菊地亜美 きくちあみ

「菊地亜美」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「菊地亜美」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「菊地亜美」に関連するモデルプレス記事

菊地亜美のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

菊地亜美のプロフィール

菊地亜美(きくち・あみ)
愛称:あみみ
生年月日:1990年9月5日
出身地:北海道北見市
血液型:B型
身長:164 cm

菊地 亜美(きくち あみ、1990年9月5日 - )は、日本のタレント、アイドル。北海道北見市出身。レプロエンタテインメント所属。女性アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバー。

◆略歴

2006年7月、新垣結衣に憧れ、レプロガールズオーディション2006に応募。10月、最終審査の選からは漏れるも声を掛けられて、レプロエンタテインメントに所属。

2007年4月、北見柏陽高校から日出高校へ転校、上京。

2008年4月、アイドリング!!!オーディションを受け合格、16号として加入。7月、1stDVD『Angel Kiss〜スマイルパラダイス〜』をリリース。

2009年4月、情報番組『News!71~アイドル』でレギュラーMCを務める。バラエティ番組『半熟ガール〜そらあみアワー』にレギュラー出演。9月、2ndDVD『Angel Kiss〜あみみのスマイルパーティー〜』をリリース。10月、冠ラジオ番組『菊地亜美の1ami9』の放送開始。12月、3rdDVD『菊地亜美です!!!』をリリース。

2010年3月、4thDVD『ami4you~菊池じゃないよ、菊地だよ。』をリリース。7月、5thDVD『マジカル☆スイッチ』をリリース。9月、事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーとなる。

2011年10月、情報番組『プレミアの巣窟』にレギュラー出演。

2012年2月、1st写真集『ami-ing』を刊行。11月、ファッション誌『Nicky』(2013年度1月号より)のメインモデルとなる。 故郷「北海道北見市」のイベント『きたみ菊まつり』に初出演。※年間約270本の番組に出演し、ブレイクタレントランキング第5位となった。

2013年1月、オフィシャルファンクラブ「株式会社キクチ」開設。6月、バラエティ番組『七人のコント侍』にレギュラー出演。8月、会員交流イベント「株式会社キクチ 第一回株主総会」を開催。以降、定期的に実施する。9月、6thDVD『かのじょ?』をリリース。10月、書籍『※写真はイメージです』を刊行。11月、バラエティ特番『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演し、翌年にレギュラー化。12月、バラエティ番組『芸人同棲』にレギュラーMCで出演。

2014年4月、バラエティ番組『キリウリ$アイドル』でレギュラーMCを務める。冠番組『菊地亜美のチャリーズエンジェル』の放送開始。8月3日、アイドリング!!!として出演した『TOKYO IDOL FESTIVAL 2014』において、同年11月開催の『アイドリング!!!14thライブ』をもってのグループ卒業を表明。10月、『きたみ菊まつり』に2年振りの出演。北見の観光大使に任命された。11月、『アイドリング!!!14thライブ』の公演をもってグループを卒業。

◆人物

・生い立ち

子供の頃から芸能界に憧れを抱いていて、将来はテレビに出る職業しか考えていなかった。高校生になると、地元の回転寿司屋でアルバイトをしながら、稼いだお金で札幌に通い、芸能事務所などのオーディションを受け続けていたが全て落選した。
レプロエンタテインメントに所属したばかりの頃は全く仕事がなく、毎日事務所に通っては今後について話し合ったり、オーディションの情報を調べていた。芸能界に入って辛いこともたくさんあったが、自分には芸能界の仕事しか考えられないので、アイドルをやめようと思ったことは1度もないという。

その後、徐々に仕事が増え、2012年度は約270本の番組に出演するまでになった。2014年10月、故郷のイベント『きたみ菊まつり』に出演した直後のブログによると、その仕事が無かった頃に「TVやCMに、いっぱい出る。絶対あきらめない」と誓いを立てていた事を明かしている。

