧問とする吉本新喜劇将棋部に所属している。
カメラについては、Nikon D700、レンズはAF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gを所有しており(いずれも2012年12月頃現在)、2013年2月14日放送の「アメトーーク! カメラかじっている芸人」(テレビ朝日・ABC系)に出演したことがあり、インタビューでは知らん内にはまっていた、それが故に長続きしている、と答えており、結婚前にベトナム旅行に行った時には1000枚ほども撮影してしまい、旅費より帰国後の現像費の方が高く付いたと言うほどである。
また子供時代にエレクトーン、習字、クラシックギター、高校生時代にテコンドーを習っている。
2013年現在はコヤブソニックで役立てようとドラムを練習し、実際にステージで披露しているほか、新喜劇の英語版DVDを作成し幼稚園などに配ろうと、新喜劇を知ってもらう為の窓口と社会貢献を兼ねて、多忙な中、英語を勉強している[15]。将来的には小説の執筆にも意欲を持つ。
浄土宗。
性格は内向的であるとのこと。高校生時代はかなりモテていたといい、また学生時代は合コンの場で女性を笑わせ、話芸を磨いていた。妻とは高校卒業後偶然知り合ったが、彼女は小籔にとってこれまで出会った女性の中で三本の指に入るくらい「おもしろい」女性であった。その後二人は交際を始め、約9年後、「ビリジアン」解散直後に結婚に至った。
既婚。子供は一男一女(2013年時点)。
結婚して子供が産まれた時はお笑い芸人としての自分より家庭を大切に考え、インタビューに対して『「俺のこと面白いと思わなくていいから、金だけくれ!」って思っていました。日本中の人が僕のことを嫌いになったとしても、嫁さんと子どもたちがご飯が食べられて、子どもたちが大学を卒業するまで育て上げられればいいと。』(2013-6-19のママプレスのインタビューより引用)と答えており、自身の芸人としての「好感度」にも頓着せず、家族の健康が1割、後の9割は家族の為に頑張って働く、とも語っている。また家には仕事を持ち帰らず、仕事で嫌なことが有った時でも近所のバーで酒と煙草で発散し、子供たちが寝てから帰宅するようにし、「怒りのオーラ」を家庭に持ち込まないようにしている。また、自身がそうであったように、自身の子供たちにも多くの習い事をさせている。妻とは20年以上一緒にいるが、一度も喧嘩した事がない(香港旅行の時に一度だけ、妻に怒られたことがある)。
座長となった後は社会貢献や新喜劇の行く末、そして人と人との繋がりにも思いを馳せるようになる。前述の吉本新喜劇英語版DVDの他に、「小籔でも読んでいるのだから、俺も読んでみよう」と言う若者が一人でも増えてくれたら、と言う思いから、読書は元々の趣味ながらも、2013年現在は政治の本を読み、それをテレビで語ると言ったことも行っている。また、「大阪を元気にしたい」とも語っており(8割は本気、2割はボケとのことであるが)、すなわち大阪の子供は新喜劇を見て育つとし、小籔自身がスターとなり、友達を大事にしろ、親孝行をしろなどと子供にメッセージを送れば、子供はいい子に育つだろう、そしてそういったことを後輩が続けていけば、100年後には大阪はよりよい街となるだろうと語り、自身も実際に子供たちの目を気にしていると言う。
また、座長就任の際には周囲に「イエスマンにだけはなるな」と言い含められた]。2012年現在では2ヵ月に1週、と言うペースで座長公演を行いつつ、「新喜劇への恩返し」を考えていると言う。また同時に一時期はテレビの仕事を増やすことは新喜劇への恩返しと言う考えに反するかもしれないと悩んだこともあったが、企業が利益を生めば幸せになる人が増えると言うことで、小籔の中では落着したとのことである。
座長という仕事は激務であるのだが、あの世で新喜劇の先輩達と再会した時に、「上から見てたけど、オマエが座長で新喜劇ようなったわ」と言われたく思い、仕事をこなしていると言う[12]。後述するように自分は芸人としては一度死んだ人間である、との思いから、「新喜劇のためならなんでもします!」と意気込みを語る[14]。新喜劇の将来については、座長として大事なのはベテランではなく若手と語っている。2009年現在のベテラン勢はスター軍団であるが、いずれ彼らがいなくなった時に誰が新喜劇を見に来てくれるのか?と、後輩達に大きな期待をかけている。だが反面、池乃めだかや桑原和男、特に島木譲二の代わりなどは出て来ないだろう、ともしている。
なお、「これからは小籔や!」と言ってくれた内場勝則のほか、チャンスをくれた川畑泰史、およびプライベートでずっとアドバイスしてくれていた池乃めだかに感謝しているという。また浅香あき恵にも「あんたはいつか座長になると思うからがんばりや」(『吉本新喜劇の凄い話』p.179より引用)と励まされており、座長となった時には妻やお客さんやスタッフなどにも思いを巡らし、オリンピック選手がメダルを取った時に「周りの皆さんのおかげです」と言う言葉は本当だったんだと考えを改め、小籔も「坊さんみたいなこと」ばかり言うようになったという。
2013年5月には司会として出演していた「歌ネタ王決定戦 2013」で新喜劇での後輩にあたるすっちーと松浦真也が優勝したことに思わず落涙。新喜劇にはなかなか自身よりおもしろい奴が出て来なかったが、後継者ができた。すっちーが座長になること決定でしょ、などと語った。そして2014年6月11日、すっちーは5人目(当時)の新喜劇座長に就任し、お披露目公演を行っている。
芸風としては、タレントとしては毒舌キャラクターであり、タレントとしての「好感度」を全く気にしていないことを公言している。これは2013年にラジオ番組で語ったもので、大阪で立ち寄った理髪店の女性がそのきっかけである。その女性は関西を中心に活動していたタレント・歌手であるやしきたかじんの芸風を「大嫌い」だと語ったのだが、たかじんを嫌うと同時に、嫌いながらもたかじんの番組を全部見ていたのだと言う。それを聞いた小籔は、顔も悪く性格も曲がっている自分が顔も良く爽やかなタレントと好感度で勝負をしようとするのは愚策であり、例え視聴者に嫌われていようが番組さえ見続けてもらえれば、仕事を失うことはない、と考えた。お笑い評論家のラリー遠田評するに、このエピソードをテレビタレントが全員視聴者に好かれている必要は無いと言う真理をたかじんから学んだ小籔は嫌われるのも辞さない本音剥き出しのトークなどで、2014年現在、東京でも大いに仕事を増やしていると言う。なお毒舌である一方で、番組が「CMに入った瞬間、謝るスピードが一番早い」と今田耕司、高橋茂雄(サバンナ)に言われたことがあったという。
またビリジアン解散時に「芸人として一度死んでいる」とし、「今、芸人をしている感覚がない」とも言っている。芸人としての自我や欲望はその時捨て去り、現在はほとんど無いとのことである。
だが2009年に語ったところによれば、先輩の前でスベる(ギャグが受けないなど)時や、スベることを想定してスベることは全然構わないが、全力で受けを狙いに行った時にスベるようになってしまったら、多分その時が引退を考える時であるとの旨を語っている。

