ケシャ けしゃ

「ケシャ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「ケシャ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「ケシャ」に関連するモデルプレス記事


ケシャのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

ケシャのプロフィール

ケシャ
出生名 Kesha Rose Sebert
出生 1987年3月1日(26歳)アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・テネシー州ナッシュビル
ジャンル ポップ、ダンス・ポップ、電子音楽
職業 シンガーソングライター
担当楽器 声
活動期間 2005年 – 現在
レーベル RCA
共同作業者 フロー・ライダー、3OH!3

ケシャ・ローズ・セバート(Kesha Rose Sebert、1987年3月1日 - )[1][2]は、ケシャ(発音/kɛʃə/KESH-ə、Ke$ha)[3]の芸名で知られるアメリカ合衆国のポップ歌手、ソングライター。ケシャは2005年、18歳の時にドクター・ルークのレコード・レーベルと契約した。以降、彼女はミュージシャンとして活動し、バック・ボーカルや作曲家として他の音楽家へ楽曲を提供した。2009年初頭にリリースされ客演で参加したフロー・ライダーのナンバーワン・シングル「ライト・ラウンド」で躍進した。
2009年の後半にリリースされたケシャのデビュー・シングル「ティック・トック」は複数の国の音楽チャートで1位を記録した。彼女のデビュー・アルバム『アニマル』は2010年1月に発売され、アメリカ合衆国、カナダ、ギリシャで1位を獲得した。更に同年9月までにケシャは世界中でアルバムを200万枚売り上げ、アルバムからは3作を超えるトップテン・シングルを生み出している[4]。このアルバムは同年11月に『カニバル』と名付けられたミニ・アルバムを付属して再発され、先行シングル「ウィー・アー・フー・ウィー・アー」はチャートのトップに立った。
ケシャは音楽性的にベック、クイーン、ビースティ・ボーイズ、マドンナ、ジョニー・キャッシュ、ダムド、アーロン・ネヴィルといったアーティストの影響を受けている。彼女の音楽にはダンス・ポップの要素とスポークン・ワード的なラップ・スタイルが組み合わさったような楽曲が多く見られる。