・プロフィール

特技は、ピアノとバレーボール。ピアノは3歳から習っており、飽きっぽい性格の菊地が唯一続けてきた特技でもある。自身の高校の卒業式では「旅立ちの日に」の伴奏を行い、アイドリング!!!の3rd及び4thライブでは「想いの詩」を、6thライブではメンバーバンドとして橘ゆりかと共に「レモンドロップ」のキーボードを担当した。11thライブでも「Don't think. Feel !!!」の冒頭、遠藤舞のソロパートで伴奏を担当した。バレーボールは小学生の頃からクラブ活動でやっており、レプロガールズオーディション2006の最終審査でも披露した。

目標とする人は、辻希美、若槻千夏、ベッキー。好きな異性のタイプは、目が細くて、ゴツゴツした顔立ちで、マッチョで、性格が自分より大人っぽい人。自身の容姿では顔の輪郭を気にしており、髪を上げる下ろすにかかわらず、前髪の両サイドを顎の下まで垂らし、頬を隠すような髪型が多い。 動物が苦手で、触ることが出来ない。声帯が消耗しやすく酒焼け声のような特徴があり、歌声はハスキーボイス気味である。

愛称は森田涼花が命名した「あみみ」で、ファンからもそう呼ばれているが、メンバーからは「あみみ」のほか、「あみみさん」「亜美ちゃん」「菊地さん」など様々な名前で呼ばれている。ファンクラブ『株式会社キクチ』開設後は、ファンから「社長」とも呼ばれるようになった。アイドリング!!!関係以外の芸能人からは、基本的には「亜美ちゃん」「菊地(さん)」であるが、今田耕司からは「菊地君」と呼ばれている。また、事務所の後輩アイドルグループ「ベイビーレイズ」を結成時から支援しており、「パイセン」の名で慕われている。レプロ公式YouTube動画や、イベントのMC等で共演する事が多い。

デビュー当初は大雑把で、例えば靴下の柄が左右異なっていても気にしない、自宅の部屋が汚い、食器を洗うときも洗剤を使わない、歯磨きも2日に1度しかしない、シャンプーで手も洗うなど、色々と無頓着であったが、知名度が上昇するにつれて改善していき、ファッショナブルなスタイルに転換している。そして、ブランドショップ『マックハウス』の広告モデルに就いてからは、ビューティーなカラーも出すようになった。

出身地は北海道北見市。同郷のお笑いタレント吉村崇(平成ノブシコブシ)とは、仕事での共演も多い。2012年11月3日には『第60回きたみ菊祭り』のトークショーに出演し、念願だった故郷で仕事をすることができ、後日自身のラジオ番組でその喜びを語った。翌々年10月の『第62回』にも出演し、同郷の大先輩沢田亜矢子らが就任している「きたみ観光大使」に任命された。

・家族

家族構成は菊地本人と父、母、姉、弟の5人。父は遠藤舞のファンで弟はAKB48の元メンバーで女優の大島優子のファン。姉とは2009年高校卒業時に事務所の寮。

・キャラクター

仕事(バラエティー番組)に対する姿勢は前向きで、出演する番組では積極的に発言をする。また、クイズコーナーでもシンキングタイムの間を埋めるトークも積極的に行う。アイドリング!!!オーディションでは、変顔や、鼻フック、熱湯風呂などにも挑戦したいと話し、アイドリング!!!で仕掛けられたドッキリ企画の中で「自分のやりたいと思うことがありすぎるが、自分の(今の能力や立場で)出来ることが追いついていない」と語った。

「(出番の多い)MCがやりたい」、「自分がメインの企画がしたい」、「将来、「森田一義アワー 笑っていいとも!」や「ヒルナンデス!」のような昼の番組でMCをしたい」と前向きな発言をしている[22] 。個人の活動でも2009年4月、グループとしてではない自分の現状を知るため、レプロ所属タレントとしては異例の撮影会に出演した。

