竹下玲奈 たけしたれな

「竹下玲奈」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「竹下玲奈」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「竹下玲奈」に関連するモデルプレス記事


竹下玲奈のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

竹下玲奈のプロフィール

竹下 玲奈(たけした・れな)

生年月日:1981年12月17日
出身:鹿児島県奄美大島
血液型:O型

所属事務所はドレスコード。

雑誌『プチセブン』でのデビュー(1997年)から絶えず活動を継続。『MORE』、『non-no』、『Oggi』、『ar』など多数の女性ファッション誌上で“玲奈スタイル”が注目を集め、同年代の女性を中心に人気を博してきた。

看板モデルを担った『MORE』では自身の着こなしが“玲奈カジ”として支持を集めていた。のち『BAILA』の表紙モデルとして活動。テレビ番組やテレビコマーシャルへの露出からも著名。その名を“憧れの存在”に挙げる若手モデルは数多い。

■来歴
鹿児島県内の離島奄美大島で育った。15歳当時の中学3年生時にスカウトを受け、雑誌『プチセブン』を舞台にモデル業を始動。1997年のことであった。

・20世紀
『プチセブン』でのモデルデビュー後、2000年の10月からTBSのバラエティ番組『ワンダフル』への出演を開始、第4期“ワンギャル”の一員となる[17]。当時のワンギャルの中では最年少であり、同番組ではかなり活発なキャラクターとして1年間を通した。さらに同期のワンギャルにあたる北川えりおよび松梨知果とともに合同写真集 『selected』を出すなどした。

その後はモデル以外にも歌手としてなど幅広く活動。

・21世紀
2004年から2009年にかけて、小林製薬『サラサーティコットン100』、集英社『non-no』、三井不動産『三井アウトレットパーク』、花王『ビオレメイク落としパーフェクトオイル』、花王『プリティア』、日産『MOCO』、集英社『MORE』、花王『ビオレボディデリ』などのテレビコマーシャルに出演、その間には、映画『東京タワー』(2007年)への出演が特に注目を集めている。2009年に芸能事務所を長年所属していたヒラタオフィスからドレスコードに移籍。

『non-no』にあっては、藤澤恵麻、EMI、田中美保、ならびに森貴美子などの面々とともに誌面に姿を見せていた。2009年3月にファッション誌『GINGER』が創刊すると、香里奈や山田優を含む5名とともに主力モデルとして登場開始。以降、レギュラーとして同誌へ継続的に姿を見せている。

2010年には『KARTE』と題した自身の写真集を発売。これをきっかけに『MORE』の公式ウェブサイト内でブログを開始したほか、ツイッターも始動させている。同年にはさらに新創刊の雑誌『CLOSET』の第一号への田中美保および鈴木えみと並んでの登場などもあった。

宝島社のファッション誌『sweet』への露出も見せており、2011年の半ば頃から同誌とファッションブランド『キットソン』との共同によるファッション番組『sweetTV』に同誌の代表的なモデルとして出演開始、さっそく関係企画の一環としてコラボ商品を手掛けるなどしている。この年には梨花、SHIHO、および理衣の3名に続く雑誌『BAILA』の4人目の表紙モデルとなる。映画『パラダイスキス』への出演などもあった。

2012年になるとさっそく1月に『my book Rena Takeshita』と題したスタイルブックを上梓。ちょうど30歳を迎えるに伴っての記念的書籍となった。同年には、結婚、および妊娠を経て、それまで8年間にわたり担った『MORE』のレギュラーモデルを11月、翌2013年度1月号をもって卒業する運びともなった。出産を経た2013年には、自身の私生活を主な題材にした書籍『YES! RENA'S LIFE』を発売。

2014年には『BAILA』誌上で「RENA'S HAPPY SUNDAY」と題した新連載が始動。2015年にはアサヒフードアンドヘルスケアのダイエットサポート新商品「スリムアップスリム」のイメージキャラクターに起用されている。

■出演
・雑誌
『BAILA』:専属
『MORE』(レギュラー:2004年 - 2012年)
『GINGER』
『with』(2004年 - 2005年)
『CanCam』(2002年2月 - 2004年9月)
『プチセブン』(1997年2月 - 2001年6月)
『ネイルUP! 2004 vol.6 Summer』(2004年5月) - 表紙
『マイシーズン』(2004年8月号、フリーマガジン) - 表紙
『ar×ACQUA neutral 共同編集 別冊 最新LOVE髪ブック』(2005年4月) - 表紙
『ar 特別編 TODAYムック ハッピーネイルBOOK』(2005年5月)
『mina』(2005年11月20日号)
『steady.』
『ef』
『style』
『ar』
『sweet』
『non-no』
『Oggi』

