ケイティ・ホームズ けいてぃほーむず

「ケイティ・ホームズ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「ケイティ・ホームズ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「ケイティ・ホームズ」に関連するモデルプレス記事

ケイティ・ホームズのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

ケイティ・ホームズのプロフィール

本名:Kate Noelle Holmes
生年月日:1978年12月18日
出生地:オハイオ州トレド市
国籍:アメリカ合衆国
活動期間:1997年 -
配偶者:トム・クルーズ(2006年 - 2012年)

ケイティ・ホームズ(Katie Holmes, 本名: ケイト・ノエル・ホームズ、Kate Noelle Holmes, 1978年12月18日 - )は、アメリカ合衆国の女優。

◆来歴◆

【生い立ち】

オハイオ州トレド市で生まれる。父親のマーティンは弁護士[1]、母親のキャスリーンは主婦。
5人兄弟の末っ子。ちなみに、ポルノスターのジョン・ホームズは彼女の親戚である。

【キャリア】

高校生の頃から演劇を始め、モデルとしても働く。
1997年にオーディションに合格してアン・リー監督作品『アイス・ストーム』で映画デビュー。
翌年放送開始のテレビシリーズ『ドーソンズ・クリーク』にも出演し、アメリカ合衆国のティーンの間で人気を博す。
この年の『ピープル』誌の「21歳以下の最もホットな21人」や2003年には「最も美しい50人」に選ばれる。
1999年公開の『洗脳』でMTVムービー・アワードのブレイクスルー演技賞を受賞。
その後も『鬼教師ミセス・ティングル』や『go』などの若者向け映画から『バットマン ビギンズ』のヒロインまで着実にキャリアを重ねていった。
2008年にはアーサー・ミラーの『みんな我が子』でブロードウェイ・デビューを果たした[2]。
しかし、トム・クルーズとの結婚後は女優としての活躍の場は減り、メディアに取り上げられるのは娘のことなど私生活でのことばかりになった。
2011年は『The Son of No One』に出演したが、ちょい役にもかかわらず、酷評され大ブーイングを受けた[3]。
また、2013年は舞台に主演したが不評と観客数が伸び悩んだため、予定よりも早く終了することとなり、打ち切りになった[4]。
俳優以外の活動としては、コーチやGAP、ミュウミュウの広告塔を務めている。2007年にはニューヨーク・マラソンに参加し、完走した[5]。

【私生活】

トム・クルーズと (2006年3月)
過去に『ドーソンズ・クリーク』で共演したジョシュア・ジャクソンと交際。
また、2000年からクリス・クラインと交際し、2003年には婚約したが2005年に婚約破棄。
2005年からトム・クルーズと交際を始め、すぐに婚約。
2006年4月18日にサンタモニカで長女(シュリ・クルーズ)を出産、同年11月19日にイタリアで挙式した。
交際前はニューヨークに住んでいたが、結婚後はロサンゼルスで暮らしている。
また、カトリック教徒だったが[6]、結婚後はサイエントロジーに改宗した[7]。
トム・クルーズとのゴシップをネタにされることが多く、2006年のゴールデンラズベリー賞で最もうんざりしたタブロイドネタ賞を受賞している。
2012年6月、トム・クルーズとの離婚申請を発表、7月に和解に達し正式に離婚した[8]。

◆主な出演作品◆

公開年 邦題
原題 役名 備考
1997
・アイス・ストーム(The Ice Storm)リベッツ・ケイシー役

1998
・洗脳(Disturbing Behavior) レイチェル・ワグナー役
・ドーソンズ・クリーク(Dawson's Creek)ジョーイ・ポッター役 テレビシリーズ(2003年まで放送)

1999
・go(go)クレア・モンゴメリー役
・Muppets from Space ジョーイ・ポター役 ※カメオ出演(クレジット表記なし)
・鬼教師ミセス・ティングル(Teaching Mrs. Tingle)リー・アン・ワトソン役

2000
・ワンダー・ボーイズ(Wonder Boys)ハンナ・グリーン役
・ギフト(The Gift)ジェシカ・キング役

2002
・ケイティ(Abandon)ケイティ・バーク役

2003
・フォーン・ブース(Phone Booth)パメラ・マクファッデン役
・歌う大捜査線(The Singing Detective) 看護婦役
・エイプリルの七面鳥(Pieces of April) エイプリル・バーンズ役

2004
・ホワイト・プリンセス(First Daughter)サマンサ・マッケンジー役

2005
・バットマン ビギンズ(Batman Begins)レイチェル・ドーズ役
・サンキュー・スモーキング(Thank You for Smoking)ヘザー・ホロウェイ役

2008
・デンジャラスな妻たち(Mad Money)ジャッキー・トゥルーマン役
・弁護士イーライのふしぎな日常(Eli Stone)グレイス役

2010
・選ばれる女にナル3つの方法(The Romantics)ローラ・ローセン役

2011
・陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル(The Son of No One)ケリー・ホワイト役
・ダーク・フェアリー(Don't Be Afraid of the Dark)
・ジャックとジル(Jack and Jill)


脚注
^ Janice Dunn. "Katie Holmes: A girl on the verge." Rolling Stone. Issue 795. 1998年9月17日. 44.
^ "Katie Holmes headed to Broadway" The Hollywood Reporter. May 19, 2008.
^ http://news.walkerplus.com/article/20073/
^ http://news.nicovideo.jp/watch/nw477298
^ Katie Holmes's Prize: A Marathon Kiss from Tom. People.com. November 4, 2007. Retrieved 2008-01-30.
^ Katie Holmes's New Friend Raises Eyebrows. People.com. June 16, 2005. Retrieved 2008-01-29.
^ Stephen M. Silverman. Katie Holmes Says She's Studying Scientology. People.com. June 14, 2005. Retrieved 2008-01-29.
^ トム・クルーズとケイティ・ホームズ、離婚協議で和解AFPBB News 2012年7月10日

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
ケイティ・ホームズを「ウィキペディア」で参照する