・アレルギー

様々な植物や金属のアレルギーがあるため、食事や身につけるアクセサリーに制約がある。また、一年中花粉症の症状に悩まされている。アレルギーの症状が出たため、2011年8月12日・13日のライブイベントを欠席し、13日の「菊地亜美の1ami9」の生放送も自宅からの電話出演となった。

・その他

舌小帯短縮症に掛かり、2014年春に舌小帯の切除手術を受けた。それでも完治したわけではなく、喋りが仕事でもある為に煩わしさを吐露している。

・交友関係

仕事の幅が増えるにつれて、知己になる人物も多くなり、交友関係も広くなっている。

谷澤恵里香:元アイドリング!!!のメンバーで、日出高校時代の同級生。谷澤のグループ卒業後も、バラエティ番組で共演したり、プライベートでも遊んだりしている。
三宅ひとみ:アイドリング!!!メンバーで一番仲が良い。メンバーで唯一菊地を「亜美」と呼んでいる。
妹尾友里江:レプロガールズオーディション2006で、共にファイナリストだったことから友人関係になる。
松井咲子(AKB48):以前共演したことがある藤江れいな(後述)から紹介されたのがきっかけで、「菊地亜美の1ami9」にゲスト出演[注釈 7]し、以降友人として電話やメールをするようになった。
藤江れいな(NMB48):2010年1月に「勝利の女神」(チバテレビ)で共演したのがきっかけで仲が良い。
嗣永桃子(Berryz工房):2011年末に放送された「深夜のHEY!HEY!HEY!」で共演したのがきっかけでメールをするようになった。
ソンミ:バラエティー番組「料理の別人」(TBSテレビ)で共演したのがきっかけ。
重盛さと美:藤江と同じく「勝利の女神」(チバテレビ)で共演したのがきっかけで友人関係になった。
misono:テレビで菊地を見てファンになり、重森さと美に菊地を紹介してもらったのが交友の始まり。
ダレノガレ明美:特報!B級ニュースSHOW(テレビ東京)で共演したのがきっかけで食事に行くようになった。
川島海荷(9nine):テレビ東京系ドラマ『好好!キョンシーガール〜東京電視台戦記~』で共演してから連絡も取りあう程の仲の良い関係となった。

◆エピソード

・趣味・嗜好

大の渋谷好きで、ブログによると、時間があるときは週に5回行くこともある。特にSHIBUYA109が好きで、自身のラジオ番組のタイトル「菊地亜美の1ami9」(ラジオ日本)の元にもなっている。
小学生の頃にアイドルに憧れて好むようになり、好きなアイドルの情報や気になるアイドルのブログなどをマメにチェックしている。AKB48では佐藤亜美菜と高橋みなみ、HKT48では村重杏奈、かつては小倉優子、9nineの川島海荷の名を挙げている。
K-POPではKARA、RAINBOWのファン。とりわけRAINBOWのジスクの大ファンで、番組で共演。番組出演後にジスク本人へ自分たちのCDをプレゼントし、後日ジスクもTwitterで「撮影時はとても楽しかったです。私にとって、涙を見せてくれるほど大切に思ってくれていた人は初めてです。私も感激しました。」と発言した。
子供好き。年少の美少女アイドルを好むなど、いわゆるロリコン的な気がややある。

◆アイドリング!!!関連

アイドリング!!!では16号。イメージフラワーは「アネモネ」。小林麻衣愛・森田涼花・河村唯・長野せりな・酒井瞳・朝日奈央・三宅ひとみ・ミシェル未来と同期メンバーであった。
グループには約6年半在籍し、バラエティ番組『アイドリング!!!』にも同期間出演した。以下は主なエピソードの一部。
加入当初、同じアイドリング!!!メンバーである滝口ミラを敬愛しており「滝口様」「天使」と呼んでいた。また、メンバーのモノマネも得意としていた。レパートリーは小泉瑠美、滝口ミラ、横山ルリカ、長野せりな、朝日奈央などがあった。
2009年4月、AKBアイドリング!!!のメンバーとして、握手会のためAKB48劇場のステージに立った。また、共演した藤江れいなから、「会いたかった」と「大声ダイヤモンド」の振り付けを教わった。

