小西真奈美 こにしまなみ

「小西真奈美」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「小西真奈美」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「小西真奈美」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

小西真奈美のプロフィール

名前:小西 真奈美(こにし まなみ)
本名:小西 真奈美
別名義:藤木 一恵
生年月日:1978年10月27日
出生地:鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)
身長:168 cm
血液型:AB型
事務所:エレメンツ

小西 真奈美(こにし まなみ、1978年10月27日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル、歌手。本名同じ[要出典]。
愛称は、こにたん[1]。藤木 一恵(ふじき かずえ)名義での歌手活動経験がある。
鹿児島県[2]川内市(現・薩摩川内市)[要出典]出身。エリートジャパン、スマイルカンパニー、ユマニテ、CATAMARANを経て、有限会社エレメンツ所属。

◆来歴◆

川内市立川内中央中学校(現・薩摩川内市立川内中央中学校)、鹿児島県立川内商工高等学校卒業[要出典]。
エリートモデルルック日本代表を経て、雑誌モデルとして活躍。
その後、牧瀬里穂が同系列事務所所属時に演技講習を受けていたこともある関係から1997年に北区つかこうへい劇団に入団し女優に転身。『寝取られ宗介'98』で女優デビュー。
1999年、つかこうへいの代表作でもある『蒲田行進曲』でヒロインを務めた[3]。
同劇団在籍時からテレビドラマの活躍が多くなり、2001年にフジテレビ系『ココリコミラクルタイプ』でバラエティに初出演し、一躍人気を獲得。
女優としても同時期にNHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演してヒロイン・古波蔵恵里の恋敵となるクールな女医を演じ、同ドラマがブームとなったこともあり認知度も高まった。
2002年公開の初出演映画『阿弥陀堂だより』で、第48回『キネマ旬報賞』新人女優賞、第45回ブルーリボン賞新人賞、第26回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。
喋ることが出来ない難病を抱える少女役を演じた実績が認められての受賞である。
2006年6月16日、2000年頃から6年をかけて撮影した初の写真集『27』を発売した。本人は「写真集は一生に一回でいい」と発言している。
香川県の讃岐うどんをテーマにした映画『UDON』ではユースケ・サンタマリアと共に主役を演じる。
この映画のカンヌ国際映画祭の新作映画ラインナップ発表会が2006年5月20日(日本時間21日)に行われ、ユースケ・サンタマリアと共に出席。
2006年より出演したアサヒビール製造・販売の第3のビール「ぐびなま」のCMが反響を呼んだ。
日本地ビール協会によるアンケートで2006年の「ビールが似合う女優」第1位、2006年6月のCM好感度調査でも第2位に選ばれた。
2007年には、TBS系列のドラマ『きらきら研修医』で連続ドラマ初主演を果たした。役作りのため、デビュー以来では初めてショートカットになった[4]。
同年2月より九州新幹線「つばめ」のイメージタレントに起用され、3月28日の放送で『ココリコミラクルタイプ』を卒業。
2008年3月19日、映画『Sweet Rain 死神の精度』の主題歌「Sunny Day」で、劇中の役名である藤木一恵名義でDefSTAR RECORDSから歌手デビュー。オリコン週間シングルチャートで初登場10位を獲得した。
2009年、『のんちゃんのり弁』で、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。

