安田美沙子 やすだみさこ

「安田美沙子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「安田美沙子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「安田美沙子」に関連するモデルプレス記事

安田美沙子のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

安田美沙子のプロフィール

安田 美沙子
愛称 みちゃ、みちゃこ、みーちゃん、やすみさ、やっちん
生年月日 1982年4月21日
出身地 京都府
血液型 O型
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 161 cm / ― kg
スリーサイズ 82 - 60 - 85 cm
カップサイズ D
股下 / 身長比 72 cm / 44.7 %
靴のサイズ 24 cm

安田 美沙子(やすだ みさこ、1982年4月21日 - )は、日本のタレント、女優であり、元グラビアアイドル。所属事務所は、株式会社アーティストハウス・ピラミッド。

■来歴
・生い立ち
1982年、母親の実家がある北海道札幌市で、双子として生まれた[1]。その後は京都府で育ち[2]、宇治市立東宇治中学校を経て京都府立東宇治高等学校卒業。
摂南大学国際言語文化学部に在学中だった2001年4月[3]、京都市のジェイアール京都伊勢丹の靴売り場でスカウトされて芸能界デビュー、同年12月放送の番組 『美少女図鑑』(プロデュース=会田我路)がテレビ初出演となった。

■経歴
翌2002年、少年雑誌主催のコンテスト 「ミスマガジン2002」に於いて優勝、ミスヤングマガジンに選出されたことで広く知られるようになった。芸能事務所はカノックスフィルムに所属し、当時は同事務所に所属し同郷でもあった女優の田畑智子を憧れの人として挙げていた。この頃から多忙になり、大学は中退した。この年から、安田の地元である京都を本拠とする消費者金融会社アイフルのCMに出演し、話題となった。
e-niceレーベル(徳間プロモーション)から歌手デビューを果たし、2004年には、サントリービールキャンペーンガールに選出された。翌年にはテレビドラマ 『熟年離婚』に出演し、連続ドラマにおける女優デビューとなった。同年暮れに公開された映画 『ルナハイツ』では、初の映画主演女優を務めている。

■受賞歴
2002年(平成14年) 「ミスマガジン2002」コンテストに於いて、『ミスヤングマガジン』受賞。
2003年(平成15年) 週刊プレイボーイ誌の第6回トレカ大賞で新人賞受賞。
2004年(平成16年) 『サントリービールキャンペーンガール』。
2006年(平成18年) 第43回ゴールデン・アロー賞“グラフ賞”を受賞 (3月)。
2008年(平成20年) 第2回ブライダルジュエリープリンセス賞を受賞 (1月)。
2008年(平成20年) ジュエリーメーカー「Crossfor」イメージガール 2008年8月-2009年8月
2010年(平成22年) アメトーーク大賞グランプリ。
2012年(平成24年) 日本スイミングクラブ協会主催の第13回ベストスイマー賞を受賞。