その他
父親、妹ともに、顔がそっくりであるとのこと。2011年7月から2012年にヴィッセル神戸に在籍した韓国のサッカー選手・ペ・チョンソクはクラブのスタッフに爆笑されるほど小籔に風貌が似ており(身長も187cmある)、神戸入団早々「コヤブ」「ザチョウ」という渾名がつけられた。
「夢は叶う」という内容のある歌に対し「夢は叶わない。やりたくないことをやるのが社会や」と反論したことがある。
かつて『なるトモ!』でテレビ慣れしない小籔のトークをうまく包んでくれたとして、陣内智則を恩人としている。
芸人などは異常者の集まりであり、世間の常識などを当てはめるべきではなく、浮気などはそんなに悪いことではない、言ったスタンスである。自身も妻帯者で子供もいるにもかかわらず、キャバクラやコンパに行くこともあると言う。
子供の頃は「水は1日2リットル飲め」と言われ、玄米を食べ、毎日青汁を飲まされていた。肉が食べられないが、一方でピザが大好物で、自分なりのルールがあり、ピザ屋ではピザ窯に一礼するなどマナーにはうるさい一面がある。
石田靖に珍しくキャバクラに誘われた時、石田が非常に高価なピンクのドンペリと言う酒を注文した。「セックスもできないような女に・・・」と遠慮する小籔に、石田は「お前が座長になったからや」と気前よく奢ってくれたという。小籔は自身が女であったなら、抱かれてもいいなと思ったとのことである。
小籔の母親は小籔が座長に就任する前に死去している。小籔はあまり母親に愛されているとは思っていなかったが、モルヒネで意識が朦朧とする中で小籔たちが子供だった時の想い出を語る母親を見て、考えを改めた。母親は亡くなる4時間程度前に、「プリンが食べたい」と言いだしたので、小籔は大急ぎで(関西では)有名人であることを生かして閉店準備中のデパートで「プリン」を購入し、病院へ戻ったが、その時には母親はもう「プリン」を食べられる状況になかった。小籔は母親がプリンが大好きだと言うことを知っていたのに、それまで一回も買ってこなかったことを、後悔した。それ以来小籔は後輩芸人に「親は明日死ぬかもしれへん」と、小さなことでもいいから親孝行をするように勧めているという。またラジオの企画で一連の話を歌にしてみたらどうかと言う企画があり、最初は恥ずかしいからと断っていた小籔であったが、「訴えたいことがあるんでしょう?」と説得され、自らの味わった後悔の念を想い、自身のように後悔しないようにとの想いを多くの人に伝えたいと、「プリン」の作詞を行い、CDが発売された。その後は小学校などで講演を行い、家族の大切を訴えているという。また自身も、周囲の大切な人間には、相手が明日死ぬかもしれないとのつもりで、後悔の無いように接していると語る。この話は2013年7月4日、テレビ朝日の長寿番組「徹子の部屋」でも語られ、黒柳徹子の涙を誘った。
選択的夫婦別姓制度導入に反対。「何億年前からの日本の伝統」などと述べている。また「行き過ぎた民主主義よりは強いリーダーがいる方がいい」と独裁を容認している。