◆人物◆

趣味は夜間にドライブをすること。
『きらきら研修医』の撮影中、共演のウエンツ瑛士が話しかけても「さらっと笑顔で人の話を聞いていない(ウエンツ談)」ことがしばしばあるらしい(『ハプニング大賞』内のVTRより)。
『ココリコミラクルタイプ』では清純な女性(マドンナ)役が多いが、同番組内におけるコントでのボケ役などを始め、多面的な演技者としての顔を見せている。
松下由樹を始め、坂井真紀、加藤夏希、村上知子らの女性陣でペアを組むコントが多かった。
同番組内では、リリーやミラクルさんから熱烈に好かれており、「ダメ出しSP」の時にはミラクルさんに「(ダメ出しを)シテシテ」(愛をこめた口調で)と言わされたこともあった。
愛称の「こにたん」は『ココリコミラクルタイプ』初期の頃から付けられたもので、番組上では終始「コニタン」表記であった。
元々は、小西博之がそう呼ばれていたものであるが、ある番組でその点も含め、自分が今コニタンと呼ばれている事に対し「とても光栄です」と言っていた。
猫が好きらしく、『めざましどようび』内で「小さい頃に猫を飼っていた事があった」と語っていた。
劇団在籍中には、あまりにも「顔が小さい」為「小西の前に立つな」という掟があったほど[3]。
2006年から開かれているオリコンによる「憧れの小顔美人ランキング(小顔クイーン)」では初代クイーンに。以後は、ずっと2位をキープ[5]。10頭身の持ち主である[要出典]。
稽古場には一番早く来て掃除と空調を掛けた後に、ストレッチも済ませておくといった、真面目で努力家な一面もある[3]。
以前は自分の声にコンプレックスを持っていたが、舞台に上がった後、客から「声に感動しました」「一番後ろの方だったけど、響いていました」という声援を貰った後は、自分の声が好きになったという[3]。
ドキュメント番組のナレーションもたびたび登場する。
30歳を過ぎてからクラシックバレエをやるようになり、街のバレエ学校に習いに行っている[6]。
好きな男性の仕草は、「硬いフタを簡単に開けること」[6]。2010年11月4日発売の『女性セブン』(11月11日号)で、福山雅治と年内結婚との報道がなされたが、小西本人および所属事務所はそのことを否定している[7]。
好きな曲は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「By The Way」。舞台の出演前に聞くとテンションを上がるため聞いているとのこと[6]。
得意料理は、さば味噌であり、バラエティ番組で実際に調理したことがある[6]。

◆出演◆

【テレビドラマ】

コワイ童話「不思議の国のアリス」(1999年、TBS) - 黒木耀子 役
3年B組金八先生 第5シリーズ(1999年 - 2000年、TBS) - 兼末裕美 役
深く潜れ〜八犬伝2001〜(2000年、NHK) - 阿保朋子 役
白い影(2001年、TBS) - 高木亜紀子 役
ちゅらさんシリーズ(NHK) - 西宮遙 役
ちゅらさん(2001年)
ちゅらさん2(2003年)
ちゅらさん3(2004年)
新・星の金貨(2001年、日本テレビ) - 麻生惠理 役
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2001年、フジテレビ) - 中野逸子 役
青と白で水色(2001年、日本テレビ) - 大内瑞穂 役
人にやさしく(2002年、フジテレビ) - 水崎花子 役
バベル〜The Tower of Babel〜(2002年、BSフジ) - 五十嵐香奈子 役
整形美人。(2002年、フジテレビ) - 藤島一咲 役
天体観測(2002年、関西テレビ) - 井田有里 役
新春ドラマスペシャル 秋刀魚の味 [8](2003年、フジテレビ) - 佐々木洋子 役
ホットマン(2003年、TBS) - 降矢志麻 役
ホットマン '04春スペシャル(2004年、TBS)
僕だけのマドンナ(2003年、フジテレビ) - 島田理惠 役
ぼくらはみんな生きている(2003年、テレビ朝日) - 島本ゆき 役
運命が見える手(2003年、朝日放送) - 主演・水嶺花梨 役
FIRE BOYS 〜め組の大吾〜(2004年、フジテレビ) - 落合静香 役
恋愛小説[9](2004年、WOWOW) - 澤井瑞樹 役
オレンジデイズ(2004年、TBS) - 高木真帆 役
世にも奇妙な物語 2005 春の特別編「あなたの物語」(2005年、フジテレビ) - 主演・石川真美 役
瑠璃の島(2005年、日本テレビ) - 島袋さなえ 役
瑠璃の島スペシャル2007(2007年、日本テレビ) - 島袋さなえ 役
WATER BOYS 2005夏(2005年8月、フジテレビ) - 上原今日子 役
チルドレン(2006年、WOWOW) - 青木美春 役
明智光秀〜神に愛されなかった男〜(2007年、フジテレビ) - おね 役
きらきら研修医(2007年、TBS) - 主演・織田うさこ 役
あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜(2008年、関西テレビ) - 鷲巣みずほ 役
パンドラ(2008年、WOWOW) - 飯田小夜子 役
小児救命(2008年、テレビ朝日) - 主演・青山宇宙 役
BOSS(2009年、フジテレビ) - 西山菜々美 役(第8話ゲスト)
KOI☆AGE〜恋するアゲハ〜(2009年、Bee TV) - 主演・伊佐美遥 役
マークスの山(2010年、WOWOW) - 根来麻美 役
さよならぼくたちのようちえん(2011年、日本テレビ) - 山崎カンナの母親 役
チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸(2011年、関西テレビ) - 笹井スミレ 役
ステップファザー・ステップ(2012年、TBS) - 灘尾礼子 役
喰う寝るふたり 住むふたり(2014年、NHK BSプレミアム) - 主演・町田りつ子 役
Nのために(2014年、TBS) - 野口奈央子 役