■人物
・エピソード
一人称は、『うち』。テレビ番組のトークでは、「うちは」や「めっちゃ」など、普段から京言葉を多用し、おっとりとしたキャラクターを印象づけている。
中学校と高校では、バスケットボール部に所属し、ポジションはセンターだった。テレビ番組 『堂本剛の正直しんどい』では、堂本剛や山里亮太(南海キャンディーズ)らとともに、ママさん最強バスケットボールチームと対戦したが、経験者らしい良い動きで堂本らをフォローした。地元でプロバスケットボールチーム「京都ハンナリーズ」が発足した際、開幕戦のイベントに登場した。
英語が得意で(実用英語技能検定2級)、芸能界に入っていなかったら航空会社に就職していたと発言している[どこ?]。
「バラエティー生活笑百科」に出演した際[いつ?]、「転居する際には前住んでいたところよりも上の階に住んでいた」「今、アパートの8階に住んでいるが、高所恐怖症なのでこれ以上、上の階には行かない」と言っていたが、ネタの可能性もあり本当かどうかは不明である。
犬を飼っており、犬種はビション・フリーゼで、名前は「はんな」である。
酒好きであり、新幹線で移動中にはビールなどを飲むことが多く、一緒に飲んだことがある和田アキ子は「安田は酒が強い」と発言している[どこ?]。沖縄が好きで、「将来沖縄に住んでお菓子屋さんをしたい」としている。
自身の恋愛観は、「熱しやすく冷めやすい」と評し、「付き合う人とはなぜか、4ヵ月で別れることが多い」とも言っている。デビュー当時、上京することになって地元京都の彼氏と離れた後、東京で世話になった男性に惚れてしまい、京都の彼氏には「他の人が好きになった」と告げて別れたというエピソードを語っている。「私、マゾ」という発言や体験談などから、ドMであることが知れ渡っている。公言している「トイレ好き」に関連しての、「お腹が痛くなるくらい我慢した方が気持ちが良い」という発言も、マゾヒズムの現われと解釈される。
2009年1月、かねてから噂のあった俳優、城田優との交際を自身のブログで公表した[8]が、2010年9月に破局した。2014年3月14日、2012年春より交際していたデザイナーの下鳥直之と婚姻届を提出、入籍した。
『ミスマガジン』出身ながら、「週刊少年マガジン」のグラビアページへの単独初出演は2005年と遅かった。
安田は、週刊ヤングマガジン、週刊ヤングサンデー、ビッグコミックスピリッツ、週刊ヤングジャンプという週刊青年漫画4誌全ての表紙を飾った数少ない1人である。
『クイズ!ヘキサゴンII』では、最下位・下位・中位・上位を経験し、最上位以外の全てを経験している珍しい出演者となっている。
タレントの有吉弘行には、「ドス黒芸者」というあだ名をつけられたことがある。
安田が「明日使える心理学!テッパンノート」で坂上忍宅の潔癖生活のリポートをしたが、坂上がルーズな安田に対して散々駄目出しをしていた。それが元で、「踊る!さんま御殿!!」でのテーマが「ルーズvs潔癖」になると、安田と坂上のバトルが毎回展開された。

■家族
二卵性双生児の弟がいるが[11]、現在は東京在住であり、既婚。ルックスは「ORANGE RANGEのRYOに似ている」という。母親は北海道出身で、学生時代は長谷川初範と同級生だったが、安田と長谷川とはドラマ、「熟年離婚」や「CAとお呼びっ!」での共演歴がある。
その母親と弟との関係であるが、母親が上京する際には弟の家にのみ立ち寄るということもあり、「母親は、弟ばかり可愛がって、私のことは好きじゃないみたい」としている[14]。

■友人・知人
親友には同事務所で同い歳のタレント熊田曜子、同級生でヘキサゴンで共演した矢口真里、他に若槻千夏、東原亜希、今井りか、山本梓、大沢あかね、臼田あさ美、同事務所の夏川純などがいる。クイズ番組では、風邪で出演できない熊田に代わりに出演した。熊田はライバルだそうだが、普段は仲が良いとのこと。
高校の先輩である坂下千里子とは、テレビ番組『笑っていいとも』(フジテレビ)や『もしもツアーズ』での共演歴がある。

■好きな人物
フォークデュオ・ゆずのファンであり、いわゆる「ゆずっこ」である。テレビ番組で共演する機会があり、その際には2人に手作りのチーズケーキを振舞った。好きな男性のタイプとして、ゆずのリーダー、北川悠仁を挙げている。
音楽バンド、Aqua Timezは、テレビ番組での共演をきっかけにファンとなり、車での移動中のBGMとして好んでいる。
好きな漫才師として挙げるのは、「笑い飯」。
現在、生存している日本人で天才だと思うのは、音楽バンド、ジ・アルフィーの高見沢俊彦だという。