ギャグとキャラクター
殺人、強盗、強姦・・・(以下凶悪犯罪が続く)以外はやってきとんねや!
と言った後に、「じゃあ、他に何も残ってへんやん!」とツッコまれる。その後小籔が「水道の水出しっ放しとかがあるやろ」「つまみ食い」などとかぶせる。
ギャグの誕生のきっかけは、吉田ヒロのイベント時。小籔は川畑泰史らと3人のヤクザのトリオを組んでいたが、開始5分前に川畑が、ツッコむから何かネタを言ってくれと打診してきた。そこで小籔が急遽このネタとツッコミを考え、後は適当に被せますとした。開始後小籔の出番まで1時間ほどの時間があったので、その間に悪いことをリストアップし、なんとかギャグを仕上げた。小籔自身は大してウケるものではないと思っていた上に、客もまだ小籔を知らないような状態であったが、反応はなかなかよいものであったという。
シスター小籔
シスターの格好で登場し、突然倒れてお店に転がりこむ、元シスター、ヨハネ小籔。単に騒動を起こすだけでなく、主の名を借りてやりたい放題を行ったりもする。
オタク小籔。
ホームステイに来る3人組
座員であるいちじまだいき、清水啓之と共にホームステイにやってくる。
など

小籔軍団
メンバー
いわゆる芸能人ファミリー。
野性爆弾
千鳥
土肥ポン太
ギャロップ
ミサイルマン・岩部彰
ダイアン・西澤裕介
天竺鼠
笑い飯
すっちー
とろサーモン
上田コレクション
モンスターエンジン
span!
スーパーマラドーナ
今別府直之
浅越ゴエ
ヤナギブソン
中山功太
友近
など。 なお上記のメンバーは2009年の文献によるものであるが、2013年にはお笑いコンビ女と男の市川が小籔軍団の世話になっていたことや、また今別府が既に別の軍団の長となっていることも語っている。