【映画】

世にも奇妙な物語 映画の特別編「結婚シミュレーター」(2000年)
クロエ(2002年) - 理子 役
うつつ(2002年) - 小宮山 役
阿弥陀堂だより(2002年) - 小百合 役
blue(2003年) - 遠藤雅美 役
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年) - 江戸りつ子 役
恋愛小説 [9](2004年) - 澤井瑞樹 役
スチームボーイ(2004年) - スカーレット・オハラ・ジョーンズ 役(声の出演)
Jam Films S「スーツ -suit-」(2005年) - レイコ 役
いぬのえいが(2005年) - 香織 役
UDON(2006年) - 主演・宮川恭子 役
天使の卵(2006年) - 五堂春妃 役
チルドレン(2006年) - 青木美春 役
私の頭の中の消しゴム(2006年、フジテレビ放映版) - スジン 役(吹替え)
叫(2007年) - 仁村春江 役
にゃんこ THE MOVIE 2 [10](2007年) - ナレーション
Sweet Rain 死神の精度(2008年) - 藤木一恵 役
トロと旅するTHE MOVIE(2009年) - オムニバス・本人 役
のんちゃんのり弁(2009年) - 主演・永井小巻 役
猿ロック THE MOVIE(2010年) - 水樹瑛子 役
行きずりの街(2010年) - 手塚雅子 役
シュアリー・サムデイ(2010年) - 葉月美沙 役
トマトのしずく(2010年) - 主演
相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜(2010年) - 朝比奈圭子 役
東京公園(2011年) - 志田美咲 役
指輪をはめたい(2011年) - 住友智恵 役
スープ〜生まれ変わりの物語〜(2012年) - 綾瀬由美 役

【舞台】

寝盗られ宗介(1998年)
蒲田行進曲(1999年・2000年)
二代目はクリスチャン(1999年)
熱海殺人事件 最終バージョン サイコパス(1999年)
透明人間の蒸気(2002年)
赤鬼(2004年)
走れメルス(2004年)
LOVE LETTERS(2011年) - メリッサ 役
悼む人(2012年) - 奈儀倖世 役
バラエティ番組
ココリコミラクルタイプ(2001年 - 2007年、フジテレビ)
漱石の犬(2010年 - 2011年、日本テレビ) - ナレーション
スポーツ番組
S THE STORIES (2008年 - 2010年、テレビ朝日) - ナレーション
ドキュメンタリー
田中将大の一本道〜熱きアスリートたちの想い〜(2010年、東北放送) - ナレーション
旅のチカラ 「バレエに恋して〜小西真奈美 ロンドン〜」(2013年、NHK BSプレミアム)
にっぽん紀行「語り出す"人生"のノート〜新潟 南魚沼〜」(2014年5月8日、NHK) - 案内役