■マラソン・トライアスロン大会への参加
フルマラソンの完走実績も多く、メジャー大会にも出場することがある。
2008年12月、『JALホノルルマラソン2008』を完走した[18]。参加したきっかけは、自分にとりえがなかったことにコンプレックスを感じており、プロフィールに記載して自信を持ちたかったからとしており、トレーナーやスタッフと柔軟体操や、公園でジョギングをするなど半年間練習してから本番に挑んだ。2009年にも出場したものの、目標とした4時間切りは達成できなかった。
2009年3月22日、『東京マラソン2009』を完走した。中学の先輩に千葉真子がおり、千葉とは「オールスター感謝祭」の「赤坂5丁目ミニ駅伝」で谷川真理も加えてチームを組んでいた。
2011年1月23日、『第5回湘南国際マラソン』に参加し目標であった4時間切りを達成。3時間49分10秒で無事に完走した。
その後、マラソンを生かしてトライアスロンに挑戦すべく、水泳や自転車を習っている[19]が、これは『行列のできる法律相談所』の番組企画の一環として始めたものである。
2011年5月15日、鹿児島県の指宿で開催された『第25回指宿トライアスロン大会』に出場。51.5km(スイム1.5km・バイク40km・ラン10km)のコースを3時間35分53秒で完走した。これも上記の番組企画の一環であり、東野幸治・菊地幸夫弁護士・ノッチとともに出場した。
2011年9月4日、新潟県の佐渡で開催された『2011佐渡国際トライアスロン大会』のAタイプに、上記「行列〜」の企画で、東野幸治・菊地幸夫弁護士・ノッチとともに出場。236km(スイム3.8km、バイク190km、ラン42.2km)のコースを、制限時間15時間30分で完走するレースで[20]、最後のラン32.3km地点のチェックポイントに制限時間の30秒遅れで入り、完走にはならなかった。
2012年3月11日、『名古屋ウィメンズマラソン2012』に出場。3時間44分56秒で完走した。

■競馬にまつわるもの
2006年11月19日、JRA京都競馬場でのトークショーゲストと当日のメインレース・マイルチャンピオンシップの表彰式プレゼンターとして来場。その時に優勝したダイワメジャー号のファンになる。競馬に縁あって2007年年始からフジテレビ系東日本地域限定の競馬番組「うまなで〜UMA to NADESHIKO〜」に出演が決定した。
番組の企画で栗東トレーニングセンターで行なわれた2007年度皐月賞の共同記者会見に出席し、ドリームジャーニーを管理する池江泰寿調教師に対し代表質問を行う。
25歳の誕生日当日はちょうど「うまなで〜UMA to NADESHIKO〜」の収録日だったが、番組内の「おさらいなでしこ」のコーナーで安田は罰ゲームを言い渡されてしまう。実際には罰ゲームは行なわれず、番組からシークレットで誕生日ケーキを用意されていた。安田はスタッフの粋な計らいにいたく感激し、嬉し涙を流したままエンディングを迎えた。
2007年4月28日放送分で「6年前の4月28日に春の天皇賞を見に来ていたマネージャーさんにスカウトされた」と発言。そのため、春の天皇賞には特別な思い入れがあるという。
MC3人娘の間では一番競馬に興味があった為か、朝の1レースから馬券を購入している。戦績はあまり芳しくない、とのこと。蛯名正義騎手を中心に馬券を購入した際に大きく儲けたことがあり、それ以来同騎手を注目している。
2007年5月26日放送分の日本ダービー予想では本命に大好きという牝馬のウオッカを抜擢。翌日番組収録を兼ねて東京競馬場に訪れていた安田は、ウオッカの勝利を目の当たりにして大泣きした、と翌日のサンケイスポーツ芸能面に大きく掲載された。
2007年6月23日放送分で、うまなでさんから「抱きたい男の人は誰ですか?」と聞かれて「ゆずの北川悠仁さん」と答えてしまい、後で事の重大さに気付いて照れていた。
2009年5月17日、ヴィクトリアマイルの当日の自身のブログで「もちのろん、ウオッカに単勝1万円」と書き込んで見事に的中させた。6月7日の安田記念のときはウオッカの単勝に2万円を注ぎ込み、的中させた。
安田は日本中央競馬会のホームページの期間限定特設サイト「オークス七変化」「ダービー七変化」のメインキャラクターを担当していた。
2009年6月16日、自身のブログにて今年度メイクデビュー(2009年7月11日に札幌競馬場で初出走予定)の2歳馬に『ハンナリト』(牝2歳/小檜山悟厩舎/美浦トレーニングセンター)と命名したことを明らかにした。
2009年(平成21年)6月20日の第1回札幌競馬初日イベントに出演。その際に自ら命名したハンナリト号にも面会した。
2010年10月3日の『ドラマチック競馬』(北海道文化放送)にゲスト出演。当番組司会者は『うまなで〜UMA to NADESHIKO〜』で共演した今井りかであった。
2011年からは、地元のKBS京都で『うまDOKI』の司会を務めることになり、前年12月8日の制作発表は京都競馬場で行われた。
2011年9月11日、自身のブログでWIN5の予想を掲載したところ、的中した。