受賞歴
「NHK上方漫才コンテスト」第28回(1997)優秀賞(ビリジアンとして)
「上方お笑い大賞」第35回(2006)話題賞
「BGO上方笑演芸大賞」第2回(2006)脚本賞
「咲くやこの花賞」(2014)大衆芸能部門

舞台出演
Question book-4.svg この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年7月)
なんばグランド花月等に不定期出演中。うめだ花月では、小籔や五十嵐サキ、出渕誠・住谷正樹、なかやまきんに君などのメンバーが連夜実力派若手芸人とコントや新喜劇を繰り広げていた。また、最近ではルミネtheよしもとにて、新喜劇のほかレイザーラモンと一緒にスペシャルコントに出演することもしばしばある。
吉本百年物語 笑う門には大大阪(2012年7月)- 主演・林正之助 役

主な出演番組・映画
テレビ
2016年現在のレギュラー
よしもと新喜劇(MBSテレビ)
今ちゃんの「実は…」(ABCテレビ) - レギュラー
あさパラ!(読売テレビ) - 不定期出演
BAZOOKA!!!(BSスカパー!、2011年10月 - ) - MC
ノンストップ!(フジテレビ、2012年4月 - ) - 火曜日ゲスト
コヤブガチピン写真館(2013年11月 - 、フジテレビONE) - MC(月1放送)
バイキング(2014年4月 - フジテレビ) - 火曜レギュラー
お笑いワイドショー マルコポロリ!(関西テレビ)
ちちんぷいぷい(MBSテレビ) - 金曜レギュラー
くりぃむクイズ ミラクル9(テレビ朝日) - 不定期出演
イキザマJAPAN(関西テレビ)

過去のレギュラー
プリプリ(MBSテレビ、2012年10月 - 2013年3月15日 ) - 金曜パートナー
なるトモ!(読売テレビ) - 水曜パネラー
Music&Entertainment ガチカメ7(読売テレビ)- 7人のナビゲーターの一人として。
MUSIC UPDATE火曜日(スペースシャワーTV)
ハミ出す才能教育バラエティ!! 小籔★スターリオン(ABCテレビ) - 父・邦博と共演
バカソウル(テレビ東京、2011年10月 - 2013年9月) - 解説。ビッグポルノとしての出演も。
旅は道ヅレ(MBSテレビ、2011年4月 - 9月)
暗躍!芸人ブローカー ~テレビに出ない(秘)芸人密売所~(関西テレビ)
ほっとけ!3人組(ABCテレビ、2011年4月 - 2012年4月)
知りたがり!(フジテレビ、2012年4月 - 2013年3月) - 水曜ゲストコメンテーター
テレビで基礎英語(NHKEテレ、2012年4月 - 2013年3月)
爆笑 大日本アカン警察(フジテレビ)
歌ネタ王TV(MBSテレビ、2013年1月 - 2013年5月、及び2014年) - 司会
もはや神ダネ(フジテレビ、2013年4月 - 2013年9月) - 司会
コヤブ歴史堂~にゃんたの(秘)ファイル~(ABCテレビ、2013年5月 - 2014年9月) - 司会
噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!(TBSテレビ、2013年9月 - 2015年3月)
あけるなキケン(TBSテレビ、2014年10月 - 2015年9月) - レギュラー
カクガリ君!~確率をガリ勉して幸せになろう~(TBS、2015年7月 - 9月) - レギュラー
ジモイチドライブ~地元の一番でおもてなし旅~(ABCテレビ、2015年1月 - 2016年3月) - MC
ハッキリ5~そんなに好かれていない5人が世界を救う~(ABCテレビ 2016年4月 - 9月)