・ランウェイ
東京ガールズコレクション:2009年秋冬、2010年春夏、2010年秋冬
ガールズアワード:2010
リーバイ・ストラウスジャパン(2003年8月)

・スチール
ユニクロ 春カタログ(2002年2月 - 4月)
エステアップ(2002年4月 - 7月)
フェリシモ はいせんす絵本 Vol.5 ル・ミエル(2003年)
ロート製薬 薬用リップクリーム セセラ(2003年9月 - 2004年2月)
JTB(ポスター)(2005年7月 - 9月)
集英社 non・no アドボード(2005年)
集英社 non・no 書店用POP(2005年11号・12号)

・通販カタログ
RAPTY
千趣会
セロリー
クレッセ
ゼクシィ
ニッセン 
iedit (フェリシモ)

・映画
『ギラ』 (2004年)監督:谷口則之
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(2007年)監督:松岡錠司
実験4号『It’s a small world』(2008年)監督:山下敦弘

・テレビ番組
ワンダフル(2000年10月 - 2001年9月、TBS) - 第4期ワンダフルガールズ
畑野スタイル(2002年4月 - 6月、テレビ東京) - レギュラー
初体験天使~Virgin Angel~(2004年1月・3月、名古屋テレビ放送)
日立 世界・ふしぎ発見!(2008年5月10日 - )(TBS) ゲスト・準レギュラー
世界!弾丸トラベラー(2010年4月24日・8月14日、日本テレビ)

・テレビCM
『そのまんまヨーグルト』(雪印乳業、1997年)
『プラッシー』(武田食品工業、1998年より)
『お茶づけ海苔』(永谷園、2001年2月より) 共/永田杏奈、いとうあいこ
『グランツーリスモ3』(ソニー・コンピュータエンタテインメント、2001年6月より)
『フルーツグラノーラ』(カルビー、2002年3月より) 共/福田明子
『サラサーティ・コットン100』(小林製薬、2004年7月より)
『Sifone』(花王、*台湾・香港、2004年・2005年)
『ノンノ』(集英社、2005年9月) 共/田中美保
『ビオレ』(花王、2006年1月より)
『三井不動産』(2006年8月より)
『MORE』(集英社、2007年3月より) 共/高垣麗子
『プリティア・ふんわり泡カラー』(花王、2007年7月より)
『MOCO』(日産自動車、2007年2月)
『ギュギュッと搾ったプレミアムカクテル・白桃』(キリン、2008年4月より)
『ロリエ』(花王、2010年8月より)
『年末ジャンボ宝くじ』(みずほ銀行、2010年11月より) 共/入山法子、花楓
『Ario』(イトーヨーカドー、2011年6月より)
『BAILA』(集英社、2012年3月より) 共/SHIHO
『スリムアップスリム』(アサヒフード&ヘルスケア、2015年)

・そのほか
契約:ブランドショップ フィットハウス(2004年3月 - 2005年2月)
テレビドラマ:天才てれびくんワイド~天才ドリーマー~(2001年10月、NHK)
ウェブマガジン:『Aqure』(2002年12月 - )
イメージキャラクター:『Soareak』(ファッションブランド) 共/藤井リナ、西山茉希、黒田エイミ

■作品
・写真集
第4期ワンダフルガールズ
第1弾 SELECTED ワンギャル写真集(2001年2月、ワニブックス、撮影:上野勇)
竹下玲奈、松梨知果、北川えり
第2弾 P感触! - 竹下玲奈&松梨知果写真集(2001年8月、ワニブックス、撮影:竹内彩)

・オムニバス写真集
ASAHI PRESS vol.2(2001年6月、朝日出版社)

・ソロ写真集
『しあわせをみつけた日』(2007年3月、アップフロントブックス、撮影:NAOKI)
『KARTE』(2010年6月11日、Noyuk、撮影:笠井爾示)
『my book Rena Takeshita』(2012年1月28日、集英社)[45]
『YES! RENA'S LIFE』(2013年3月8日、主婦と生活社)

・CD
第4期ワンダフルガールズ
ヒロイン! -その他大勢なんかじゃない-(2000年12月16日)
花吹雪 BANG BANG BANG(2001年4月18日)

アーティスト名:rena
マキシシングル Baby you can(2001年10月24日、インディーズレーベル・ワールドクリーク)

・ビデオ&DVD
ZAPPINNG RENA TV(2001年6月6日)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
竹下玲奈を「ウィキペディア」で参照する