■生い立ちとキャリア
1987年 - 2005年:生い立ち[編集]
ケシャはロサンゼルスサンフェルナンドヴァリーで生まれた。一人親家庭で育つ。父と面識はなく、ハンガリーおよびポーランド系の血を引く彼女の母ペベ・セバートはシンガーソングライターであり、彼女を育てながら舞台に立った[5]。家庭は経済的に苦しく、生活保護とフードスタンプに頼らざるを得なかった[6]。ペベは家族と一緒にナッシュビルに引っ越した。母親はしばしばケシャとその兄弟(ラーガンとルイス)をレコーディングスタジオに連れて行き[6]、ケシャが歌うのを奨励した[7]。母はケシャに曲の書き方を教え、ケシャが高校生になった時にはしばしば一緒に曲を制作した[8]。
2005年、新聞に掲載されていた広告を見つけて、ケシャの家族は『シンプル・ライフ』の出演者を受け入れるホストファミリーとして同番組のエピソードでフィーチャーされた[9]。ケシャはすでに音楽活動に取り組んでおり[10]、デモを配っていた[11]。ケシャは学問にも関心を示し、冷戦史の授業を聞きに行くために車でベルモント大学まで行き、勉強した。SATはほぼ満点だった[8]。しかし、彼女は17歳でブレントウッド高校を中退した[12]。ドクター・ルークとマックス・マーティンの導きで、本格的に音楽活動を開始する[7][13]。
2005年 - 2009年:初期のキャリア[編集]
ロサンゼルス時代、彼女は低収入での生活を強いられた[11]。副業としてウエイトレスやテレマーケティングの仕事をした[6][7][14]。
ケシャはプリンスに音楽制作をして欲しいと思い立ち、彼のビバリーヒルズの自宅に潜入した。すぐに発見され追い出されるが、その前にデモを彼に渡すことができなかった。プリンスはその後、彼女と連絡を取らなかった[7]。彼女はパリス・ヒルトンのシングル「ナッシング・イン・ディス・ワールド 」のバックコーラスを歌う機会を得た[9]。そして、後にパリスの自宅のクロゼットに嘔吐するという事件を起こした。その他、トビー・ギャッドと共同でザ・ヴェロニカズのシングル『This Love』を書き[15] 、ブリトニー・スピアーズの曲「レース・アンド・レザー」のバックコーラスを歌い[16]、ケイティ・ペリーのシングル「キス・ア・ガール」のミュージック・ビデオに出演した。ビデオへの出演はケイティと友人であったことから実現した。彼女らはロサンゼルスでしばしば会い、音楽の才能がある多くの協力者を共有した[17]。
2009年前半、ケシャはフロー・ライダーのシングル「ライト・ラウンド」に協力した後、主要メディアでの露出を得た[18]。ケシャがフロー・ライダーとドクター・ルークのレコーディング・セッションで一緒になったときコラボレーションは実現した[19]。フロー・ライダーは女性の声が欲しかった。ドクター・ルークはケシャに参加を提案した。フロー・ライダーはもう2曲レコーディングするほど気に入った[1]。「ライト・ラウンド」のギャランティーは貰わず[20][21]、彼女が自身のイメージに伴わないということも知っていたため、ミュージック・ビデオへの出演も拒否した[9]。
まもなくケシャは多くの主要レーベルから誘いを受けた後、ドクター・ルークを通じてRCAレコードと契約し[18][22]、デビュー・アルバムの制作に取り組んでいると発表された[7]。2009年3月27日、アヴァロン・ハリウッドで行われた3OH!3のコンサートに出演し、『マイ・ファースト・キス』をデュエットで披露[23]。彼女のデビュー・シングル「ティック・トック」は、8月初めにアメリカでデジタル・ダウンロード販売が開始され[24]、2ヵ月後の10月後半にラジオ局で流れ始めた[25]。その時まで、マイリー・サイラスのEP『The Time of Our Lives』[9]、ピットブルとタイオ・クルーズのアルバムに関わったり[17]、日報『ウィミンズ・ウェア・デイリー』の表紙を飾った[23]。
2009年 - 現在:『アニマル』[編集]
「ティック・トック」はニュージーランドのチャートで彼女初の1位を獲得した[15]。後にカナダ、オーストラリア、ノルウェーでも1位を獲得した。Billboard Hot 100で2010年初の1位獲得作品となり[26][20]、数カ国でトップ5に入った[27]。同シングルは61万ウィークリー・ダウンロードを記録し、女性アーティストとしては史上初のデジタル新記録を樹立した[21]。ケシャはデジタル・セールス歴代1位のフロー・ライダーの「ライト・ラウンド」にも参加している為、1位と2位の両方の作品を歌うアーティストとなった。5週目には、ラジオエアプレーチャートの最も高い週間プレー記録を破った[28]。
ケシャはカルヴィン・ハリスのツアーのイギリス公演[17]、ミッキー・アヴァロンのアメリカ公演を支えた[23]。2009年12月11日、Z100 Jingle Ballのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた公演でパフォーマンスをした。2010年に復帰するリリス・フェアのために第52回グラミー賞に出演する[29][30]。彼女のデビュー・アルバム『アニマル』は2010年1月5日に発売された。アルバムはアメリカで最初の週で15万2000枚を売上、初登場1位になった[31]。アルバムは制作に7年を費やし、制作された200曲の内、14曲が収録されている[32]。