単発出演
オールスター感謝祭
芸能人格付けチェック 2014 お正月スペシャル

ドラマ
わかば(NHK・連続テレビ小説、2004年10月 - 2005年3月)
実録 死刑囚と刑務官~死刑執行・最期の5日間~(テレビ東京、2010年10月11日) - 再現ドラマ主演・坂本敏夫刑務官 役
あまちゃん(NHK、2013年6月20日・26日) - テレビ番組「君でもスターだよ!」司会者 役
戦力外捜査官(日本テレビ、2014年1月 - 3月) - 井上信光 役
ロング・グッドバイ 第2話(NHK、2014年4月26日) - 瀬々 役
マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~(読売テレビ・日本テレビ、2016年1月 - 3月)主演・竹内茂 役(片瀬那奈とW主演)

ABCテレビ 日曜笑劇場
爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前(朝日放送、2009年4月 - 2010年3月)
全快はつらつコメディ お笑いドクター24時!!(ABCテレビ、シーズン2、2010年4月 - 2011年4月)

ラジオ
現在
上沼恵美子のこころ晴天 (ABCラジオ 2010年4月 - ) - 隔週レギュラー
FUJIFILM presents コヤブカメラ (TOKYO FM 2016年4月 - )

過去
ゴーゴーモンキーズ水曜日(MBSラジオ 2006年3月終了)
ゴー傑P(MBSラジオ)
ミューパラ アグレッシブ(ABCラジオ 2010年4月 - 2011年10月30日)
小籔・にゃんたのラジオ歴史堂(ABCラジオ 2013年10月 - 2014年3月27日)

映画
山田洋次監督の作品に多数出演している。
学校II(1996年)
サラリーマン専科 単身赴任(1996年)
虹をつかむ男 南国奮斗編(1997年)
日常(2006年)
日常~恋の声~(2007年)
FLY! ~平凡なキセキ~(2011年) - 主演
陽だまりの彼女(2013年、東宝/アスミック・エース) - 杉原部長 役

インターネット番組
AbemaPrime(2016年4月 - 、AbemaTV) - 隔週火曜レギュラー

CM
関西電力 関電SOS
なんばウォーク (ナレーション)
江崎グリコ ポッキーチョコレート 「Hello New Friend! 大阪」篇(2007年4月24日 - 、新垣結衣と共演)
セブン-イレブン よしもと新喜劇花月食堂弁当(2010年5月、関西地区限定)
損害保険ジャパン DIY生命
国勢調査(2010年、大阪府広報隊長)
DAIWA CYCLE (2011年 -)
吉本新喜劇 なんばグランド花月 (2012年、ラジオCM)
湘南美容外科クリニック(2012年9月18日 -、山田花子と共演)
ロッテアイス「クーリッシュ」(2014年5月 - 、佐々木希・福士蒼汰と共演)

PV
ET-KING「サクラサク」(2010年) - 石田靖と出演

CD
プリン(アーティスト名は「こやぶかずとよ」、2008年2月20日発売)
プリン(2008年4月23日、日本コロムビアより全国発売)
インディーズで4000枚のヒットとなり、オリコンのインディーズチャートでも6位にランクイン。
2008年4月にメジャーリリースがなされると、オリコン最高位95位を記録した。
作詞はこやぶかずとよ、作曲はシンガーソングライターのう~み(2014年現在高知県在住、2002年頃から四国での活動実績がある)。
シモネタヒップホップユニット『ビッグポルノ』の作品は、当該項目を参照。

DVD
バトルオワライヤル(YOSHIMOTO WORKS)
緊急特別DVD 追悼ケンドーコバヤシさん(YOSHIMOTO WORKS)
ビッグポルノ(YOSHIMOTO WORKS)
ゴルフ(ヨーロッパ企画)2005年、劇団ヨーロッパ企画とのコラボレーション「ジェントルメン・クラブ」による公演を収録。
ビバリーヒルズ晴天白書(YOSHIMOTO WORKS)

出版物
『なんば花月 芸人読本』
『フルーツ大統領の笑王国』(1996年、マガジンハウス)- 著者ではないが、言及がされている?
『ゴチャゴチャ言わんと誰が一番おもろいんか決めたらええんや』(2003年、ぴあ)- 著者ではないが、言及がされている?
『よしもと魂 : よしもと劇場オフィシャル・ガイドブック』(2004年、ベストセラーズ) - 著者ではないが、言及がされている?

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
小籔千豊を「ウィキペディア」で参照する