・アイドリング!!!卒業

2014年8月3日、アイドリング!!!として出演したライブイベント『東京アイドルフェスティバル2014』のライブステージで、同年11月に開催の『アイドリング!!!14thライブ』をもってのグループ卒業を表明した。メンバーの河村唯によると、この時この件を知っていたアイドリング!!!関係者は、上層部の3名だけだったらしい。この頃の菊地は、グループと個人活動の両立が厳しく、アイドリング!!!のライブやイベント活動などに、あまり出演できない状態が続いていた。そのため菊地の卒業の件を、様々な媒体で各メンバーが語ったその殆どは「今の菊地には常に付きまとっている、あり得る話なので仕方ない」というような冷静な反応だった。公私共に親しいメンバーの三宅ひとみとは卒業について時々話していたらしく、いつ卒業表明されてもいいように「ずっと前から覚悟していた」と吐露している。
2014年11月24日の卒業公演をもって、グループを卒業した。その一週間程前から、卒業に絡んだ企画が集中的に放送され、さらに生放送がある卒業ライブ終日までの、本人に密着した30時間生配信を中心に、複数の媒体にまたがる連動放送も行われた。卒業者個人にスポットを当てた送別企画としては、歴代でも最大級となり、総合プロデューサー神原孝をはじめ運営側の尽力も大きかった。グループ結成当初から支えていた担当ディレクター森洋介は「アイドリング!!!から全国区のタレントを輩出できた事は、僕らの誇りだ」と賛辞を送っている。そして、ライブ当日直後に録画放送されたアイドリング!!!『菊地亜美卒業スペシャル』を最後に、活動の全過程を終えた。
グループ卒業に関連した場などで、今まで意思疎通できていなかった一部のメンバーに対して、わだかまりの解消にも努めた。後輩達からすれば、グループ内でも全国区の知名度が突出していた為、畏怖される存在でもあった。自身も馴れ合いは苦手な為、心苦しかった心境を述べている。

◆その他

初仕事は2007年8月、日本大学芸術学部放送学科の授業の一環として制作された番組にゲスト出演し、歌(モンゴル800「あなたに」)とトークを行った。
声がハスキーで「癒しのハスキーボイス」というキャッチフレーズが付くほど。その為、出演しているテレビ番組で、「その声は酒やけか」と聞かれ、「酒を飲んだらもっとハスキーですから」というやり取りがよくある。また、その音域の低さなどから、歌には自信が無いことを公言しており、ライブ中にマイクの音量を絞られているという自虐ネタを話していたが、「Queen Bee ~少女の時代から~」、「Don't think. Feel !!!」、「One Up!!!」などで歌唱パートが多くなった。
2011年11月28日、自身のブログのタイトルを「アミノ酸ブログ」から「あみみ参上!!」に変更した(現在のタイトルは「Ami’s garage」)。変更した理由は、タイトルを考えたのが高校生の頃で、今となってはダサく感じられること、トップ画像が現状のキャラクターと合っておらず、仕事で会う関係者が混乱するため。
2012年頃は頭の上に「小さい帽子」をつけ、テレビ出演していた。アイドリング!!!加入当初はリボンをつけていたが、他のメンバーとビジュアル的にバッティングする事も多く、差別化のため「小さい帽子」に切り替えた。2013年にはそれを止め、アイドリング!!!の後輩メンバーにつける権利を譲ったが、全く浸透しなかった。
アイドリング!!!加入後も2年目頃までは仕事も少なく、ティッシュ配りのアルバイトをしていた。都内よりは関係者に会う確率も低いだろうと横浜でやっていたが、PVでお世話になった監督に偶然遭遇。TV番組の罰ゲームだと誤魔化した。
2014年11月13日オンエアの※AKB調べで『正直AKBにいなくて良かったアイドル』で6位にランクインした。投票した島田晴香(AKB48)は「受け答えも入り方もトークが上手い」、中西智代梨(AKB48)は「グイグイくるし、濃ゆいキャラクターだと思う」、大家志津香(AKB48)は「世界で1番面白い24歳だと思います」とコメントしている。