脚注
^ a b Mazzella, Alysia (2009年3月21日) (英語), Ke$ha: Crazy, Sexy & Too Fuckin' Cool, 21-7 Magazine 2009年11月1日閲覧。
^ Joy横手 (2010年8月19日). “お騒がせ歌姫KE$HA、金歯を入れてギラリ。”. メディアプロダクツジャパン. 2011年2月1日閲覧。
^ “Sony Music Online Japan : KE$HA”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2009年12月27日閲覧。
^ “Kesha Continues Her 2010 World Domination” (プレスリリース), RCA Music Group, (2010年8月27日) 2010年8月28日閲覧。
^ Axelrod, Nick (August 26, 2009), “Kesha Sebert: Hard Candy”, Women's Wear Daily (Fairchild Fashion Group) October 20, 2009閲覧。
^ a b c d Day, Elizabeth (November 29, 2009), She's a walking, talking living dollar, Guardian News and Media Limited 2009年11月29日閲覧。
^ a b c d e f Official biography, RCA Records 2009年1月10日閲覧。
^ a b $uper$tar Ke$ha Top$ Chart$, NPR, (January 16, 2010) 2010年1月29日閲覧。
^ a b c d Adams, Cameron (January 15, 2010), “Ke$ha moves from reality TV and being broke, to stardom and new album Animal”, Herald Sun (Herald and Weekly Time) 2010年1月20日閲覧。
^ a b Lynch, Joseph (December 11, 2009), Ke$ha: A Music Mix Q&A, Entertainment Weekly 2009年12月12日閲覧。
^ a b c Malone, Aibhe (January 8, 2010), All that glitter$, Independent.ie January 10, 2010閲覧。
^ Paulson, Dave (January 19, 2010), Ke$ha, a Brentwood High school dropout, cashes in on pop music dream, The Tennessean 2010年1月21日閲覧。
^ Scaggs, Austin (January 26, 2010), Party Animal: Behind Ke$ha's Big Debut, Rolling Stone 2010年1月29日閲覧。
^ Lester, Paul (October 2, 2009), Ke$ha (No 640), Guardian News and Media Limited 2009年12月29日閲覧。
^ a b Moses, Hussein (October 26, 2009), Ke$ha Hearts NZ!, MTV Networks 2009年12月14日閲覧。
^ Sullivan, Matt (August 13, 2009), “KE$HA and the Not-Quite-72 Virgins in Her Own Personal Heaven”, Esquire (Hearst Communications, Inc.) 2009年10月20日閲覧。
^ a b c WAPS interviews Ke$ha, We Are Pop Slags, (October 28, 2009) 2009年10月29日閲覧。
^ a b Gordon, Sandra (November 25, 2009), “Breaking & Entering: Ke$ha”, Billboard (Nielsen Business Media, Inc.) 2009年11月26日閲覧。
^ a b Levine, Nicke (November 13, 2009), Interview – Ke$ha, Digital Spy Limited 2009年11月13日閲覧。
^ a b Trust, Gary (December 24, 2009), “Chart Beat Thursday: Ke$ha”, Billboard (Nielsen Business Media, Inc.) 2009年12月25日閲覧。
^ a b Pietroluongo, Silvio (December 30, 2009), “Ke$ha Sets Female Download Record”, Billboard (Nielsen Business Media, Inc.) December 31, 2009閲覧。
^ “Superstar Producer Dr. Luke Brings Highly Sought After Pop Singer to RCA Records” (プレスリリース), RCA Music Group 2009年12月29日閲覧。
^ a b c “Red-Hot Pop Sensation Ke$ha to Release Debut Album” (プレスリリース), RCA Music Group, (December 3, 2009) 2009年12月4日閲覧。
^ “TiK ToK - Single”, iTunes (Apple Inc.) 2009年12月14日閲覧。
^ FMQB CHR Airplay Archive 2009, Friday Morning Quarterback Album Report, Inc. 2009年11月16日閲覧。 10/5 Mainstream
^ “初の全米シングル・チャート1位を獲得”. ビルボード・ジャパン (2009年12月23日). 2009年12月27日閲覧。
^ Ke$ha - Music Charts, αCharts.us 2009年12月24日閲覧。
^ Trust, Gary (January 25, 2010), “'TiK' Talk: Ke$ha Breaks Pop Songs Record”, Billboard (Nielsen Business Media, Inc.) 2010年1月29日閲覧。
^ Itzkoff, Dave (December 10, 2009), Lilith Fair Lineup Is Announced, The New York Times 2009年12月14日閲覧。
^ Miley Cyrus, Ke$ha to Present at Grammys, Us Weekly, (January 14, 2010) 2010年1月29日閲覧。
^ Caulfield, Keith (January 23, 2010), “Kesha ends Boyle's 'Dream' with No 1. debut at Billboard 200”, Billboard (Nielsen Business Media, Inc.) 2010年1月23日閲覧。
^ “Meet "Tik Tok" Singer Ke$ha”, Seventeen Magazine, (January 11, 2010) 2010年1月15日閲覧。
^ Ke$ha Pop Excess Interview, Pop Excess, (August 23, 2009) 2009年1月11日閲覧。
^ Hess, Mike (January 11, 2010), “Ke$ha Can Handle Her Liquor and Success”, PopEater (AOL Inc.) 2010年3月24日閲覧。
^ Collins, Hattie (November 24, 2009), Ke$ha: Ke$h Money, RWD Magazine 2010年1月29日閲覧。
^ “Interview: Ke$ha's Appetite for Construction”, Dose (Canwest Publishing Inc.), (January 20, 2010) 2010年3月24日閲覧。
^ Werde, Bill (February 19, 2010), “Ke$ha: The Billboard Cover Story”, Billboard 2010年2月28日閲覧。
^ Caramanica, Jon (December 23, 2009), Changing the Face (and Sound) of Rap, The New York Times 2009年12月26日閲覧。
^ Powers, Ann (January 5, 2010), Ke$ha is a wisecracking 'Animal', Los Angeles Times 2010年1月6日閲覧。
^ Caramanica, Jon (2009年12月23日). “Changing the Face (and Sound) of Rap”. The New York Times. 2010年3月26日閲覧。
^ Jeffries, David, “Animal Review”, allmusic (Rovi Corporation) 2012年7月27日閲覧。
^ “Kesha: 'Don't take my lyrics seriously'”. San Francisco Chronicle (2010年3月8日). 2010年3月26日閲覧。
^ Stevenson, Jane (February 1, 2010), “It's not about the money, Ke$ha says”, London Free Press 2010年2月2日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
ケシャを「ウィキペディア」で参照する