■出演
・テレビ(情報・バラエティ)

・レギュラー
やすだの歩き方(2012年4月5日 - 、中部日本放送)
職人の麺工房(2010年10月 - 2013年3月、BS朝日)
TOKYO BRANDNEW GIRLS(2012年4月1日 - 、テレビ東京)
・準レギュラー
アッコにおまかせ!(2004年8月 - 、TBSテレビ)
祝女(2010年10月 - 、NHK総合)不定期で放送される友近司会のミニコーナー「恋する方言」のレギュラーゲストとして
アメトーク! (テレビ朝日)食べ物関連芸人の妄想再現VTRに相手役として出演(不定期)
ちちんぷいぷい(毎日放送)京都企画をやる時の木曜に出演(不定期)

・単発・ゲスト出演
大人の山歩き〜自分に出会える百名山 (テレビ朝日)(2013年9月7日)
ひまの湯(2013年10月6、13日、STV)
過去のレギュラー・準レギュラー
ヒデヨシ(2002年10月 - 2003年9月、中部日本放送)準レギュラー
デジ屋台(2003年4月 - 9月、TBSテレビ)
シブスタ S.B.S.T(2004年3月 - 2005年3月、テレビ東京)火曜日レギュラー
激走!GT(2004年4月 - 2005年3月、テレビ東京)レギュラー
ハナタカ天狗(2005年4月 - 10月、TBSテレビ)準レギュラー
ぶちぬき(2005年4月 - 2006年3月、テレビ東京)金曜日レギュラー
うまなで〜UMA to NADESHIKO〜(2007年1月 - 2007年12月、フジテレビ)レギュラー
おはよう朝日です(2003年4月 - 2004年3月、朝日放送)トレンドリポーター
内村プロデュース(2000年4月 - 2005年9月、テレビ朝日)実際に出演したのは2004年以後
クイズ!ヘキサゴンII(2005年11月 - 2009年5月、フジテレビ)不定期出演
今田ハウジング(2007年5月 - 2008年3月、日本テレビ)準レギュラー
スーパー競馬(2007年9月 - 2007年12月、フジテレビ)レギュラー
新3か月トピック英会話「出張!!ハートで感じる英語塾」(2007年10月 - 12月、再放送 2008年7月 - 9月、NHK教育)司会
宇宙でイチバン逢いたい人(2008年7月 - 2009年3月、日本テレビ)MC、ナレーション担当
月光音楽団(2005年4月 - 2009年9月、TBSテレビ)
直伝 和の極意「彩りの和菓子・春紀行」(2011年3月29日 - 5月31日、NHK教育)
IMPACT (2010年4月 - 2011年3月、中部日本放送)
うまDOKI(2011年1月 - 12月、KBS京都テレビ)
美沙子の月1 南青山 in 湯澤さん家(2011年4月 - 2012年3月、ニコニコ生放送)
みちゃえる!(2011年4月 - 2012年3月29日、中部日本放送)
安田美沙子のオンリーわん(2012年4月7日 - 6月30日、中部日本放送)