◆テレビ

・レギュラー・冠番組

アイドリング!!!(2008年4月 - フジテレビワンツーネクスト) - アイドリング!!!16号
アイドリング!!!日記 → アイドリング!!! (地上波版)(2008年4月 - フジテレビ / フジテレビONE)
News!371〜アイドル(2009年4月 - 2010年3月、エンタ!371) - MC
半熟ガール〜そらあみアワー(2009年4月 - 2010年3月、エンタ!371)
勝利の女神5(2010年1月 - 、チバテレビ・エンタ!371)
プレミアの巣窟(2011年10月 - 2013年3月 フジテレビ)
七人のコント侍(NHK BSプレミアム)
第2期(2013年6月 - 8月)
第7期(2014年8月 - 11月)
私生活むきだしバラエティ「キリウリ$アイドル」(2014年4月 - 9月、TOKYO MX) - メインMC
菊地亜美のチャリーズエンジェル(2014年4月 - TOKYO MX)
しくじり先生 俺みたいになるな!!(2014年10月 - テレビ朝日)- 準レギュラー
※パイロット版(2013年11月、2014年3月)
さよなら菊地亜美!アイドル卒業までのカウントダウン!!30時間密着ドキュメント!!!(2014年11月23日、フジテレビ / BSフジ)
アイドリング!!! 14thライブ『井の中のアイドリング!!! 大海でバタアシング!!! ~菊地亜美アイドル卒業までのカウントダウン~』(2014年11月24日、フジテレビNEXT)
ネットテレビ
告っちゃ!(2009年4月24日、GyaOジョッキー)
ラジオ日本1ami9ライブイベント(2010年5月12日、9月6日 - マシェリバラエティ)
芸人同棲(2013年12月 - テレ朝動画)
さよなら菊地亜美!アイドル卒業までのカウントダウン!!30時間密着ドキュメント!!!
(2014年11月23・24日、ゼロテレビ)
(2014年11月23日、ニコニコ生放送 / Showroom)

・テレビドラマ

ホタルノヒカリ2(2010年7月7日、日本テレビ)
新・警視庁捜査一課9係 第6シリーズ 第9話(2011年8月31日、テレビ朝日) - 星川彩 役
好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~ 第6話(2012年11月16日、テレビ東京)

・テレビアニメ

もやしもん リターンズ(2012年7月5日 - 9月15日、フジテレビ)- 田中恭子 役
映画
魚介類 山岡マイコ(2010年10月22日公開、ユナイテッド・エンタテイメント)
ラジオ
菊地亜美の1ami9(2009年10月4日 - 、ラジオ日本)
アイドリング!!!菊地亜美と大川藍のオールナイトニッポンモバイル(2010年4月14日 - ニッポン放送)

・雑誌

Nicky(2013年1月号 - セブン&アイ出版) - メインモデル

・広告・イメージモデル

マックハウス(2014年2月 - )