【CM】

ムラサキスポーツ
花王「ラビナス」
コダック「カラーフィルム」
ケンタッキーフライドチキン
野村證券「個人向け国債」
ジャストシステム「一太郎12」(2002年)
花王「エッセンシャル ダメージケア」(2002年)
大正製薬「アルフェ」
コーセー「雪肌粋」
生涯学習のユーキャン
日産自動車「ティーダ」(2004年)
シンガポール政府観光局
日清製粉「ママースパゲティー」
AMO「コンセプトワンステップ」
ドリーム・トレイン・インターネット
キャドバリージャパン「リカルデント」
アサヒビール「ぐびなま。」
ハウスメイト (2007年)
九州新幹線「つばめ」(2007年)
JR九州「鹿児島スイッチ」
NEC「N706ie」(2008年)
カルピス「LacLac」(2009年)
木下工務店グループ(2010年 - )
東京ガス(2010年 - )
サンスター「VO5」(2011年 - )
アサヒフードアンドヘルスケア「クリーム玄米ブラン」(2011年 - )
千趣会「ベルメゾン」(2011年 - )
ミュージック・ビデオ
竹内まりや「毎日がスペシャル」(2001年)
NIRGILIS「VUNA」(2003年)
猪苗代湖ズ「I love you & I need you ふくしま」(2011年)
ウェブマガジン
大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン「旅色Luxury Stays」(2009年)
インターネット動画
電報日和(フジテレビ)
オーディオブック
京都まで(原作:林真理子/2012年/イー・スピリット)公式ページ

◆作品◆

【CD】

Sunny Day‎(2008年3月19日)
藤木一恵名義のデビューシングル。2008年3月31日付オリコン週間シングルチャートで初登場トップ10入り、さらに台湾のKKBOX日韓音楽チャートで5月11日 - 5月17日の週間チャートで1位を獲得した。

【書籍】

手紙(2004年9月30日、ぴあ)ISBN 4835609662 ※:本人による詩的エッセイ
小西真奈美写真集 「27」(2006年6月16日、朝日出版社、撮影:丸谷嘉長) ISBN 425500336X

◆受賞歴◆

阿弥陀堂だより
第48回キネマ旬報ベスト・テン・新人女優賞
第45回ブルーリボン賞・新人賞
第26回日本アカデミー賞・新人俳優賞
のんちゃんのり弁
第31回ヨコハマ映画祭・主演女優賞
第64回毎日映画コンクール・女優主演賞
第24回高崎映画祭・最優秀主演女優賞
東京公園
行きずりの街
第3回TAMA映画賞・最優秀女優賞

脚注
^ リリー・フランキーが命名。コニタン"は小西博之で、こにたんは小西真奈美、と定義。ひらがなの優しいイメージ、とリリーフランキー談。
^ “公式プロフィール”. エレメンツ. 2014年8月11日閲覧。
^ a b c d 2009年9月30日放送の「ズームイン!!SUPER」「かがやきビト」のコーナーより
^ 本人によると、40cm近く切ったとのこと。
^ “「第5回“小顔クィーン”」 安室奈美恵が4連覇 〜次世代クィーンも急上昇”. eltha. オリコン (2010年8月25日). 2014年8月11日閲覧。
^ a b c d 2011年6月13日放送より
^ 小西真奈美 福山との「結婚&交際」を全否定[リンク切れ] - スポーツニッポン、2010年11月4日
^ 小津安二郎監督の遺作となった同名の映画(1962年)をテレビドラマにリメイクしたもの。
^ a b WOWOWで放送されたドラマW1周年記念作品。3月14日にWOWOWで放送され同年6月19日には劇場公開された。
^ 全国5ヶ所の無料上映会場で公開、同年7月発売のDVDが中心

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

小西真奈美を「ウィキペディア」で参照する