・テレビドラマ
塩カルビ(2002年10月、テレビ神奈川)ベッピン 役
乱歩R(2004年3月、読売テレビ)
金曜エンタテイメント・あゝ離婚式(2004年4月、フジテレビ)
いちばん暗いのは夜明け前(2005年7月 - 9月、テレビ東京)ナオコ 役
熟年離婚(2005年10月 - 12月、テレビ朝日)土田友紀 役
一週間の恋(2006年1月、TBSテレビ)斉藤愛 役
ロケットボーイズ(2006年1月 - 3月、テレビ東京)立花彩子 役
松本清張 けものみち(2006年1月 - 3月、テレビ朝日)小笠原愛 役
都立水商!(2006年3月、日本テレビ)丸山真由子 役
CAとお呼びっ!(2006年7月 - 9月、日本テレビ)星菜々美 役
ザ・コテージ(2006年7月、WOWOW)主演・高村志保 役
氷点(2006年11月、テレビ朝日) 加納由美 役
女子アナ一直線!(2007年7月 - 9月、テレビ東京)中武由衣 役
今日は渋谷で6時(2008年1月5日、フジテレビ)水内加奈 役
ロス:タイム:ライフ(2008年3月、フジテレビ)涼宮みどり 役
ハチワンダイバー(2008年5月 - 7月、フジテレビ)六車里花 役
任侠ヘルパー(2009年7月 - 9月、フジテレビ)堀井皐月 役
任侠ヘルパー スペシャル(2011年1月9日)
ホンボシ〜心理特捜事件簿〜(2011年1月 -3月 、テレビ朝日)六条舞 役
カーネーション(2012年2月 - 3月、NHK)小原聡子 役
金曜プレステージ・Dr.検事モロハシ(2012年3月23日、フジテレビ)仁科恭子 役
たべるダケ(2013年7月 - 9月、テレビ東京)相田美和 役
私の嫌いな探偵(2014年1月 - 3月、テレビ朝日)三木刑事 役

・ラジオ
LeSportsac presents 安田美沙子のトーキョー ポイントラブ (2009年3月 - 2010年8月、TOKYO FM)

・映画
ルナハイツ(2005年12月24日)主演・大月まどり 役
ザ・コテージ(2006年9月9日)主演・高村志保 役
ルナハイツ2(2006年12月23日)主演・大月まどり 役
荒くれKNIGHT(2007年4月28日)三井雛子 役
余命1ヶ月の花嫁(2009年5月)花子 役

・CM
日清食品 どん兵衛(2001年)近鉄時代の中村紀洋と共演
東海旅客鉄道(JR東海) 京の冬の旅(2001年12月 - 2002年2月)
ラウンドラン(2002年10月 - 2003年3月)
アイフル(2003年10月 - 2006年3月)
サントリービール(2004年1月 - 12月)
フォーサイド・ドット・コム For-side PLUS(2004年3月 - )
アイフォー 筆王2005(2004年9月 - 2005年2月)
豊丸産業 美沙子のウキウキ冬休み(2005年4月 - )
メガハウス ルービックキューブ(2005年7月 - )
イーフロンティア 筆王2006(2005年9月 - )
結婚情報サービス ハピネス イメージガール(2006年5月)
am/pm カラダにキブンにイイコトクラブ(2007年)
資生堂UNOデオドランドスプレー(2007年)
アメーバピグ (2011年3月28日 - )ほしのあきと共演
KIRIN 新休む日の0.00%(2012年4月 - )佐々木則夫(なでしこジャパン監督)と共演
創味食品 創味のつゆ(2012年9月22日 - )
創味食品 焼肉のたれ(2013年4月19日 - )

・アニメ
キャラディのジョークな毎日(2009年4月1日 - 2010年3月31日、東名阪ネット6(幹事:tvk))キャラディ役

・舞台
ニコニコミュージカル「クリスマス・キャロル」(2010年12月、博品館劇場)ケイト 役
郵便配達夫の恋(2011年7月、PARCO劇場)浦崎あかり 役
息吹の瞬間(2012年9月、東京・名古屋・大阪) 佐恵子 役
樅ノ木は残った(2013年1月、大阪・新歌舞伎座) 宇乃 役

■作品
・シングルCD
may be tomorrow(2003年11月、e-nice)