・イベント

「Angel Kiss~スマイルパラダイス~」発売記念イベント(2008年7月26日:ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース、7月27日:ishimaru soft本店 8Fホール)
GIRLS×BEAT×SUMMER2009(2009年8月1日:シアターサンモール)MC
「Angel Kiss ~あみみのスマイルパーティー~」発売記念イベント(2009年9月27日:ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース、10月18日ishimaru soft本店 8Fホール) ※10月18日ゲスト:大川藍
「菊地亜美です!!!」発売記念イベント(2010年1月9日:ishimaru soft本店 8Fホール、ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース)
「あみみらくる!!!」発売記念イベント(2010年1月30日:福家書店新宿サブナード店・ishimaru soft本店 8Fホール)
「ami4you ~菊池じゃないよ、菊地だよ。」発売記念イベント(2010年3月20日、ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース、ishimaru soft本店 8Fホール)
PigooHD開局直前記念「うきうき×そらあみコラボ祭り」」(2010年5月30日、Live Restaurant Daito)
「マジカル☆スイッチ」発売記念イベント(2010年8月14日:ソフマップなんば店ザウルス1・ソフマップ名古屋駅ナカ店、8月15日、ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース ※8月15日ゲスト:佐武宇綺・内田理央・水上桃華・八木静里菜
「B.L.TRAVEL」長野県白樺湖(2010年9月11日 - 12日、東京ニュース通信社・トップツアー)
「ami-ing」発売記念イベント(2012年2月11日:福家書店新宿サブナード店、2月26日、文教堂書店渋谷店)
「京急百貨店開店16周年記念 大北海道展」北見市観光PRイベントトークショー(2012年9月29日、ウィング上大岡 2階ガーデンコート)
「原宿スピンズコレクション」MC(2012年10月8日、原宿アストロホール)
きたみ菊祭り(北海道北見駅南多目的広場)
第60回 / アイドリング!!!16号菊地亜美トークショー(2012年11月3日)
第62回 / 菊地亜美トークショー(2014年10月18日)[11]
株式会社キクチ 株主総会
第一回(2013年8月3日、YMCAホテル)
第二回(2014年1月11日、時事通信ホール)
第三回(2014年8月10日、ベルサール西新宿)
DVD『かのじょ?』発売記念イベント(2013年10月6日、ソフマップアミューズメント館8F)
『※写真はイメージです』発売記念イベント(2013年11月2日、福家書店新宿サブナード店 / 11月3日、近鉄百貨店桃山店momo)
『東京ピグ時空駅』駅長就任イベント(2014年3月26日、神宮前アメーバスタジオ)
トレカ発売記念 握手会イベント(2014年8月24日、秋葉原・書泉ブックタワー9F / 名古屋ミントポニーランド)

◆作品

・CD

ベイビーレイズ初回生産限定盤A(2012年9月26日 ポニーキャニオン B008OYA97I)『Level 1 〜菊地パイセン Ver.~』収録。DVD特典映像ベイビーレイズの軌跡上巻に登場。
ベイビーレイズ初回生産限定盤B(2012年9月26日 ポニーキャニオン B008OYA9B4)DVD特典映像ベイビーレイズの軌跡下巻に登場。

・DVD

Angel Kiss ~スマイルパラダイス~(2008年7月20日 イーネット・フロンティア TRID-58)
Angel Kiss ~あみみのスマイルパーティー~(2009年9月19日 トリコ TRID-108)
菊地亜美です!!!(2009年12月18日 竹書房 TSDV-41261)
ami4you ~菊池じゃないよ、菊地だよ。(2010年3月20日 ラインコミュニケーションズ LCDV-40412)
マジカル☆スイッチ 菊地亜美(2010年7月25日 ドリームエージェンシー MMP-8)
かのじょ?(2013年9月25日、エアーコントロール)

・書籍

※写真はイメージです(2013年10月30日、主婦の友社)ISBN 978-4-07-291530-1

・写真集

ami-ing (TOKYO NEWS MOOK)(2012年2月9日、東京ニュース通信社、撮影:小池伸一郎)ISBN 978-4863361966

・ムック本

女の子を撮ろう!よくわかるポートレートレッスン(2010年5月19日、玄光社)ISBN 978-4-768303092

・トレーディングカード

あみみらくる!!!(2010年1月23日、さくら堂)
菊地亜美〜株式会社キクチ〜(2014年8月22日、ヒッツ)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
菊地亜美を「ウィキペディア」で参照する