・Video & DVD
マーメイドの季節(2002年8月、ポニーキャニオン)
ミスマガジン2002 Official VIDEO & DVD(2002年10月、TBS)
Marvelous(2003年6月、ベガファクトリー)
fruit-chu(2003年9月、フォーサイド・ドット・コム)
Se-女!(2003年11月、GPミュージアム)
M.Y(2004年4月、h.m.p)
Plain(2004年7月、ポニーキャニオン)
Girlfriend(2004年9月、アクアハウス)
mixture【Se-女!2】(2004年11月、フォーサイド・ドット・コム)
MATERIAL GIRL【CMメイキング】(2004年11月、フォーサイド・ドット・コム)
M・Y Plus(2004年11月、イーネット・フロンティア)
Beach Angels 安田美沙子 in ゴールドコースト(2004年12月、バップ)
idol complete RED(2005年1月、ジェネオンエンタテインメント)
WEST-EAST(2005年2月、集英社)
Feel(2005年3月、ラインコミュニケーションズ)
Nature(2005年3月、ラインコミュニケーションズ)
みちゃ!Summer Vacation(2005年5月、フォーサイド・ドット・コム)
Honey Bee×2(2005年6月、フォーサイド・ドット・コム)
HOOP!(2005年6月、フォーサイド・ドット・コム)
東京美優 Little Journey(2005年7月、GPミュージアム)
Micha・nnel -みちゃんねる-(2005年8月、学研)
楽園(2005年10月、リバプール)
Special DVD-BOX(2006年1月、ラインコミュニケーションズ)
Vivid(2006年3月、フォーサイド・ドットコム)(ウルトラヒロインシリーズ)
Which?(2006年3月、フォーサイド・ドットコム)
Relax(2006年4月、ジーオーティー)
Colopful Doll(2006年4月、フォーサイド・ドットコム)(美女-Hシリーズ)
Specially(2006年5月、マジカル)
PREMIUM SELECTION 安田美沙子(2006年9月、イーネット・フロンティア)
MISA's Kitchen(2006年9月、マーレ)
Happiness(2006年11月、ラインコミュニケーションズ)
プレミアDVD-BOX (2007年2月、GPミュージアム)
みちゃこと行く京都の旅 (2007年4月、ビーエムドットスリー)
MISAKO'S BASIC(2007年7月、フォーサイド・ドット・コム)
4 Pieces BOX(2007年12月、ラインコミュニケーションズ)
はんなり(2008年10月、フォーサイド・ドット・コム)
One day in KYOTO(2009年1月、スパイスビジュアル) ブルーレイディスク版も同時発売。
MICHAEL (2009年7月、イーネット・フロンティア)

・その他
目覚まし時計 音声クロック(2003年11月、さくら堂)
CR安田美沙子のホワイトエンジェル(2005年12月、豊丸産業)
CR安田美沙子のトロピカルエンジェル(2008年11月、豊丸産業)
安田美沙子のmisanna(携帯電話放送「Bee TV」の動画ブログ)

■書籍
安田美沙子初フォトエッセイ「ミサコキョウヘノボル」(2007年4月、ゴマブックス、ISBN 978-4-7771-0630-1)

・写真集
ミスマガジン2002 ガツンとビキニスペシャル(2002年10月、講談社)
ソロ・ファースト写真集 みさこ(2003年7月、ぶんか社、ISBN 4-8211-2545-5)
Le Soleil(2004年1月、竹書房、ISBN 4-8124-1504-7)
ヤングサンデー特別編集 My Future(2004年4月、小学館、ISBN 4-09-372091-6)
tiara(2004年6月、アクアハウス、ISBN 4-86046-082-0)
mook写真集 ナマミサ(2004年7月、アスコム、ISBN 4-7762-0187-9)
Memories(2004年9月、講談社、ISBN 4-06-307859-0)
【P】 -pyramid girls×weekly playboy-(2004年10月、集英社、ISBN 4-08-780399-6)
サブラムック WILD FAIRY(2004年10月、小学館)
aroma(2004年12月、学研、ISBN 4-05-402475-0)
バンブームック 近距離恋愛(2005年3月、竹書房、ISBN 4-8124-2024-5)
微熱(2005年5月、音楽専科社、撮影:上野勇 ISBN 4-87279-182-7)
別冊sabraムック 3COLORS(2005年6月、小学館)
Loco Misa(2005年8月、小学館)
まるごと☆みちゃ(2005年11月、学研、ISBN 4-05-603996-8)
いっしょにいるよ(2006年3月、竹書房、ISBN 4-8124-2596-4)
monochrome モノクローム(2006年7月、イースト・プレス、ISBN 4-87257-701-9)
M(2006年11月、講談社、ISBN 4-06-307868-X)
cho-cho (2009年5月、彩文館出版、ISBN 978-4-7756-0396-3)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
安田美沙子を「ウィキペディア」で参照する